• 締切済み
  • 暇なときにでも

県道横の田んぼのアゼまで道を。

田んぼの横に県道が走ります。当方の田んぼの一部を、県に買い上げて貰いました。田んぼのアゼの横1mくらいにU字溝が出来、そこまでは当方の所有地です。トラクター、トラック搬入の為、U字溝に葢をして貰える(初めは道と言う話でした)ようですが、問題はU字溝の向こうの県道側の土地1.5mほどあるのですが、買い上げて何もしないようです。少しわかりずらいので県道側からですと【県道→歩道→何もしない土地→U字溝→当方の土地】と言った具合ですが、U字溝の縁まで舗装して貰えるなら何も言う事はないのですが、どうもそこまではやって貰えそうにありません。田んぼは、すぐに沿道サービスで、自動車販売、修理業 工場とするつもりです。U字溝よりこっち(田んぼ側)は、こちらの希望通り道を付けるつもりです(縁までコンクリートでも敷きます)し、何をしようが勝手ですが、買い上げて貰って放って置かれる土地は、もはや何ともならないのでしょうか?段差のようなものになりますので、あまり段差がきついと搬入が大変ですので、言ったところ、『その辺りは大丈夫なようにさせていただきます』と言う事でした。買い上げられて放って置かれる土地は買い戻す事は出来るのでしょうか?また他に良い意見は無いものでし

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数406
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1

それは買った事業者(今回の例で言えば県)の裁量でしょうね。 田畑の一部を売ったはいいものの、その後自動車の事業を始めたいが搬入に都合が悪いので何とかして欲しい、ではちょっと身勝手のような気がします。 その段差を何とかする費用は税金です。 県はきっととりあえずそこまで買い上げて、必要に応じて残りをどうするか決めるのでしょう。予算の関係もあります。 個人の事情で、“どうこうしなさい、言うことを聞かなければ買い戻す”ではちょっと身勝手です。 ですが、どうしてもそうしたいのなら地元の県議に相談してみてはどうでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

身勝手?草刈りから何から何までやっているのに、身勝手では澄ませませんよ。どうも話が、『当方が高い価格で売って、その金の出処は所詮税金なので、文句は言うな。』と言う事でしょうか?その事は他人には関係無い話です。当方がいくら貰おうが知った筋では無いですよね。

関連するQ&A

  • 舗装 インターロッキングブロック

    インターロッキングブロックと言うモノがありますが、あまり詳しくありませんのでお願いします。田んぼの横に県道が走る事になりました。道から順に、土の土手、U字溝、田んぼのアゼになります。田んぼのアゼからこっち側は当方所有の土地ですので、インターロッキングブロックだろうが、コンクリートだろうが固めたところで問題は無いのですが、U字溝、土手は県所有になります。現在、U字溝には葢(幅3m程度)をして貰いますが、土手の部分は砂利を敷くようです。これを『小石』が道にバラ撒かれる事を理由にし、拒否してインターロッキングブロックを敷いて貰うか、当方側で敷けるよう許可を貰うつもりです。このインターロッキングブロックと言うモノは下が硬いほうが良いのでしょうか?割れるような気もします。また、下は何もせず、整地のみして貰い、土の上に直接インターロッキングブロックと言うのは、無茶でしょうか?最大4tトラックが通過出来る強度にしたいのですが、下地は硬い、柔らかいのどちらが良いのでしょうか?

  • 県道横の草を刈りたい。

    県道横の草を刈りたいのですが、斜面が急で危険です。斜面が急なだけならまだしも、その下にはコンクリートブロックが高さ3Mほどあり、その下が、私道(町道?)のようなものが走っています。先日道路工事の若者が、草を刈ってくれたのですが、やはり危険と見たのか、安全な場所しか刈れていません。当方もさすがに危険ですので(と、言うより県の土地なので関係ない。その横の家も他人です。当方の田んぼはその隣 )、刈りません。しかしそのままでいいとは思っていませんで、なんとか命綱のようなものを括りつけて降りようと思い、ただのロープでは不安ですので、よく映画でみる山登りの時に使うようなフック(金属性)を購入しようと思いましたが、肝心の名前がわかりません。オークションで購入しますので、ご存知の方お願いします。フックにロープがついているなら、最高なんですが。

  • 田んぼを、宅地に。

    当方所有の田んぼがあります。いずれは自動車の修理工場兼事務所をと、考えています。それも、横に『県道』が通る事になり、田んぼの端、一角を売却しました。今では、アスファルトが敷かれ、来年には開通との事です。田んぼに事務所という事で、宅地なみの地盤の強度は必要ではないか?と思い、質問もさせて頂いておりましたが、よくよく考えると、横に『県道』はあるわけです。と、言う事は、大型のトレーラー等も通る恐れのある『県道』を、そんなに弱い地盤の上に作る訳も無く、それなりに強度を確認しての事ではないのか?当方が心配するよりも、遥かに強度があるのではないのか?と思うのですが?また、以前は崖に面した田んぼでしたが、『市道→田んぼ→崖』が、『市道→田んぼ→県道→崖』になっています。地盤の心配など要らないのでは無いでしょうか?

  • 田んぼの土手改修工事

    当方の所有しています田んぼの横を県道が通る事になり、現在ほぼ完成です。その土地で【沿道サービス】で自動車の修理業と販売店をする予定です。問題は田んぼが基本的に、棚田?と呼ばれる段々畑のようなもので、隣に一軒家があるのですが、その家は当方の田んぼより、約2mほど低い位置にあります。現在、上が田んぼですので、土の畦道に土の土手になっています。緩やかな斜面です。工場建設に伴い、その土手をどうするかで悩んでいます。コンクリートで土手を強化するよりは、石垣積みが価格的にも手頃と聞きました。ただ、土手の強度がどれほどのものかもわかりませんし、ひょっとすると、現状のままで何ら問題無い気もします。このような事は、工場建設の際、行政から指摘はして貰えるのでしょうか?県や市役所から指摘が無ければ、問題は無いと理解したいのですが?

  • 田んぼが荒れ地になった土地の購入。

    当方の所有する田んぼが、県道を通すため、一部を売却しました。かなり前の事です。田んぼを斜めに突っ切る為、県道の反対側にもほんの少しですが、土地が残っています。同じ事が、当方の所有する田んぼの一枚上の田んぼにも言え、そちらは当方の田んぼ側にほんの一部、大半の田んぼは向かい側に残っています。その田んぼを所有されている方は、年齢的には当方より5、6年程度上の方ですが(現在50歳程度)、身体を壊しておられまして、とても田んぼどころではないようです。どうもその田んぼすべてを県に購入して貰うつもりだったようですが、無理だったようです。今では、荒れ地になっていますが、おそらく200坪近くあると思いますが、元々は田んぼ、オマケにその土地の県道の反対側は、切り立った崖でして、その崖の途中から滝が流れています。おそらくその田んぼ(土地)の下は川が通っており、晴天続きなら水も無くなりますが、雨降りともなれば、かなりの水量の水が滝を形成します。こんな土地、買わないほうが良いですかね?現在は一部借りています。これ以上深入りしないほうが良い気もします。

  • 沿道サービスについて。

    沿道サービスと言うものがあります。文字通り沿道で行うサービス業ですが、ガソリンスタンドやコンビニも含まれるのでしょうか?当方自動車の販売、修理業を営むつもりです。所有の田んぼの横を県道が走る事になり、沿道サービスの適応は受けられるようです。ところでこの【沿道サービス】ですが、一体何時の時点からなのでしょうか?市役所に聞きましたが判然としません。要は県道が全面的に完成した時点なのか、それとも一部区間(極端な例ですと、工場の前)開通時点なのか、それともいずれ県道は完成するので、今の時点でも良いのかどうかと言う事ですが、聞いてますとどうも法律のようなものでも無さそうで、役所から現時点で答えはありません。明日になればわかりませんが、条例のようなものなのでしょうか?それとも許可が要る事は要るが、単にこれと言った定義はないのでしょうか(これもおかしいですが)。ご存知の方、居られましたらお願いします。ひょっとして元から市役所の範疇では無かった話でしょうか?農業委員会やら色々言われましたが?

  • 地下水を田んぼに。

    今年は早々に、百姓のほうは終わったのですが、当方の所有する田んぼは、結構下に位置しまして、田んぼには欠かせ無い水がなかなか下りて来ません。上の田んぼの方が多数いる上に、今年はマシでしたが、空梅雨の年は大変でした。しかしながら、この田んぼの横に県道が出来る事になり、少しだけ売却したのですが、思うように工事が進まず、原因を聞くと水だそうでした。フッと思い出したのが、当方の田んぼは一番下、その田んぼの横は崖になっており、その崖から雨降りの次の日には、滝のように水がジャージャー流れています。どうやら地下水があるらしく、一体どの辺からと思い、見に行くと上から3メートル程度のところから、滝が出来ていました。思ったより深くもなく、たぶん隣の田んぼ(こちらはほとんど県道の為に売却したようです。)の下には岩盤のようなものがあるのか、人工的に石を置いて田んぼにしたものと思います。この水脈の水を田んぼに利用したいのですが、井戸なんか掘って当たるものでしょうか?水脈は浅く、ホントに隣です。

  • ジオセット(セメント系固化剤)をご存知の方へ。

    所有の田んぼの真横を県道が通ります。沿道サービスとして自動車販売、修理業をやります。工場建設場所は当然現時点、田んぼになります。地盤改良としてセメント系固化剤なるものを見つけました。検索すれば他にもあると思いますが、最初のほうに検索出来たのが、【ジオセット】というモノでしたが、コンクリート系という事は、どの道現在田んぼですので、生コンかアスファルトを敷かねばならなかったのですが、【ジオセット】という商品が【コンクリート系】なら、【ジオセット】剥き出しでも良いのですよね?他のメーカーでもっと安いものがありましたら、教えて下さい。

  • 境界杭。

    所有する田んぼの横を、県道が通ります。現在工事中で、当方の田んぼとその隣の他人の田んぼが、県道左右に分断されています。斜めに突っ切る形でして、道の右側は当方の田んぼの大部分と隣の田んぼの一部、左側は隣の田んぼの大部分と当方の田んぼの一部といった形で残ります。隣は田んぼをヤル気がないのか、荒れ果てていましたが、右の一部分で、近くの方が借りて畑をしておられました。2年ほど前だったか、急に県土木が「境界杭を打ちたい」と言ってきましたので、反対する理由もありませんでしたので、「どうぞ」とは言ったものの、イザ打ち込まれると、杭が地面より30cmか40cm程飛び出ており、これでは見栄えが悪いと思い、「飛び出す部分を少なくして、せめて10cm程度にしてくれ」と頼んだところ、あっさり了解してもらえました。隣で畑をやっておられたところも恐らくそうだったのでしょうが、借り手と所有者が違うため、話がややこしいのか、境界杭は飛び出たままです。そこはほんのわずかな土地なんですが、どういう訳か数本打ち込まれ、とても当方側に打ち込まれた境界杭より、遥かに見栄えは悪く、数も多く悲惨な状況です。それでイヤになられたのか、つい最近まで野菜が植えてあったはずが、今は跡形もありません。おそらく所有者に返還されたと思います。ここから本題なのですが、実は当方、この土地で自動車の販売、修理業を予定しています。このわずかな土地でも、自動車は数台置けますので、駐車場として貸してもらえるなら借りたいのですが、車を搬入するには、先の「境界杭」は非常に邪魔です。一旦打ち込まれた境界杭を抜いて貰う事は出来るのでしょうか?それか、今度も打ち込んでもらう事は、可能でしょうか?今回は10cmでは効かず、地面ギリギリか、それに近い形になりますが?

  • 農道をコンクリート舗装したい。

    当方の所有する田んぼの横を、県道が通りました。開通間もないのですが、田んぼへの重機(トラクターや、トラック等)を搬入する際の道を、付けて頂きました。ただ、現時点、土と砂利の道でして、先日、舗装をする為の許可を、県土木(管理事務所?)に提出しました。ここから当方の作業ですが、検索したところ、舗装に必要なコンクリートの厚みは、最低でも10cm以上との事のようです。さすがに、コンクリートが大量過ぎますので、下に生コン屋で貰えるテストピースを敷き詰めてやろうと思うのですが、先程のコンクリートの厚みに、テストピース分の嵩は、加えても問題ないですよね?一列で足りないなら、二列上下に敷くつもりですが?トラックも+トラクターですと、かなり重くなると思っています。