• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ヴィヴァルディ 春の感想文

  • 質問No.7040262
  • 閲覧数15987
  • ありがとう数94
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 95% (97/102)

中学一年生です。 音楽の授業で、ヴィヴァディの季節の「春」を聞いて、その感想を書くということをやっています。 どんなことを書けば評価が上がるのでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 48% (43/88)

こんにちは

基本的には、素直に感じたことを書けばいいです

まだ曲は聞いてないんですよね?

しっかり聞いて、感じて下さい


と書きましたが、これでは回答にならないので、

考えられることをいくつか挙げておきますね。


(1)「春」というタイトルなので、春の情景が描かれます。
 あなたは曲からどんな春の情景を感じましたか?

(2)この曲は、作られた時期がとても古く(バロック音楽)
 使われている楽器も特徴的です。楽器の音色に、どんな印象を持ちましたか?

(3)「春」は、第1楽章、第2楽章、第3楽章の三曲で構成されています。
 もし三曲とも聞いたなら、それぞれの印象の違い、あるいは似ているところ
 などをかいてみましょう

(4)作曲者のヴィバルディーは、どんなことを考えてこの曲を作曲したのでしょう?
 作曲者の気持ちを考えてみましょう

こんなところでしょうか。

がんばって下さいね。
お礼コメント
kannagisaki

お礼率 95% (97/102)

ポイントを詳しく教えてくださったので、
とても分かりやすかったです。
素直に感じた印象を書いていこうと思いました。
ご回答どうもありがとうございました!
投稿日時:2011/09/30 21:13

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 52% (194/367)

チャチャ入れるぞ~。
「季節」じゃなくて「四季」だからね。
タイトルで減点されないよーに。

CDの解説文には各曲の要所要所に書かれている詩のようなものが訳されているはず。
それを読むことも大切だね。

評価ネライなかでレポート、特に「感想」なんか、書くなよ!
何回も目をつぶって聴いてイメージを作るべし。
図書館を活用しよう。CD、音楽史、名曲解説事典 etc.etc.
お礼コメント
kannagisaki

お礼率 95% (97/102)

タイトル、気を付けるようにします(汗)

ソネットをよく読んでみようと思います。
ご回答ありがとうございました^^
投稿日時:2011/12/06 18:28
  • 回答No.4

ベストアンサー率 34% (16/47)

No2さんがすばらしい回答をなさっているので蛇足ですが、
音楽から想像した色、匂い、温度、などを書いてみるのも良いと思います。
聴覚から、五感への変換です。

評価が上がるという表現が直接的すぎてほほえましいですが、
向上心があるのはいいことです。
どういう回答が求められているのかを知りたいと思い、工夫をする情熱には感心しました。

貴方の豊かな感性をあらわす表現の手がかりがたくさん見つかりますように!
お礼コメント
kannagisaki

お礼率 95% (97/102)

五感への変換ですか!
考えもしなかったです、面白い^^
蛇足でもなんでもなかったです、大変参考になりました。
どうもありがとうございました!
投稿日時:2011/10/01 10:41
  • 回答No.3

ベストアンサー率 31% (790/2548)

 先生からの評価を高いモノにしたいと考えるならばそれだけで既に不合格ですね。「春」の言葉から触発されたイメージをヴィヴァルディは音楽作品に表現したならばこうなった。では質問者様はその作品から「春」のどの様な印象を受けたかをそのまま言葉として綴ることに意味があります。春といっても未だ肌寒さを感じる時もあれば汗ばむ日々もあります。そうした自分の経験とヴィヴァルディの解釈した春の違いについて書くもよし、逆にドヴォルザークの「新世界」第二楽章のラルゴと比較してドヴォルザークの作品に春の夕暮れを感じたでも良いだろうし。感じ方は人それぞれによります。だから模範解答などはないことになります。大人のずるさを身に付けるよりも素直な感性を大切にして欲しいと思います。
お礼コメント
kannagisaki

お礼率 95% (97/102)

感じたことをそのまま書けばいいんですね。
担任の先生(国語科)も似たようなことを言っていました。
ご回答ありがとうございました。
大変参考になりました^^
投稿日時:2011/09/30 21:10
  • 回答No.1

ベストアンサー率 41% (2895/6955)

中学生の音楽の授業の感想文で、先生もアカデミックな見解や深い精神論のようなものは期待していないと思います。

なので「授業に対する意欲と関心のアピール」、これが全てです。
まずはその曲に対する素直で熱い思い(感想)をぶつけてください。長い文を心掛けてください。文字数稼ぎは駄目です。あくまで中身の豊富さで。
音楽の感想だけ書いてもどうしても長さが限られてしまうなら、「こういう音楽に興味を持ったから、もっと聴いてみたい」というような今後の展開の話もいいと思います。あるいは、曲・作曲家やクラシック全般についての疑問なんかも書けば、文は長くなるでしょう。
あと、先生が授業で語ったことには少しくらいは触れておいた方がいいです。

中学で音楽の授業を真面目にやる人はそう多くはないでしょうから、これだけで誰よりもマシな感想文にはなると思います。
お礼コメント
kannagisaki

お礼率 95% (97/102)

ご回答ありがとうございました。
もともと文章は「常にびっしり、事細かに書くタイプだね」と
よく言われるので、今回もその調子でやっていこうかなと思います。
とても参考になりました^^
投稿日時:2011/09/30 21:15
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ