• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

舗装 インターロッキングブロック

インターロッキングブロックと言うモノがありますが、あまり詳しくありませんのでお願いします。田んぼの横に県道が走る事になりました。道から順に、土の土手、U字溝、田んぼのアゼになります。田んぼのアゼからこっち側は当方所有の土地ですので、インターロッキングブロックだろうが、コンクリートだろうが固めたところで問題は無いのですが、U字溝、土手は県所有になります。現在、U字溝には葢(幅3m程度)をして貰いますが、土手の部分は砂利を敷くようです。これを『小石』が道にバラ撒かれる事を理由にし、拒否してインターロッキングブロックを敷いて貰うか、当方側で敷けるよう許可を貰うつもりです。このインターロッキングブロックと言うモノは下が硬いほうが良いのでしょうか?割れるような気もします。また、下は何もせず、整地のみして貰い、土の上に直接インターロッキングブロックと言うのは、無茶でしょうか?最大4tトラックが通過出来る強度にしたいのですが、下地は硬い、柔らかいのどちらが良いのでしょうか?

noname#141488
noname#141488

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2814
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • naonow
  • ベストアンサー率56% (36/64)

質問ですが、土手にインターロッキングを敷くのですか? 最大4tの車が土手を走るのですか? >拒否してインターロッキングブロックを敷いて貰うか、当方側で敷けるよう許可を貰うつもりです インターロッキングブロック(以下ILB)は土手をカバーする物では無く、 舗装材なので傾斜のキツイ土手にはお勧めしません 万が一質問者様が施工するとしても県としてはILBを使う事は許さないでしょう >このインターロッキングブロックと言うモノは下が硬いほうが良いのでしょうか? 一般的にILBの下はコンクリート舗装(コンクリート内に網目状の鉄筋を入れる事が多いです) たまに、アスファルト舗装があります。どちらにせよ硬いです。 >割れるような気もします 下地の舗装とILBの間にはクッション材として砂やモルタルをひきますし 歩道用、車道用で違う物を使うので割れる事はありません。 >下は何もせず、整地のみして貰い、土の上に直接インターロッキングブロックと言うのは、無茶でしょうか? 剥がれてILBが取れてしまいますし、土にめり込みます。 そうすると、地面にデコボコが出来てしまい、人が転びます。→役所に文句が来ます。 >最大4tトラックが通過出来る強度にしたいのですが、下地は硬い、柔らかいのどちらが良いのでしょうか? 最大4tでしたらコンクリート舗装です。土は論外です。 私が質問を勘違いしていたら申し訳ないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いえいえ勘違いではありません。当方は土手というより、少し傾斜しているところを県は直してくれると言うもので、そこは砂利になり、その面が硬いのか柔らかいのかわかりませんが、砂利は拒否してインターロッキングブロックを敷くというものです。道としてはあくまで通過する程度の強度です。クッション剤があるんですね。ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • kei1966
  • ベストアンサー率46% (1033/2245)

まず、土手にインターを敷いたとしましょう。4t通るごとにガッタガタに部分的に沈んでいきます。普段から傾斜なのでガタガタになった後ずれてしまうでしょう。斜めのところに施工して車がのるなどしたが土だろうがコンクリだろうが無茶です。 小石が道にばらまかれることを理由に・・・2次製品(U字溝)で区切られた道の中のことでしょう? そういうところは結構あって理由にならないと思いますが。 そもそも、県の所有の土手に自分の利用の為にこういう仕様でやってくれなどと頼めません。 標準の仕様があり、予算をとって行っていることです。 そういう場合は、 道路占用 や 道路工事承認 をとって自費で工事するのです。 今回の場合はコンクリート舗装か、アスファルト舗装を申し出て自費工事が筋でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。模様のあるコンクリートで検討します。要望は有る程度聞く利くと言っているのは県側でして、当方から言い出した事ではありませんし、当然予算の範囲でしょう。それで話を進めるということで当然自費は覚悟しています。どうもコンクリートが良い感じです。

関連するQ&A

  • 県道横の田んぼのアゼまで道を。

    田んぼの横に県道が走ります。当方の田んぼの一部を、県に買い上げて貰いました。田んぼのアゼの横1mくらいにU字溝が出来、そこまでは当方の所有地です。トラクター、トラック搬入の為、U字溝に葢をして貰える(初めは道と言う話でした)ようですが、問題はU字溝の向こうの県道側の土地1.5mほどあるのですが、買い上げて何もしないようです。少しわかりずらいので県道側からですと【県道→歩道→何もしない土地→U字溝→当方の土地】と言った具合ですが、U字溝の縁まで舗装して貰えるなら何も言う事はないのですが、どうもそこまではやって貰えそうにありません。田んぼは、すぐに沿道サービスで、自動車販売、修理業 工場とするつもりです。U字溝よりこっち(田んぼ側)は、こちらの希望通り道を付けるつもりです(縁までコンクリートでも敷きます)し、何をしようが勝手ですが、買い上げて貰って放って置かれる土地は、もはや何ともならないのでしょうか?段差のようなものになりますので、あまり段差がきついと搬入が大変ですので、言ったところ、『その辺りは大丈夫なようにさせていただきます』と言う事でした。買い上げられて放って置かれる土地は買い戻す事は出来るのでしょうか?また他に良い意見は無いものでし

  • 車道用インターロッキングブロック 施工。

    車道用?インターロッキングブロックを使い、自身で、県道から田んぼへ乗り入れ可能な道を、施工しようと思っています。現在、県土木の施工に寄る、土と砂利の道になって、固まっています。両端が斜めになっており、一度、施工直後、崩れた事があり、補正はしましたが、あまり強度があるとも、思えません。両端にブロックを用い、垂直にして、その上から、即乾用の簡易コンクリートで固めてしまおうと思っていましたが、何となく殺風景なので、代わりにインターロッキングブロックを敷き詰めようか?と考えています。インターロッキングブロックの施工ですが、現在の固まった土壌の上の土を、インターロッキングブロック分のみ取り除き、インターロッキングブロックを敷き詰め、隙間に砂を入れれば良いのでしょうか?固めてしまうとインターロッキングブロックは、割れるのでしょうか?通るトラクターは、かなりの大型で、搬送の為のトラックも入ります。

  • 農道をコンクリート舗装したい。

    当方の所有する田んぼの横を、県道が通りました。開通間もないのですが、田んぼへの重機(トラクターや、トラック等)を搬入する際の道を、付けて頂きました。ただ、現時点、土と砂利の道でして、先日、舗装をする為の許可を、県土木(管理事務所?)に提出しました。ここから当方の作業ですが、検索したところ、舗装に必要なコンクリートの厚みは、最低でも10cm以上との事のようです。さすがに、コンクリートが大量過ぎますので、下に生コン屋で貰えるテストピースを敷き詰めてやろうと思うのですが、先程のコンクリートの厚みに、テストピース分の嵩は、加えても問題ないですよね?一列で足りないなら、二列上下に敷くつもりですが?トラックも+トラクターですと、かなり重くなると思っています。

  • 斜面を転圧したい。

    所有の田んぼの横を県道が通る事になりました。県道と田んぼの間には、V字のような斜面になり、U字溝になっています。当方の田んぼ側の斜面は、さほど急でもなく、土のせいか?わりと地盤(足場)はしっかりしているのですが、県道側は、砂利を敷きつめたせいか?今もって足場は緩く、草刈り等で入った場合、はっきり言って崩れます。県土木にも言ったのですが、やはり受け入れては貰えません。自分でやろうにも、転圧するヤンマ?も無く、他の手立てを考えつく知識もありません。先だっても質問させて頂いたのですが、やはり異常な程のクレームを入れたほうが良いのでしょうか?受け入れてくれるとも思えないのですが?道具に頼らずに転圧する方法などあるのでしょうか?昔はどうしてたんですかね?

  • 田んぼの土手改修工事

    当方の所有しています田んぼの横を県道が通る事になり、現在ほぼ完成です。その土地で【沿道サービス】で自動車の修理業と販売店をする予定です。問題は田んぼが基本的に、棚田?と呼ばれる段々畑のようなもので、隣に一軒家があるのですが、その家は当方の田んぼより、約2mほど低い位置にあります。現在、上が田んぼですので、土の畦道に土の土手になっています。緩やかな斜面です。工場建設に伴い、その土手をどうするかで悩んでいます。コンクリートで土手を強化するよりは、石垣積みが価格的にも手頃と聞きました。ただ、土手の強度がどれほどのものかもわかりませんし、ひょっとすると、現状のままで何ら問題無い気もします。このような事は、工場建設の際、行政から指摘はして貰えるのでしょうか?県や市役所から指摘が無ければ、問題は無いと理解したいのですが?

  • 通路舗装 コレは何?

    当方の田んぼの横に、県道が、出来ました。部分的に開通しています。歩道が出来、その歩道を横断する形で、田んぼへの乗り入れ口を、県土木に作って貰ったのですが、U字溝の上に、土を載せ、転圧しただけのモノですが、田んぼの方が、若干低い為、スロープのようになっています。ありがたい事なんですが、何せ土だけのもので、当然ですが、雑草が生えています。しかも意外に土壌が良いらしく、なかなか成長も早いのですが、当初、『マサファルト』のようなもので、舗装出来ると踏んでいましたが、webで『マサ王』を検索すると(当方の近くのホームセンターには、マサファルトは無く、マサ王、何軒か回りましたが、すべてマサ王でした)、マサ王+レンガ?板?のようなモノと、組み合わせて、舗装してある画像を、見つけました。画像を添付させて頂きます。舗装の両脇は、レンガのようなブロックが並べられていますが、舗装部分は、そのレンガの板?のようなモノが、敷き詰められています。脇のレンガから推測すると、結構な大きさのレンガの板?ですが、このレンガ板は、何と言う名前の商品でしょうか?『レンガ 板』等で検索するも、根本的に違うのか?見当たりません。この商品は、何と言う名前の商品でしょうか?ホームセンターに、置いてあるでしょうか?また、このスロープの上は、トラクターの搬入口でもありまして、強度はあるモノでしょうか?

  • 田んぼが荒れ地になった土地の購入。

    当方の所有する田んぼが、県道を通すため、一部を売却しました。かなり前の事です。田んぼを斜めに突っ切る為、県道の反対側にもほんの少しですが、土地が残っています。同じ事が、当方の所有する田んぼの一枚上の田んぼにも言え、そちらは当方の田んぼ側にほんの一部、大半の田んぼは向かい側に残っています。その田んぼを所有されている方は、年齢的には当方より5、6年程度上の方ですが(現在50歳程度)、身体を壊しておられまして、とても田んぼどころではないようです。どうもその田んぼすべてを県に購入して貰うつもりだったようですが、無理だったようです。今では、荒れ地になっていますが、おそらく200坪近くあると思いますが、元々は田んぼ、オマケにその土地の県道の反対側は、切り立った崖でして、その崖の途中から滝が流れています。おそらくその田んぼ(土地)の下は川が通っており、晴天続きなら水も無くなりますが、雨降りともなれば、かなりの水量の水が滝を形成します。こんな土地、買わないほうが良いですかね?現在は一部借りています。これ以上深入りしないほうが良い気もします。

  • DIY 舗装に挑戦したい。

    自動車も通る道を舗装したいと思っています。近くに県道が通るため、県土木に言い、作って貰った道ですので、現在土と砂利で固めて頂いています。県道側と同じ素材のようですので、おそらくアスファルトを敷く前の感じのような道になります。ここに自動車専用の舗装をしようと思っています。色々聞くのですが、やはりコンクリートが最終的には強度、耐久性とも群を抜いている感じですが、これをDIYで素人がやる事は不可能に近いとの意見も見た事があります。コンクリート舗装とはそんなに難しいものでしょうか?当方側はダメなら何度もやり直せば良いと気楽に考えています。手始めに上から簡易の速乾コンクリートを粉のまま撒いてやろうかとも考えていますが、後々考えれば、今する事では無いのでしょうか?

  • 段々畑の境界線の草刈

    段々畑の隣家との境界線が土手になっています。 その土手部分の草刈は、どちらの家がやるのでしょうか? 片側は川なのでその手前まで草刈を私がしています。 反対側は、U字溝があるので、そこまでは私が草を刈っていますが、U字溝より上の隣家の人は土手部分の草を刈ってくれません。(U字溝は土地改良区のものです) 役場は、上側の人が刈れば良い(その土手は上の人の所有地なので)といいますが、上の人は、「昔から、土手部分は、下から10分の3は、下の人が刈るというルールがある」と言います。どのように解決したらよいでしょうか? (下の土手は、すべて我が家が刈っています。上の10分の3と下を全部、私が刈る必要があるのでしょうか?)

  • 公園。

    近くに公園があります。昔は、田んぼが山でしたが、整地され、宅地や公園になっています。昨日不思議に思ったのですが、公園とはいえ、元は先程通り田んぼか山でしたが、そのわりに、当方の田んぼのアゼのように草が生えていません。当方の田んぼの縁などは、わずか2、3ヶ月放っておくだけで、夏場は草がボウボウになります。中には成長の早い草は、背丈ほど伸びるものや、木のように茎が硬くなっているものもありますが、公園でも年に3、4回は草刈りのようなことはしますが、当方の田んぼの状態には、程遠いほど綺麗な気がします。緑地課に問い合わせたのですが、農薬などは使って無く、自然のままと言う事でした。一体何故これだけの差が出るものなのでしょうか?