• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

バーって何ですか?

  • 質問No.70509
  • 閲覧数534
  • ありがとう数7
  • 回答数5

お礼率 82% (190/230)

よく耳にする、「バー」「ショットバー」「ワンショットバー」。
この3つって、何か違いがあるんでしょうか?
カウンターでカクテル作ってくれたら、バーですか?
ショートカクテル出てこなくてもバーですか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 46% (31/67)

ショットと言うのは、酒等の液体を計る単位のことです。
所謂シングルで1oz(オンス)で約28ccです。
昔、アメリカではウイスキーを水で割る習慣が一般的でなく、殆どストレートで1ozづつ注文して飲んでいたので
ワンショットと呼ばれるようになりました。バーの語源については、他の方もおっしゃっておられましたが、奥さんなどにわからないように男同士のスラングだったそうです。「馬を繋ぐ棒(bar)のある所に行こう」と言って奥さんの目をごまかしていたということです。因みに日本でボトルキープの習慣ができたのは、1970年ころ、京王プラザホテルでミニマムチャージが導入された時からだと聞いております。
補足コメント
hikarub

お礼率 82% (190/230)

うんちくが又ひとつふえました。
ありがとうございました。
投稿日時:2001/05/03 21:29

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 0% (0/6)

「バー」の語源は足元の棒ではなく、アメリカの開拓時代に酒場の前に馬を繋ぐ棒(バー)があったことから酒場のことを「バー」と呼ぶようになったようです。
ショットバーやワンショットバーはボトルを預かることがない、酒を全部量り売りする酒場という意味です。
単にバーというと日本ではカクテルを出す店、カウンターの店というイメージがあります。税務署などの区分では洋風酒場という言い方をします。
バーは広い意味で酒場というような意味になるんではないでしょうか。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 60% (14/23)

3つの違いは良く分かりませんが、「バー」の由来は
カウンター席の足元に足をのせるための金属の棒が
設置してあることから、そういうカウンター席をもつ
飲み屋のことを「バー」といういうようになったそうです。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 21% (149/686)

バーというのは、そもそも「酒場」の場所を意味した単語です。
ショットとワンショットは日本では同じ扱いですが、「この店はワンショットずつしか飲ませんよ」という泥酔客をこばむ店の姿勢がワンショットバー。
ショット=ストレートで飲むやり方なのですが、「ワンショットでもツーショット」でもお気楽にどんどんいこう・・・という感じがショットバー。
バーは全体を指し、カクテルバーだったりワインバーだったりフードバー、カフェバーといった具合に頭に形容詞をつけてアルコールを主とした酒場を意味します。
お礼コメント
hikarub

お礼率 82% (190/230)

非常に判りやすく明快な回答ありがとうございました。
投稿日時:2001/05/03 21:28
  • 回答No.1

ベストアンサー率 40% (135/330)

バーはカウンタのある洋風酒場。
ショットバーはshot+barの和製英語で軽く一杯飲むためのバー。英語ではa one-shot barのようです。
ということでショットバーとワンショットバーは同じ意味でしょう。
お礼コメント
hikarub

お礼率 82% (190/230)

結局、3つとも一緒ってことでしょうか?
投稿日時:2001/05/02 00:54
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ