• 締切済み
  • 困ってます

特許権の侵害について

全くの素人ですので宜しくお願いいたします。一年ほど前洗濯ばさみを考案申請、登録完了いたしましたが、その後類似品が市場に提供されている事が判りましたが私の申請の時期とその市場に提供されている製品とどちらが先に登録がされていたのか、このような類似品の場合先行申請した考案と後からのものとは両方とも受理発番されるのでしょうか。これを知るには自身が審査を申請し無ければならないのでしょうか。先行のものと類似点があれば受理はされないと考えておりましたのですが 違うのでしょうか、類似品と言えども請求範囲が侵害しているのかどうかは判りません。 まず何をするべきなのかご教示下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数488
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2

いくつか質問が記載されていますので、順番に。 1、表題が、特許権、一方質問中では、考案と書かれています。  特許と考案は良く似た制度ですが、実務上性質が異なりますので、ご自身の権利が、特許なのか、実用新案登録なのか、ご確認ください。 2、文中では、考案、と書かれていますので、特許ではなく、質問者さまがなされたのが、実用新案登録出願であることを前提として回答します。  すると、実用新案の場合は、無審査で登録するという制度ですので、どちらが先でもそのまま登録されます。   3、どちらが、先かは、IPDLで調べられます。 http://www.ipdl.inpit.go.jp/Tokujitu/tokujitu.htm 説明はこちらにあります。 http://www.eonet.ne.jp/~dlibrary-kaisetu/mokuji.html 特に今回のケースですと、ご自身と相手方の名称から、こちらを参考にされてはいかがでしょうか。 http://www.eonet.ne.jp/~dlibrary-kaisetu/no12-company_kensaku.html 4、侵害するかどうかを判断するためには、知的財産の専門家の弁理士に鑑定を依頼するか、特許庁で判定制度、というものがありますので、そこで侵害の有無について判断できます。 弁理士は、弁理士会で紹介してもらえます。 http://www.jpaa.or.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 特許抵触について

    先行特許と同じ目的の製品を考案し、抵触調査を行ったところ、先行特許の請求項の文言が不明確な表現としているため、抵触するかもしれないし、抵触しないかもしれないという、特許事務所からのあやふやな回答が最近多々あります。 現状、このような場合、抵触した場合のことを考慮し、出願せずという状況になってしまっておりますが、目的が同じなため製品の基本構成は類似したようなものになってしまいますが、若干の違いや基本的な動作が違うと主張しても通用しないものなのでしょうか?やはり審査後の結果(場合によっては数年)を待つしかないのでしょうか? 経験などいろいろと教えていただければ幸いですので、よろしくお願いいたします。

  • 実用新案権の侵害と言われてしまったら!

    実用新案権の侵害と言われてしまったら! 私は個人でペット関係の用品の企画・製造・販売をしている者です。 このたび新しい商品を作ったため、まず実用新案の申請をしてから販売しようとしているところです。 ところが、私の商品のデザインの一部と同じものが、すでに2年程前に実用新案にアイデアとして登録されています。 ただ、そのアイデアというのは、もうずいぶん前からペット用品として市場に溢れているものなのですが、普通に溢れているせいか、それを生産している会社はどこも特許や実用新案の申請をしていません。 登録している1つの会社だけです。 その会社は技術評価書請求もしていませんので、もしかしたら登録をしただけで満足しているのかもしれません。 私の考案したものは、それらと同じような形ではありますが、別の部分に付加価値を付けたもので、その独自性を実用新案として申請しようと思っています。 申請したらすぐに商品の販売を始めるつもりで準備ができていますが、先行技術を真似したとして訴えられることも十分に考えられるとは思います。 アイデアを登録した会社と私のところとは、同じお店に商品が並ぶことがありますので、もちろんすぐに新商品をチェックされるでしょう。 そこで知りたいのは、市場に溢れているアイデアとはいえ、実用新案として登録されている技術に似た商品を作って、別の付加価値での実用新案の申請をした商品を販売しても良いのかということです。 できればやめておいた方がいいというご意見があるかと思いますが、私の考えついたちょっとしたアイデアがあれば、今までペット用品で少し困っていた方達を助けることもできます。 ある意味、リスクを冒してでも、世の中に私のアイデアを公表したいという覚悟があります。 でも、すぐに販売中止に追い込まれてしまったりしたら、というところが不安です。 このあたりのことに詳しい方のご意見をお待ちしています。

  • 特許権の侵害について

    特許発明「材料分析装置」に係わる特許権がある場合材料メーカー甲が新素材の研究のために当該特許に係わる材料分析装置を製造し、使用する行為はその特許権の侵害となるのか教えて下さい。

  • 回答No.1

こんにちは。  下記サイトをご参照ください。   http://www.meti.go.jp/policy/ipr/infringe/remedy/index.html   まず、その会社が特許を持っているか問い合わせてみたらどうでしょう。 では。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 特許権の侵害になりますか

    A社は中国の企業です。Aの製品を日本で販売したいと考えてます。A社の日本代理店に販売契約できず、中国の問屋を経由して、日本にA社の商品を輸入して販売することは特許権・商標権侵害になりますでしょうか。 回答お願いいたします。

  • 特許権の侵害

    お尋ねします。  アメリカで特許取得済みの製品を 中国で生産し、日本だけでで販売するのは特許権の侵害に当たるのでしょうか? 実はあるアメリカ製品をサンプルにして試作品を作りましたが、 その製品の一部(軽微な部分)で特許出願がされておりました。 それを日本で売ってしまった場合下記のどれに当たるのでしょうか? (1)日本国内の販売であれば許される (2)日本国内で販売した場合アメリカメーカーより損害賠償請求される (3)問題は問題だが軽微なものであれば大きな問題にはならない また 小さく「TM」と表示されているのは意味があるのでしょうか? アメリカ、または国際特許についてお詳しい方 ぜひ教えてください

  • 特許権侵害?

    日本では特許が認められていないプログラムを 日本で購入し、自分のパソコンに入れて アメリカにパソコンごと持っていって アメリカで使うとします。 そのプログラムの特許が アメリカで認められている場合 アメリカでの使用や 搭載したパソコンのアメリカへの 持ち込みや使用は アメリカにおいて認められている特許権を 侵害する事になるのでしょうか?

  • こういった場合でも特許権侵害になりますか?

    社内の各物流拠点にあるコンベアーにユニットパーツを組み込みする必要があります。 他社で既に特許権を取られている製品を完全にコピーして生産して現場で使用してもよいのでしょうか? その製品は実際に他社で販売されいて、その会社のカタログにも掲載されています。 営利目的でそれを売る事はしません。 社外に出回る事は絶対にありませんが メンテ業者がそのパーツ写真に撮って仕様書を作成し得意先などに見せる事はありえます。

  • この実用新案を使った商品販売は侵害にあたりますか?

    既に発売されているA社のものとB社のものを組み合わせ、最近、実用新案が登録されました。メーカーにアプローチしようと思っています。と同時に自分でも製作し発売したいと考えておりますが、このA社とB社に断ることなく、登録された考案を新しい商品として私(個人です)が販売した場合、侵害にあたりますか?審査請求?というものはしておりません。 ちなみに薬効成分を含んだA社等の製品を利用するので、薬事法に引っかかったりしないかと心配しております。是非ともお答えを頂ければ幸いです。

  • 類似品の特許申請

    ある生活用品でのアイディアを商品化したく、特許もしくは実用新案登録申請したいと考えています。 ところが先日、ネットで調べていたら自分の考えるものと類似した商品がすでに販売されているのを偶然見つけました。 そちらは特許等権利化はされておらず、あくまで個人的に手作りし、販売されているものでした。 この場合、私が特許の申請は出来ないのでしょうか? 仮に出来るとして、もし私が特許を取得したら模倣となり権利の侵害に当たりますか? 全くの無知で申し訳ありませんが、教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • 特許権の「抵触」と「侵害」について

    特許権の「抵触」と「侵害」の違いに関してです。 自社製品が他社の特許権に「抵触」しているという言い方をよくしますが、この場合の「抵触」という用語の意味は、「侵害」しているという意味で使われているということでいいのでしょうか? 法律用語で「抵触」は、「矛盾する、違反している」とか、「特許権と意匠権とが抵触している」のように権利同士が重なっている場合をいうと思うのですが、上記のような場合には、日常用語の「抵触」の意味(「ふれている」という意味)で使用されているのでしょうか?

  • インターネット上の特許権侵害品

    当社はアパレルの製造方法に関す特許権を日本他20カ国以上で所有しております。 Alibaba.com 他のB2B サイト又、eBay 他のオークションサイトで特許権侵害品を多数発見しています。サイト運営者には特許権侵害に対する責任は無いのでしょうか? 上記に対しご教授頂ければ幸いです。 宜しくお願い致します。

  • 特許侵害の通知への対処についてアドバイスをお願いします。

    特許侵害の通知への対処についてアドバイスをお願いします。 私は、主に海外から商品を輸入し、日本で販売(インターネット販売)している個人事業主です。先日、日本B社より、当方が海外A社から輸入販売している商品が、B社の特許権を侵害している可能性がある。との配達証明郵便が届き、当方に意見を求めてきました。海外A社の商品はマニアの間では数年前から知られており、「エーそんな馬鹿な!」という寝耳に水の状態です。日本B社の特許出願内容は、海外A社の商品にずばり当てはまります。まだ、公開の段階ですが、どう対処すれば良いのか困っています。(そちらがコピーでしょうとは言えませんし・・・) 当該商品は、海外A社(当方取引先)が2005年に開発、販売を開始した商品です。 当方では、2009年2月より輸入販売を開始しました。(海外A社から日本への最初の販売は、2008年2月以前だそうです) 日本B社の特許出願は、2008年3月で、公開日は2009年9月(審査請求あり)です。 素人ながらいろいろ調べたところ、海外A社の商品は、日本B社の特許出願よりも早くから開発販売されているので先行件?通常実施権?が認められるようにも思えます。しかし、A社の主な販売は海外で、当方がこの商品の輸入販売を開始したのは、日本B社の特許出願後になるので、当方が、この先行権に該当するのかどうかが良く判りません。 この場合、特許が成立したとしても当方が輸入販売は可能なのでしょうか? 先行権があるとすれば、問題ないのですが、先行権が該当しない場合、当方の立場を守るためには、(1)特許成立しないように特許庁に情報提供する方法(2)特許が成立した後に、特許無効審判を請求する方法があることが判りました。 特許が成立して、特許侵害で販売差し止め、商品回収、損害賠償になると、貧乏会社なので、どうにもなりません。 どの様に対処すれば良いのか困っています。どうかアドバイスをお願いします。

  • 特許権について

    ケース:甲は構成要件A+B+Cからなる特許権を有しているところ、乙は構成A+Bからなる製品を販売した。 乙の行為は甲の特許権の侵害になりますか? お願いします!