• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

±5Vから±2.5Vに電圧を落とす方法

±12Vから可変型の3端子レギュレーター(LM337、LM338使用)で±5Vを作りマルチプレクサー、オペアンプ等の正負電源を使うICに繋いでます。 しかし、サウンドエフェクターユニットの電源が最大入力電圧が+5Vでこのままでは正負電源では使えないので、±2.5Vに電圧を落として使いたいのですが、基板のスペースの都合上もう一組の電源回路(±2.5V)が作れません。 なにか、場所を取らずいい方法ありますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1659
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • inara1
  • ベストアンサー率78% (652/834)

最初に回答した回路は、添付図のように、リバーブユニットを +5V の単電源とし、リバーブユニットの前後にカップリングコンデンサを入れるというものです。リバーブユニット内部構成が分かりませんが、SGND(信号GND)に流れる電流が大きくなければ、+5V を抵抗分圧して +2.5V として、それを SGND に加えれば、リバーブユニットは+2.5Vを中心に動作します。 リバーブユニット前のハイパスフィルタは、ここ(http://www.accutronicsreverb.com/main/?skin=sub01_05_1.html)にあった素子値を使ってますが、この回路だと 1kHz未満の信号はカットされます。したがって、カップリングコンデンサの容量は 22nFとしました(リバーブユニットの入力インピーダンスが 10kΩ なので、22nF のコンデンサでカップリングすると 723Hz のカットオフセット周波数になる)。カップリングコンデンサの容量が大きいと(CR時定数が大きいと)、ポップ音が出ますが、22nF なら気にならないと思います。 リバーブユニットの消費電流は 100mA と大きいので、±2.5V を簡単な回路で(小さい体積で)作るのは難しいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 この回路で行けそうです。

関連するQ&A

  • 電圧の安定についてお教えください

    困っております。 電源回路で入力電圧の変動があっても出力電圧が一定になるような 回路もしくは部材をご存じの方お教え下さい。 直流12Vで入力側の電圧が11.5Vから14.3V位変動します。 出力側電圧は常に一定な12Vを必要としています。 電流的には余裕はあります。 よろしくお願いします。

  • 電圧変換について

    仕事上で0~5Vの電圧を0~24Vの電圧に変換する必要があります. しかし、私にはそういう知識は全く無く,困っています.  基板上で行いたいため、オペアンプやなんかIC関連のものでもいいので 小型で変換できるもの、または方法を何か知りませんか? どなたか知っていたら教えてください.お願いします。

  • DC5VからDC1.5Vへ電圧変換

    再度、掲載させて頂きます。 入力電圧は5Vでした。 DC5Vの電圧をDC1.5Vで使用したいのです。 皆さんからのアドバイスで3端子レギュレータ(LM-317)が入手出来ました。 組み立て回路はあります。 3端子レギュレータを使った場合、 入力DC5V、出力1.5Vの使用部品の規格、容量、耐圧等について教えて下さい。 以下に書きました。 C1(入力側コンデンサー) R1(固定抵抗) R2(可変抵抗) C2(出力側コンデンサー) よろしくお願い致します。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • inara1
  • ベストアンサー率78% (652/834)

画像が変わりましたね。 明日はお休みなので考えてみます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • inara1
  • ベストアンサー率78% (652/834)

以前の質問でもポップ音の問題でしたが、切り替えのときにカップリングコンデンサにかかるDC電圧が変動するとポップ音が出るので、それが変動しないようにする必要がありますね。ちょっと考えてみますが、平日は時間が取れないので少々お待ちください。 以前の画像(16セグメントLEDの文字列)はやめたのでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

よろしくお願いします。 画像はスピーカーにしときます。

  • 回答No.1
  • inara1
  • ベストアンサー率78% (652/834)

半年前に「アナログマルチプレクサ―でのポップノイズについて」で質問された方ですね。 >サウンドエフェクターユニットの電源が最大入力電圧が+5V サウンドエフェクターユニットの電源電圧が5Vなのか最大入力が5Vなのか分かりませんが、サウンドエフェクターユニットを5V単電源で動作させることはできないのでしょうか。直流を扱わないのなら、5V電源で動かして入出力をコンデンサで結合すばいいように思えます。 ±5Vから±2.5Vを作る方法はいろいろありますが、サウンドエフェクターユニットの消費電流はどれくらいでしょうか。10mA程度なら小型にするのは可能ですが、それ以上の消費電流なら難しいかもしれません。どれくらいのスペース(床面積と高さ)が残っているのでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 サウンドエフェクトユニットじゃなくて、正しくはリバーブユニット(BTDR-1)です。 これ1つでお風呂場にいるような残響音が楽しめます。 http://www.accutronicsreverb.com/main/?skin=sub01_05.html 該当商品がこれです。 回路図は下記の通りです。 下にスクロールしていき、 MONOサーキットの回路図を使いました。 http://www.accutronicsreverb.com/main/?skin=sub01_05_1.html OPアンプはNJM4580です。 先ほどブレッドボードで、正負2電源(±2.5V)の電源回路を作り、 リバーブユニットに繋いで、マルチプレクサ―で切り替えました。 しかし、 カップリングコンデンサーを直列につないでも電源を入れて、サラウンドモードを切り替えるとき、リバーブモードにしたとき最初だけポップ音が出てしまいます。 なので、単電源(+5V)で使う事にします。 http://www.accutronicsreverb.com/main/?skin=sub01_05.html

関連するQ&A

  • 3端子レギュレータについて

    電圧可変型3端子レギュレータICのLM338を使ってフィールドスピーカの電源を作りましたが、負荷の約1KΩを付けたまま電源ONしますと規定の70Vの電圧が出ずに異常に低い約30Vしか出ません。負荷をつけずにONしますと70Vが出てOKです。なぜでしょうか? LM317やLM350で試したところこのような問題は出ませんでした。

  • 24V3A程度のACアダプタから各種電圧を作る。

    趣味でいろいろな電子回路を作っています。 各基板ごとにそれぞれ電源を持たせるのは面倒なので、あらかじめ3.3V、5V、9V、12Vの電源を用意しておき、それぞれ3つずつ位の端子を取り付けておこうと思います。 基板の電源ラインを、用意した電源端子の適したものに接続するだけで、基板ごとの電源はいちいち準備しなくて済むようにします。 そのために、24Vの1台のACアダプタから上記の各種電圧を作ろうと思います。 三端子レギュレータを使うつもりですが、電圧の落とし方はどうするのがいいでしょう? 1.三端子レギュレータのVinを全て直接24Vにつなぐ。 2.24Vにつなぐのは12Vの三端子レギュレータのみで、あとは順に12Vから9V、9Vから5V、5Vから3.3Vというように電圧を下げていく。 3.その他の接続方法にする。 4.そもそも上とは全く別のやり方で電圧を用意する。 ぜひ具体的に教えてください。 よろしくお願いします。

  • 車用バッテリーから5V作成方法

    こんばんは。 12から14Vと変動する電源から5Vを作る回路を調べています。 ある本に3素子レギュレータを用いた基本回路が載っいました。 しかしそれは7から12Vの入力を5Vに変換する例でした。 入力側と出力側にコンデンサを配置し、レギュレータに保護ダイオードを付けた基本回路です。 入力電圧が12から14Vでも大丈夫だしょうか? また、どの素子を交換すれば入力電圧を上げられますか? すいません。教えてください。

  • トラッキングレギュレータの回路

    現在,20V正負両電源を作製しようと考えています. 三端子レギュレータ(LM317,LM337)を用いて出力電圧を可変にしようと思っており,データシートでは三端子レギュレータのLM317,LM337のそれぞれに可変抵抗をつけて出力電圧を可変にする方法がかいてありました.しかし,トラッキングレギュレータのように1つのつまみで正負の出力電圧を同じにできるようにしたいと考えています. 2連可変抵抗を用いるという方法がありますが,2連可変抵抗は正確に制御できないということが本に書いてありましたので,この方法ではなく,可変抵抗で制御するのは正電圧のみで,オペアンプを用いて負電圧を可変した正電圧に追従させる方法があるというのものを見ました.この方法をとりたいのですが,詳しい回路がわかりません.参考HPやアドバイスをよろしくお願いします.

  • スイッチングレギュレータ回路に関して

    ナショセミ-LM2576ADJのスイッチングレギュレータを使用し、フィラメントランプを点灯させています。 内容 ●フィラメントランプの仕様は 2.5V、2.5A ●レギュレータ電源回路は、仕様書にある代表的な回路をそのまま利用し、2.5V出力になる様に調整して使用。  レギュレータ入力電圧は、12VDCを供給。 ●ランプをON/OFFするため、FET-2SJ304を使用。  ドレイン側をシリーズ接続、ソース側を2.5V電源に接続、ゲートに 掛ける電圧で(0V/2.5V)で制御。 この状態で、 2SJ304がOFFの時(ゲート電圧2.5V/ランプOFF)、レギュレータ出力は、2.5V。 2SJ304がONの時(ゲート電圧0V/ランプON)、レギュレータ出力が、5V近くに上がってしまう。 回路結線は間違いがないとすると、この様な現象は考えられますか? 実際には、2SJ304のON抵抗で、ランプ電圧は、降下するはずなのですが、大元のレギュレータ出力電圧が上昇する理由が分かりません。 もし、お分かりであればご教授願いたいのですが。

  • 正負電源について

    趣味でオペアンプを良く使いますが、正負電源をレギュレターICを2個使って作っています、1個のレギュレターICで済ませるICは無いものでしょうか、ありましたら教えて下さい。又センタータップ無しのトランスから正負電源を作ることは出来ますか。ほとんど6V~12V 1Aぐらいを使用してます。よろしくお願いします。

  • 三端子レギュレータ(2.5V固定出力)の出力が変動してしまいます.

    センサからの信号(電圧)と2.5Vとの差圧を増幅するために差動増幅回路を製作しました. 基準とする2.5Vには三端子レギュレータ(LM2937)を用いているんですが, センサからの信号の大きさに影響を受けてレギュレータの出力2.5Vが 変動してしまいます. 具体的には,センサからの信号が大きくなるとそれに応じて レギュレータ出力も2.5Vより大きくなってしまいます. 三端子レギュレータ回路はマニュアル(http://www.national.com/JPN/ds/LM/LM2937.pdf)に載っている回路を構成し, コンデンサの容量もマニュアル通りです. 入力電圧は5V以上にしています. 差動増幅回路は  R1=2.5kΩ(5kΩの可変抵抗)  R2=10kΩ(金属皮膜抵抗)  OPアンプ:AD8042AN  OPアンプ電源:±12V という構成です. どなたか分かる方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします.

  • 回路で 5V⇒-0.8V~-1.5V (200…

    回路で 5V⇒-0.8V~-1.5V (200mA)を作りたい 回路で 電源電圧 +5V⇒-0.8V~-1.5V (200mA)を作りたいのですが、 ICなどご紹介していただけにでしょうか? 私が調べたのは 出力電圧 -1.2V以上のものがほとんどで -0.8が出力可能な回路、ICを教えていただきたく思います。

  • 電源の5V電圧 不安定 

     5年ほど使用した自作機の電源の5Vの電圧が、2.5~5.1Vの間で変化します。(エヴェレストHOMEで測定) 3.3Vや12Vは正常に出るのですが、5Vのみ異常な感じです。 今のところは正常に作動していますが、よく電源のクラッシュは他のパーツを道ずれにするとか聞きます。この場合も壊れる前に早めの交換のほうがいいのでしょうか?ちなみにS478マザーなのですが、対応電源はまだ市販されているのでしょうか?

  • 12Vのバッテリの電圧が、10.5V程度以下になったとき、警告として赤

    12Vのバッテリの電圧が、10.5V程度以下になったとき、警告として赤LEDを光らせる単純な回路を考えています。回路には、電圧監視用ICを使えばいいのはわかります。しかし、ICの仕様書をみても、どのように周辺の回路を組めばいいかよくわかりません。できれば、お勧めのICと、実際の回路構成のサンプルをご教授いただきたいのですが。どうぞよろしくお願いします。

専門家に質問してみよう