• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ハードボイルド

ハードボイルド=(卵などが)「固ゆでの」という言葉がなぜ小説のジャンル名として使われるようになったのでしょうか。ヘミングウェイあたりがルーツだそうですが…。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数783
  • ありがとう数15

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • TCM
  • ベストアンサー率44% (81/181)

 こんばんは、TCMと申します。  英語語源辞典(研究社)によりますと、hard-boiledが「非情な」というような意味で初めて現れたのは、1886年、Mark Twainの著作の中のようです。固ゆで卵に水分がほとんどないことから「情にほだされない」という暗喩的転義が行われたと書いてあります。  その後、ヘミングウェイらの初期の小説の表現様式(感情を交えず事実を積み上げるような表現)をhard-boiledと呼び、ほどなくしてハメットが創始した探偵小説(タフガイが活躍する行動派ミステリ)もhard-boiledと呼ばれたようです。ヘミングウェイにせよハメットにせよ、hard-boiledという言葉にすでに「非情な」という意味があったわけですから、そんなに不思議でもなさそうですね。  しかし、なぜMark Twainがhard-boiledにそんな意味をこめたのかという点がまだ謎です。ふりだしに戻る。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 大変参考になりました。実は私、英文科出身で、卒論はマーク・トウェインだったのですが...ちっとも知りませんでした。ははははは。ハードボイルドが初出したマーク・トウェインの著書を調べてみる必要がありそうですね。アドバイスありがとうございました。

関連するQ&A

  • ハードボイルド小説ってミステリー小説の小ジャンルっ

    ハードボイルド小説ってミステリー小説の小ジャンルって認識でいいんでしょうか? ハードボイルド小説好きなんですが、なかなか発掘するのが難しいのと主人公が死んじゃう系の小説苦手なのでミステリー小説も手を出そうと思うんですが

  • 【ハードボイルド小説】ハードボイルド小説の一節「人

    【ハードボイルド小説】ハードボイルド小説の一節「人は強くないと生きていけない、優しくなければ生きる資格はない」は何という小説の一節ですか?

  • ハードボイルド小説

    ハードボイルド小説をけっこう読んだんですが、 設定がほとんど同じだなと感じました。 主人公は中年の男でずっと独身か、離婚している。 一人暮らしをしていて私立探偵で一匹狼という風に。 謎解きの面白さの面もそこそこにはあるけど、 普通の推理小説と比べると、 それほど深くはない気がしました。 みなさんはハードボイルド小説のどういう所に 面白みを感じていますか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • dice
  • ベストアンサー率35% (27/77)

回答でもアドバイスでもないです。 お礼が言いたかったもので、ここに書かせていただきます。 すみません。 No.1のdiceです。 質問者御自らフォローありがとうございました。 とても参考になりました。

参考URL:
どちらが回答者でどちらが質問者なのか・・・(^_^;)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 たいへん遅くなりました。せっかくご回答を頂いておきながら、すみません。  マーク・トウェインの方はまだ調査中なのですが、非常に有益なヒントを頂きましたこと、2ヶ月以上追加のご回答がないことから、この質問はクローズさせていただきます。  ご協力頂いたお二方には改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

  • 回答No.1
  • dice
  • ベストアンサー率35% (27/77)

それっぽいのを見つけたので・・・ 下記参考URLを見てください。 それじゃあ、何で新兵が上官をそう呼んだのかってのが気になるところですが・・・ どなたか、フォローお願します。

参考URL:
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/1787/teach32.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「アメリカの軍隊で新兵が、指導するタフで非情な下仕官のことをハードボイルド・エッグと呼んだのがはじまりと言われている。...」なるほど。存じませんでした。参考情報ありがとうございました。

質問者からの補足

「軍隊で新兵を容赦なくしごく教官である兵隊の軍服にのりがきいて、そのエリがまるで、ゆでたまごの殻のようだということから、情け容赦のないものをハードボイルドエッグという風になったという生島治郎さんの解釈があります。」だそうです。 http://www.hh.iij4u.or.jp/~masafumi/hardboiled/hardboiled.htm

関連するQ&A

  • ハードボイルド・コメディの小説を探してます

    ハードボイルド小説で、「ハードボイルドコメディ」の本を 探してます。読んで面白かったという小説があれば是非教えてください 例)主人公が情けない中年男性で、ハードボイルドなのに   思わず笑ってしまう「ハードボイルド・エッグ」荻原浩   のような小説

  • おすすめ小説(ハードボイルド・サスペンス)を教えて下さい

    おもしろい小説を探しています。 ジャンルはサスペンスミステリー・企業小説(ハードボイルドミステリー風)・ハードボイルドなどが良いです。 私がこれまで読んでおもしろかった作家、小説は 藤原伊織 全著 新野剛志 「罰」「もう君を探さない」 池井戸潤 「果つる底なき」 香納諒一 「幻の女」 白川道  「天国への階段」 福井晴敏  全著 他に原寮・横山秀夫等です 欲を言えば主人公に1本筋が通っていてロマンチズム?が感じられるような小説が良いです。 上記の通り有名な作家、小説は読んだと思いますが他にご存知の方がいらっしゃいましたらご回答よろしくお願いします。

  • ハードボイルドって何?

    文字通りの質問なのですが『ハードボイルド』の意味がよく分かりません。 その手の本も、おそらく読んだ事がないとは思うのですが・・・ よく耳にするこの言葉、 要するに簡単に説明してしまえばどういう事なのですか? どういった内容の物を、そう呼んでいるのでしょうか? 教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 洒落たノワール・ハードボイルド小説を読みたいです

    お洒落なノワールorハードボイルド小説を探しています。 石田衣良さんの「ルージュ・ノワール 赤・黒 池袋ウエストゲートパーク外伝 」をとても面白く読み、こういったお洒落な雰囲気のあるノワールもしくはハードボイルド的な小説があったら読みたいと思っているので、何かおすすめして下さる方がいたら教えてください。 とりあえず、池袋ウエストゲートパーク本編は読んでみようと思っています

  • ハードボイルド要素がある官能小説を教えて下さい

    ハードボイルド要素がある官能小説を教えて下さい

  • 村上春樹 終わりとハードボイルド に似た「洋書」

    村上春樹の世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランドを読みました。 非常に気に入ったので他の村上春樹小説も読みましたが「世界の終わり・・・」ほど楽しく読めませんでした。不思議な世界観です。 そこで洋書で「世界の終わり・・・」に似た本を探しています。 出来るだけ長編が良いです。 もちろん宇宙人が出てくるSF物や魔法が使えるファンタジーとは異なりますので、ジャンルがむつかしいですが、おすすめの洋書を教えてください。 返信は夜になってしまいますが、よろしくお願いします。

  • 中学生はハードボイルド小説を創作してノートに書くの

    多くの中学生はハードボイルド小説を自分で創作してノートに書くのでしょうか。

  • アクションシーンの語彙をあげるジャンル

    アクションシーンの語彙を増やすためハードボイルド小説を読んでいるんです ただハードボイルド小説どうもモノが少ないのか探し方が悪いのかなかなか巡り会う事ができません なので他のジャンルも開拓しようと思うんですがアクションシーンの語彙を増やすのに適したジャンルでモノが多いジャンルってあります? 時代小説は開拓済みなので銃撃戦とかそういった語彙を増やしたいです

  • ハードボイルド初心者に敷居が高くない小説は?

    今、高村薫著「リヴィエラを撃て」を読んでいますが、ハードボイルド初心者の私にはちょっと敷居が高かったようです。初心者の私でも読みやすいハードボイルド小説を紹介してください。日本の作家でお願いします。 ちなみに 「不夜城」「鎮魂歌」馳星周 「顔に降りかかる雨」桐野夏生 「私が殺した少女」原僚 は読んでいます。

  • ハードボイルド検定「背が高いのね」

    あるハードボイルド小説にこういうシーンがあります。 長身の探偵が初対面の女性に言われます。 「背が高いのね」 それに対して探偵はこう答えます。 「僕のせいじゃない」 私はこのやり取りが好きなのですが、自分ならどう返すか考えた所、これを超える返事を思いつきませんでした。 皆さんならどう返すでしょうか。 素の回答、ふざけた回答、名回答その他色々お待ちしております。 ただし、実際は背の低い人も「背が高いという設定」で回答願います。 ちなみにこの小説の映画版では、探偵役の俳優の背が低かったのでこの会話は変更されており、ガッカリした記憶があります。