• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

著作物の著作権について

ホームページなどを発注した会社と請け負ったSOHOについて、SOHO側に著作物の著作権が属すると思いますが、SOHOの著作物の扱いについてどのような権利があるのですか? また発注した会社にはどのような権利があるのですか? (契約書を交わさなかった事でお願いします、というのも、実際現場では付き合いが長いクライアントとは契約書を交わさないで仕事をする場合は多いのではと思いますので) そもそも著作権を買い取る事は法的に可能なのでしょうか? 具体例でお話ししますと、 ・SOHOのWEBサイトに著作物の一部(スクリーンショットも含む)を掲載している。 ・発注者側が著作者の許可なしにホームページに変更を加えている。 ・発注者またはSOHOが著作物の一部を流用して新しい著作物を製作している。 (スタイルシート、レイアウト、テキストなど) ・完成した著作物(ホームページ)のコピーライトは誰なのか。 他に著作物の扱いについてトラブルにならないよう、気をつければならない事がありましたら教えて下さい。

noname#5431

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数240
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#195872

更にご質問がありましたのでが、これは私個人宛てではないものと認識したうえで補足させて戴きます。 実際に契約書を作成される方 - 弁護士さんや行政(司法)書士さん等 - のご判断をあおぎ、その上で、契約当事者双方の意思決定でどの様な契約書を作成されるのかお決めいただきたく存じます。 +++++ 》製作物の著作権は発注者側に属するとの契約内容 両者のハンがおされて初めて成り立ちます。製作物の定義(どこからどこまで)が双方で合意されている事が前提で、その上でどちらが著作権を持つか、共同著作とするか等は両社間の決め事となります。 》そもそも発注するときにはさまざまな契約書を交わす必要があるのでしょうか、機密保持と著作権譲渡と発注内容を一枚にまとめるのは無謀ですか? 一契約書で、という意味でしたら、実際によくある方法といえるでしょう。発注時の業務委託契約の段階で、(完成した作品の)著作権の譲渡について合意されていると、手続き上やりやすくなるでしょう。また、機密保持は、どの様なサービス契約においても、条項としてある事が望ましく、それを別途締結するか他の契約の一部になさるかは選択できて良いでしょう。 そうするという意思決定と責任は当事者間のものですが、それは無謀かどうかは、仕事の段取り上何に関する合意をいつの時点でもっておくかといった時間的な問題や、作成のうえでの技術上の問題もありますし、実際に作成される方々のご意見から判断なさって下さい。 なお、譲渡に関する契約と使用許諾の契約は別個と認識されていますので、ライセンス契約が必要かどうかは別途ご検討されると良いと考えます。 +++++ 何か参考になるものは、と探しおたところ、以下のサイトを見つけましたので、参照サイトとしてご案内しておきます。 http://homepage3.nifty.com/gyoukoji/ 小嶋行政書士事務所 - 著作権の契約にはどんなものがあるのか http://www.jusnet.co.jp/business/kei_k_chosaku.html JUSNET Communications Inc. - 著作権概説 http://law.braina.com/html/05_01_002000.html 知的データベース - 日本国著作権法(第二章) +++++ 以上

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても参考になりました、ありがとうございます。 著作権についてはお仕事の関係上、今後も調べていくつもりです。

関連するQ&A

  • Webサイトの著作権は発注者か制作者のどちらにあるか?

    SOHOとしてWebサイト制作をしようと考えてますが、 一般的に言って、制作したサイトの著作権は発注者か制作者のどちらにあるのでしょうか? 事前に契約書を作ろうと思っていますが、その際にそこのところをどう明記するか迷っています。 また、サイトの著作権が発注者にあるか制作者にあるかで、どのような違いが生じるでしょうか?

  • 【著作権】無名(変名)の著作物に係る権利の保全について

    著118条についてなのですが、無名(変名)の著作物の著作者のために、著作物の発行者が権利の保全をできるのはわかるのですが、「著作権者」の為にも発行者は同様のことをできることになっています。 なんで、「著作権者」も含まれているんでしょう? 著作権者≠著作者の場合には発行者が権利の保全をする必要性ないのではないかと考えるのですが、如何でしょう。 理由をご存知の方、その理由を教えてください。

  • 著作物に著作権が付与される瞬間

     著作権は、 特許権、実用新案権、商標権、意匠権といった他の知的財産権と異なり、 その権利取得に申請・登録を要さず、著作物に対して自動的に与えられる権利であると認識しています。 ここでいう著作物に自動的に著作権が付与される瞬間は、いつになるのでしょうか?  例えばエッセイの場合、 テレビや本として発表されれば著作物なのでしょうが、 ミクシーなどの閉じられた世界での公表の場合はどうなのか、 個人的なウェブサイトで誰でも閲覧できるサイトにアップした場合にはどうか(リンクが張られているかどうかも関係?)、 それとも、ノートやパソコンに書いた時点で成立するのか、その場合、他人に無断で使用されない権利はどのように担保・判断するのか、 といった疑問があります。  ご存じの方、よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#195872

発注元のお客様と受注したSOHOそれぞれに、それぞれが有する知的財産への権利が帰属します。したがって、サイトのどの部分がお客様のもので、それ以外の何がSOHOのものかを明確に既定しなければなりません。著作権は、当局へ登録したか否かにかかわらず、作成時点で既に発生していますので、現時点での契約書の有無に関係なく、どちらか一方が他方の知的財産を勝手に使用する事は、相手の著作権を尊重しない行為として非難の対象です。しかしここまでは私が専門の倫理上の問題です。その上で、以上に関する明確な既定を書面で取り交わせる様に契約書の雛形を用意しておく事が、会社として如何に大切であるかはいうまでもなく、また先のご回答(#1)の通りであります。 +++++ 今回の契約内容に関しての著作権の定義やその対象となる内容については既にご承知の点ばかりと存じますので、それらについての詳細は下記に後回しとし、ご質問への回答だけを先に示します。 》 SOHO側に著作物の著作権が属すると思いますが、 サイト(ページ)のどの部分が SOHO側の著作物なのかハッキリされている事が前提です。 》 SOHOの著作物の扱いについてどのような権利があるのですか? SOHOが提供するコンテンツについて、SOHOの著作権(知的財産所有権)があり、それらの使用を許諾する(ライセンスする)権利があります。 》発注した会社にはどのような権利があるのですか? 発注者が予めSOHOによりデザインされ発注者に対して事前に指定された枠内に、発注者が自ら書きこんだ内容(テキストやイメージ)は、発注者の責任ですので、そのうち発注者が自分で作成したものには発注者の著作権が発生します。 》そもそも著作権を買い取る事は法的に可能なのでしょうか? SOHOが提供するコンテンツについては使用許諾(ライセンス)契約によりユーザー(発注者)が使用料を払って利用できますが、これは売買の対象ではなく、また使用許諾では権利そのものの移転はありませんから、別途譲渡の手続き(契約)が必要です。 》SOHOのWEBサイトに著作物の一部(スクリーンショットも含む)を掲載している。 それらがSOHOの著作物であることを契約書で明記しましょう。 》発注者側が著作者の許可なしにホームページに変更を加えている。 ホームページのうち、SOHOが既に発注者に許可した部分(エリア)に対するユーザーコンテンツの変更でない限り、これはユーザーとしてやってはいけない事とSOHOは主張できます。 》発注者またはSOHOが著作物の一部を流用して新しい著作物を製作している。 論外ですね。予め断わって相手の許可を得れば、その後はどちらか一方か第三者が、そうした行為をどちらかの著作権の侵害として訴えない限り、収拾はつきますが。 》完成した著作物(ホームページ)のコピーライトは誰なのか。 ホームページとはあくまでもそこに書かれた発注者からの訪問者向けのメッセージ(テキスト、イメージ)の集合及び個別の内容ですから、その部分にSOHOは責任を負いかねます。ですからそこまでSOHOの著作物とは主張できません。サイトの訪問者にとっては、どの部分を誰が作成したかわかりませんし、またその当事者間でどの様な著作権の譲渡或いは使用許諾があったかわかりませんので、通常ユーザー(発注者)が、ユーザーコンテンツ(例えばトップページ)の下に著作権の記述をし(例: Copyright 2003 発注者)、更に基本レイアウト(デザイン)の一部として、"Powered by SOHO" 等のテキスト記述がある事が望まれます。 また、最後に、 》契約書を交わさなかった事でお願いします、というのも、実際現場では付き合いが長いクライアントとは契約書を交わさないで仕事をする場合は多いのではと思いますので... よくありがちな話ですが、これは危ない橋を渡る時にも使うテです。実際のところ、書面で契約していないからといっても言いのがれできない羽目になると考えましょう。 - 著作権は創作時点で既に発生していますので、手続の有無に関係ありません。 - 発注者とSOHO間の該当するこの案件について、誰も口を割らない事を徹底しなければ、いづれ表ザタになる事で、その時点で、契約による著作物についての明確な既定がなかった事が公表された場合、SOHOのその後の商売に影響しかねません。 - 何もかもうまくいってると思っても、倫理上の問題や道義上の責任が法的責任と別箇に存在する点はご承知おき下さい。「知っててやっている」以上、後で知らなかったという事は倫理にもとりますので。 +++++ (補足説明) SOHO側に著作権が帰属するもの(SOHO側が提供するコンテンツ) - SOHOが新たに製作したデザイン、レイアウト、ページ様式、スタイルシート、及びそれらの中に含まれるイメージ及びテキスト、及びそれらの製作に使用したSOHO独自の技術 - SOHOが上記を定型のパッケージとして提供する場合、そのパッケージ(コンテンツとサービスの集合体として): 従ってレイアウト、ページ様式がどの様にアレンジ可能かといった組合せ自体もSOHOの著作物となります。 発注元に著作権が帰属するもの(ユーザーコンテンツ) - 発注元が、上記SOHOのデザイン、レイアウト、ページ様式を使用して、ユーザーとして書き込みを許諾されている範囲に書き込んだテキストやイメージ 其の他の作成者の著作物 - SOHOがサイト製作に使用した技術のうち、業界標準や既製のスタイルシート、デザインやイメージ等は、それを作成した者に著作権があります。 - ご質問の案件はASP/コンテンツマネジメントの類と想定しますが、その他に例えばUNIXの従来型のサイトでは、使用するスクリプトのそれぞれの作成者がその著作権を有します。 例えば、私がこのサイトで予めきめられたブランク部分に投稿する回答文の権利と責任は全て私にあります。それ以外は全てgooおよびgooが指名する第三者のものになり得ます。 下記の参照サイトは、ASP/コンテンツマネジメントの類のサイトの一例(私のカウンセリングサイト)です。各画面の白い部分にある私のテキストは私の著作物ですが、ぺーじのデザイン、レイアウト等は契約先(Ownspot社)のもので、私は契約先からは、ページの上フレームの中に私のサービス名(会社名)、スローガン、及びロゴイメージを入れる事が許諾されていますので、その部分は私の著作物、どこに入れられるという指定はは契約先がデザインしましたので、そのデザインは契約先の著作物となります。 参照サイト http://www.moralexpert.org モラルエキスパート - ホームページ (Ownspot社のデザイン及びパッケージを使用): なお、他の会社と同様、Ownspot社との契約にも、どの部分がOwnspot社の著作物かという明確な既定があります。 +++++ 以上

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

aminaseさん、ありがとうございます。 著作権については契約書の内容が重視されると思いますが、製作物の著作権は発注者側に属するとの契約内容で、それがたった1行の文章であっても、相手のハンが教してあればそれが成り立つのでしょうか? そもそも発注するときにはさまざまな契約書を交わす必要があるのでしょうか、機密保持と著作権譲渡と発注内容を一枚にまとめるのは無謀ですか?

  • 回答No.1
noname#6493

> 気をつければならない事がありましたら教えて下さい。 金銭を動かすのならば、どのような間柄であっても きちんと契約書を交わすべきです。気をつけましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • プログラムの著作権について、教えてください!

    以下の著作権についての記述で、間違ってるのはどれでしょうか?教えてください。 1.著作権法においては、プログラム言語、規約、解放は保護の対象ではない。 2.著作権法は、ソースプログラムの著作物性を保護するものであることから、機械翻訳後のオブジェクトプログラムは保護対象としない。 3.著作者に無断で著作物を改変することを禁ずる同一性保護権の規定は、プログラムの著作物には適用されない場合がある。 4.特設の規定がない限り、法人が作成したプログラムは法人の著作物とされる。 5.請負契約、派遣契約のいずれかにあたっても、外注による著作は、発注者である法人に著作権が成立する。 6.不正複製物と知りつつ取得した複製プログラムを業務上使用することは、著作権の侵害とみなされる。 7.論文、数値などの情報を体系的に構成したデータベースについては、収録された論文などが著作権保護の対象であり、データベースそのものには適用されない。 8.日本ではコンピュータプログラムは、著作権法によって保護されるが、米国では特許権としての登録が必要である。 お願いします。

  • 著作権について

    著作権についての質問です。 仕事のなかである業者と委託契約を結ぶこととなったのですが、業者から提示された契約書は、「著作権がある」とおっしゃるのです。 その契約書は、7者契約ができるようになっているものなのですが、特に著作権云々をいうようなものでもなく、単なる契約書のひとつの様式かなとも思ったのですが、契約書には「文化庁***号」と番号が記入されていました。 そのため、契約当事者がそれぞれ記名押印して1通づつ契約書は持てない、著作者が契約書の原本を持ち、契約当事者はそのコピーを持つこととなるとおっしゃるのです。 そこで質問ですが、 1.単なる契約書の1つの形態と思われるものにも著作権があるのでしょうか。 2.仮に著作権があるとして、その契約書の内容に条項を追加したり削除したりすることが可能でしょうか。 3.著作権があるとした場合、本当に契約当事者が契約書を持つことはできないのでしょうか。 どなたか、適切なアドバイスをお願いいたします。

  • 著作権の譲渡についての契約

    はじめまして。 著作権の譲渡について契約書を作成しているのですが・・・ あるWeb媒体に画像を掲載するにあたって(私達は媒体元ではありません。いわゆる代理店です。)、掲載画像作成を私達がSOHOの方に発注しました。 その際、契約書内に著作権の譲渡(27条および28条の権利含む)というカタチで契約書に記載したいのですが、その際、SOHOの方が画像作成の際に使用するフリー素材に関しての著作権のまきとりはどのように掲示したら良いのかがわかりません。 ちなみに基本となる画像の元データは私達の所有のものをSOHOに提供しています。 どなたかお分かりになる方、ご回答いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 答案・解答は著作物?

    「QNo.2159293 これは著作権違法でしょうか?」を見ていて,ふと疑問に思ったのですが・・・  【1】試験等のの答案とか解答は著作物ですか?  【2】それは「著作権法」をどう解釈して?  【3】判例等があれば教えて下さい。  一応,「著作権法」は読みましたが,「著作物」の定義の『思想又は感情を創作的に表現したもの』に答案とか解答が該当するかどうかで引っ掛かりました。 ************************** (目的) 第1条 この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。 (定義) 第2条 この法律において、次の各号に掲げる用語の定義は、当該各号に定めるところによる。 1.著作物 思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。 **************************  なお,「QNo.857890 入試の再現答案と著作権」に類似質問がありますが,こちらの場合は『後で,わざわざ,答案を再現している。』点で,著作物になる様な気はします。  本質問の答案・解答はそういったものではなく,試験会場や通信教育の練習問題の答案・解答といったものを考えています。

  • 著作権の目的について

    著作権第一条において 「この法律は、著作物ならびに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。」 とありますが、『文化の発展』とは何かいまいちよく分かりません。これに関するHPがある場合教えてもらえますか? 何故、著作権が必要なのか?著作物が保護されていないと他人がすぐに自分の著作物をコピーする。そうすると著作物を創作して世に出しても権利によって保護されるはずの「差異」がすぐにコピーされ解消されるため経済的価値もあまり無く、またその後誰がこの著作物を書いたのかわからなくなってしまう。後者を具体的に述べると、コピーされるため情報の発信者が分からない。そして、合理的精神に基づけば世に出す理由が無くなり文化的つまり、科学的、経済的、文学的にも発展が見込めなくなるということである。 ↑と僕は考えたんですけど、どうでしょうか? 意見orHPのURLお願いします。

  • 買い取った著作物の改編は著作者による翻案権行使の対象?

     私が勤務する公益法人でイメージキャラクターを何種類かデザイナーに依頼して制作してもらいました。私は事務担当ではないので、実際のプロセスは不明なのですが、いくつかあるキャラクターの著作権は買い取ったということです。  その買い取ったキャラクターを私どものインターネット上のホームページで手を加えて使用したいのですが、買い取ったキャラクターであっても、そのデザインを改編することは、著作者による翻案権行使の対象となるという情報が職員の中で流れていて、真実なのかどうかを教えて頂ければと思い質問しました。  買い取った著作物であっても翻案権は著作者にあるのでしょうか?それとも、既に買い取ったものに関しては、元々の著作者はいかなる権利の行使もできないでしょうか?  大変初歩的な質問ですが、よろしくお願い申し上げます。

  • 著作権継承の際の疑問

    著作権者が死亡し、著作権を継承した場合、著作者が生存中に提携したその作品に対する契約内容はそのまま継承者に継承されるのでしょうか。 有効期限のない契約書のため、継承と同時に破棄、または見直しをしたいと思っています。 よろしくお願いします。

  • 著作権の譲渡を含む契約

    下記の図示の流れで仕事を請け負いました。 役所→A社→当社→デザイン会社 そのなかで当社→デザイン会社の間で著作権の譲渡を含む発注書(契約書?)を作成したいのですが、著作権を譲り受けても著作物の人格権については著作者(デザイン会社?)にあるということがわかりました。ここでその対策として、発注書に「デザイン会社は当社の行為について人格権を行使しない」と記載しようとしたのですが、最終的に役所に著作権等納品しないと行けないのでこの場合は「デザイン会社は役所の行為について人格権を行使しない」というふうに記載しないと行けないのでしょうか?当社とデザイン会社との契約の問題なので役所の名前を出さない方がいいような行きもするのですが・・・・要領を得ない質問ですが経験者等詳しい方がいたら回答お願いします。長文で済みません。そしてカテゴリーも自信ないです。済みません。

  • 二次的著作物の著作権

    アニメのキャラクター等を題材にして、自分で描いたイラストを (恐らく著作者に許可を得ず)公開しているウェブサイトが多くありますよね。 さらに、そのイラストの著作権がサイトの管理者(描いた人)にあると主張し 明記してある例が多いのですが、 原著作者の権利を侵害した二次的著作物でも、 その作者に著作権は存在するものなんでしょうか。 (それとも著作者人格権の事を言っているのでしょうか) 著作権を侵害しながら、著作権を守れと言っているようで、 そういうサイトを見かける度に、何だかマヌケだなと 思ってしまうのですが…

  • 著作権の移行について

    私の友人の話なのですが、ホームページをあるシステム会社に作っていただいたそうです。制作前に契約書を交わし、お金を支払った後に、再び別の契約書を持ってきて、このホームページの著作権は全てうちの会社にあるというような内容だったそうです。アイデアは友人のものですし、最初の契約書には一切著作のことは触れていなかったようですが、この場合著作権はどうなるのでしょうか?教えて下さい。