• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

住宅取得資金の贈与税の計算あってますか?

  • 質問No.6997464
  • 閲覧数195
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 97% (128/131)

たとえば3000万円の住宅取得資金を親に贈与してもらった場合
現在は
相続時精算課税だと
非課税枠1000万円を除いた特別控除枠内の2000万円が
相続財産で精算することになるかと思いますが

これが暦年課税だと
3000万円-1110万円=1890万円
1890万円×0.5-225万円で720万円もの贈与税がかかるということになるんですか?
720万円の税ってすごいことになりますがこの計算はあってますか?
もしあってるならこれではさすがに暦年課税はできないですね。

たとえば住宅取得資金は親の年齢条件がないわけなので
毎年ローン額分を110万以内ごとに贈与を受ければ
贈与税はかからないということになるのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 40% (5094/12699)

暦年課税だとその通りです。贈与税が一番税率が高いのは、贈与することで逃れられる税金があるからでしょう。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

たとえば住宅取得資金は親の年齢条件がないわけなので毎年ローン額分を110万以内ごとに贈与を受ければ贈与税はかからないということになるのでしょうか?>
最初からそういう話になっているのであれば、初年度に全ての贈与があったことになりますので贈与税が掛かります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402_qa.htm#q1

贈与税を払いたくないのであれば、親が出した資金分の持分登記をするのも一つの方法です。将来相続することになりますので、兄弟が居れば簡単にはいかない可能性もありますが…。
お礼コメント
jass6

お礼率 97% (128/131)

ありがとうございます。

>贈与税が一番税率が高いのは、贈与することで逃れられる税金があるからでしょう。

なるほどそういうことですか。

>最初からそういう話になっているのであれば、初年度に全ての贈与があったことになりますので贈与税が掛かります

そんなに甘くはないんですね^^;
投稿日時:2011/09/10 10:22

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 44% (444/990)

計算はあっています。

今年3000万円の住宅取得資金の贈与を受けて、
相続時精算課税を選択せずに、
1000万円の贈与の特例と、110万円の基礎控除だけになると、
720万円の贈与税が発生します。

したがって、普通は贈与税を払う選択はしないでしょうね。

その場合の対策としては精算課税がありますが、
これは一度選択すると取り消しができず、
また以後わずかの贈与であっても申告が必要なので、
特に親が若い場合など、あまりお勧めできません。

あとは、ローン審査などに問題なければ、
そもそも非課税枠までの贈与にとどめる、
親からの借金とする、
一部の持ち分を親名義する、
等が考えられます。
お礼コメント
jass6

お礼率 97% (128/131)

ありがとうございます。

現金があるのにローンの利息を払うのももったいないですね。
親からの借金はいいですね。
投稿日時:2011/09/10 10:25
  • 回答No.2

ベストアンサー率 49% (3865/7826)

>3000万円-1110万円=1890万円
>1890万円×0.5-225万円で720万円もの贈与税がかかるということになるんですか?
>720万円の税ってすごいことになりますがこの計算はあってますか?
そのとおりです。

>毎年ローン額分を110万以内ごとに贈与を受ければ贈与税はかからないということになるのでしょうか?
いいえ。
毎年、決まった額を贈与を受けると、最初からその契約があったとみされ、贈与税が発生するおそれがあります。

贈与税を払いたくないなら、親の名義にしておく、というのもひとつの方法でしょう。
お礼コメント
jass6

お礼率 97% (128/131)

ありがとうございます。

なるほど親名義ですか。
投稿日時:2011/09/10 10:23
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ