• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

耽美的な物語について

現存する物語で究極に美しい物語を探しています。内容ではなく「音」として、あるいは「絵」として、美しい言語表現を備えている…そんな物語ってないでしょうか?俗に言うところの「耽美小説」といわれるものの中には僕の知る限り、このような欲求を満たしてくれるものは皆無でした。ちなみに僕が一番好きな小説は森茉莉の「枯葉の寝床」です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数310
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

うーん、うーん・・・。 究極、といえるかはわからないですが、「大原まり子」と回答していいんだろうか・・・。 本をお勧めするのは、難しいです・・・。なら、回答しなきゃいいんだけど。 なんで迷っているかというと、ジャンルがSFだから。 しかし、ナリスさんというHNと森茉莉「枯葉の寝床」というキーワードからは栗本薫の名前が思い浮かぶし・・・(検討外れだったらごめんなさい) その路線なら、大原まり子さんもご存知だろうし・・・。 とりあえず、「ハイブリッドチャイルド」を挙げさせてください。読んでるかな・・・?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

endersgameさん、困らせてしまってスミマセン。ナリスというのは「グイン・サーガ」に出てきますが、それからとったわけではないんです。 大原まり子さんって名前は存じてましたが、まだ読んだことありませんでした。早速、本屋さんに行って手にとってみたいと思います。ありがとうございました。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • POMU
  • ベストアンサー率28% (25/89)

もしかしたら絶版になっているかも知れませんが、講談社文庫の「Aqua-水のある風景」をお勧めします。 「波多野 鷹」さんの作品です。 十年くらい前に発表されたもので、文庫なので手に入らなかったらごめんなさい。(図書館でも書庫に入れられていることでしょう。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

日本文学で美文と言われているのは泉鏡花だったと思いますが、彼の作品はもう読まれましたか? それとは別に私が今まで読んだ中で究極に美しいと思った作品はクリストフ・バタイユの「アブサン」(集英社)です。読んでてゾクゾクしてきました。バタイユ自身の原文もちろん美しいのでしょうが、訳もまた素晴らしいです。 装丁も美しくて、何回読んでも美しく、官能的で、甘い気分になれる本です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

バタイユというと、ジョルジュの方を思い浮かべてしまった僕ですが、ものすごく期待してます。集英社ですね?早速探してみます。ありがとうございます。 美しく、官能的で、甘い気分になれる…それってすごく期待しちゃうな~。 皆さんに紹介頂いた本は、なかなか田舎の書店では置いてないものが多いので今週にでも東京の本屋さんでまとめて探してみたいと思います。

  • 回答No.4

わたしも大原まり子さんはおすすめです。『ハイブリッドチャイルド』もすごく好きなんですが、『未来視たち』もおすすめです。初期のものはやや文章が固いんですが、その固さがまた不思議な美しさをかもしだしていると思います。 あと、おすすめをあげてみますと…(もう読んだものばかりだったらすみません) #山田詠美さんの『蝶々の纏足』『熱帯安楽椅子』体が記憶している空気や匂いをまざまざと感じさせる文章。セックスシーンではない部分のほうが官能的だと思います。 #森瑶子さんの『浅水湾の月』へたするとメロドラマにおわりそうな物語を、硬質な文章がひきしめて美しいです。 #金子光晴『どくろ杯』『ねむれ巴里』『西ひがし』ドロドロなのか現実的なのか耽美なのか…この感性は詩人だなー、と感じます。 #田辺聖子さんの『隼別王子の叛乱』『私的生活』全然違うタイプの話をあげましたが、前者は濃厚な古代の息吹きにくらくらしますし、後者は恋愛小説の名作で、ちりばめられた小物や情景がたまらなく綺麗です。 あと訳書になりますが、 #タニス・リーは美しいイメージの氾濫でおすすめです。特に『銀色の恋人』がおすすめですが、もっと耽美なのがお好みなら、平らな地球シリーズのほうがいいと思います(『闇の公子』『死の王』『惑乱の公子』など。わたしは『死の王』『熱夢の女王』『妖魔の戯れ』が好きです)。 #アン・ライス『夜明けのヴァンパイア』映画にもなってますが、原作のほうがいいです。シリーズですが、わたしは一作目のこれが一番好きです。 #レイ・ブラッドベリもメリーゴーランドみたいな幻想的な美しさがあっていいと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんなにたくさん、ありがとうございます。嬉しいです。田辺聖子さんって読まず嫌いだったのですが、態度を改めて読んでみようと思います。それから、タニス・リーという作家には、すごく興味をそそられました。ちょっと楽しみです。レイ・ブラッドベリは最近好きになった作家で、短編集の「二人がここにいる不思議」を実は今、読んでいるところです。

  • 回答No.3
  • sydneyh
  • ベストアンサー率34% (664/1947)

もう既に森茉莉の「枯葉の寝床」を読まれているということで、他のものをおすすめします。 「華の碑文~世阿弥元清~」 杉本苑子 著 中央文庫 とても美しい世界を表現していると思います。 以下のページをご覧下さい。

参考URL:
http://www13.cds.ne.jp/~arjuna/daikoku/fjr/dendou1.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

杉本さんの本を20冊も読んでいるのですか?僕も多分、何冊か読んだことあると思います…随分前ですが。でも、ご紹介下さった「華の碑文~世阿弥元清~」は、ホームページを見させて頂いて、すごく面白そうなので読んでみます。いろいろな方にこんなにも紹介して頂いてありがたいと思います。

  • 回答No.2
noname#8665
noname#8665

美しい言語表現ってことなら、やはり谷崎潤一郎にとどめをさすかと。 おすすめは、 「痴人の愛」「刺青」「少年」 このあたりでしょうか。 あとは、川端康成の「みずうみ」とか三島由紀夫の「午後の曳航」、 泉鏡花「高野聖」とか。 最近だと、車谷長吉「赤目四十八瀧心中未遂」とか。 どれも、渋めのおっさんセレクトで申し訳ないですが、 やはり、人生の酢いも甘いも嚼みわけたおやじの書いた文章の 美しい味わいには、若者の文章は及ばないんではないかとも思いますので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

谷崎や川端、三島、泉といった作家は僕も読みました。いいですよね、確かに。最近の作家だと例に挙げて下さった車谷さんや、平野さんに「文芸」の香りのようなものを感じます。僕は過剰なものを求める傾向にあるかもしれません。あまりに飾りたてた美文は文学の世界ではタブーで、シンプルに言いたいことを短く言うというのが優れた文章なのだそうですが。…ありがとうございました。

関連するQ&A

  • この国語の問題解けますか!?

    国語の問題です。 まず、言語表現にたいする不信と絶望を前提にしなければ、作品に自己の全存在を賭けるなどという無謀な決意も、生まれてくるわけがないのである。 ふつう、日常が安定してみえるのは、表現と現実の一致感に支えられているからだろう。その一致感が破れた時、すなわち、表現に対する不信が生じたとき、ちょうどクモが巣のほころびを、つくろいはじめるように、作家も創作本能を働かせはじめるのだ。表現から逃げ去っていく現実を追って、あたらしいクモの糸を吐き出しはじめるのだ。 むろんそれも、破られたのと同じクモの糸である。けっして、鉄の糸でも、グラスファイバーの糸でもない。いくら、つくろい続けたところで、再び安定して日常を取り戻すことなど不可能だろう。不可能を承知で、しかもつくろいつづけなければならないのだ。いや、不可能だからこそ、つくろうという行為が、賭けるに足る仕事にもなりうるのである。…… 問い 言語表現は現実を絶えず取り逃がすが、それでも作家はその言語表現に賭けるしかない。 ↑は本文の内容に合致してますか?してませんか?

  • この国語の問題解けますか?

    この国語の問題解けますか? まず、言語表現にたいする不信と絶望を前提にしなければ、作品に自己の全存在を賭けるなどという無謀な決意も、生まれてくるわけがないのである。 ふつう、日常が安定してみえるのは、表現と現実の一致感に支えられているからだろう。その一致感が破れた時、すなわち、表現に対する不信が生じたとき、ちょうどクモが巣のほころびを、つくろいはじめるように、作家も創作本能を働かせはじめるのだ。表現から逃げ去っていく現実を追って、あたらしいクモの糸を吐き出しはじめるのだ。 むろんそれも、破られたのと同じクモの糸である。けっして、鉄の糸でも、グラスファイバーの糸でもない。いくら、つくろい続けたところで、再び安定して日常を取り戻すことなど不可能だろう。不可能を承知で、しかもつくろいつづけなければならないのだ。いや、不可能だからこそ、つくろうという行為が、賭けるに足る仕事にもなりうるのである。…… 問い 言語表現は現実を絶えず取り逃がすが、それでも作家はその言語表現に賭けるしかない。 ↑は本文の内容に合致してますか?してませんか?

  • 面接での自己紹介~教育学部~

    こんにちは!また面接に対しての質問をさせていただきます。僕が受けようとしているある教育大学には推薦入試(初等教育)に面接があります。その面接の内容は「幅広い基礎教養並びに豊かな発想と表現力を見る」とあり、留意事項には 【これまでの特色ある学習・社会的活動や自分の特徴・個性について、10分程度の自己紹介を行う。その際、言語表現・身体表現・音楽表現等を行ったり、作品・写真・資料・証明書などを当日掲示しても構わない】 とあるのですが、正直何をすればいいのかわかりません!しかも、その大学は試験が面接だけということもあり倍率【30倍】なのです。そのため、やはり言語表現等を用いた方がいいのでしょうか?仮に、用いた方がよいのであれば具体的にどのように用いればいいのですか?自分は作曲をしているのですがこれなども面接の際に用いたほうがいいんですかね?? つまり、自分の言いたいことを結論的にいいますとこのような面接試験の場合どのような自己紹介を行えばいいのでしょうか?質問が多くてすみませんがよろしくお願いします!!

  • 漫画家と小説家、どっちが難しい?

    漫画家と小説家はどちらが職業として食べていくのが難しいのでしょうか? 文字も絵も描かない身としてはどちらが難しいのか気になります。 物語を作って絵を描く漫画家と、文字で物語を作り出す作家。 一見道具の少ない小説家の方が楽(言い方に御幣がありますが…)なイメージですが、その分文章力でしか勝負どころがないから大変そうっていうイメージもありますし、漫画家は絵も物語も作らなきゃいけなくて大変そう。でも絵が下手でも内容が良い漫画家もいるし…。 一概にどちらが難しいかなんて分からないものだということは承知です。ですが気になったので質問しました。 ここでは、一般的にどちらが難しいとされているかでもいいですし、皆さんがどちらが難しいと思っているかでも構いませんので、意見などを教えて欲しいです。 よろしくお願いします。

  • 小説の評価

    絵は他者や本人が見ても、その絵のいいところ悪いところ、上手い下手の見分けがつきやすいと思うんです(いろいろ思うところがあると思いますが、これは自分の中での話なのでこれについての反論はしないでやって下さい) で、小説はどのように評価すればいいのでしょうか。 文章の構成力?語彙の多さ? 私は小説は少し読む程度なので物語の面白さだけで考えてしまい、どのように評価していいのかわかりません…。 友人に、自分の書いた小説を評価してくれと言われたのですが内容面は言えても技術面での指摘がうまくできません。 皆さんはどのように、小説を評価してますか? 参考に教えてください。

  • 大学進学 どちらに進学すべきか?

    今年現役、後期入試で何とか 中京大学 文学部言語表現学科 愛知淑徳大学 文化創造学部文化創造学科表現文化専攻 に合格しました。 私が見る限り就職先も偏差値も授業内容も大差ありません。 大学生の間に言語をはじめ,映画や演劇の勉強をして 将来は努力してマスコミ業界への就職を希望しています。 どちらに進学すべきでしょうか。

  • 愛知県で日本語について深く学べる大学

    日本語の研究や文章を書くことを学びたい場合 愛知県内の大学だと、どこがよいのか調べています。 中京大学の言語表現学科、南山大学の日本文化学科(日本語学コース)、愛知淑徳大学の文化創造学科を考えていますが、これらの大学の講義内容など、教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。

  • 将来の夢について(長文です)

    どうもはじめましてm(_ _)m初めての書き込みです^^ 今回は将来の夢について悩んでいるので相談しに来ました。今高校2年生でそろそろ受験とかの進路選択の時期が迫ってきました。僕の将来の夢は中学生の頃兄が見ていたアニメのDVDを一緒に見て(スクライド、トップをねらえ2!とか)、絵を描くのが好きだった自分は自分もこんな風に絵を動かしたいと思ってアニメーターが将来の夢でした。しかし、最近自分の中で葛藤というか悩みみたいのが出てきました。僕は読書もかなり好きで、絵を描くのと平行して物語りも自分の趣味で作ってます。そこで、自分としては絵を描くのはもちろん好きなのですが、どちらかというと最近自分の中では絵より物語の方が比重が高いです。アニメ監督になって、絵と物語の両面を見たいです。しかし、小説もそうなのですが、自分が作ってみたい作品は哲学的、内省的な感じの作品です。これが果たしてアニメという媒体に向いているのか、またアニメでこのような感じの作品ができるのか自分にはよく分かりません。小説のように人生を深く考えさせるような、そんな作品を作りたいです。仲のよい友達にそのことを相談したら、友人なりに考えてアドバイスをくれました。アニメーターは基本絵を描くのであってストーリーとかに関わりたいなら脚本とか演出を目指したほうがいいのでは?、アニメっていうのは娯楽性が強いイメージがあるから、哲学的な作品を書きたいなら小説家を目指せば?等のアドバイスをくれました。そのアドバイスをもらった後、自分でまた考えてみると余計に混乱してきました。自分は表現するメディアとしてアニメという媒体をそこまで必要としていないのでは??でも、小説という形で表現するにも自分には文章というのはさして重要ではなく、物語という形を重視して小説を読んでいます。自分にとって一体何が重要で、本当は何になりたいのだろうか?自分なりに答えを出せずにここに書き込みをしました。何でもいいのでアドバイスをくださいm(_ _)m お願いします

  • 小説を漫画化する際の留意点

    小説を漫画化する際の留意点 小説を漫画に置き換える際、漫画家はどのような点に注意して作業を進めていくのでしょうか。 原作が長編小説や古典作品(小野不由実の小説、西遊記、源氏物語など…)ならば、「どのような文章で表現されているのか」という点はあまり見ることなく、その設定や内容にしたがって漫画を描いていくのだろうと思います。 そうではなく、「この文章はこういうコマワリで、この文章は絵のみで表して」などという風に、文章自体を読み込んで置き換えられた作品は、一体どのような考え方で漫画化されていくのでしょうか。 「どのような考え方で」というのは、例えば ・原文のまま使用される文章、絵のみに置き換えられる文章。または、全くもって省略されてしまう文章は、どのように選別されているのか ・文章のどこでコマを区切っているのか などという点です。 もし、漫画化するにあたり注意・工夫したことについて書いた本がありましたら、教えてください。 また、小説と漫画を見比べて分析した評論なども、ご存知でしたら回答よろしくお願いします。

  • 定義はどこまで可能ですか?

    初歩的な質問です。 科学全般に言えることですが、哲学的思考は言葉を定義できないと正確な議論ができません。 辞書をパラパラひも解くと、 【定義】ある概念の内包を構成する諸属性のうち、本質的な属性を挙げることによって、他の概念から区別しその内包を限定すること。 とあります。 では、とまた見ると、 【概念】事物が思考によって捉えられたり表現される時の思考内容や表象、またその言語表現の意味内容 【属性】それを否定すれば事物の存在そのものも否定されてしまうような性質 【本質】存在者の何であるかを規定するもの これを一部乱暴に置き換えると、 【定義とは】「ある事物が思考によって捉えられたり表現される時の思考内容や表象、またその言語表現の意味内容」の内包を構成する諸々の「それを否定すれば事物の存在そのものも否定されてしまうような性質」のうち存在者の何であるかを規定するものの属性を挙げることによって、他の概念から区別しその内包を限定すること。 分かりやすいような呪文のような言葉になります。 さらにこの文章を緻密に「定義」していくと、さらにエンドレスです。 さらに「真理」だの「永遠」だの「存在」だのを定義しても同じようなジレンマに陥ると思います。 と言う事は、定義は重要でありつつも、どこかで「まあ、だいたいこう意味だと。」と妥協しないと、いつまで経っても肝心の思考が始まらず、言葉の定義作業だけで終わってしまいます。 とどのつまり、哲学にとって定義とは何なのでしょうか? 。