-PR-
解決済み

個人情報保護法について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.7092132
  • 閲覧数245
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

個人情報保護法について

先日の質問した回答で、
交通事故(追突)において被害者が加害者加入損保会社に対して、損保会社が得た被害者の個人情報を第三者に提供する事をたとえ禁じても、損保会社顧問弁護士には弁護士法23条の2で被害者個人情報を得る事が出来る。

個人情報保護法でも、
23条の1・・法に基づく場合は第三者に提供してもよい。
弁護士法23条の2が「法に基づく場合」なのでしょう?


と言うのは分かったのですが、弁護士が「弁護士法23条の2」の手続きをする場合、

1、顧問弁護士が、当該弁護士会に「弁護士法23条の2」を申請する場合、文章でするのでしょうか?口頭なのでしょうか?

2、当該弁護士会が、顧問弁護士に許可を出す場合、文章で出すのでしょうか?口頭なのでしょうか?

3、許可をもらった顧問弁護士が、損保会社にある被害者の医療情報を提供してもらう場合、損保会社に許可状?等を提示するのでしょうか?口頭なのでしょうか?

4、「弁護士法23条の2」の申請を文章で手続きをするのであれば、顧問弁護士が申請した文章等は我々に開示出来るのでしょうか?
出来るとするならば、どんな手続きをしないといけないのでしょうか?

5、損保会社の顧問弁護士が訴訟等で加害者の代理人になった場合、同損保会社の顧問弁護士であっても同損保会社が持っている被害者の個人情報の提供を受ける時は、弁護士法23条の2の手続きをしなくてはいけないのでしょうか?

「弁護士法23条の2」の実際の流れを詳しく教えていただければ助かります。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

まず、弁護士法23条の2は、弁護士個人が個人情報を保有している個人や団体に対して開示請求をするのではなく、弁護士に変わって弁護士会が行うものです。

弁護士会の照会請求への対応 | 法律Q&A | ビジネスQ&A | 東京都港区法律事務所 ロア・ユナイテッド法律事務所
http://www.loi.gr.jp/knowledge/businesshomu/homu06/houmu13-01-03.html
お礼コメント
noname#157414

ご回答ありがとうございました
投稿日時 - 2012-03-30 07:06:44
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ