• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

日本にもう景気回復は二度とないのでしょうか?

バブル崩壊以降・・・よく質問するといえいえ! 日本は戦後最長の好景気の連続だったのです! とかよく答えが帰ってきます。が・・・・・ 教えて頂きたいのはそのような机上の論理では なくて、実際の市場とか実際の家庭生活とかに おいてのお話です。現在もう現在と言うかもう 10年以上いや20年以上かも知れませんが・・・ 働けど働けど好景気を実感できないこの現実!? がエンドレスに続いているように思われます。 もう「日本に景気回復は二度とないのでしょうか?」

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数888
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.9
  • at9_am
  • ベストアンサー率40% (1540/3759)

> 働けど働けど好景気を実感できないこの現実!? どうなったら実感できるんだろう? という素朴な疑問があります。 単にGDPが増加するというだけなら、リーマンショック前までは増加していました。 しかしながら、これを「机上の論理」といっていますから、これではないのでしょう。 例えば年率3%で経済が毎年成長したら、25年ほどで給料が倍になります。5%では15年ほどです。 高度経済成長からバブル期までは、現実にこういう経済成長率でした。 こういった成長を指して「好景気」と呼ぶのであれば、もう一度焼け野原になるくらいでなければ無理でしょう。 家計の世帯一人当たり可処分所得が、平均値よりも実感に近いといわれる中央値で増加する、という意味だとしましょう。 国民生活基礎調査の世帯人員一人当たり平均所得を見ましょう。残念ながら中央値はありませんが、上位20%、20-40%・・・という5分位が公開されています。第3分位が丁度50%±10%になるので、これを使うことにします。 これによれば、04年-07年はわずかに増加傾向にあるものの1999年には及ばず、あまり好景気を実感できない原因となったことがうかがえます。その後、自民党政権が下野した2008年には10万円近く落ちています。 一世帯の人数を考慮しないならば、中央値は1999年から横ばいから下落傾向にあり、07年まで年平均5万円程度下落し、08年に18万円近く下落しました。等価可処分所得の中央値も、平成9年をピークに下落傾向が続いており、上記と整合的です。 ただし、個人的には07年までの下落には高齢者世帯の増加の影響が少なからずある(資産はあるが収入は少ないため、可処分所得を下げる影響がある)ようですので、小回復程度はあったと考えています。 もちろん、08年の下落はリーマンショックと世界的な景気後退の影響もあるでしょうけれども、民主党政権の経済政策が無策だったこともかなり大きな原因でしょう。 > 日本に景気回復は二度とないのでしょうか? 小さな回復は、経済政策によってはあるでしょうけれども、少なくともマトモな経済政策を行わない民主党政権が続く限りは無理でしょう。 また、経済的な重石となっている高齢化が一段落する15~20年先には大きく回復すると思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 公務員はともかく、民間の中クラスの企業は30代で昇給がストップしている現実もあります。 戦後からの経済の右肩上がりなどを夢想などしてもいませんが、それにつけても 現状は、暗いトンネルの中を走り続けるリニアモーターカーをイメージさせます。 団塊の世代の人々が65歳を迎えつつある昨年、今年、来年・・・・ますます現役世代がいなくなり 変わりに引退世代が増えてきます。そして企業は浮いた人件費を内部留保し、若い人員を補充する 気もあまり見受けられません。(就職難民は高水準のままのようです) 子供は、昔のように増える傾向にはとてもなく、従って労働力も増えそうにありません。 このような閉塞した社会にあって「どうして景気回復などありえるでしょうか?」 現役世代が減り引退世代が増える→消費が減る→デフレのスパイラル・・・!? やはり後15年から20年先ですかね!

関連するQ&A

  • 景気回復してないのに景気回復とか、日本はオワコン

    「いざなぎ超えの景気回復」とか「実感なき景気回復」とか「景気回復で人手不足」とか、マスコミとか政府関係者がテレビで「回復してもいない景気を、景気回復」と言っている日本人がやたらと多いですが、日本の有識者っていうんですか、なんでこんなにお目立たいバカが揃っているんですか? 日本の民度の低さによるものでしょうか?

  • 景気の回復について

    今日本経済はいざなぎ越えで戦後最長の景気回復期といわれていますが 一方で従業員の賃金は上がってなく実感のない景気回復と言われています。 ちなみに私は景気回復の実感がありません。 みなさんは景気回復の実感がおありで賃金はどのように変化したのでしょうか。 また今何か言いたいことはあるでしょうか。 皆さんの率直な意見をお願いします。

  • 日本の景気回復材料について。

    2008年のリーマンショック以来、世界不況の影響で日本も不況となりましたが、今回は日本の景気回復材料として米国の景気回復が挙げられています。経済の事はほとんど知らず、回答して頂くような部類の内容ではないとわかっていますが、ここでもし(初心者的な)意見交換ができればと思い、入力させて頂きました。もし何かあればご指摘頂ければと思います。勉強になります。 日本の景気回復材料として米国の景気回復が挙げられているのは、日本の対米国の貿易が関係しているのは明白でしょう。つまりこれまで対米国の貿易黒字が日本の好景気を支えていた1つの要因だったという事でしょう。また米国の好景気が世界経済に与えていた影響力が大きかった証拠で、米国の不況が世界各国の財布のひもをかたくしてしまったので、対米国以外の貿易収支に影響を及ぼしてしまったという事でしょうか。ただ「黒字倒産」する企業もあるので、一概に黒字/赤字で、好景気/不況を判断できないようですね。 ただ私のつたない記憶ですと、米国のこれまでの好景気はIT関連でこれまで保たれていたような気がします。1984年頃のニュースでは、米国製のものは粗悪品が多かったでしょうし、米国は不景気でどうしようもなかった状況だったように思います。もちろん当時米国はソ連と共に、世界の超大国だったわけですが、例えば1984年頃も現在ほど世界「経済」に影響を及ぼす国だったのでしょうか。 上記は質問というよりブレインストーミング的にとらえて頂けたらと思います。ぜひ皆さんと意見交換したいです。OKWaveの主旨がそのような目的に使ってはいけないようでしたら本件は削除します。どうぞ宜しくお願いします。

その他の回答 (8)

  • 回答No.8
  • Kunfu
  • ベストアンサー率38% (164/424)

日本の景気が回復しない理由は2つあって、それが重なっているからです。 1つは、40兆円の「需給ギャップ」と言われるものです。 「デフレギャップ」と言われることもあります。 日本は供給力に対して需要が不足しています。 小泉改革は財政健全化では正しかったけど、規制緩和は供給にプラスだが需要にはニュートラル。 これではデフレが救えません。 しかしながらこの時期、目立たないながらジワジワ景気は回復していました。 でも、その後のリーマンショックでそれもご破算になりました。 それで諸外国は、通過供給量を増やして対策していますが、日本はほとんど増やしていません。 日銀がこのデフレにもかかわらず物価上昇懸念というナンセンスな通貨政策をとっているからです。 言ってみれば通貨政策不況が続いているから。 これを改めれば回復は可能です。 2つ目は、人口問題です。 途上国は、子だくさんで貧乏です。 子どもに手間と金をかけても衛生状態が悪いので、大人になる前に死んでしまいます。 だから余計に子どもを作る。 しかし、豊かになるにつれ子どもの数が少なくなりますが、子どもの死亡率は減ります。 人口は増加し、子どもと高齢者の負担が少ない社会が訪れます。 これを「人口ボーナス」と言います。 この時期に国は経済成長をします。 ところが、時間が経つにつれ少子高齢化が進みます。 そうすると少ない現役世代が高齢者を支えることになります。 これを「人口オーナス(onus=重荷)」と言います。 日本が「人口オーナス」に時代に入ったのは1990年ごろと言われます。 これで成長が鈍るところに政策の失敗が重なったのが原因です。 少子対策と言って「子ども手当」とかバカみたいな小手先の政策を打ち出すのではなくて、人からコンクリートへとか政府紙幣を大量発行するなどすれば景気が回復します。 もちろん、そんなことは続けられませんけど、景気が良くなれば子どもを産みたくても産めない夫婦がもう一人子どもを持てるんです。 それで「人口オーナス」がなくなるとは言いませんが、和らいで再び成長を続けられます。 ちなみに、中国は一人っ子政策がきついので2015年頃から「人口オーナス」期に入ります。 中国のバブルが万一それまでにはじけないとしても(ありえませんが)、「人口オーナス」によって成長は鈍ることが予想されています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変わかりやすい回答に感謝しています。 やはり人口ボーナスと人口オーナスが関係しているのですね。 中国は日本よりもさらに人口問題で苦しくなると思います。 世界の人口のあれだけを占めている人口ですからね~。 それが高齢化になると・・・想像しただけで恐ろしい社会ですね。 一人っ子政策で人口オーナスになった頃の中国・・・果たしてその行く末は? 日銀もいいかげんまともな通貨政策を打ち出して欲しいものです。 というか政治家が強いリーダーシップと賢い経済政策を打ち出して欲しいものですね。

  • 回答No.7

そのジャブジャブ使える金を彼らはコツコツ貯めてるんですよ。 だから、経済は循環しないのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

No.2さんが言ってる「景気は循環する」というのが正しいです。 しかし、新興国の「格差や環境問題を視野の外に置いての追い上げ」には、今後長期に渡って敵わないのではないかと思います。 新興国が順次隆盛を極め、衰退した後に、「新興国日本」としてまた浮かび上がってくるのかもしれません。 (この隆盛と衰退のサイクルは、昔より短期間で起こるようになる気がします。) と言っても、日本はまだ全然底辺ではありません。 本当に食うや食わずの人もいるでしょうけど、多くの「生活が苦しい人」の生活は、かつての貧困とは性質が違っています。 食費などをできるだけ安くあげて、税金などは減免を受け、ファッションなど流行にお金を回すけど、「人並み」じゃない。こういうパターンの「貧困」、結構見ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 日はまた昇る!? 全然楽観視できないのですが・・・。

  • 回答No.5

そうやって楽しようと公務員になる人が増えたらギリシャの二の舞になるでしょう。 今起こってることを、もう忘れたのですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たびたびの回答ありがとうございました。 そうは言っても日本は結局のところ公務員天国ですからね~! 郵政民営化だって結局のところいまだに完全に民営化できてない ようなものですよね。

  • 回答No.4
  • modify
  • ベストアンサー率10% (66/634)

どこが与党になろうと、誰が総理になろうと、景気は良くなりません。景気の悪さに国民は慣れて いくのです。人間らしく生きたいなら、努力して公務員になりましょう。 http://www.amazon.co.jp/%E5%85%AC%E5%8B%99%E5%93%A1%E3%81%AE%E7%95%B0%E5%B8%B8%E3%81%AA%E4%B8%96%E7%95%8C%E2%80%95%E7%B5%A6%E6%96%99%E3%83%BB%E6%89%8B%E5%BD%93%E3%83%BB%E5%AE%98%E8%88%8E%E3%83%BB%E4%BC%91%E6%9A%87-%E5%B9%BB%E5%86%AC%E8%88%8E%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E8%8B%A5%E6%9E%97-%E4%BA%9C%E7%B4%80/dp/4344980786

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なまずになろうがどじょうになろうが・・・ 日本において一番安泰なのは公務員だけということですかね。 とくに仕事もないような部署に座っているだけで年収1000万円とか 同期が一番えらいポジションについたらその代はみんな天下りして 2,3年なんとか法人に勤めて高額の退職金をもらって、また違うなんとか法人に ちょろっと週に3日も顔をだせば・・・また高額の退職金が2,3年でもらえる。 この国の公務員はうまい仕組みを作りましたねー。民間ではありえません。 公務員は他の国民と違って年金がミスでもらえなかったという話は全く聞きませんからね~! 回答ありがとうございました。

  • 回答No.3
noname#193571

いつかは景気は良くなると思います。 それがいつかは分からないですけど。 私の死んだ後かもしれない。 バブルの頃に限らず、好景気の最中にいる時は、景気が悪くなる事が有るなんて、想像は出来ても誰も実感を持って考えられませんでした。 それと同じで、不景気の中にいると、景気が良くなる事なんてありえないような気になりますが、景気は循環するというのが、冷静に考えれば真実に近いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 楽観視は全くできないです。 大前研一さんも言ってますが ここのところ日本だけが成長率が 極めて悪いようですね。 発展途上国に比べては当然ですが アメリカ、フランス、イギリスとの 比較でも・・・。

  • 回答No.2

いや、お金を貯めてるから景気が良くならないんですよ。 お金を使って景気が良くなります。 勘違いしないように。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お金を使いたくても将来が見えて来ないから使えないのでしょう。 将来が見えて来たら使えることでしょう。 それだけ今の社会が「フォッグ オブ ウォー」なんですよ。 まるでビジョンが見えて来ない。 お金をジャブジャブ使えるのは一部のお金持ち、富裕層だけです。 だから経済が回らないのはたいていの人が理解してるのでは?

  • 回答No.1
noname#144702

ギリシャ並の再建策を取らないと無理でしょう。毎年、税収の倍以上も金使って遊びほうけていたら当然、景気などよくなりません。給料の倍以上使っていたら、自己破産確実ですよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 毎年新聞などでよく言われますが国債の発行額が 国民一人当り数百万円を越えた、全体として 1000兆円?オーバー?それでも日本は ギリシャのようにならない・・・それは国内に 借金しているからと言われますが・・・? 結局のところ大ナタをふるえるような政治家や 画期的な経済政策を打てる政治家がいないって ことなのかな。

関連するQ&A

  • 日本の景気回復はあるのか?

    バブル崩壊、リーマンショック、政治の閉塞状況の恒常化? 東日本大震災の発生・・・原発処理問題・・・ このような状況に加えて団塊の世代といわれている方々の 大量退職で現役世代=労働人口が減少 =65歳以上の人口の急増、企業の海外移転の増加 新しい産業の近々に起こる兆し薄し? これらのことを考えてみると日本に景気回復なんてあるのかな? というマイナス思考におちいってしまいそうですが・・・ 明るい話はないのでしょうか?素朴な疑問ですが ザックリ10年くらいは閉塞状況のままでしょうか?

  • 日本の景気回復はあるのでしょうか?本当の所を・・・

    もうずいぶん前から(5年、10年・・・)日本の景気は悪いというか 仮にいいとしても実感が得られない状況が続いているように 思えるのですが、本当の所、中国やインドなどと成長率を比較しても 当然のことながら元の数字が違うから完敗でしょうし、米国や英国や フランスなどの先進国と比較してもその成長率で負けているとの お話をよく聞きます。日本はなぜ一人負け状態が続くのでしょうか? 政治は、経済対策を打ってきているとの話ですがなぜ効果が 薄いと言うか感じられないのでしょうか? 実感できる景気回復ってあるんでしょうか?本当の所を教えて ください!(子供が生まれない、高齢化社会、年金生活者の増加 などは関係しているのでしょうか?)

  • 景気を良くする気なんてないんでしょ?

    どこのどなたがアベノミクスとやらで踊ってるか知りませんけど、ほとんどの国民は好景気なんて実感してないでしょう。 そんな時期に増税なんて、政治家や公務員の言う「景気回復」なんて所詮口だけなんですよね? お金持ちの政治家・資本家さんや景気関係なしの公務員さんにとっては、物価上がらない方が得だから景気回復なんてしない方がいいんでしょ?

  • アメリカ経済・日本経済はどの状況?

    全く経済が分らないのでお聞きします。 現在、アメリカ経済、日本経済は、それぞれ 次のどの範囲に入りますか。 (1)不況~景気回復期 (2)景気回復~好景気 (3)好景気~景気後退 (4)景気後退~不況

  • バブルの好景気が始まったのはいつだったか覚えてませんか?

    日本でバブルが始まったのは1986年(昭和61年)11月でしたね。バブル崩壊が1990年(平成2年)11月でした。では、バブルの好景気が始まったのはいつごろか覚えてる方、教えてください。

  • バーナンキは昨夜(日本時間)米景気の行く末について何て言っていたのですか?

    昨夜(日本時間)のバーナンキ証言で 『米好景気は続くと見られる様になった』のでしょうか? 地政学リスクはともかく、米経済の失速懸念はなくなったと言って良いのですか? いろいろニュースがあり、 どういう意味のことを言って、市場はどう判断したのか、 好景気継続か不景気懸念浮上か どちらかわからないのですが。

  • バブル崩壊後の失われた10-20年は誰のせい?

    バブル崩壊後の失われた10-20年は何が原因なのでしょうか? 昨今の景気回復をみていると、やはり、政府の失策のような気がするのですが?

  • 為替レートと景気

    普通は景気がよくなると通貨高になると言われますが、現在日本経済 が回復しつつありますが、逆に円安方向に向かっているのはなぜですか。 量的金融緩和が行われているため、好景気による円高効果を相殺してしまった というのは私の考え方ですが... また、アメリカの景気がよくなるとドル高円安方向に向かいますが、機関投資家と 個人投資家は単純にアメリカ経済がよくなるから、ドルを持った方が安全と考えて 円売りドル買に走るのでしょうか。ドル円の相場今はとても不安定であってそうすると 為替の定数料がかさむだけと思いますが。 それともアメリカの好景気による株高あるいは金利の上昇に期待し、アメリカ方がもっと儲かるから、ドルのポジションを増やすわけですか。しかし、株高を考えると、アメリカの株式市場は市場最高値を更新していますが、日本の株式市場もぽてんしゃるが高く、十分魅力的だとおもいますが、いかがでしょうか。

  • 景気って国の政策によって左右されるものなのでしょうか?

    自分は派遣切りにあったものです。 またまた馬鹿な質問をして、すみません。 いろいろとこの手の相談コーナーを見て、 情報を仕入れているというとちょっと大袈裟ですが、 いろいろと勉強をしております。。。 景気回復について、政治家(官僚も含む?)に頼んでいるようですが、 自分の勝手なイメージですが、 景気って、政治というか政策に左右されずに、 何か別の力で動いているものと思っていたのですが、 違うのでしょうか? もし、政治家によって景気が良くも悪くもなるということは、 たとえば、アメリカであれば、 時の大統領であったブッシュやその周りも人たち、 日本でいえば、自民党に問題があったということなのでしょうか? どうしてかというと、 こういう状況でもたとえば、ユニクロは 儲かっていると聞き及びます。 (っていうか、ユニクロしか儲かっている企業は もうないんじゃないかって感じがしますが・・・) 逆に、好景気の時は、もっと好景気にすることが 国の力(政治家や官僚の方)によって 操作できるということなのでしょうか? 政治って身近には感じられないものですよね。 たとえば、消費税が上がるとか、法律が変わるとかなら、 「うわっ」て感じになりますが、 それ以外だと、ちょっと。。。 あと、景気回復のために、 皆さん(経済評論家の方々)盛んに内需拡大、内需拡大、 と言われてますが、これにも批判的な意見が 割りとあってびっくりしました。 そこら辺のところで、 もし無知な私に教えていただければ、 ありがたく思います。 よろしくお願いします。

  • 今と今後の景気について

    2002年からの長期的な景気回復期は、終わりを告げたのでしょうか? 成長率も-12.7%で円高、製造業、車会社や大手家電会社も赤字が目立って来て、実感なき景気回復どころか景気は後退する一方に見えるのですが…。 対外直接投資が増えていた日本の製造業は、世界的な経済危機で売り上げが伸び悩み、さらに円高で輸出も減るというダブルパンチ、そこで非正規社員を減らし、ついには正規社員をも切ろうとしています。 また原油価格の下落にも関わらず、他の物価は下がる気配なし。スタグフレーションが来てしまったのですか? これらに効く対策はなんでしょうか?公共投資でしょうか?減税?金融政策? 不景気は続き消費者の財布のヒモは固くしまるばかり、こんなにも遅れた定額給付金が効果があるとは思えません。