• 締切済み
  • すぐに回答を!

裁判官訴追委員会

東京地方裁判所の裁判官を2名訴追請求したら、結論が出るまでに約1年間かかりました。結局、不訴追でしたが、裁判官の1名は東京地裁から釧路地裁に移動しました。これは何か関係がありますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数411
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3
  • at9_am
  • ベストアンサー率40% (1540/3759)

> そもそも首都の地裁と釧路地裁では同格ではないでしょう。 地裁なら同格。 > 判例の重みも東京地裁が一番重い 何を言っているんだろう? 東京地裁と釧路地裁の違いは、単に管轄地の違いでしかない。 > 貴方には当該裁判官の成績を確認する術もないのだから、「成績の良し悪し」は実際にはお分かりにならないでしょう。貴方は、相当裁判官に好意的なようだ。 誰かも知らないのに確認できたら逆におかしいだろう? 判決に不服なら地裁なら高裁に上訴(控訴)すれば良いが、民事などでは言い分に無理がある場合、弁護士に止められるが、止められた腹いせに訴追をする人もいる。 実際、年に500件から1000件訴追があり、その約半分は「誤判不当」、つまり裁判に負けたから裁判官を提訴する事例だ。 大体「成績の良し悪し」は、質問者氏の意見を採用したか否かで判断するわけではない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 裁判官訴追委員会への訴追は事件発生から3年のみか

    少し前、裁判官の不正の通報先などについて質問しました。 https://okwave.jp/qa/q9575945.html その回答の中で、国会の「訴追委員会」のことをお教え頂きました。 そこで国会の「裁判官訴追委員会」のホームページを見たら、 「(3) 訴追期間について  弾劾による罷免の事由が発生した時点(例えば判決の日)から3年を経過したときは、罷免の訴追をすることができなくなります(弾劾法12条)。この3年は、訴追請求状を訴追委員会に提出する期限ではなく、提出後に訴追委員会が訴追審査事案を審議議決し、弾劾裁判所に訴追状を提出するまでの期間が含まれます(「(9)裁判官弾劾手続の流れ」参照)。」 と書かれていました。 http://www.sotsui.go.jp/claim/index.html 私が訴追を考えた事案は、発生から4年経過しているので、発生から3年間ならば無理です。ただ、私がそれを知ったのは、2年前でした。 民法723条では、3年間の消滅時効は「知ったとき」からですが、裁判官弾劾法では、「発生したとき」から3年で、「知ったとき」ではないのでしょうか? 下記の裁判官弾劾法12条をみると、「発生したとき」だけだと読めますが、何か、最高裁判例で別の解釈はないでしょうか? なお、裁判官弾劾法12条但書きの、「同一の事由について刑事訴追があつたとき」になることは、事情があり、期待できません。 裁判官弾劾法 第 12条(訴追期間) 罷免の訴追は、弾劾による罷免の事由があつた後3年を経過したときは、これをすることができない。但し、その期間内に、衆議院議員の任期が満了し、又は衆議院が解散されたときは、その後初めて召集される国会において衆議院議員たる訴追委員が選挙されて後1箇月を経過するまで、又、同一の事由について刑事訴追があつたときは、事件の判決が確定した後1年を経過するまで罷免の訴追をすることができる。

  • 合意管轄について

    契約書等によく「合意管轄地を東京地方裁判所とする」などと定められておりますが、実際に紛争が生じその価額が90万以下(でしたっけ?)の場合でも、この合意管轄どおり東京地裁で裁判が行われるのでしょうか?違うのでしょうか? どうぞよろしくお願いします。

  • 若園敦雄裁判官

    元東京地裁裁判長の若園敦雄裁判官は、今どこに所属していますか?

  • 回答No.2
  • at9_am
  • ベストアンサー率40% (1540/3759)

> 東京地方裁判所の裁判官を2名訴追請求したら、結論が出るまでに約1年間かかりました。 > 裁判官の1名は東京地裁から釧路地裁に移動しました。 裁判官は概ね3-5年のサイクルで異動を繰り返すので、1年のうちに二人のうち一人が異動というのは、別に奇妙ではない。 > 東京近郊ではなく北海道の釧路に移動されるぐらいですから、よほど成績の悪い裁判官だったのでしょうね。 > これは何か関係がありますか? 裁判官は各地を回り、大都市も地方も満遍なく回ることとなっています。地裁から地裁なので、同格以上だから左遷でもないでしょう。 成績が悪かったとはあまり考えられませんね。 なので、全く関係ないと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

はっきり言って、この方は、裁判官に対する有利な世論を創出するように世論を操作するプロパガンダ担当者みたいなものですね・・・

質問者からの補足

そもそも首都の地裁と釧路地裁では同格ではないでしょう。判例の重みも東京地裁が一番重いですし、貴方には当該裁判官の成績を確認する術もないのだから、「成績の良し悪し」は実際にはお分かりにならないでしょう。貴方は、相当裁判官に好意的なようだ。

  • 回答No.1

関係は全く無いでしょう。 裁判官の異動は日常的に行われています。 それにいちいち訴追請求に対応していたら業務に支障します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

御回答ありがとうございました。裁判官訴追制度の実情をよくご存知のようですね。まるで制度の形骸化を認識しているかのような発言でした。関係者の方ですか?いずれにせよ、東京近郊ではなく北海道の釧路に移動されるぐらいですから、よほど成績の悪い裁判官だったのでしょうね。

関連するQ&A

  • 移送申立決定・即時抗告・次は?

    行商をしている古物商から品物を買ったのですがなかなか引渡をしてくれず、再三請求をしていたところ捏造した事実をもとにある地方裁判所に提訴されました。そこで、それはないだろうと東京地裁に移送申立をしたところ地裁は移送決定が出たのですが、高裁に即時抗告をされて移送決定が取り消しになりました。抗議をして東京地裁に移送するためにはどうしたら良いのでしょうか?よろしくお願いいたします。

  • 今日、傍聴に行って来ました。裁判官の…

    今日、時間があったので、社会勉強の為(?…裁判員制度に向けて)、裁判の傍聴に東京地方裁判所へ行ってきました。 初めてなので緊張しながら傍聴していましたが、 分からないことがあったので質問させてください。 裁判官の右前に裁判官と同じ向きに座っている人(検察官から見ると検察官の左前くらいにいる人)は、どういう人なのでしょうか? あと、起立の号令をかけた後、傍聴席から見て、 右手の奥の角に歩いていって、その後はずっと そこで立っている人はどういう人なのでしょうか? その法廷によっても異なるのかもしれませんが、 今日わたしが見てきた法廷ではそのような人がおられました。 素朴な疑問で恐縮ですが、知りたかったので教えてくれる人がいらっしゃったら嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

  • 裁判官の懲戒・分限裁判を(外部から)求める通報先

    裁判所職員(書記官・事務官)の懲戒権限は、それぞれが所属する「裁判所(地裁、高裁、最高裁など)の長」(又は総務課)にあるそうですが、それでは、・・・ 裁判官の懲戒権限、おそらく裁判所での分限裁判でしょうが、外部の人間が、裁判官の懲戒・分限裁判を求めて(外部から)通報するときの宛先は、どこでしょうか? (裁判官弾劾のための国会の訴追委員会は除きます。)

  • 東京地裁の法廷について

    東京地裁の法廷について 東京地裁の法廷は日本一の数を有していますが、裁判官の部屋とはどのように繋がっているのでしょう?また被告人はどのようにして法廷へ入るのでしょうか?

  • 裁判に関する、雑学的な質問

    (1)東京地裁の民事は第何部まであるのですか (2)東京地裁に裁判官は何名いるのですか (3)東京地裁は、地方じゃないのになぜ 「地方」裁判所なんですか。 (4)事件番号の(ワ)とか(少コ)のワとかコとかネって何ですか? イロハニホヘトから来ているんですか? 少は少額訴訟の意味かなと思うのですが。 (5)申し立てされた事件をどの裁判官が担当するかというのは ただ順番で回って担当が決まるのですか (6)弁護士費用なんですが、依頼人が弁護士を雇って第一審の判決に不満を持ち 控訴したいと思ったとき、弁護士費用はまたかかるのですか。 それとも、最初の着手金の引き続きで控訴の分を別途とられずに 引き続き受任してもらえるのですか。 (7)ある会社が訴えられた。会社は弁護士をたてたとします。 実質的に同一の事件で、 会社代表者個人も訴えられた。 このとき、代表者個人にも同じ弁護士をつけるとする。 弁護士費用はどうなりますか。 着手金(報酬金)は実際に2件分とるのですか?? (8)弁護士が、報酬金を受け取れるのは、「一部勝訴」 の時でも 報酬金を100%もらえるのですか? それとも、報酬金の一部を受け取るのですか? その割合は、どうやって決めるのですか?

  • 小沢一郎氏の無罪は確定ですか?

    東京地裁で裁判官は小沢一郎氏の無罪を言い渡したが検察側が上告すれば最終的には最高裁判所までいくと思います。 検察側は上告せずに無罪は確定したのでしょうか?

  • 憲法違反の判決を出した裁判官に損害賠償を請求できますか?

    地方裁判所で違法と思われる判決が出たので控訴し、 高等裁判所でも違法と思われる判決が出たので上告し、 最高裁で地裁、高裁の判決が憲法違反だと認定された場合、 憲法 第七十六条 3 すべて裁判官は、 その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、 この憲法及び法律にのみ拘束される。 に違反するので、地裁と高裁の裁判官に損害賠償を請求できますか?

  • 裁判官を訴える方法

    裁判官判決文の虚偽記載を糾弾する方法を教えて下さい。 1 訴状の被告処分庁は某地方法務局なのに判決文の被告処分庁は某地方法務局筆界特定登記官などで処分庁・組織名ではない。 (1) まず、裁判官には訴状の審査権はあるが、原告に無断で被告を変更する権限は無い(行訴法15条)。故に、判決文は虚偽記載。 次に、筆界特定登記官は個人の役職名で行政庁・組織名ではない。 存在しない行政庁を被告とした判決は、判例では無効である。 しかし、違法な被告の書替えも、組織的(地裁・高裁・最高裁)に登記官を行政庁と認定すれば、判決は適法に確定するらしい? (2) 裁判官は裁判業務では法律を守る義務がある(憲法73条3項)。 被告名などをウッカリ間違った、では許されないはずである? 地裁裁判官、3人。高裁裁判官、3人。及び、最高裁第一小法廷5人。(現在、地裁・高裁裁判官の弾劾訴追請求及び刑事告訴中)。 (3)、某地方法務局は不動産登記法を無視し。更に、同法務局が管理する地積測量図を偽造して原告を土地ドロボウと認定した。 地積測量図の偽造が証明されると、法務局職員の犯罪が明らかになる可能性が極めて高い。 だから、裁判所は組織的に同法務局の職権濫用を隠蔽するために、原告訴状の被告及び請求の趣旨を書替え、更に虚偽の判断を重ねて、訴えを棄却した。 (4)原告の訴えは、筆界特定の線が名誉毀損です。だから名誉毀損の認定と、民法723条に基づく、筆界特定の取消しと損害賠償も付属として訴えた。 しかし、本人訴訟の為、裁判官が、証拠(北側隣地の署名捺印の念書)や証人を調べず、かつ、名誉毀損か否かの審判をせず、棄却した。 (5)最高裁の棄却審判がでたので、民訴法258条等で口頭弁論期日指定申立書を地裁に提出中。 (6)裁判官の虚偽記載は明白なのですが、虚偽記載を裁判所に認めさせる方法はあるのでしょうか。 地元の県弁護士会相談所の弁護士は「筆界特定登記官は行政処分庁」と言う。 私が、登記官は筆界特定の認識を示しただけで処分をしていない。しかも、登記官は官名で処分庁ではない、という。 弁護士は「であれば、貴方が言うように裁判所で主張しなさい」で終わりです。 裁判官の職権濫用は明白ですが、それを公の機関で認めさせる、手段がない。 公的機関に認めさせる、方法を教えて下さい。

  • 東京地裁にある司法記者クラブの活動内容

    東京地裁にある司法記者クラブは、新聞等の記事にして欲しいことを、メールで受付てくれますか? また、東京地裁にある司法記者クラブが受け付けるのは、裁判所への手続の関係の事案だけでなく、例えば警察署への告発状の事案も、受付てくれるでしょうか?

  • 裁判官の責任について

    先日事故に遭いまして(他で質問中詳細良かったらご覧下さい「判例タイムスの内容の解釈」http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3234955.html)、過失割合について相手方保険会社と話し合いをしています。 判例タイムズの内容の解釈について、相手方保険会社は、弁護士の見解として意見を出してきています、私も雑誌の編集者など普段から文章に接している方から意見を聞いたのですが(責任問題もあり個人的見解としてですが)相手方保険会社とは、見解が違っています。 「別冊 判例タイムズ 16」という本は、平成15年度に東京地方裁判所民事第27部に在籍した裁判官が中心となって作成されたものでありますので、裁判官の方に直接聞いてみようと思い、東京地方裁判所民事第27部に、電話しました、書記官と名乗る方がでて、読む人それぞれにいろいろな解釈があって当然です。あなたがそう思うのならばそれでいいじゃないですか。」と人を小ばかにしたようなことを言われました。 「過失相殺率の認定・判断基準」を示した本書が、読む人それぞれにいろいろな解釈があっていいわけが無いと思うのですが。 本書には、「個々の事案に沿った柔軟な解決が望まれるのであり、過失相殺率の認定基準の画一的な運用は避けるべきである。」とありますが、実際には、保険会社は、頁をめくりその中の図より事故の平面的な形に似通ったものに当てはめるだけという機械的な作業をしているようです。 また、その作業において営利企業としては、当然かもしれませんが、自己に都合のいい解釈、当事者への聞き取り等を怠った修正要素の不適用など、本書を悪用した行為が行われているように見受けられます。 その行為により、金銭的損失、心理的苦痛を被っている方達が多数います。 東京地方裁判所民事第27部に在籍し本書の作成に関った裁判官の方達には、本書の内容について説明、本書の運用に当たって指導、等する責務があると思うのですが? 本書は、交通事故の示談に当たって保険会社により「法律」のように扱われております 被害者が過失割合について納得いかない旨申しますと、「判例ではこうなっています、気に入らなければ裁判してください」というのが常套句です。