• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

カフェオレとコーヒー牛乳

  • 質問No.70649
  • 閲覧数1228
  • ありがとう数8
  • 回答数4

お礼率 75% (49/65)

 すっごく馬鹿馬鹿しい質問ですみません。
アホ丸出しのような気もしますが気になったらすぐに聞く!をモットーにしてますので(大迷惑)、お心の広いかつお時間にゆとりのある方、お付き合いください(笑)。
 カフェオレとコーヒー牛乳って、どう違うんでしょう??イヤ、飲んでもそんなに味が違うようには思われないので。単なるネーミングの違いですか?牛乳とミルクのよーな。

 コーヒー通、カフェオレ通の方々を敵に回してしまったよーな気もします。
どうか笑って許してください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー
フランス語でCafe au lait 日本語に訳すと牛乳入りコーヒ、スペイン語ならCafe
cortado、言葉は違えど中身は同じです。日本では昔、牛乳メーカが瓶入り牛乳コーヒを売り出したので、そちらのイメージが先行しています。喫茶店では牛乳入りコーヒとはいわないでしょう。同様に国によっては牛乳入りコーヒでも普通のコーヒと暖めた牛乳を半々にしたり、エスプレッソのコーヒに牛乳を加えたりするので、違う印象を与えることがあります。高く売るためには牛乳入りコーヒでは駄目ですからね。「ご飯にされますかライスですか」と聞いて、箸を出すかフォークを出すか決める日本の食堂用語には日本語を覚えたての外国人はびっくりするでしょう、あれと同じです。
お礼コメント
july

お礼率 75% (49/65)

 ご丁寧に有難うございました!分かったような気になってます(笑)。
よくご存知で、驚きました。つまり同じって事ですね。
うーんスッキリ!!
投稿日時:2001/05/03 21:42

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 46% (31/67)

カフェ・オ・レとはフランス語で「朝のコーヒー」と言う意味なんです。フランス人の朝食はカフェ・オ・レとバゲットとかクロワッサンが定番なのでこの名前がつきました。
暖めたミルクとコーヒーを同時にカップに入れてつくるのが一般的です。
お礼コメント
july

お礼率 75% (49/65)

 有難うでした!
フランス人の定番だったんですね。日本人のミソ汁みたいなもんですか(笑)。
うーん伝統!
投稿日時:2001/05/03 21:49
  • 回答No.3
あったかいのがカフェオレで冷たいのがコーヒー牛乳、と区別しています。
だから「アイス・カフェオレ」なんてのを聞くと邪道だ!と思います。
お礼コメント
july

お礼率 75% (49/65)

 有難うでした!
私あたたかいカフェオレって飲んだ事なかったのでちょっと以外でした。
そういう解釈もアリですね。
うーんビックリ!
投稿日時:2001/05/03 21:46
  • 回答No.2
喫茶店で飲むのがカフェオレ、銭湯で飲むのがコーヒー牛乳(この場合、腰に手を当てて飲む事!)。

・・・まあ製法の違いです。
コーヒー牛乳は牛乳にコーヒーシロップを混ぜた物。それに「コーヒー牛乳」は明治乳業の商標だったはずです。
お礼コメント
july

お礼率 75% (49/65)

 めっちゃ笑える解答でした(笑)。
腰に手がポイントですね!コーヒー牛乳は商標だったんですか。
うーん納得!
投稿日時:2001/05/03 21:44
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ