-PR-
解決済み

原子力発電について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.71087
  • 閲覧数76
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数16
  • コメント数0

お礼率 33% (22/66)

 よくテレビのニュースなどで原子力発電に反対する人達のシーンが出てますが、あの人達は「じゃあ原子力で発電した電気は使わないのか?」「電気を使わずに生活をしているのか?」といつも思います。
 反対するのは簡単ですが、それよりも消費量を下げる事の方が大事だと思うのですが…。
 ひねくれ者の私ですが皆さんの意見を聞かせてください。
通報する
  • 回答数16
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 14% (33/233)

同感ですー。(ってことは、私もひねくれ者?)
原子力発電の危険性は大概の方々が判ってるはずですので、使わないで済むものならば誰だってなくしたいと思っているはずなんですよね。
それが何故なくならないか?
(電力の)需要があるからですよ。
私だってもちろん、原発に賛成するわけではありませんが
反対を唱える暇があったら一人当たりの消費電力量を下げる方法を考えるとか、まず自分が節電に取り組むとかするべきだと思います。
ちなみに、周囲にはセコイと言われながらも必ずテレビの主電源は切り、使わない時は電子レンジやエアコンのコンセントも抜いている私でした。( ;^^)ヘ..
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全15件)

  • 回答No.6
レベル14

ベストアンサー率 15% (594/3954)

 末端のコンセントで、水力か火力か原子力か、選べませんからね。電気を使わず生活するなら、すべての発電に反対するでしょう。  消費量を下げるのと、原発に反対するのは、対立することではないと思います。  反対するのは簡単、というのは、反対を言うのなら簡単ですが、たぶん、実際にやっている人たちは嫌がらせや何やで、簡単ではないのだろうと思います。  原発は、生産量をコントロールできない(今日は暑くて ...続きを読む
 末端のコンセントで、水力か火力か原子力か、選べませんからね。電気を使わず生活するなら、すべての発電に反対するでしょう。

 消費量を下げるのと、原発に反対するのは、対立することではないと思います。
 反対するのは簡単、というのは、反対を言うのなら簡単ですが、たぶん、実際にやっている人たちは嫌がらせや何やで、簡単ではないのだろうと思います。

 原発は、生産量をコントロールできない(今日は暑くてクーラーを使う人が多いから発電量をふやそう、とか)ので、PRほど効果的な手段ではありません。消費地に近いところで効率よく発電するのが、これからの方法でしょうね。
  • 回答No.7

原子力発電反対派の主張としては、原子力発電を全てとめても、電力不足にはならないはずだというものもあります。電力不足で停電にならないように、電力はある程度の余力を持って用意されているのでそういうことになるそうですが、逆にいうと、余力をなくしていっぱいいっぱいの電力で綱渡りをされるのも怖いですね(^^;) そして、原子力発電はそれ程クリーンな物でも、低コストなものでも無いという話。廃棄物の問題です。処理 ...続きを読む
原子力発電反対派の主張としては、原子力発電を全てとめても、電力不足にはならないはずだというものもあります。電力不足で停電にならないように、電力はある程度の余力を持って用意されているのでそういうことになるそうですが、逆にいうと、余力をなくしていっぱいいっぱいの電力で綱渡りをされるのも怖いですね(^^;)

そして、原子力発電はそれ程クリーンな物でも、低コストなものでも無いという話。廃棄物の問題です。処理に困る廃棄物がでるので、とてもクリーンとは言えません。そして、その保存が「100年保存」とかそういう長時間保存で、その施設をつくり、温度調節をし、換気をしっかりとするとなればそれなりのお金がかかるはずです。原子力発電が安いという計算の時には、そのあたりのコストはどう卯やら考えられていないようです(そのあたりのコストははっきりどのくらいなのかという数字は見たこと無いです。知っている方、教えてください)。

じゃあ、原子力発電は要らないのかいうと、化石燃料があと100年分もなさそうだという問題があります。節電といっても、先進国以外もどんどん電気器具を使うようになるでしょうから、これから世界的に必要とされる電力量は増えることがあっても減ることは考えにくい。となると、当面は原子力発電に頼らなければならないということになるんじゃないかなと僕は思っています。

次世代の発電には、サトウキビなどから抽出したアルコールをつかった燃料電池に期待しています。天然ガスをつかった燃料電池ならどっちにしても枯渇したらそこまでですから。

はぁ。話がいろいろ広がって何を書いているのかわからなくなってしまった。ごめんなさいねぇ。
  • 回答No.5
レベル10

ベストアンサー率 42% (48/114)

彼らも、電気を使用することに反対しているのではなく。その生産方法として 原子力を選択することに反対しているのだと思います。 実際のところ、電気をその生産方法においてより分けることは不可能なので、 生活に原子力により発電した電力を使用していることは確かでしょう。 しかし、原子力以外の発電方法によってその不足分を補いことは可能であると 思っていますし、もしその事によって電力が不足するのであれば不 ...続きを読む
彼らも、電気を使用することに反対しているのではなく。その生産方法として
原子力を選択することに反対しているのだと思います。
実際のところ、電気をその生産方法においてより分けることは不可能なので、
生活に原子力により発電した電力を使用していることは確かでしょう。

しかし、原子力以外の発電方法によってその不足分を補いことは可能であると
思っていますし、もしその事によって電力が不足するのであれば不足する消費量を
減らす努力は惜しまないとの覚悟なのでしょう。

実際、原子力発電の縮小は世界の趨勢でもあります。その現状に目をそらして、
ただひたすらその方法しかもう残されているしかないかのような広報活動と梗塞化
した政策しか取れない政府に憤りを感じます。

現状で核廃棄物の処理方法が確立していない状況で、その負の遺産と自分たちの
遊興的な生活のツケを子供たちの世代に押し付ける現状を正しい姿だとは思えません。

原子炉自体の安全性についても、もし万が一にも事故の起こる可能性を否定でき、
事故にも完全に対処する自信があるのであれば、東京のど真ん中に数十人しか人が
住んでいない(皇居ともいうケド…)広大な空地がありますので、「安全だと
言うのであれば、そこに建設してみろ」と思いますね。そこまでできるのならば、
認めてもいいかもと思うのですけれどね。
  • 回答No.4
レベル9

ベストアンサー率 15% (14/93)

 人は自己益のことしか、考えていないので、そういうことになるんだと、思いますよ。その反対している人々は、自分達が矛盾していることをいっていることに気が付いていないのですよ。。今の国民といっしょですね。税金を下げろ、保険、保障、福祉、整備...その他もろもろ、いっていますけど、そこに矛盾が生じていることに気が付いていない!しかも、そのことを指摘する人もいない。もし、議員がそんなことをいったら、当選しませんか ...続きを読む
 人は自己益のことしか、考えていないので、そういうことになるんだと、思いますよ。その反対している人々は、自分達が矛盾していることをいっていることに気が付いていないのですよ。。今の国民といっしょですね。税金を下げろ、保険、保障、福祉、整備...その他もろもろ、いっていますけど、そこに矛盾が生じていることに気が付いていない!しかも、そのことを指摘する人もいない。もし、議員がそんなことをいったら、当選しませんから、甘い言葉しか言わないんですよ。
 結論として、人は自己益のことしか考えていないから。もちろん、少数ですけれども、このような人たち以外はいますけれど。ただ、やはり少人数では大人数にかてないのが現状じゃないでしょうか。
 もし、異論、意見、抗議、その他もろもろ、受け付けますので、補足なり、回答なりしといてください。
  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 14% (50/336)

こんにちは、>反対するのは簡単ですが、それよりも消費量を下げる事の方が大事だと思うのですが…。 おっしゃる通りですね! 反対されている方は、事故を心配しているんだと思います。それと科学への過信を。 使う電気については、原子力以外の発電方式を薦めていると思います。現時点で、自宅に供給される電気の発電方式は選択できませんからね。 それに電気は最低限しか使わないようにも心がけていると思います。 もう一つの要因と ...続きを読む
こんにちは、>反対するのは簡単ですが、それよりも消費量を下げる事の方が大事だと思うのですが…。 おっしゃる通りですね! 反対されている方は、事故を心配しているんだと思います。それと科学への過信を。 使う電気については、原子力以外の発電方式を薦めていると思います。現時点で、自宅に供給される電気の発電方式は選択できませんからね。 それに電気は最低限しか使わないようにも心がけていると思います。 もう一つの要因としては、反体制勢力(反自民党)がバックで推し進めているということもいえます。 現実は、反対している人がいる原発がある地方では、地元の多くの人が原発で働いているので、重要な雇用先にもなっています。
 個人的には、事故は無い、危険は無い、と行っている割には、絶対に大都市には原発を作らないっていうのが気になりますね。
  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 19% (92/463)

某電力会社の原子力発電所への仕事が 年に度々ありますので関係者からの話として聞いて下さい 反対される方々は本当に地元の方だけなのでしょうか? これが違うんですね 原子力発電を全面的に反対するグループが 存在するのですがそのグループの方たちが多い場合も有ります 地元の方も反対されますがあまり目立った行動は していませんね。話は飛びましたが・・・ 現実的に一昨年の東海村の事故では人的ミスから ...続きを読む
某電力会社の原子力発電所への仕事が
年に度々ありますので関係者からの話として聞いて下さい
反対される方々は本当に地元の方だけなのでしょうか?
これが違うんですね
原子力発電を全面的に反対するグループが
存在するのですがそのグループの方たちが多い場合も有ります
地元の方も反対されますがあまり目立った行動は
していませんね。話は飛びましたが・・・
現実的に一昨年の東海村の事故では人的ミスから
かなりの被害が出ましたが
通常電力会社の原子力発電所では有り得ない工事です
原子力発電所の建設メリットは
その建設地の活性化、これは原子力発電所を一つ
建設するだけで一つの町が出来上がります
当然地元への仕事の依頼なども大変に多く
町が潤い活性化すると言う現象が起こりますね
年に1回の定期修繕ではかなりの人数が携わりますし
発電設備が複数ですので年間通しての工事が後を絶ちません
それと電力の安定供給を原子力発電で賄おうって事です
まぁ少し話はずれましたが今は通常の重油を使用する
火力発電の割合が減ってきています
良く発電所を見受けますと4基程の大きい建物ありますよね?
あれがそのままボイラーの数なのですけど
地域によって違いますが通常は半分の数しか
運転されていません
それほど電力が余っているのです
って事は大きな発電力を持つ原子力発電所を建設すれば
火力発電所でかかっている人員削減にも役に立ちます
現実閉鎖される火力発電所も存在しますからね
民間の買電も盛んです
ちょっとした工場の買電設備ですと
地方の小さな火力発電所と同じ発電能力があり
逆にこの買電に対するコストが問題なってきています
電力の消費量って結構電力会社が操作しているような
物なのです(関係者に方すみません)
電力が無ければ無いなりに省電力で済むシステムが
出来上がりますしね
消費量の多い少ないより
如何に安定供給を実現するかが電力会社の使命なのです
ちなみに日本の電力会社の停電時間数は
年間10何分ってデーター出てるんですよね
これは発電所が原因の停電ですけど
これ世界一なんですよ
って事で
とりとめのない話をしてしまいました
元に戻しますが電力の消費量は今後鰻登りでの
上昇はありません
消費量が安定すれば供給も安定しますから
電気料金も安くなるでしょうね
こんな話で構わないですか?
  • 回答No.8
レベル14

ベストアンサー率 23% (542/2278)

原子力への反対運動に関しては、裏に政治的な動機が隠されている場合もあるので、注意する必要があります。 危険性は確かにあります。ただ、そのリスクが他にくらべどうか?というとなんとも言えません。 統計的に見ると、たぶん火力発電所でこれまで国内で死者0ということはないと思います(本当になかったら...表彰ものです)ので、国内では死者0(JCOは処理施設なので別、とします)の原子力発電は限りなく安全、とい ...続きを読む
原子力への反対運動に関しては、裏に政治的な動機が隠されている場合もあるので、注意する必要があります。

危険性は確かにあります。ただ、そのリスクが他にくらべどうか?というとなんとも言えません。
統計的に見ると、たぶん火力発電所でこれまで国内で死者0ということはないと思います(本当になかったら...表彰ものです)ので、国内では死者0(JCOは処理施設なので別、とします)の原子力発電は限りなく安全、ということになります。

実際には運転にかかわる人々が安全に細心の注意を払っているたまものだと思います。これからも続けてください。

厄介もの扱いされる廃棄物も、「すてればゴミ、分ければ資源」ということで、プルサーマルを推進すべきです。燃え滓の核エネルギーが悪影響をおよぼすなんて、ばかばかしい話と思いません?仮に完全にエネルギーを放出してしまえば無害になります(実際には無理ですが)。実際にはいろいろ事情があって進んでいませんが..。環境問題分野からの圧力(「限りある核資源の使い捨てはやめろ」等)はないのかな?

あと、よその国は資源に恵まれているか、「どうせ隣国から電力を買えばいいじゃん」という状況で、パフォーマンス効果(本当に効果があるのかな?)を狙っていろいろやっていますが、日本には(いまのところ)原発が必要だと思います。上にあげたように、実績として安全が保たれており、しかも「地球にやさしい」発電方式ですから。
  • 回答No.9
レベル8

ベストアンサー率 21% (6/28)

No.8のかたも言ってるとおり今では プルサーマル発電が可能になっていて 廃棄物の利用が出来るようになっているので、 環境に全く問題がないとはいえませんが、かなり クリーンな発電システムじゃないかと思います。 私もひねくれ者の一人でしょう。 原発反対なら、火力ならいいのかーっていいたくなります。 火力は空気が汚れるんだー、原発なら廃棄物以外はクリーンだ と声を大きくして言いたいです。 ...続きを読む
No.8のかたも言ってるとおり今では
プルサーマル発電が可能になっていて
廃棄物の利用が出来るようになっているので、
環境に全く問題がないとはいえませんが、かなり
クリーンな発電システムじゃないかと思います。

私もひねくれ者の一人でしょう。
原発反対なら、火力ならいいのかーっていいたくなります。
火力は空気が汚れるんだー、原発なら廃棄物以外はクリーンだ
と声を大きくして言いたいです。
そういった反対している人に限って、夏とかクーラーガンガン
効かしているんだろうなー・・・
今は日本の発電の半分を占めていますからねー、
町も潤うのにねぇ~。
まっ、怖いからね、原発は・・・
わからんでもないが。
  • 回答No.14
レベル9

ベストアンサー率 36% (26/71)

中1の時に原発問題に関心を持ち始め、この問題に関する数100冊の本を読み漁ってきた経験から回答します。 原発の問題も含め、環境問題を議論すると、必ず「じゃあおまえは原始時代の生活に戻れるのか」とか、「それならおまえは一切エネルギーを使うな」という暴論を吐く人がいますが、こういった議論は、論点のすり替えの詭弁以上の価値はなく、建設的な議論を妨害するだけの有害極まりない発想だと思います。 で、今原 ...続きを読む
中1の時に原発問題に関心を持ち始め、この問題に関する数100冊の本を読み漁ってきた経験から回答します。

原発の問題も含め、環境問題を議論すると、必ず「じゃあおまえは原始時代の生活に戻れるのか」とか、「それならおまえは一切エネルギーを使うな」という暴論を吐く人がいますが、こういった議論は、論点のすり替えの詭弁以上の価値はなく、建設的な議論を妨害するだけの有害極まりない発想だと思います。

で、今原発に反対している人たちですが、彼らの意見は、「原発に大金を投入するよりも、エネルギー消費量を減らすための努力(政策など)を優先すべきである」というもので、決して自分のことを棚に上げて原発に反対しているわけではありません。
炭素税の導入など、環境保護面での規制強化、電力の売買など規制緩和など、やるべきことはいくらでもあるのに、政府の原発推進派がその辺の議論を怠って、「とにかく原発を増やせばいいや」という姿勢でいることに対し、「だったら原発そのものに反対」をしているのです。

もっとも、過去の議論において、原発の推進派も反対派も、ともに非建設的な議論を繰り返してきたことは事実です。反対派は、言いがかりにともいえる根拠で「原発は危険。今すぐやめろ」といい、推進派はカルト的な根拠で「原発は絶対安全。だから事故の時の避難訓練もいらない」などと言い張ってきたのですから。

さすがにこういう不毛な議論は10年ほど前からなりを潜めているようです。(一部にはまだその頃の名残が残っていますが)


さて、原発に関する本や報道やらを読み漁ってきた結果、私の意見は以下のとおりです。

1、原発そのものの安全性について。 技術的には十分安全であり、あとは原発に携わる人間が、メンテナンスや、異常時の管理をちゃんと行えるかにかかっている。(スリーマイル原発事故では、計器の異常信号に対し、運転員が、今まで頻繁に起きていた計器の故障と捉え、適切な処置を怠った)したがって、あとは我々が彼らを信用するか否かというレベルの問題である。

2、原発周辺技術の安全性について。 東海村の事故や、外国の再処理業者の燃料棒のデータ改ざんなど、もっともモラルが低く、危険である。事故の教訓を十分に生かしてくれることを祈るのみ。住民など一般人が安全管理を監視できるシステムが構築されるのが理想である。

3、原発行政について。 最近政府は、原発の運用年数を当初の30年から60年に延長することを決定した。これは、30年前に原発の建設をはじめたときは、「30年後には原発解体技術も、廃棄物の処理問題も解決しているだろう」という大甘な考えで始め、30年経った今、問題がほとんど解決していないためさらに先送りするための決定である。
今後、事故が起きないためには、燃料棒格納容器や、配管の経年劣化に対応し、十分なメンテナンスが必要となる。つまり、安全性に対する人間のモラルの要素が増大し、メンテナンスの怠慢等による冷却水漏れなどの事故の危険性が非常に高い状態になる。安全技術の過信による事故は、航空機事故でも時々発生しており、今回の政府の決定はまさに原発の安全技術の過信と断言できる。

4、プルサーマルについて。 プルサーマルを行わない場合、世界のウラン燃料はけっこう早い時期に枯渇する。(確か100年くらいで枯渇する、と記憶している)
原発は、プルサーマルを行わない限り、将来のエネルギー問題を解決することはできない技術である。したがって、私は原発を続けていくのなら、プルサーマルは推進すべし、と考えている。

5、放射性廃棄物の問題について。 はっきりいって、現在、そして今後の日本において、この問題を合憲的に解決する能力はない。最終的に、6ヶ所村とか、北海道のどこかとか、政治力の弱い地域に無理やり押し付けてしまうだろう。財産権を踏みにじり、人権を無視して迷惑施設を押し付けるのは、沖縄に米軍基地を押し付ける手法として確立されている。
個人的には、受益者負担の原則に基づいて、放射性廃棄物くらいは大消費地の東京などが受け入れるべきだと思う。地震に堪えられる原発が作れるのだから、地震に堪えられる放射性廃棄物保管施設が作れないはずがない。地中深くに処分するより、なんか問題が起きたときにすぐに対応できる地上に作るのが一番いいはず。
首相官邸にでも保管施設を作れば、24時間警備されているわけだし、テロ対策も十分、と思うのは私だけでしょうか?

6、原発は推進すべきか、廃止すべきか。 上記の現状を考えると、理想的には即時廃止するほうが望ましいが、物理的にそれは不可能である。なぜなら、原発の生み出す電力の供給量は、ほかの発電技術での代替が、経済的に不可能なほど膨大だからである。
したがって、最も現実的な案としては、今後、耐用年数(30年から40年)に達した原発は廃止し、新規の原発建設は極力抑えるようにする。カリフォルニアの失敗を繰り返さないような電力供給の自由化を実現し、企業がコジェネレーションを導入しやすい環境を整備し、新たなエネルギー需要にはコジェネを中心に対応する。
現在、発電所から消費地まで電気を送るのに、原発数機分の送電ロスがあるため、電源の分散化を積極的に推進する。ちなみに、現状においても、電柱にある変圧器を最新型の物にするだけで原発1機分の省エネが図れる。

7、まとめ。
技術面での省エネなどで、原発は現在の半分くらいまでは十分に削減可能なはず。ただし、それは政府が規制緩和などをしっかりやらないと不可能な話である。
また、どんなに省エネ技術が進んでも、我々消費者が、ある程度のもので満足できる精神構造にならないと、全体的な資源やエネルギーの消費量は増えつづけるでしょう。現在の産業構造の最大の問題は、消費者が「そこそこで満足」できる社会になると、経済が衰退することにある。
現在の資本主義とはまったく別の、新しい経済システムを構築しない限り、この問題は解決しそうにないと思います。
お礼コメント
keroNo1

お礼率 33% (22/66)

 意見ありがとうございます。
 個人的に(5)の意見がかなり共感できました。
投稿日時 - 2001-05-14 00:24:45
  • 回答No.15
レベル9

ベストアンサー率 20% (16/78)

 ひねくれものだとは思いません。素朴な疑問だと思います。  私も、原子力発電に反対する事と、電気を使わずに生活する事は別問題だと思います。また、消費量を下げる努力とも矛盾するとは全く思いません。  まあ、ここまでは諸兄が言われている事ですのでそれだけにして、…  keroさんの言葉をお借りすれば、反対者の批判をするのは簡単ですが、と言いたいです。  実際に自分の住んでいる近くに原発ができそうで、事 ...続きを読む
 ひねくれものだとは思いません。素朴な疑問だと思います。
 私も、原子力発電に反対する事と、電気を使わずに生活する事は別問題だと思います。また、消費量を下げる努力とも矛盾するとは全く思いません。
 まあ、ここまでは諸兄が言われている事ですのでそれだけにして、…
 keroさんの言葉をお借りすれば、反対者の批判をするのは簡単ですが、と言いたいです。
 実際に自分の住んでいる近くに原発ができそうで、事故がおこれば直接被害を受けるだろう人の気持ちを考えてください。
 どんなに頭では分かっていても、原発から遠く離れた都会で暮らしている人のために、自分達が危険をかぶらされるのはいやでしょう。原発が作られるような地域では、電力消費量はやはり都会より低いと思いますよ。
 あと、政策的に、原発の発電量を増やしておいて、「もうこれだけ使われているから」というのはいんちきですね。市場原理で増えたと言うのなら話は別ですが…。
 「コスト」についても、税金を投入したり、廃棄物処理を先送りにしているから、電力会社にとっては安くあがっているんでしょうが、すべてのコストを考えれば決して安くはない、という意見も説得力があります。
 あなたの言われる通り、電力消費を抑えることが大事だと言う事は、論を待たないと思います。
お礼コメント
keroNo1

お礼率 33% (22/66)

 意見ありがとうございます。
 私は鳥取県の西部に住んでいるので、島根県の鹿島原発が事故を起こせば間違いなく被害を受けます。
 それでも周りの人達は危機感を持っていないので、この質問をしてみた訳です。
 色々考えさせられますね。
投稿日時 - 2001-05-14 00:16:51
15件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ