• 締切済み
  • 困ってます

駐車場内における自動車事故の過失割合について

ある店舗の屋内駐車場にて、自動車の接触事故を起こしました。 内容は以下のとおりです。 当車は駐車場内通路で直進していた、相手車は右側前方にいて停車していた。 そのままいけば通過できる車幅であったので相手車の左側を通過しようとしたところ、 相手車が右にハンドルを切りながらバックしてきたので、接触事故となった。 接触した箇所は当車が右側後方ドアからタイヤの上までの約70cm、相手車が左前部分ランプ含む部分。位置的には左右両方に駐車スペースがある場所で、向かって右側の空き駐車スペースに入れようとしてバックギアを入れて停車していたとの主張だが、私は相手のバックランプがついていたかどうかは不明。 私としては相手が動いていなかったので通過できると思って前進したのだが、 その途中でおそらく通過直前か通過中に相手がハンドルを切りながらバックを開始して動き出したのでぶつかった。 最初から相手がハンドルを切りながらバックしていたなら、前進していなかっただろうし、 仮にそれでも前進してぶつかったとしたら接触箇所は当車の前か前右部分になるはずで右後方とはならないはずと考えている。 私の意見としては回避義務を怠ったのは私だが、後方確認を怠ったまま動いた相手の方に多く過失がある(例えば7割とか)と考えている。 しかるに相手側保険会社の主張としては類似のケースの判例があり、それを突きつけて私の方に7割の過失があると主張しているので、結論がでていない。ただいま平行線状態! 対物保険には入っていて弁護士特約があるので弁護士さんに相談するのも手かなと思っていますが、大きな人身事故でもないので迷っています。先ずは過失割合のについて意見を伺いたいのですが、相手保険会社が判例使って言うように私の方が過失が多いと思われるでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数5448
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.2

保険屋です。 過失割合・・・まったく逆でしょうね。 どう考えても、相手の過失が7割か8割といったところでしょう。 類似のケースの判例がある??ぜひ見せてもらいましょう。 保険会社は、過去の判例を体系づけた「過失相殺基準」と呼ばれるものを過失割合の判断材料にしていますが、これに載っているのは道路上の事故だけで、駐車場内の事故は記載されていません。 駐車場内の事故は、道路上の事故の似たケースを無理やり当てはめるわけです。 駐車場内でも基本的な考え方は同じで、お互いの優先関係に基づいて過失割合を判断します。 たとえば、直進車両の進路を妨げるような行為は過失が大きくなるとか、そういったスタンスは同じですので、今回のケースも相手の過失が大きくなって当然です。 質問者さん側の保険会社は、どの程度の過失割合を考えているのですか? そのへんが気になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

保険屋さんですか、プロの目からも見ていただけて助かります。 大変心強い回答どうも有難うございました。 コメント頂いたお言葉通り、判例を見せてもらいました。先方保険屋が提示した判例要旨だけもらったのですが、それを読むと判例は高速道路のサービスエリア内だったので、駐車場とも道路とも両方ともとれるのかな?と思いました。判例では相手がバック駐車をしようとしていたことと、その左横を通過しようとしてぶつかったという状況は類似していることが分かりましたが、最初から動いていたのかの記載がなく、詳細な記載がないので確かにちがうところがあるようにも思えました。また判例の方はハザードランプを点滅させている際とかの記述もあり、今回はそうではなかったのでその辺も違う。 質問者さん側の保険会社は、どの程度の過失割合を考えているのですか?については、相手が判例を持ち出し7:3といってきているので、当方の保険屋さんは弱気に感じます、少なくとも相手の方が過失が大きそうだとは言ってくれていません、おそらく7:3を6:4ぐらいにすれば仕舞いにするような感じが伺えました。一応当方の保険屋さんからはリサーチ会社に調査を依頼してリサーチしてもらうということを相手の保険会社に依頼しているとのことですが、相手はまだそれを了承していないのでそれもできていません。保険屋さんからは相手がリサーチ会社のリサーチを了承しなければリサーチはできないのとのことでした。なので、これで不服なら弁護士さんに相談される手はありますよとのコメントでした。  「こちらが過失が多いよそりゃー」という回答がでたら弁護士さんに相談しないつもりでしたが、頂いた回答で少なくともそれはないという風に思えました、その点非常に心強く思え感謝いたします。平行線なら、弁護士特約使うことにします。

関連するQ&A

  • 自動車事故の過失割合

    先日自動車事故を起こしてしまいました。 駐車場での出来事です。 私は駐車位置からハンドルを左に切り、頭を右に振る形でバックで出て センターラインのない道を徐行のスピードですでに1~3メートルぐらい前進していました (その前進した先は右にカーブしています)。 その時前方に相手の車は見えませんでした。 右にカーブしようとした矢先にバックで出た為、空いていた左側の後方から 私を追い越こしかつ右にカーブとした車にぶつかられてしまいました。 右にカーブしようと右前方を見ていた為、相手の車がぶつかりそうなことに気付きませんでした。 相手はクラクションを鳴らしたと言っていますが私は聞こえませんでした。 破損個所は私が左前バンパー、相手は右後方の側面です。 私に違反がなかったこと、左後方は死角なので事故予見が不可であったこと、 私は右にカーブしようと右前方を見ていた為、 相手の車に気付かず事故回避不可だったことをポイントに 過失割合10:0(相手:私)を主張しようと思うのですがこの意見が通る可能性ありますか? (右前方を見てなければ回避できたと言われるでしょうか? それなら視線のことは言わずに相手のスピードが自分より早かったため 回避不可だったと主張した方がいいでしょうか?) また相手の保険会社はどのぐらいの割合で提示してくるでしょうか? 長文ですがよろしくお願いいたします。

  • 接触事故の過失割合教えてください。

    お土産物屋の駐車場で接触事故をしてしまいました。 相手の車が駐車しようとバックしていましたが、 十分通り抜けられると思ってその横を前進しました。 丁度その時相手の車がハンドルを切って 相手の左バンパーと私の右後ろをすってしまいました。 両方とも車は動いていました。 過失割合はどうなりますか?

  • 駐車場内での事故の過失割合について教えて下さい

    コンビニの駐車場での車同士の接触事故です。 状況を説明します。 ・私が駐車場内の通路(中央の白線のない所)を徐行中 ・相手の車は頭から駐車しており(自車から見ると右側にいます)、バックで出発 そして私の車が相手の車の後ろで一時停止し、駐車しようとハンドルを切って、進んだ瞬間、相手の車のリアバンパー右側が私の車のリア右側側面に接触。 すぐ相手も出てきて「すみません」と言い、警察が来てから状況を聞いたところ相手は ・後方確認をしていなかった ・ハンドルを切ってバックした(両車両の傷跡からおそらく左にハンドルを切っている) 私はすでに相手の車が前方に見える範囲を通り過ぎ、後部座席付近が相手の車の後方におり、自車左側駐車スペースの方を向いて進んでいました。 この状況を私の保険会社に連絡したところ、 「駐車場内では基本的に過失は5:5です」 「優位に進めるのは難しい」 「フロントドアの端に傷があるので見えていたのでは?」 なぜか私の担当なのに相手の過失を聞かず、私の過失を追及していました。 私の車も進んでいましたが、本当に向こうの後方確認を怠るという明確な過失があるのに5:5なのでしょうか? フロントドアの傷の位置はシートより後ろ側です。 追突された私の車の方がはるかに修理にお金がかかるので納得いきません。 アドバイスお願いします。

  • 回答No.1

相手のバックで駐車する際の後方確認不足でしょうね。私の想像ですが、右空きスペースに入れる為、既に隣スペースに停まっている車両との間隔だけに気を取られていたと思われます。仮にルームミラーで後方確認したとしても、そこには、あなたの車両は死角の位置にいたと考えられるので、確認出来無かったでしょう。左側に振り向いて確認していれば見えてる筈ですね。よって左側は見ていないと考えられます。ましてや接触箇所が、リアドアからリアフェンダー辺りですので、上記の確認不足は十分考えられます。9:1又は8:2位で相手が悪いでしょう。…判例は関係有りませんし、判例が同様の事故全てに通用する物では有りませんよ。保険屋の話に、素人では判断しにくい言語も出て来る場合も有るので、特約の弁護士に依頼された方が解決も早いですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変心強い回答どうも有難うございました。判例についてても同様の事故がすべてに対応するものではないということも、非常に参考になり、また理解できました。多分先方は、こちら側が悪いという意見を引かないと思いますが、そのときは勇気をもって弁護士さんへの依頼をすることにします。

関連するQ&A

  • 駐車場での事故

    駐車場でバックしてきた車と接触事故を起こしました。状況を説明しますと、(うまく説明できないかも・・・。) 4つの駐車スペースがある駐車場で並びは前に2台分後ろに2台分という感じの駐車場です。 □□←こんな感じです。 □□ ←この方向に進み駐車体制に入りました。 私も相手の車も道路から駐車場にはいり、駐車する ところでした。 相手の車は先に左前方に入っていくように車を進め、 私は右後方に入るように車を進めました。しかし、 相手の車が左前方に完全に入りきる前に止まったため 私は左後方のスペースに10cmほどはみ出したまま (はみ出していたものの、右にハンドルをきり前進すればれば駐車スペースに入る) 相手の動きを見るために停車。その直後相手の車が バックをしてきたため、クラクションを鳴らして注意 を促したが接触。 昨日相手の保険会社から電話がきて、私が線をはみ出 していたことに過失があるといわれ100対0はありえな いといわれました。 保険会社の言うとおり、100対0にすることは無理でしょうか・・・。もし私に過失がある場合、私の過失割合は?

  • 駐車場内の事故について

    つい先日、駐車場内で事故をしました。 私がバックでぶつけてしまったのですが、その過失割合で 悩んでいます。 スーパーの駐車場ですが 前に一台、私、事故相手の順の3台で場内を走行しており 私の前の車が空きスペースを見つけ駐車を始めました。 私と事故相手は後方で待機していましたが うまく駐車出来なかったのか前の車が駐車を断念して 別の場所に移動したので、私はハザードを点灯させそのスペースに 駐車を試みるべく前進しました。 事故相手車が後方にいることを確認し、バックを始めたところ接触。 驚いて確認すると、先ほどまで後方にいた事故相手車が 私が駐車しようとしていたスペースの真ん中辺りまで前進 していました。 正直に保険担当者に話したところ、私(3):相手(7) もしくは4:6でいけるでしょうとのこと。 こちらでもいくつかの駐車場内での事故の過失割合の相談を 拝見したのですが、どうもバックしたほうが悪いという感じ です。 お門違いな請求をしていれば申し訳ありませんし、 円満な解決を望んでいるので納得出来なければ歩み寄る気 でしたが、お相手の男性は過失ゼロの主張です。 「停車していたらいきなりバックしてきたんだから無過失だ」 と言っているようです。 保険会社によると、過去同じような事故の裁判で3:7と いう判決が出ているそうです。この判例ではどちらの車両も動いていた そうです。私の事故の場合も相手車は接触の直前停止のため 停車していたとはいえないと考えているそうです。 長々書いてしまいましたが、皆さんはどう思いますか? また駐車場でバックでぶつけられた方の意見も伺ってみたいです。

  • 駐車場内での事故の過失の割合について

    先日の駐車場内での車対車の事故についてもめています。 かなり通路の広い一方通行の駐車場で、 右前方に車が停車しておりました。 私はその左側を徐行してすり抜けようとしましたが、 その車が通路の右側の空き駐車スペースに入れようと ハンドルを切りながらバックを始めたため、 危険を感じて私は停止しました。 さらにバックをしてきたのでクラクションを鳴らしましたが 私の右フロントに、膨らんできた先方の車の左前が 接触してしまいました。 私の方の主張としては、先方はハザードランプも出さず、 後方を確認していないから私の車に気がつかないのであり、 また、私は徐行・停止・クラクションを鳴らすなど 最大の注意を払っているので過失は0であるということ。 私の保険会社にも相談しましたが過失ゼロ主張が良い との意見で、私と先方の保険会社との話し合いになっています。 しかし、先方の保険会社の意見は、駐車場という場所において 駐車をしようと動き出すかもしれない車の左側を通過しようとする ことは私の前方注意義務が足りないことで過失はあるとしています。 しかし、それを過失とするならば、駐車場内で徐行することさえ できなくなってしまうではないかと、全く納得がいかないとしており 議論は平行線になっています。 このような場合、識者の方は、どのような過失割合に なるとお考えでしょうか?

  • 駐車場での接触事故

    駐車場での接触事故 本日、病院の駐車場で接触事故を起こしました。 事故の内容は以下です。 相手:チャイルドシートの取り付けに夢中で車のドアが、こちらの車に接触していることに気づかない。 私:ドアが開いていることには気づいていたが、接触していることには気づかないまま、ハンドルを右に切り前進した際に傷が付いた。 傷は相手側にはなく、こちらの車のボディに線傷がついた状態です。 この場合どちらの過失割合が高くなるのでしょうか?

  • 駐車場での事故と過失割合

    先日、コンビニの駐車場にてお互いバックしていて衝突する事故を起こしました。 私がコンビニに向かって後退して停めようとしていてるところ(青い車)に、頭から駐車していた相手(緑の車)が後退しだし途中から左へハンドルをきった為に白線(駐車スペース区分けライン)を越えて私の右後輪辺りと相手の右前方のヘッドライト部分が接触しました。接触場所は画像のように私の車の後輪まで白線内へ入った所です。 私は停車しよとしているスペースの隣の相手の車が止まっていた事を認識しており、後退して最後部が白線内に入ったあたりで相手の車がバックランプを点灯し後退し始めました。相手は乗る前に周囲を確認して私の車は無かったと主張してます。 私に非はないと思い100:0を主張してます。後輪には接触痕があり徐行程度は動いていたことは分かっています。しかし、急にバックランプが付いたことに驚きブレーキをを踏みましたが真横まで後退してきた車が急ハンドルをして白線を越えて接触してくるとは予見出来ませんでした。(相手は白線を越えないように後退してからハンドルをきったと主張してます。)至近距離でハンドルをきり衝突されてはどんな操作をしようにも回避しようがありませんし、そのような極端な異常行動を予見することは出来ないかと思います。また相手は白線を越えて衝突したことに非があると認識しているようです。 相手の保険会社は駐車場でのことなので道路交通法は適用されず、バック同士の事故は50:50であると言っています。さらに解決するために譲歩して大きな不注意による過失(白線を越えて接触したことで周囲の安全確認不足については認めていない)があったこととして70(相手):30(私)と掲示してきました。 私に30の過失があるのならどのようなことか問いましたところ、過失があるかないかではなく駐車場でのバック同士は50:50でコチラが大きな過失があることとして譲渡し70:30にしているんだから納得しなと言われました。 物損事故でお互いに怪我はありません。 私の修理費は20万で相手が30万です。 私は過失割合によりどこまで直すか決めかねており、まだ修理しておりません。 相手は保険をしようして直したようです。 このような場合70:30が妥当なのでしょうか? 説明が下手な為に分かりにくいかと思いますが、不明な点には答えていけたらと思っています。 宜しくお願いします。

  • 駐車場内での事故

    駐車場での事故です。 自車が右側に駐車しようとハザードランプをつけて、左前にハンドルをきってバックしようとしている後ろを自車の車2台分ほど後ろを走っていた相手の車が自車の後ろを通過しようとして、自車の右後ろのバンパーと相手の左前のバンパーか接触しました。 こちらの過失としては、 ・後ろをよく見ていなかった ・前にきりすぎていた です。 保険会社から自車が通路妨害していたので、8:2だと言われました。後方確認を怠っていたこちらの割合が高くなるのは分かるのですが、駐車場は駐車するための場所なので、相手は前の車が駐車する前提で進むべきでは無いのでしょうか? ※狭い駐車場で、車2台が通れる幅はありません。 相手の主張としては、自車が左にある駐車場に前進して停めると思ったとの事でした。

  • 駐車場での自動車事故について

    ありきたりな事故ですが皆さん教えてください。よろしくお願いします。 大型ショッピングセンター内の駐車場で起きてしまった接触事故についてです。事故当時の状況:立体駐車場 駐車スペース前の路上は右側通行(進入路と出口が駐車場特性上逆になっている為)進行方向からみて、駐車スペースが右側(6台収納可能) その奥に左に大きくカーブしながら路上が交差し、一方通行になっている状態(円を描くように周回し、出口へ戻る)です。事故が起きたのが、進入路から入った右側に6台駐車スペースがある路上です。進入口から進行していた私は、右側に駐車している車両のバックランプや、発進車両を確認し、安全を確認しながら徐行していました。その駐車スペースを通り過ぎると直ぐに左に急なカーブがあり、路上も交差する事から瞬時に止まれる程のスピードで進行していました。その時です、先ほど確認した時には、バックランプが点灯していなかった車が急にバックをしはじめたのです(加害者の車の後ろを、私の車が半分くらい通過した頃)。右サイドミラーで発見したのですが、時すでに遅く、衝突まで1秒から2秒の間位でした。瞬時にアクセルを踏んだのですが、加害者の車が左にハンドルをきりながらバックしていた為、私の進行方向へカーブしながら追突するような形で衝突しました。被害は右後方のタイヤ付近一帯、加害者の被害は後方バンパーの右(ほとんど角)を損傷していました。直ぐに、加害者が降りてきて、怪我の確認と、全く後方を確認していなかった事に謝罪をしてくれました。また、今回の事故が加害者の不注意である事を前面的に認めてくれたので、保険会社への連絡のみで終了してしまいましたが、後になって事故証明を発行してもらえばよかったと反省しております。その後、加害者の保険会社から連絡が入り、私の車両がすこしでも動いていたなら、過失が発生する、また前方確認を怠った事が過失に含まれると言われました。私は、微速ではありますが、直進していましたし、衝突を回避しようとハンドルをやや左にきり、アクセルを踏み込んだ事は事実です。また、前方確認はしていましたし、急にバックしてきたのは、私の車が加害者の車を半分位越えた頃からですので、事実上右斜め後ろから生じた事故です。どうにも納得が行かず 加害者に状況をしっかりと確認して欲しいと加害者の保険会社担当へ訴えましたが、確認しますと言いその後連絡は明日しますと言われました。自分の保険会社へも連絡しましたが、過失割合は9:1位と言われました。私に、過失があるのであればそれで致し方ないとは思いますが、本当に過失が生じてしまったのかわからない所がくやしいです。長文になりましたが、私の過失と、今後の対応についてみなさんのご意見お聞かせください。

  • 駐車場の事故 過失割合について

    先日コンビニの駐車場でぶつかりました。 過失割合について質問します。 私の車が駐車場に前向きで駐車していました。 早くからエンジンをかけブレーキランプとバックのランプは点けていました。 左右は確認したのですが、後方は確認していませんでした。 相手が私の右隣の駐車場に車を止めようと私の左後方から右側へ前進していたら、私の右側の隣の隣がバックしていたらしく。私の後ろで止まったそうです。 そこに私がバックしてぶつかりました。 後方を確認不足だったことは認めますが、相手も私の方を見ておらず、見ていればバックする、もしくは警笛を鳴らすこともできたのでは?と思います。 こういう場合でもやはり10:0なのでしょうか?

  • 駐車場での事故過失割合について

     駐車場で、止める所を探している時に、バックで駐車場を出ようとする車に気付き、停止をしてクラクションを鳴らしましたが、接触事故となってしまいました。 こちら側は、過失割合をゼロと主張していますが、あちらの保険会社の方から、駐車場なので道路交通法とは違い、9:1だと言ってきました。 また、こちらの保険会社も、保険会社の方から、ゼロ主張はできない事になっているので、これ以上は、個人で交渉とのことでした。過失割合がゼロという事は、保険を使わない事になるので自分で交渉してほしいとのことです。 やはり、ゼロ主張は、無理なのでしょうか? 月曜日に答えを求められ、困っています。

  • 駐車場内での事故の過失割合について

    自動車同士の事故の過失割合の件です。 コンビニの狭い駐車場での事故のことなのですが、前向きに突っ込んで停めていた車をバックで出す際、後方に出入り口があったので右側に180度転回して出ようとしたところ、後方の出入り口から入ってきた車が、私の停めていた右側に駐車しようとして進んできたため、私の右後ろの部分と、相手の助手席の扉が接触しました。 事故直後、出入りする車の邪魔になるので、相手と近くの交番へ行き、調書をとってもらいました。 お互い保険会社に任そうという事になり、その日は連絡先の交換だけし、そのまま帰りました。  その後、保険会社から連絡があり、相手が100:0を主張していることを知りました。事故当時の状況も私が思っているのとだいぶ食い違いがありました。 私はバックしていた方なので、自分の責任が大きくなることはわかっていますので9割の過失を認め、相手が動いていた事と前方不注意により私9:相手1ということで私の保険会社の方から相手に連絡してもらいました。  ところが相手の返答は、私9:相手0なら応じてもいいとの事でした。 保険会社に9:0はありえるのか聞いたところ、普通にあるとのこと。 しかし、相手は自分に過失はないと言い張るだけで、具体的なことは 何もいってくれないので、納得できません。 このような過失の割合は妥当なのでしょうか? わかりにくい文章ですみませんが意見をお聞かせいただけたらうれしいです。 よろしくお願いします。