-PR-
締切済み

病気

  • すぐに回答を!
  • 質問No.69959
  • 閲覧数86
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 0% (0/5)

B型ヨウレンキンについて教えてください。症状・影響・処置等
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 16% (22/136)

B型じゃなくてB群でしょうか?

gooのホームをはじめ、検索サイトで「B群溶連菌感染症」をキーワードにして探してみてください。

  • 回答No.5

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「溶連菌」
さらに、
http://www.ryuna.com/home_Dr_SA.htm
(髄膜炎)
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi-bin/view.cgi?123_154_93_0_0_0
(髄膜炎)
このページで特に「治療」等と関連リンク先も参考にして下さい。

ご参考まで。
  • 回答No.3

B群溶血性連鎖球菌(GBS)は、健康人でものどや膣内に定着していることが多い細菌です。妊娠中の女性が膣内に保菌していて気づかないでいると、生まれてくる赤ちゃんが産道などで感染して重い敗血症や髄膜炎を起こしたりします。

詳細については、参考URLの「B群溶連菌について」をご覧ください。
  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 53% (32/60)

よくご質問くださいました。
「グループBストレプトコッカス(B群溶連菌)感染症」
についてお答えいたします(「B型」でも「B群」でも通用しますのでご心配なく)。GBSともいいます。

ご婦人、特にこれからお母様になられるご婦人には特に覚えておいて頂きたい大事な病気です。

ふだんあまり耳にすることのない病気です。
しかしながら赤ちゃんに、とっては肺血症とか髄膜炎などの怖い病気を引き起こすことがある原因菌なので、注意する必要があります。
お母さまの5~30%(3名に1名)の方がこの菌を膣内に持っているといわれ、そのお母さまから産まれた赤ちゃんからは、13~31%(3名に1名)の割合で検出されます。

ただその中で、新生児感染症として発症するのは、
GBS陽性のお母さまからの分娩のうちあまり多いものではなく0.4~5%(20名に1名)といわれています。
しかし、ひとたび感染を起こすと肺血症や、髄膜炎といった新生児にとっては危険な病気となり、その致命率は26~50%とされているため十分な注意が必要です。
(つまり、多く見積もれば20名に1名が発症し内2名に1名が亡くなります)
 一般に妊婦さんの場合、妊娠中に膣分泌物の培養検査を適時おこないます。もしもこのGBSが検出されたときには、膣内の消毒、洗浄を行います。これに併用してABBC(アミノベンチルペニシリン)を主体とする抗生物質の内服もしくは静脈注射が必要となります。
 そして出産のおりにはお母さまに抗生物質の点滴治療をい、
新生児には予防投薬や場合によっては点滴治療を行う必要があります。

予防と知識さえあればこわいものではありません。
治せます。
  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 57% (269/468)

質問の背景がよくわかりませんが、普通、内科的あるいは耳鼻科的疾患で溶連菌と言えば、ほとんどがA群なので、産科的な問題がおありなのでしょうか。
下記のサイトに詳しい説明があります。参考にして下さい。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
美容・健康に関する悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ