• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

スーピーカーの接続について

 マルチチャンネルでSACDの音曲を聴こうと思い、若い頃集めた音響機器を引っ張り出して再構成しようと思ましたが、スピーカーのインピーダンスが異なることが判りました。ついてはインピーダンスの異なるスピーカーの接続などについてご教示戴ければ幸甚です。  構成は、 ユニバーサルプレーヤー : パイオニアDV-696AV         AVアンプ  :   ヤマハ DSPーAX863         フロント スピーカー : タンノイ アーデン(8Ω)         リア スピーカー   : ヤマハ NS-525F(6Ω)   取敢えず当初4チャンネルで始め、後にフロントにもう1本スピーカーの追加を考えています。  そこで、1.同一AVアンプから8Ωと6Ωの異なるインピーダンスのスピーカーを接続して問題ない        のでしょうか。   また、2.フロントのスピーカーには別にパワーアンプを接ぎAVアンプをプリアンプとして使い、リ        アスピーカーは直接AVアンプに接続する。 この方法では如何でしょうか。   何卒宜しくご教示の程お願いいたします。         

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数468
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

はじめまして♪ アンプのスピーカー端子に対する最低インピーダンスを下回らない範囲であれば、接続自体は問題有りませんよ。 DSPーAX863の場合は、仕様として6Ωで表記してますので、半分以下となる3Ωなどは避けてください、また、2倍程度の12Ωは良いとして、4倍の24Ω以上の場合は音量差が大きく成るので使いこなしが難しく成るかもしれません。 と、一般的な回答を書いてからメーカーのHPから取扱説明書をみてみると、、、 わぉ~、ダイナミックパワーの表記に2Ωまで書かれてる。 3Ωでも実用になりそうですね。 実際の利用では、各スピーカーの音量と音質を統一するために苦労すると思います。 まぁ、最初の実験としては問題なく、是非とも体験してみてください、AVアンプにはかなりのコントロール機能も有るので、まずはそれらで全体の音がバランスする状態になるようがんばりましょう。 根本的な部分として、AVサラウンドとSACDのマルチチャネルではメインスピーカーと他のスピーカーの扱い方、基本理念が違いますが、オーディオに百万とか投資するマニア以外なら、ほとんど問題無しですよ。 AVサラウンドは、メインスピーカーが文字通りメインで、センターが台詞用としてメインと同じ音質系、リアやサブウーファーは効果音用なのであくまでもサブの考え方。 SACDの場合は左右メインとセンター、リアがリスナーから等距離で同じスピーカーを前提とし、ウーファーは各スピーカーが十分な低域再生能力が不足する場合に追加する事も出来ると言う考え方です。 SACDの場合は、全てのチャンネル、5.1ch 都合6chを同等の音質で再現出来る前提を持っていますが、オーディオマニアの中でも理想環境を構築している人はほんの一握りでしょう。 さらに、高度な再生を目指している専門誌に記事を書いている人の中にも、メインスピーカーが十分に低音域を再生出来ていればウーファーは邪魔で、センタースピーカーは大昔のモノラル音源を聴く時にはかなり有用だけど実用上は理想的な位置にメインと同じ機種は置けないので無しの方向で調整した方がメリットが大きい、リアは映画等の効果音ならそれに適した物だろうが、コンサートホールの後方残響プレゼンスの目的なら、小型スピーカーを天井に近いような高い位置に設置して調整を追い込んだときの方が心地よい。 なんていう意味の実験例もあります。(あくまで、記事で見ただけの 一例です。) おそらく、御質問者様の構成で、スピーカーの位置や角度(セッティング)、そしてアンプ側での調整で、けっこう楽しめるサウンド環境が実現出来ると思います。 スピーカーのインピーダンスが2倍違っても、それ以上に効率が4倍、10倍なんて言う差が有る事も普通ですので、アンプ側で調整出来る範囲であれこれ試してみて下さい。 前方のメインスピーカー以外に、プレゼンス用が有るだけでも(音のバランスがバラバラでも)今までとは違うサウンドで楽しい体験が出来ますし、その後しばらくすればドコカに違和感が出て調整で追い込む作業と成るでしょう。 なにも心配はいりません、とにかく接続して聴いてみて、AVアンプの調整機能から音が大きい方を抑える方向で全体のバランスを取っていろんな音を楽しんでみてください。 半年や数年後に「ドコカ、違和感が、、」と感じたら、また其の時に機器の入れ替えや、その他の方法を考えましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の懇切丁寧なアドバイスを戴き、有難うございます。  まずは機器接続は大丈夫とのこと。更に果敢な挑戦を! とのお力添えまで戴き、俄然老骨に鞭打ってでも やってみようという意欲が湧いてきました。 

関連するQ&A

  • アンプとスピーカーの接続について

    現在、AVアンプはパイオニアのVSX-D3 スピーカーはBOSEの501Z 301AVM  314を持っています。 フロントスピーカーに、501Zと301AVMを接続したいと 考えているのですが、故障などの危険性はあるのでしょうか? アンプは6インピーダンス 501Zは4インピーダンス 301AVMは8インピーダンスです。6インピーダンスに対して12インピーダンスのスピーカーということになるのですが、知識がないためわかりません。よろしくお願いします。

  • スピーカーのマトリックス接続の抵抗

    オーディオ初心者です。マトリックス接続をしたいです。 私が持っているアンプはスピーカーインピーダンス4~16Ωとなっています。 現在アンプに接続しているスピーカーは4Ωです。何オームのスピーカーを接続すればよいでしょうか。 フロントとリアでスピーカーを変えても抵抗は変わってくるのでしょうか。できれば式など使って教えていただきたいです。

  • ブリッジ接続について

    ブリッジ接続とかは考えていないのですが、少し知識を得たいなと思いまして、質問させていただきます。 まず、インピーダンスについてお聞きします。 さいきん、自作スピーカーを作りました。 5ch分のミニスピーカーを作りまして、ウーファーは市販のものです。 アンプのインピーダンスが6Ωで、スピーカーは8Ωです。 基本的に、アンプのインピーダンスを上回っていれば安全なのですよね。 もし、フロントABにスピーカーを繋げて同時に鳴らせば4Ωの負担がアンプに掛かるようですが、最近のアンプでは耐久力があるようです。 もし、ブリッジ接続した場合、逆にスピーカー側の負担になるのですよね? 6Ωだとブリッジ接続で3Ωの負担がかかり、8Ωに対して3Ωの負担が掛かり危険という認識であっていますでしょうか? それとも、電流が倍になり、スピーカーの許容電流を越えないようにすればいいということでしょうか? ブリッジ接続は、パワーの必要なウーファーに効果的だというのは分かるのですが、スピーカーには明らかに効果が分かるのですか? 僕は鈍感耳なのでスピーカーの線にもこだわっていないくらいです。 パワーが多ければ安定すると思うのですが、基本的にスピーカーに対してはブリッジ接続をしなくてもパワーは充分足りるのではないでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • nijjin
  • ベストアンサー率27% (4172/15450)

1.もう1本はセンタースピーカーだと思いますが内部ではチャンネルごとにアンプがあるので問題ありません。 2.可能です。 また、マイク測定や手動での音質調整でフロント・リア・センターのバランスを取る必要があると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々にご回答戴き有難うございました。   適切かつ簡潔明快なアドバイスで、回答の模範と思います。  私も回答する立場に立ったら貴方様のような回答・アドバイスをしたいと思いました。

  • 回答No.1

1.AVアンプはch分のアンプが内蔵されていますので   インピーダンスの違うSPを繋いで鳴らしても問題ありません。 2.この使用方法でも問題ありません。    きついことを言いますが 上記1、2の方法とも質問者さんには難易度が高くうまくいかないと思います。 まずフロントSPとリアSPの音色、能率が合っていません。 これではフロントの気品ある音がリアのやんちゃな音に押されてしまいます。 フロント・リアとも同じSPにするか 音色・能率マッチングをとったSPで揃えないと4チャンネルどころではないです。 AVアンプをプリとしてフロントSP用に別途パワーアンプを繋ぐ場合も同様で フロントとリアの音量バランス調整が難しく手に負えないはずです。 良く分かっているベテランマニアならばだれに相談しなくてもできるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速、ご回答戴き有難うございます。  まずは基本的に大丈夫ということでホッとしました。何せ若い頃は生かじりで音響機器を集め、判ったふりをして楽しんでいたのですが、その頃の機器を使って新しい音源を聴けると思うと新しい力がみなぎってきます。  また、ご回答も正しく論理的・模範的で、最初に結論を、次に私の音響に対する力量を推し量り、懇切丁寧 なアドバイスをして戴きました。  極めて聡明かつ明快なお人柄と推察する次第です。(私も他人様にアダバイスするときは、子の様な筋の通った説明をしたいものです。)  素晴らしいアドバイスに感謝申し上げます。

関連するQ&A

  • アンプとスピーカーの組み合わせ

    ヤマハアンプAX-V765(出力インピーダンス6Ω)にオンキョーサブウーハーSL-A250(アンプ内蔵、入力インピーダンス4.7Ω)を接続しても問題はないでしょうか?他に接続しているフロントとバックスピーカーはそれぞれ6Ωと8Ωです。よろしくお願いいたします。

  • AVアンプ指定インピーダンスより数値の低いスピーカーの接続

    最近AVアンプを買い換えました。アンプの接続スピーカーに対する指定インピーダンスが6~16Ωとなっています。アンプは、6~8Ωと8~16Ωの切り替えができるようになっていますが、手持ちのスピーカーは4Ωです。アンプを6~8Ω対応にして接続していますが、音は問題なく出ています。アンプあるいはスピーカーに対する負荷はあると思いますが、故障等につながる危険はありませんか。もし、危険がある場合、(買い替え等ではない)回避策はありますか。 よろしくお願いします。

  • 対応していないインピーダンスのスピーカーを使うには?

    ヤマハのAVアンプ、DSP-A1を使っています。 http://www.yamaha.co.jp/product/av/prd/dspav/spec/spec_a1.html ここで、アンプ部の定格出力欄を見ると、8/6 Ωの表記があります。つまり、8~6 Ωの範囲のスピーカーしか使えないのでしょうか? で、サラウンド用にと思っているスピーカーが手元に数台あるのですが、それらのインピーダンスは4Ωでした。 通常、アンプの許容範囲以下のインピーダンスを使うと、アンプを飛ばしてしまいますよね?(小音量ならいいかもしれませんが…) このスピーカーを是非使いたいとかんがえているのですが、なにか良い方法はありますでしょうか? 駄目な場合や、おすすめできない理由でもかまいませんので、参考意見んをお聞かせ願います

  • アンプのインピーダンス別のスピーカー接続端子について教えてください。

    アンプのインピーダンス別のスピーカー接続端子について教えてください。 私のアンプにはスピーカーのインピーダンス別の接続端子がありますが、私のスピーカーは8Ωなのでアンプのスピーカー接続端子の8Ω用に接続しています。アンプにはもうひとつ6Ω用の端子もあります。何のためにこのようなインピーダンス別の端子をつけているのでしょうか?それらの端子はどのような違いというか仕組みになっているのでしょうか? というのも、今のスピーカーに8Ωのスーパーツイーターを並列でつなごうと考えていますが、(家庭電源は交流ですけど)大雑把に直流的に考えると全体としては4Ωと概算すれば、そのときは6Ωの端子につないだほうがいいのかなと思ったしだいです。 この件に関して知識のある方教えてください。

  • 定格出力6ΩのAVアンプにインピーダンス8Ωのスピーカーは使えますか。5.1chホームシアター

    ホームシアターの導入を考えていますが、アンプとスピーカーの規格について迷っています。 定格出力6ΩのAVアンプにインピーダンス8Ωのスピーカーは使えますでしょうか? また、フロントを8Ω、サラウンドとセンターを6Ωのスピーカーで組んだ場合は音量や発熱などは大丈夫でしょうか?臨場感があるように聞こえますでしょうか。 色々検索してみましたが、アンプ6Ωにスピーカー4Ωのような例ばかりで分かりませんでした。 アドバイスよろしくお願いします。

  • スピーカインピーダンスについて

    物理については、中学校程度の知識しかない文系人間です。 カーステレオのスピーカー(インピーダンス4Ω)を外し、捨てるのももったいないので、AVアンプのセンタースピーカーにつけようと思います。 AVアンプの取説を見ると、スピーカーのインピーダンスは、6Ω以上の物をつなげないと、アンプが最悪の場合、壊れるとありました。 そこで、4Ωのスピーカーを2個直列につなげるとオームの法則により、8Ωになりませんか。 インピーダンスというものは、オームの法則の抵抗とは違いますか。 スピーカーが壊れても仕方ありませんが、アンプが壊れると困ります。

  • 接続機器とヘッドホンインピーダンス

    よろしくお願いします。 オーディオのアンプにスピーカーを接続する場合、アンプ側のスピーカー対応インピーダンスが8Ωだったら、スピーカーは8Ω以上を接続しないとアンプが壊れると聞いた事があります。 これはヘッドホンにも言える事なのでしょうか? 今まで何も考えないで、色々なヘッドホンをコンポやテレビやPCに接続して利用していました。 最近買ったコンポの説明書に、「PHONES 16Ω (推奨32Ω)」と書かれてあり、それで気になり調べ出したのですが良くわかりませんでした。 そもそも、テレビの説明書にもパソコンの説明書にも、ヘッドホンの適合Ωなどは書かれていませんでした。 スマホにも、色々なヘッドホンを使っていたので調べたのですが、やはり適合Ωに付いての記載はありませんでした。 スピーカーと同じで考えると、接続する機器の適合インピーダンスが16Ωの時に、それよりもΩが低いヘッドホンを使うとアンプが壊れるのでは?と気になっています。 機器とスピーカーを接続する時は、双方のインピーダンスの適正を考えながら選んでいましたが、ヘッドホンを選ぶ時にも適合インピーダンスを考慮しながら選ばないとダメなのでしょうか? ただテレビやPCなどでは適合インピーダンスが書いてないし・・。 乱文で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

  • 5.1chや7.1chなどの複数のスピーカーでホームシアターの構築を考

    5.1chや7.1chなどの複数のスピーカーでホームシアターの構築を考えています。 スピーカーは今まで所有していたスピーカーを使用したいと考えているのですが、スピーカーのインピーダンスが4Ωと8Ωとまちまちになっています。 AVアンプに接続する場合、チャンネルごとにインピーダンスの違うスピーカーを接続することは避けたほうが良いのでしょうか? どのような問題が考えられるでしょうか? お手数ですが、ご教授ください。

  • AVアンプとアクティブスピーカーとの接続は?

    出力が120wのAVアンプを中心に5.1サラウンドを構築しようと考えています。 フロントとセンターにはスピーカーを新規購入する予定ですが、リアにはこれまで使っていたBOSEの古い機種で、パワーアンプ内蔵のPAM3というスピーカーを、プリアウト接続しようかと考えています。 しかしPAM-3は出力が25W×2と低いのですが、たとえ接続してもこれでは補正は無理でしょうか? PAM3はインピーダンスが2Ω程度なので、リアスピーカーとして直接つなぐのは、危険な気がしています。 あれこれ考えていると、結局PAM3を使うのは無理なのかなとも思えてきます。 アドバイス頂ければ幸いです。

  • スピーカーインピーダンス

    たびたび恐れ入ります。 スピーカーインピーダンスっていうのは 8ΩのAVアンプに4Ωのスピーカーを繋いでもよいのですか?

専門家に質問してみよう