• ベストアンサー
  • 困ってます

中受 理科の豆電球がわかりません

FとGに流れる電流(=豆電球の明るさ?)を知ろうとしています。 参考にしたのは、このサイトです。 http://skyblue0123.blog99.fc2.com/blog-entry-103.html 公式が紹介されていました。 【 直列に並んでいる電池の数《直乾》 ÷ 直列に並んでいる豆電球《直豆》=明るさ 】  これをつかって、添付の画像の問題を考えてみましたが、混乱しています。 私の考えは、以下のとおりです。どこで誤っているのかをご指摘おねがいします。 1.まずG(並列部分)から攻めよう。  2.Gの明るさは、2÷1で、2である。 3.Gの下にも、アルファベットはついていないが、もう一つ豆電球がある。Gと同じ理屈で、2の明るさのはずだ。 4.明るさ=電流だ。ということは、この並列部分に流れている電流の合計は2+2=4であろう。 5.また、この並列部分の抵抗は、「逆数」ということだから、1/4ということか?  (★この辺で混乱が始まります。乾電池が1で同じ計算をすると、「Gを含む並列部分の抵抗は1/2」となります。これはわかります。道が二本に増えたので、抵抗は1/2に、なりそうだからです。しかし、乾電池が2個あるので、混乱しています。乾電池が2個になったからといって、抵抗が1/4になるというのは、何かが間違っていると思います。 (私は中学校理科で習うオームの法則をなんとなく意識しながら、計算を進めています。中学受験用の《直乾÷直豆=明るさ》と、《電圧÷電流=抵抗》を、区別することができずに、困っています。) 6.次にFを考える。直乾÷直豆だから・・・ここの明るさは、2であろう。ということは、「抵抗」は1/2であろう。 7.さて、全体の抵抗を考えよう。Fでの抵抗は1/2だった。G(並列部分)では1/4だった。これらを足すと、3/4になるな。 8.ということは、この電池部分から流れる電流は、4/3ということか。よし。 9.じゃあ、Fには4/3の電流が流れる、でよいのかな? 10.そして、Gを含む並列部分には、2/3ずつの電流が、それぞれ流れるということでよいのかな? ・・・以上です。 答えがあっているかどうかを確かめる方法は、今のところありません。 (解答は持っているのですが、上でやったようなことを問われている問題ではないので) 考え方はあっているのかどうか・・・ よりシンプルな解法があるのかどうか・・・ 教えていただければ助かります。 よろしくお願いいたします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2106
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • phobos
  • ベストアンサー率49% (515/1032)

質問者さんのお考えで、5~7の部分が間違っているように思われます。 つまり質問者さんは「抵抗=電流の逆数」と勘違いされているのではないでしょうか。 正しくは「抵抗=電圧/電流」ですよね。 なお、参考サイトによれば、「抵抗」に相当するのは「豆電球1個」の抵抗値→《直豆》ですので、以下、この表記に沿って書いてみます。 (おなじく電圧は「乾電池1個」単位→《直乾》、電流は「豆球1個に乾電池1個をつないだときの明るさ」が単位) > 5.また、この並列部分の抵抗は、「逆数」ということだから、1/4ということか?  →並列部分Gの抵抗値《直豆》=直乾/電流=2/4=1/2 > 6.次にFを考える。直乾÷直豆だから・・・ここの明るさは、2であろう。ということは、「抵抗」は1/2であろう。  →F部の直豆=直乾/電流=2/2=1 > 7.さて、全体の抵抗を考えよう。Fでの抵抗は1/2だった。G(並列部分)では1/4だった。これらを足すと、3/4になるな。  →全体の直豆=1+1/2=3/2   全体の電流(明るさ)=《直乾》/《全体の直豆》=2/(3/2)=4/3 8以降は正しいと思います。 > よりシンプルな解法があるのかどうか・・・ オームの法則以上にシンプルな方法はないと思われます。 参考サイトの《直豆》云々の解法は、単純な直列豆球回路で電池の数と豆球の明るさの関係を小学生に教える上では解りやすいかも知れませんが、この方法を直並列複合回路の問題を解くのに応用しようとすることに、そもそも無理があるのではないでしょうか。 私は理解するのにえらく苦労しました。質問者さんが勘違いされたのも当然のことと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とてもご丁寧に、私の勘違いをしているであろう部分を指摘して頂き、ありがとうございます。 「直豆」云々の説明に沿ってご説明をいただいので、理解がしやすかったです。 また、オームの法則が最もシンプルというアドバイスも、かなり安心材料となりました。 どうも、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 電気・豆電球の明るさ

    ワット(電力量)の計算式は W=V・I で 1.5V/0.3A規格の豆電球2つ と 1.5Vの乾電池1つ を使用し、 直列接続と並列接続を試した場合のそれぞれの 電球の明るさ・ワット数を導き出したいのですが オームの法則や抵抗式と絡めた正しい導き方がわからず 混乱しています。 Vに1.5、Iに0.3を代入=0.45Wというのは間違いですよね。 E=I・R R=Ra+Rb をどのような順で使っていけばいいのかと 最終的に導き出される正しいW数を教えていただけないでしょうか。

  • 豆電球

    (1)電池一個に豆電球一個 (2)電池を直列つなぎ(2個)で、豆電球が一個 (3)電池が並列つなぎ(2個)で豆電球が一個 (4)電池一個に直列つなぎの豆電球が2個 (5)電池一個に豆電球が並列つなぎ(2個) の5つの明るさの順番は(2)>(1)=(3)=(4)>(5)になりますよね?これを化学の初心者(小学生など)に分りやすく説明するにはどのような説明がいいですかね?水の流れや車をつかった例は聞いたことがあるのですが他にわかりやすい説明はないでしょうか?

  • コンデンサと豆電球

    コンデンサと豆電球について質問があります。 中学理科のオームの法則程度は知っていますが、 コンデンサについては素人です。(充電されると電流が流れなくなる程度の知識) 豆電球Bとコンデンサを直列につないだものと、豆電球Cを並列につなぎ、 その並列部分と豆電球Aを直列につなぎ、その両端を電池やスイッチにつないで、 回路をつくります。 スイッチを入れるとしばらくして豆電球Bは消えると思うのですが、 消える前後で豆電球AとCの明るさは変化しますか?      ー豆Bー∥ー ー豆Aー        ーー      ー豆Cーーー こんな感じです。 よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • notnot
  • ベストアンサー率47% (4685/9852)

いろいろ考え方はあると思います。まず明るさは電力=電圧x電流で決まるということでいいですか。 豆電球1つの抵抗値を1とします。Gとその下の合わせた抵抗値は1/2。Fは1なので、全体3つで1.5になります。 Gとその下に合計で流れる電流値と、Fに流れる電流値とは同じですよね。 同じ電流が流れて抵抗値が1/2と1なので、Gの両端と、Fの両端の電圧の非は1:2になります。 もう一度、Gとその下に合計で流れる電流値と、Fに流れる電流値とは同じということに戻って、Gに流れる電流はFに流れる電流の1/2です。 つまり、Fの電球はGの電球に比べて、電圧も電流も2倍なので、電力は4倍になります。 他には、電力=電圧x電流、電圧=電流x抵抗 より、電力=電流x電流x抵抗。 どの豆電球も抵抗は同じ。電流は見るからにFはGの2倍。なので電力は4倍。 で、ここまで書いてから、質問の最初の一行を見ると、明るさじゃ無くて、電流を求めるの?? 電流は見るからに2倍ですよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 早速のご回答をありがとうございます。  私(の子ども)が使用している問題集では、電流≒明るさとして扱われているようなので、ここが気になるところです。(もう少し調べてみます。)    「電流は見るからに2倍」・・・というアドバイスも、最初は厳しいものでしたが、何度も練習を重ねているうちに、だんだんと「見える」ようになってきた感覚を覚えました。最終的にはそういうことなのかな、と思いました。   ご回答、どうもありがとうございました!

  • 回答No.1

豆電球使ってる時点でこの問題事態がナンセンス・・・・  豆電球の抵抗は温度で変化するから・・流れる電流は減れば抵抗値が増えるですよ  抵抗Rとか問題置き換えてやらないと・・・・実際に豆電球でやると大きく違う値となります  http://skyblue0123.blog99.fc2.com/blog-entry-103.html  の解説事態可笑しいですな 抵抗Rならば問題無いんですが・・・・・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 温度で変化するんですか。  私が取り組んでいるのは中受の問題です。  そういう要素は除外されています。  まあ、そういう話もあるんだなと、覚えておきます。    ご回答、どうもありがとうございました!

関連するQ&A

  • 直列つなぎと並列つなぎの組合せ

    こんにちは。小学生(中受)の本なのですが以下の回路です。●は電線で◎は豆電球のつもりで書きました。豆電球の明るさ(電流の大きさ)の問題なのですが以下が説明です。 下図1の並列部分全体は、「つないだ個数の逆数の豆電球」になる。豆電球2個並列なのでまとめると1/2個の豆電球と考え、それを直列部分の(1個の)豆電球とあわせると3/2個の豆電球が総合の豆電球数であるといえる。 乾電池は1個なので直列部分の豆電球を流れる電流(=電池からでてくる電流)は「乾電池の数1÷豆電球の数3/2=2/3」 並列部分の豆電球にはこれのそれぞれ半分の電流が流れるから並列部分それぞれの豆電球には2/3÷2=1/3の電流が流れる。 とのことです。このように豆電球を合体させた架空の総合豆電球を使うとブラックボックス化してるというか小学生には教えずらいです。図1のような並列、直列の組み合わせでも豆電球を合体させないで計算、説明することはできないものでしょうか。 例えば図2の並列部分では●◎●◎●●●の部分に流れる電流は電池の数1÷豆電球の数2=1/2、●●●◎●●●の部分に流れる電流は電池の数1÷豆電球の数1=1となり、豆電球の合体の概念は使わなくても説明できます。小学生向きなので電圧、電力という用語は使いたくないです。どうぞよろしくお願いします。 図1○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ ○○○○○○○●●●◎●●●○○○○○○○○○○○○○○○ ○○○○○○○●○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○ ○●●●◎●●●○○○○○●●●●●●●○○○○○○○○○ ○●○○○○○●○○○○○●○○○○○●○○○○○○○○○ ○●○○○○○●●●◎●●●○○○○○●○○○○○○○○○ ○●○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○ ○●●●●●●●+電池―●●●●●●●●○○○○○○○○○ ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ 図2○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ ○○○○○○○●◎●◎●●●○○○○○○○○○○○○○○○ ○○○○○○○●○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○ ○●●●●●●●○○○○○●●●●●●●○○○○○○○○○ ○●○○○○○●●●◎●●●○○○○○●○○○○○○○○○ ○●○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○ ○●○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○ ○●●●●●●●+電池―●●●●●●●●○○○○○○○○○ ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

  • 豆電球とモーター

    子供の理科の教材で遊んでいたときに偶然発見しました。 乾電池に直列に豆電球とモーター(プラレールに入っているようなもの)をつなぐと豆電球はつきますが、モーターは回りません・・・ 乾電池を増やしても豆電球は明るくなりますが、モーターは回りません。 試しに乾電池に並列に豆電球とモーターをつなぐと豆電球はついて、モーターも回ります。 なぜでしょうか???

  • 直列と並列の混合回路の教え方

    小学5年生の塾での問題です。 問題 電池1個で豆電球1個の場合の電流が1の時 (1)電池1個で豆電球2個が直列 ⇒ 押し出す力は同じで、電気が通りにくいところが2ヶ所ある(電気の通りにくさ=抵抗は2倍)。なので流れる電流は半分の0.5になる。 ⇒ なんとなく理解できる。 (2)電池2個が直列で豆電球1個 ⇒ 押し出す力が2倍になって、電気の通りにくさは同じなので、流れる電流は2倍の2になる。 ⇒ 理解できる。電池直列=高さが高くなる=押し出す力強い というイメージ。 (3)電池2個が並列で豆電球1個 ⇒ 押し出す力は同じで、電気の通りにくさは同じなので、流れる電流は同じく1。 ⇒ なんとなくだが理解できる。電池並列=高さは同じ=押し出す力は同じ というイメージ。 (4)電池1個で豆電球2個が並列 ⇒ 押し出す力は同じで、豆電球1個1個の電気の通りにくさは1個の時と同じ(1個1個の抵抗は同じ)。なので、1個1個に流れる電流は同じ。全体の電流は2倍になる。 ※ここで「(全体としての流れにくさ(=抵抗)が半分になる」っていうのが理解しにくい感じ。 一応ここまではなんとかいけたのですが、 次の問題をどう説明すればいいのか、困ってしまいました。 (5) 全体としては電池1個の並列回路で、並列1には豆電球Aと豆電球Bが直列、並列2には豆電球Cが1個だけ (汚い図ですが添付しました) の時、 豆電球Aに流れる電流は? をうまく説明できません。 大人としては 電池1個 1V 豆電球1個 1オーム として考えて 並列1の部分は1オームの豆電球が直列で2個なので2オーム 並列2の部分は1オームの豆電球が1個なので1オーム 全体を考えると、2オームと1オームの抵抗が並列。そこで、全体の流れにくさ(=抵抗)を考えてみる。 1/R=1/2+1/1=3/2 ⇒ R=2/3 1Vなので、全体を流れる電流は3/2 直列では電流は同じ、並列は電流は分かれる(抵抗の少ない方に多く流れる)ので、 並列1=豆電球Aと豆電球Bには1/2の電流、並列2には豆電球Cには2/2=1の電流 で、無理やり私(=大人)の回答は出せるには出せたのですが、「電圧」も「オームの法則」も「1/R=1/R'+1/R''」も使わずに説明できるものでしょうか。 特に合成抵抗の計算「1/R=1/R'+1/R''」を使わないで説明できるのか、はなはだ自信がありません。 さらには、もっと複雑にした混合回路の問題もあり・・・ うまく説明する術をご教示いただければと思います。(5)のみならず(1)~(4)も、さらに良い言い方があればぜひお願いします。

  • 豆電球の明るさについて

    以下のような回路での豆電球の明るさについて教えてください。 ┌─(A)─┐    (A)、(B)豆電球 │    │    (1)、(2)電池、両方とも上が正極 (1)   │ │    │ ├─(B)─┤ │    │ (2)    │ │    │ └────┘ (A)に対しては(1)、(2)の電池が直列につながっていることになる(右向きに電流が流れる)ように思うのですが、(B)に対しては(1)の電池から左向き、(2)の電池から右向きの電圧がかかるのでしょうか?電流はどちら向きに流れるのでしょうか???

  • 豆電球の明るさについて

    乾電池1個、豆電球1つの回路を基本形とし、そこに流れる電流を1A、乾電池の電圧を1Vとします。 乾電池を2個直列につなぎ、豆電球を2個直列につないだ回路をつくります。 質問1 この回路に流れる電流はどこも1Aでよろしいですか? 質問2 この回路の豆電球1つの明るさは基本形の豆電球の明るさと同じでしょうか? 質問3 質問2でもし同じだったとすると、       基本形の豆電球が消費する電力は 1A×1V=1W       新しく作った回路に豆電球一つの消費電力は 1A×2V=2W     というふうに、後者の方が電力が大きく、後者の方が明るくなるような気がします。 このあたり、私の考えにどのような誤りがあるのか教えていただけるとありがたいです。

  • 豆電球の明るさが並列回路の方が明るいのはなぜですか?!?

    並列回路と直列回路を比べたとき,並列回路の方が豆電球が明るくなるのはなぜですか? そのとき豆電球と乾電池は同じものを使いました。 教えて下さい!!回答よろしくお願いします!!

  • 豆電球に直列、並列でつなぐ時の電流

    お世話になります。 小学生レベルの問題ですが許してください。 図も下手すぎてすみません。  添付図のように豆電球に同じ市販の乾電池(多分単1、2、3考え方同じ)を 添付(1)上図の直列につないだ時の電流計の電流値と、(2)下図の並列につないだ時は実測すると どちらの方が電流値は大きいですか豆電球も同様(仕様)のものとします。 説明不足かもしれませんがよろしくお願いします。

  • 豆電球の明るさ

    中学入試の問題について教えてください。 (乾電池1個、豆電球1個)のときの豆電球の明るさに対して、 (乾電池2個、豆電球1個、豆電球2個の並列)の豆電球の明るさは、それぞれどうなるでしょう。 小学生向けなので、難しいことばが使えず、説明に困っています。 よろしくお願いします。

  • 電圧と電流と抵抗について

    子供と電池と豆電球を使って遊んでいて、ふ、と疑問に思ったのですが・・・ 1.5Vの乾電池を2個直列につなぎ、100Ωの抵抗を入れて豆電球を繋いだとします。 この場合、豆電球に流れる電流は 3(V)/100(Ω)=0.03(A)=30mA となることは理解できます(多分・・・そもそもこれからして合ってます?(^^;) では、同様に1.5Vの乾電池を2個直列につなぎ、「抵抗を入れずに」豆電球を繋いだ場合、豆電球に流れる電流はどれだけになるのでしょう? 3(V)/0(Ω)・・・ 0 divide error・・・ 厳密には電線の抵抗値が0ではない、というのは理解していますが、理論的に、電線の抵抗値が0だと仮定した場合どのような計算をするのでしょうか?

  • 小学生理科 豆電球の直列つなぎの明るさ

    小学生の理科の問題です。 「豆電球1こを電池1こに接続した場合の明るさを1とします。 豆電球2こを直列につなぎ電池1こと接続した時の明るさはいくらになりますか?」という問題です。 豆電球2こを直列に繋ぐと抵抗は2倍になるため電流は1/2になります。また豆電球1こかかる電圧は1/2になりますのでW=(1/2)x(1/2)=1/4で1/4の明るさになるはずです。(ここでは抵抗値の温度依存性は無視し、電力と明るさの線形性が成り立つと仮定) しかしながら明るさは1/2とする参考書などが散見されます。(2つの電球をあわせた明るさかと思いましたが、よく見ると1この明るさを言ってるようです) 例えば http://www.e-kyozai.jp/cgi-bin/suguru/semi/r3_1/kakunin/r3_1_2.html http://homepage2.nifty.com/pascal/rika/rika11.pdf#search='直列%20明るさ' など。1/4が正しいと思うのですが・・・。 <同様に電池2個を直列にし、豆電球1個に接続する場合明るさが2倍になる(4倍が正しいと思うのですが)との参考書の記述の見かけます。> また1/4だとすれば小学生にはどのように説明しればいいのでしょうか。オームの法則と電力の理解なしで説明するのが難しいので小学生に対するいい説明のしかたを教えてください。