• ベストアンサー
  • 困ってます

貸金業者と生命保険契約との関係について

貸金業法第12条の7(生命保険契約等の締結に係る制限)で, 「貸金業者は、貸付けの契約[中略]の相手方又は相手方となろうとする者の死亡によつて保険金の支払を受けることとなる保険契約を締結しようとする場合には、当該保険契約において、自殺による死亡を保険事故としてはならない。」とあります。 この条文は貸金業者が生命保険契約の当事者であるかのような規定の仕方をしていますが,貸金業者はあくまで受取人であって,保険契約の当事者ではないような気がします。 貸金業者がこのような生命保険契約の当事者となることがあるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数433
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>業者はあくまで受取人であって,保険契約の当事者ではないような気がします。  保険契約では、契約者、被保険者、受取人という登場人物がでてきますが、それらがすべて同一人物である必要はありません。契約者(当事者)は、保険会社及び貸金業者、被保険者は借主、受取人は貸金業者という保険契約も有効です。 >貸金業者がこのような生命保険契約の当事者となることがあるのでしょうか? 消費者信用団体生命保険というのがあります。

参考URL:
http://www.seiho.or.jp/data/other/syouhisyasdansin/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご教示いただいた「消費者信用団体生命保険」について検索して,受取人たる貸金業者を契約者・支払者,借主を被保険者とする保険があることを知りました。どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 貸金業者が倒産した場合

    こんばんわ よろしくお願いいたします。 現在、消費者金融からお金を借りているのですが、仮に債権者である貸金業者が倒産した場合、私の債務はどうなるのでしょうか?? 債権が譲渡されて、別の債権者にわたるのでしょうか?それとも一方的に一括支払いを求められて、元利金を支払う義務が生じるのでしょうか?  契約上は、フリーローンで3年以内の返済ということになっています。 最近、貸金業者が店をたたむ事例が新聞を、にぎわかせている ため心配になりました。

  • 生命保険について

    旦那が保険会社の営業をしています。 保険契約がなかなか取れなく、次月からの給料が下がるため、私の生命保険を契約しました。 ちなみに、旦那自身の生命保険はまだ契約していなくて無保険状態です。旦那には借金があり、もし今亡くなってしまった場合には私が借金を背負うことになるかと思います、、 私だけに生命保険をかけていることはおかしい事なのかと思い始めて来たのですが、このままかけ続けて大丈夫なのでしょうか?

  • 保険法の生命保険・告知義務違反についてです。法学分かる方助けて下さい<

    保険法の生命保険・告知義務違反についてです。法学分かる方助けて下さい<m(__)m> Xの夫Aは心臓病の持病があることをY生命保険会社に告知せずに保険契約を締結し、契約成立の1年半後に肺炎のために死亡した。Y生命保険会社は、告知義務違反によって保険金の支払いを拒否することができるのか? どんなささいなことでも結構ですので回答につながることを教えてください、よろしくお願いします。

  • 独禁法に反するのでは? 賃借申込人に保険者・保険代理店を指定して保険契約させる行為

    賃貸不動産の賃借申込の条件として、賃借申込人に火災保険契約の締結・補償内容の指定・保険金額の指定を義務付けることは、合理性があり理解できます。 しかし、ほとんどの不動産所有者・宅地建物取引業者・不動産管理業者(以下、所有者等といいます)は、所有者等指定の保険者・保険代理店にて保険契約を締結しなければならないとする条件を付ける場合が少なくありません。 所有者等が賃借申込人に対し、保険者・保険代理店を指定することは、独禁法に反しているのではないでしょうか? また、不動産を担保に借金するとき、借入申込人に火災保険契約の締結・補償内容の指定・保険金額の指定を義務付けることも、合理性があり理解できます。 しかし、ほとんどの貸金業者は、貸金業者指定の保険者・保険代理店にて保険契約を締結しなければならないとする条件を付ける場合が少なくありません。 貸金業者が賃借申込人に対し、保険者・保険代理店を指定することも、独禁法に反しているのではないでしょうか?

  • 生命保険について

    生命保険について 生命保険の死亡時受取金について教えてください。 各社いろいろなプランがあると思いますが、 一般的なこととしてお願いします。 例えば、25歳で生命保険に入ったとします。 これは、早くして不慮の事故や病気で死亡したときの リスクを考えて契約すると思うのですが、 何事もなく、90歳ぐらいで老衰などの自然死の場合、 死亡保険金ってもらえるのでしょうか?

  • 生命保険

    父親は生命保険に入ってますが 死亡したら死亡保険金が入りますよね。 例えばガンになり治療のかいなく 亡くなっても契約どうりの保険金がおります?

  • 生命保険の受取人であることを知らない場合

     事実関係  Y生命保険会社は,Aを契約者兼被保険者,Aの配偶者Bを保険金受取人として生命保険契約を締結しました。その後,A,Bが同時死亡しました。Aの相続人は弟甲のみ,Bの相続人は弟乙のみという前提です。  甲は,Aの相続人として遺品を整理して生命保険証を見つけたのか,あるいは銀行口座から引き落とされたことから知ったのか,保険料の支払が止まって通知がきたのか,ともかく,本件生命保険の存在を知りました。(乙は結局,3年以上もその存在を知りません。)  死亡から2ケ月後に甲は,Y生命保険会社に生命保険金が受け取れるか問合せしました。その際,A,Bは同時死であることを通知し,Aの弟は甲,Bの弟は乙が居ることも通知しました。また,乙は生命保険の存在を知らないことを通知しました。  質問  Y生命保険会社は,生命保険金受取人は乙であると判断したのですが,その場合,保険の存在をしらない乙に保険の存在を知らせますか。  一般論として,何らかの事情で被保険者の死亡を知った生命保険会社は,このような,生命保険契約の存在を知らない保険金受取人に対して,保険の存在を通知しますか。例えば,離婚した父が,母の親権に服する子のたに,子を生命保険受取人にしていた場合などが考えられます。  このようなケースの取り扱いについて規定した文書がある生命保険会社があれば教えてください。できればその内容も  行政は何かこのようなケースについて取り扱いの指導,あるいは通達をしていますか。  生命保険業界にお詳しい方,法律にお詳しい方,ご教示下さい。

  • 生命保険金

    生命保険の契約者が死亡した場合は解約になると思いますが解約返戻金というのはどうなりますか。

  • 借り主の子供に対する返済協力要請

     貸金業の規制等に関する法律(貸金業法)21条1 項は、「貸金業者又は貸金業者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し又はその私生活若しくは業務の平穏を害するような言動により、その者を困惑させてはならない」と定め、これに違反した業者には罰則(同法48条)や業務停止処分(同法36条)を課すことができるとされています。 貸し主が、業者でない場合、借り主の子供に対し、その勤務先に行って協力を要請する場合、、どんな規制があるのでしょうか?

  • 貸金業法 密接な関係を有する者ってなんですか

    貸金業法の試験勉強も大詰めです。 1回目の試験問題を解いていて問題26で密接な関係を有する者という言葉を初めて目にしました。 重要な使用人というのとまた、違うのですか? 当該貸金業者の総株主の議決権の100分の50を超えるとありますし(重要な使用人は25でしたし・・・) 重要な使用人ではないのだと思うのですが・・・。