• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

文科省 航空モニタリングの放射能汚染地図について

  • 質問No.7064880
  • 閲覧数386
  • ありがとう数5
  • 気になる数1
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 97% (67/69)

下記のURLで、東京の汚染地図を見る限り、
山間部で標高の高いところほど、
汚染されているように見えますが、なぜでしょうか?
今後、東日本では、高い山に登ると線量が高くなるという事でしょうか?

http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/10/1910_100601.pdf#search='文科省 航空モニタリング'

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 31% (1565/4897)

 海から吹いた風は山に当たり山の際を進むからです。したがって爆発で上空に拡散された放射物質は山ぎわに大量に行きます。その結果山間部の山際の高い所で落ちると思われます。
お礼コメント
ymamdaQ

お礼率 97% (67/69)

やはり、風が山に当たったせいですか。
これからは、山で怪我したら、傷口からの内部被爆が不安ですね。
原発事故のおかげで、おちおち山登りも出来ません。
投稿日時:2011/10/12 08:38
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ