• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

根抵当権と仮差押の関係

  • 質問No.7049007
  • 閲覧数859
  • ありがとう数2
  • 回答数1

お礼率 99% (2294/2301)

登記簿謄本の乙区によるとH13年に債務者が金融機関Aから土地に根抵当権1位を設定されています。それ以外に乙区への記載はありません。甲区ではH14年に金融機関Bの仮差押命令が地裁より出ています。

債務者は複数不動産を所有しており、金融機関A・Bから借入をしていますが、債務不履行が続いています。

疑問が数点あります。

1.乙区に記載のないBがなぜ仮差押を登記できるのでしょうか?

2.AとBではこの不動産に対してはどちらが強い権利を持っていますか?

よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 50% (41/82)

抵当がないから差し押さえるのです。
抵当があれば、それで担保競売できますので
仮差なんか必要ないです。
また、甲区と乙区は関係ありません。
現実に取れるか否かは別問題です。

勝つのは抵当権です。

後から差押が来て抵当権が飛ぶなら
誰も抵当権を担保にしません。
お礼コメント
poolplayer

お礼率 99% (2294/2301)

よくわかりました。

ありがとうございました。
投稿日時:2011/10/04 09:01
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ