• ベストアンサー
  • 困ってます

遺言書による相続について

遺言書について 詳しく教えてください。公正証書遺言書を亡き父が残し、ただいま法定相続人になる配偶者の母と子供2人で話し合っています。 遺言書には法定相続配当分と関係なく ここだけはと母ら現在の住居とは全く違う場所 (遺贈)土地名の記載があります。 1,5年ほど前に弟が 2世帯住居を新築し 亡き父を含め同居してました。現在も土地購入などに借金をし 住宅ローンもあります。母は 遺言書のことも知っていていたのに 今回父が亡くなり 新居ローン返済も大きいので 結論的に相続放棄を私に迫り悩んでいます。住宅建築には 私(娘、長女)にそのような相談は全くなく 弟からも土地購入についても知らされたいませんでした。父生存中より 土地遺贈についた何度も聞いていた手前 気分が悪いです。 勝手に次の段階の土地相続 名義書換を行うよう遺言書を裁判所に持ってはいけませんね。 相続放棄をしたとしても 実家のために貢献してきた私にという父よりの遺贈について 何か私が主張できるものなのか 詳しい方がみえましたら 教えてください。  よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数159
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

1番目の回答者です。 「父が亡くなり、公正証書遺言に、母と弟と質問者さんがそれぞれ不動産を相続することが記載されている。しかし母と弟が質問者さんの相続すべき土地を自分たちの物にし売り払おうと考えている。」 状況的には上記と考えればよろしいでしょうか。 >こういう場合も 遺留分の侵害 遺留分の滅滅請求にあたるのでしょうか。よろしければ詳しく教えてください これは遺留分の侵害ではなく、質問者さんが法的に有する相続に関する権利の侵害です。遺言書指定の通りに自分が相続したいと考えるなら、法律の専門家(弁護士あるいは司法書士)に相談されることをお勧めします。 注: 遺言書に子の遺産は0(すなわち、遺産はやらん)と書かれていても、法定相続人の子供は遺留分として本来相続できる遺産の半分をもらえる権利があります。(すなわち遺言書に書かれてなくても相続できる権利が遺留分と考えてください。)   今回の質問者さんの場合、遺言書に相続すべき土地が明記されているようですから、堂々とその権利を主張できます。 蛇足の付け足しです。 公正証書遺言によらず遺産分割をするなら、遺産分割協議書の作成が必要になります。これには質問者さんの実印による押印が必要です。納得がいかない話及び書面については一切判を押さない方がいいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご親切に有り難うございました。凄くわかりやすい文面で有り難く思っています。 一度専門家の方に相談してみます。

関連するQ&A

  • ウソの遺言書?

    6年前に父が亡くなりました。 私は実家と遠く離れたところに住んでいるのですが、 お葬式の後、母から電話で「父の遺言書でお前には一円もやるなと書いてあった。」と聞かされました。 何故お葬式の時に見せてくれなかったのかと母に尋ねたところ、取り込んでいたからだと言われました。 大変ショックを受けたのと、特にお金が欲しい訳ではなかったので母に言われるまま相続放棄の手続きを取りました。 しかし6年経って、母に遺言書を見せて欲しいと言ったところ「3年経ったので捨ててしまってない。」と言われました。 遺言書を捨てるなんておかしな話なので、もしや父の遺言書というのは母のウソの可能性も出てきました。 そこで質問ですが、 もし父の遺言書が母のウソだとして、私は母に騙されたと 訴えることはできるのでしょうか? (当時は、母からお前の取り分はないと聞かされていたのですが、今になって請求してくれたらあげたのにと言ってます) また、相続放棄の手続きをしてしまっていますが、そんな風に騙されたからであるということで、父の遺産の相続のやり直しを請求することは出来るのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 遺言の遺贈による相続放棄の無効を主張

    父親が死亡して、母親と子供が3人いたとします。 子供3人は、相続放棄をして、母親に父親の遺産を全て相続させました。 数年して、子Aが、父親の公正証書遺言を、突然持ち出して来ました。 そこには、子Aに父親が、土地を「相続させる」ではなく「遺贈する」と書かれていました。 これを持って、子Aが相続放棄はしたけれど、公正証書遺言には相続では無く、遺贈と書かれているので、土地を寄こせと言い始めました。 この場合、母親は、子Aに、土地を渡さなければならないのでしょうか?

  • 相続と遺言書について教えて下さい。

    相続に関して、以下を教えて下さい。 相続財産が、A,B,Cとあり、被相続人は父、相続人は、母、長男、次男とします。 1、父が遺言書を作成した場合、   (1)「母に"A"だけを相続させる」と、一部のことだけを書いても有効なのでしょうか?   それとも、   (2)「母に"A"を、長男に"B"を、次男に"C"を、相続させる」と、相続財産すべてを、どのように    相続させるかを書かないと有効ではないのでしょうか? 2、「母に"A"を、長男に"B"を、次男に"C"を、相続させる」と、遺言書に書かれていた場合、    母の財産は、そのまま遺言書の通り、相続させ、    長男と次男で話をして、例えば「すべて次男が相続すること。」    にしても、問題ないのでしょうか? 3、「母に"A"を、長男に"B"を、次男に"C"を、相続させる」と、遺言書に書かれていた場合、    長男にその相続税を支払うお金がなかった場合、    長男が"B"を、相続放棄して、 母は"A"、次男は"C"を、相続しても問題ないのでしょうか?    それとも、母、次男が、"B"の相続税を払うことが出来るのであれば、"B"を母、次男が相続しないと    いけないのでしょうか? 4、母に"A"を、長男に"B"を、次男に"C"を、相続させる」と、遺言書に書かれていた場合、    長男にその相続税を支払うお金があった場合、長男が"B"を、相続放棄することは可能でしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

もう少し他人に理解できるような表現ができないと、調停や裁判になっても質問者の主張は理解されませんよ 公正証書の遺言がある限り、それに従わざるを得ません、唯一できるのは、遺言に従って分割した場合には質問者の遺留分を侵害している場合だけです、遺留分が侵害される場合には、遺留分だけは請求できる権利があります。その遺留分をどのような方法で確保するかは相続人の協議です 遺言書に記載されていない財産は相続人の協議で決めます また遺留分は、相続対象の全財産に対する割合です 書かれていることに大胆な推測を加えると(そうせざるを得ないくらいくらい、書かれていることは不明確不十分、情緒的) 質問者へは遺留分以上の相続財産があるように思えます なお、相続人へは遺贈はありません、全て相続です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 この度は早々のご回答有り難うございました。私の質問内容が適切にされていなく済みません。新しく建設した住宅 住居新築にあたって購入した土地は弟名義になっており その新居に亡き父と母も同居したという事  私は結婚し別世帯です。 母と弟は最初から私が相続できるはずの遺言書指定の別の土地(売却金額をローンの返済にする)を勝手に計画し利用しようとしているようにしか思えないです。 もちろん遺言書には母、弟にもそれぞれ他の指定相続の土地が記載されています。  こういう場合も 遺留分の侵害 遺留分の滅滅請求にあたるのでしょうか。よろしければ詳しく教えてください。

  • 回答No.1

(すみません。質問内容がいまいちよくわからないところがありますが・・・)     公正証書遺言があるなら、通常はその遺言書によって遺産分割がされます。   遺言書がない場合、父が亡くなり法定相続人が母と子2人ならば、子1人は遺産の1/4を相続する権利があります。遺言書に子1人の遺産は0(すなわち遺産はやらん)と書かれていても、遺留分として1/8の権利があります。   質問を読む限り、質問者さんには遺言書でそれなりの財産(不動産?)がのこされているように思えます。質問者さんがその権利を主張すれば、質問者さんの物になるでしょう。なお相続放棄をすれば、自分の権利の主張はできなくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 後から遺言書が出てきた場合はどうなるか

    祖父が亡くなり、母およびおじが法定相続人であり、母は生活が安定しているために長男に権利を譲渡した場合でその後、長女(母)の長男に1/2を遺贈するという遺言書が出てきた場合はどうなるか。 (1)先に権利を譲渡しており、結果的には遺言書どおりになったからそのままでいいという説 (2)長男に権利を受けさせる行為を贈与とみなして、遺贈は遺贈として相続財産の1/2をさらに分け与えなければならないという説。 長男が遺贈を放棄すれば別ですが、(2)を主張したとします。 私は、相続分の譲渡は贈与と同じだから、母親の意思表示で財産を移転させた後でさらに遺贈もしないといけないと考えますが。 そうなると、母親 -1/2,おじ1/2、長男1になってしまうのでしょうか。 税法上は 母親は相続税は0 長男は相続財産の1/2に対する相続税と相続財産1/2に対する贈与税 おじは相続財産1/2に対する相続税

  • 遺言書と相続放棄

    亡くなった父が信託銀行に遺言書を預けていました。 内容は複雑になるので省きますが、相続人に母と主人の名前がありました。 財産は全てマイナス遺産だったこともあり、母は相続放棄したいのですが、できますか? もし母が相続放棄したなら、マイナス遺産はすべて主人にきますか? また、遺言書執行に105万円かかると言われまして、そんなお金無いと言ったら、執行停止にもできるとのことでした。 もし執行停止にしたら、そのマイナス遺産は法定相続人(母を入れて6人)に振り分けられるのですか? マイナスが2億近いので、早く動かないといけないのですが、今納骨前でバタバタして弁護士にも相談に行けずにいます。 どなたかご教示ください。

  • 遺言書に納得しない法定相続人

    先日、母が亡くなり、法定相続人(子供6名)で、遺産を相続することになりました。 ただ、相続の仕方には遺言書があり、その通り、分割する予定でした。 しかし、法定相続人6名のうち5名は、納得しましたが、1名は納得しませんでした。 なぜ1名が納得しないかというと、今回の相続で遺産が何も付与されないからです。 しかし、それには理由があり、40年前に留学費用を出してもらったり、家を建てるときの前金を出してもらったり、子供の受験費用、入学金、家改築資金など、事あるごとにお金を請求し援助してもらっていたから、相続のとき、何ももらえないというのは、この法定相続人も納得していました。 ここで今回の話を少し詳細に書きますと、もともと、父が財産を持っており、父が亡くなった時に、子供4名(6名のうち2名は相続放棄)に土地を相続したかったのですが、それだと相続税が高いので、一度、母と子供の共同名義で遺産を相続し、母が亡くなった時に、遺産を共同名義人に相続するという形をとりました。(遺言書作成済み)このときは、6名の子供は全員、この相続になっとくしました。 そして、母がなくなり、この遺言書通りに、遺産相続をしようとしたところ、1名が納得しないということになりました。遺言書とは別に、相続放棄する書類に捺印もしているのですが、こんなものは捺印した記憶はないと言い張っています。 おそらく、調停で、法定相続人が全員集まり、遺産をどうするか話し合うと思いますが、今回のケースだと、遺留分である1/12を支払わなければいけないでしょうか。 亡父が、この1名は、きっと将来、今回のような問題を言うだろうと思っており、生前、この1名に出した、家改築資金の領収書、手紙などは、保管してあります。 また、調停費用というのは、実際、だれが支払うのでしょうか。 また、解決するには、こうすればよいなどあればご教授お願いします。

  • 遺言書 生前相続放棄

    母から「面倒をみてくれている姉へ全財産を譲る遺言書を作成したい。」 「相続放棄の旨記載し実印を押した文書及び印鑑証明を送付して欲しい。」との手紙が届きました。 姉からは遺言書に添付し確実に実行されるための必要書類だと説明を受けました。 印鑑登録証を添付した上記(生前)相続放棄文書は法的効力があるのでしょうか? 単に私の意思確認のためのものなのでしょうか? 相続放棄する事については異論がありません。 姉とも話し合い済みです。 母の遺言書作成及び後の実行のために必要であるかどうかだけ知りたいと思います。 アドバイスよろしくお願いいたします。

  • 遺言書

    契約者、被保険者、満期受取人が、父親の養老保険者です。満期金を受けとるはずだった父が手続き途中で亡くなり、相続人である母が手続きをすることに。相続人は、父と母の間に私と弟、父と先妻との子供が2人。合計5人です。もめる事があるかもと、父は財産全てを現在の妻に相続させるという内容の公正証書遺言書を作成しておりました。 保険会社からは相続人全てがわかる戸籍謄本の提出を求められましたが、なぜそれがいるのでしょうか?遺言書の内容から母以外に相続人が何人いようと、保険会社には関係ないと思うのですが…。遺留分の事を担当の人は言っていますが、遺留分の請求をされる事と保険会社は無関係ではないのでしょうか? なぜ遺言書だけで、すんなり満期金を遺言受遺者の母に支払ってくれないのでしょうか? 遺言書があるのに支払いを拒む、これは違法ではありませんか?

  • 遺言書の無効について

    「遺言が実行できないような内容の遺言書は無効」と聞きました。 私を受遺者とする遺言書に『土地を遺贈する』と書かれているのですが、 その土地は遺言者の死亡前に売られてしまっています。 (遺言書を書いた時点では、遺言者名義の土地でした。) このような遺言書は法的に無効でしょうか。 そうであるなら、無効とする条文をお教え願いたいのです。 また、その遺言書には、私以外の数名についても預貯金等を遺贈する旨が書かれています。 これらも、すべて無効になるのでしょうか。

  • 相続 内縁の妻 無効の遺言書 居住権

     父が亡くなりました。 父は30年位前に母と私たち子供3人を残して家を出て、愛人とその連れ子3人と同居しておりました。母は私たち3人の子供を女手ひとつで育ててくれました。その間、父から養育費等の支払いは一切ありませんでした。 先日、遺言書の検認があって実際の遺言書を確認してきました。「遺言書は金庫の中で見つけた。」と初めて見たような口ぶりでした。その内容は「全財産を愛人に与える。」と言った内容でしたが、日付が「○○年○○月吉日」となっていました。これって無効ですよね?  父の遺産は、父が住んでいた住宅(土地、家屋とも父名義。愛人とその次男夫婦が居住中)がほとんどで、若干の預貯金があります。負債は無いようです。  今回の相続では、私たちを見捨てたことに対する賠償の意味も含めてできるだけの権利を行使したいとは考えていますが、争いが長引くことも望んでいません。ある程度のお金が手に入ればと考えています。  そこで質問ですが、 1、遺言書の無効を申し立てれば、愛人の相続権はなくなるのでしょうか?死亡贈与契約とかを盾に減額されるのでしょうか? 2、もし、私たち法定相続人が住宅を相続した場合、愛人家族に対してその明け渡しを正当に要求できるのでしょうか? 3、相手が応じればの話ですが、愛人側より住宅相当の金銭を受取り、こちらは遺言書無効を申し立てない(相続放棄をする)ということも可能でしょうか? 4、他によい方法があれば教えてください。 以上よろしくお願いいたします。

  • 遺言書で弟に土地を相続できますか?

    教えて下さい。 私は、都会で妻と娘の3人暮らしです。田舎の父が亡くなった時、長男として価値のない山や畑を相続しました。 今では、若干の税金を払っています。それらの土地を売りたくても買い手がいません。  私が亡くなったら、それらの土地の処理に関して妻や娘も困ってしまいます。 本来、妻や娘が相続人なので妻や娘が相続放棄しない限り、弟には相続権がないかと思います。 従って、遺言書では、弟に山や畑を相続させることはできないのではないかと思います。 弟に山や畑を相続させる方法はないでしょうか?  やはり、弟への土地所有権移転は贈与となるのでしょうか?

  • 遺言書での債務の相続

    債務の相続は判例では法定相続の場合には、相続開始の時に法定相続人が法定相続分の割合に応じて負うとなっていますが、 遺言相続の場合はどのような配分が通説・判例となっているのでしょうか? 例えば、遺言書の中で法定相続人以外の他人に多額の遺贈が含まれていた場合には債務は法定相続人だけ負担しなくてはいけないのでしょうか? それでは実質的衡平な相続ではないですよね。。。。。 遺留分減殺請求で債務の相殺を図るのでしょうか? 考え方がよくわかりませんので、法律系の方よろしくおしえてください。

  • 相続と遺贈について

    (1)遺言書(公正証書遺言を含む)に特定の不動産を法定相続人に相続させると書いてあった場合と遺贈させると書いてあった場合、どのような法的問題が起きますでしょうか。 (遺贈は相続人以外に遺産をやるときに使う文言と聞いていますが) (2)公正証書遺言に相続させる内容とは別に遺言者の思いを書くことができますか。