• ベストアンサー
  • 困ってます

元請業者と下請業者の取り分

お世話になります。 主人が自営業で土木一般をしています。宅地造成や公共事業などです。 私はこの業界の常識・知識もほとんどわからず、経営についても無知ですので質問させて下さい。 タイトル通りなのですが、元請け業者と下請け業者の取り分の割合はどれくらいが妥当なのでしょうか? 例えば、 1000万円の工事を元請け業者から依頼されたとします。 材料費や人件費等の経費を全て差し引いた後、現場終了時点で100万円の純利益が出たとします。 依頼をもらった元請け業者と下請け業者(主人の会社)が、50万円ずつ折半ではおかしいですか? 元請業者4割・弊社6割でもいいのではないか、と思ったくらいでしたので、主人が元請業者7割・弊社3割 くらいが妥当かなと言った時に、ビックリしました。私が甘いのでしょうか・・・? 主人独自の美学も含まれているのですが、ビジネスとなると美学よりシビアになる事も大切だと思うのですが・・・ 以下の事も考慮して頂ければ幸いです ●元請け業者が弊社に依頼してくれるからこそ仕事があり、この依頼がなければ収入がないも同然(と言っても過言ではない) ●あくまで工事の依頼は元請業者による営業力・入札によるもので、もちろん元請業者にもリスクはある ●元請け業者に中間マージンを多く取ってもらうことにより、弊社に依頼してもらうメリットを明確にできる ●不景気で仕事の依頼が少ないからこそ、低予算・迅速・丁寧を実現すべきだ(そうでないと業界を生き残れない、という主人の考え) ●会社員から自営業になって5年ほど、腕を買ってもらっている元請会社も増えてきている 等です。 建設業界以外の一般的なビジネスの常識でも構いませんし、建設業界独自の暗黙の認識でも結構です。 知識がないのが今後一番困るので皆さんのお知恵をお貸しください。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数8302
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

A元請とは注文主から直接仕事を引き受けること。また,その業者。 B下請とは請け負った人から,その仕事の全部または一部をさらに請うこと。又受。 A・Bの関係は簡単に割り切れない場合があります。2+3=5にならない場合があります。 よって折半と言うのは,後腐れがなくよいように思いますが●印のように物事が運ばないのが現状です。 でも下から2番目の●の内容大変気にいりました。 私は思います。あまりAにおんぶにだっこでも,いけない。そうかと言って,いいなりでもいけない。A・B間を天秤に乗せてコントロールすることが大切です。 商売は割り切って事が運べば問題はないのですが,時と場合・事と次第では臨機応変に振る舞う事も考慮してA・B間を何時も安泰にすることです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しく説明頂きありがとうございます。 仰る通り、おんぶに抱っこでも、いいなりでも良い関係とは言えませんね。 頼りきってしまわないよう取引先を1つでも増やせるように努力の毎日ですが、何せ主人1人ですので行動範囲は簡単に広がらないのが現状です。 何よりも「A・B間を安泰にする」事を優先しなければいけませんね。こちらの利益も含め、臨機応変に対応して生き残りたいと思います。 完成後にはほとんど毎回、取引業者の方からお褒めの言葉を頂きます。徹底した現場管理、完成度、期間は半分、とたくさんの方に言って頂き、お恥ずかしいのですが、私個人的にも主人の姿勢を見て何か役に立ちたいと思う日々でこちらに質問させて頂きました。 2人で話し合うだけではそれ以上の知恵は出てこないもので…。 この業界独自の習慣(バックマージン?)等、他にも悩みは尽きません。また相談させて頂く際にはどうぞよろしくお願い致します。 長いお礼になってしまい申し訳ございません。ありがとうございました!!

関連するQ&A

  • 建設業法上、元請業者または一次下請のどちらに該当するのでしょうか?

    建設業法上、元請業者または一次下請のどちらに該当するのでしょうか? あるゼネコンが自社ビルを建設する場合、(施主)かつ(元請業者)になり、その下請けの電気工事屋さんは、一次下請になるのでしょうか。または、電気工事屋さんは元請業者になるのでしょうか。 この問題を判定するような法律や基発など参考となる公文書があれば助かります。 よろしく お願いします。

  • 建設業法による元請けの代表的な違法行為

    建設業界に詳しい方にお聞きしたいのですが 業界は元請、下請、孫請の構造になっていると聞きますが、 現在隣地で工事を行っている元請業者が近隣住民への配慮が 足りず、不満や不安を持っています。 業者は違法なことはしていないというのですが、 素人なので本当かどうか分かりません。 元請会社の下請け業者への責任はどんな物があるのでしょうか? 元請は特定建設業者です。 こちらで調べたケースですと、 ・下請け労働者の労働保険の保険料を、元請負人において一括して申告納付することが義務 ・現場に監督員を常駐させる などは分かりました。 しかし現場の監督者は複数の持ち場があり、午前中の短時間しか 在駐していないようです。 また上記の下請けの保険料納付など素人住民がきちんとやっているのかどうやって調べればいいでしょうか? 建設業法 http://www.houko.com/00/01/S24/100.HTM#s3 http://ja.wikipedia.org/wiki/建設業

  • 元請が一般建設業で4500万を超える下請発注工事

    元請が一般建設業の場合、4500万を超える建築一式下請発注工事は できないかと思いますが、民間工事でどうやって取り締まり等 できるのでしょうか? 今回その下請けとして見積もりしますが6000万くらいの工事になりますが、 こちらとしては断る理由がないのですが、下請けが罰せられることはあるのでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

これは「丸投げ」の話でしょうか? 本来は元請が仕事の一部を下請けに発注するのが基本です。 その場合は元請の利益を確保した上で下請けに発注します。 質問のケースでは「丸投げ」(一括発注)みたいですね。 私のいた建設業界では「談合」による「丸投げ」は元請利益は1割でした。 質問のケースは「談合」ではないみたいなので、それよりは多いでしょうね。 通常は相互の力関係できまります。 クレーム対応や瑕疵担保の役割も考慮します。 一概に言えないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答、ありがとうございます。 「丸投げ」だと思います。元請業者は施工を一切せずに、弊社が全て請け負う、という事ですね? なので私は元請業者が利益のうち7割取得するのはおかしいのでは?と思ったのですが、力関係次第では仕方ない事もあるのでしょうか…。 大きな会社ではなく、個人業者で入札ができる立場でもない、という立場を考えるとやはり「力関係」がそれを左右するのでしょうね。 そういえば独立してから数年のバックマージンは我が家の年収3年分を軽く超えます。私からすれば理不尽と思わずにいられないのですが、これも「力関係」が大きく関わっているので黙認するしかないようです…。 話はそれてしまいましたが、回答者様の「談合の場合は1割」も目安の一つとなり大変勉強になりました。 また質問させて頂く際にはよろしくお願い致します!ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 元請け業者が孫請け業者に立替払をする場合について教えてください。

    ネット検索でこのような文面を見ました。 建設業法の規定 建設業法41条2項では、特定建設業者である元請け業者に対して、下請業者が孫請け業者に支払ってくれない場合、孫請け業者は元請け業者に対して、工事代金の立替払を請求できる場合があることを認めている。 もとより、この規定は、行政上の規制であって、孫請け業者に対して、私法上の請求権を認めたものではないと解されている。 現在A社を元請けB社を下請けC社を孫請けとすると 私はC社にあたります。 B社が民事再生法を申請するという噂です。 実際、B社は支払いを滞っています。 A社はB社に対して未払いの工事代金があります。 私C社はA社に立替払いを要求することができるでしょうか? 本日、弁護士相談に行きましたが法的な手段はないと言われました。それどころか、私C社も民事再生法を申請しなさいとまで言われました。 何かいい方法はないでしょうか。 宜しくお願いします。

  • 元請が下請に工事代金未払いの場合・・・

    建設業の事務をしています。 我社が元請で、あるお宅を建築してすでに完成したのですが、設計者が間に入って工事を進めていたのですが、設計者とゴタゴタがありまして、追加工事分がまだ施主さんの方から入金なっていない状態です。 下請業者からは当然、工事が済んでいる訳なので、請求書が来ました。 でも社長が、そのゴタゴタが解決するまで払うな!と言うのです。 下請の方にしてみれば、冗談じゃないですよねぇ! わたしとしても「今月は支払保留です。」なんて言いたくないですし、早く決済してしまいたいと思っているのですが・・・ そもそも元請は下請に払うものは払うべきで、施主から入金ならないものは、売掛金として残すべきなのではないでしょうか?そういう事もひっくるめて請負うというのが、元請なのではないでしょうか? どなたか詳しい方、常識を教えて下さい!

  • 「発注者→元請→JV」

    「発注者→元請→JV」 JV(特定)が下請け業者として元請けと契約できますか? JVとは公共工事において、中小企業が技術力を高めるために出来た物だと思っておりますが、 元請け業者としての記載しか、建設業法などいろいろな物を見ましたけど、 見つかりませんでした。(勉強不足です) JVが下請けになる事は可能なのでしょうか。 また、可能であればその根拠となる法律などありますか。 よろしくお願い致します。

  • 元請とのトラブル

    建築設備業をしています。住宅工事の際、概要図面しかなく自分で考えて何とか完成しましたが、その際、施主の指示に従い色々追加工事を依頼されたので即座に工事をしました。元請の建築業者を抜きにして施工したのでその部分の支払いが元請業者と問題になりました。下請けの立場でどうにか円満解決できないでしょうか?

  • 元請業者と下請業者が「全て一人親方」の労災保険

    元請業者と下請業者が「全て一人親方」の労災保険 ■元請業者A:一人親方(建設業の許可を受けてる) ■下請業者B:一人親方 上記の場合、建設作業中の万一の事故(大ケガ・死亡)の補償は 元請業者Aは、具体的にどのような保険で補償するのですか? ※一人親方とは(ウィキペディアより) 「労働者を雇用せずに自分自身と家族などだけで事業を行う事業主」 Q1:元請業者Aは建設業の許可を受けてますが、その許可を受ける為には   労災保険加入は必須条件ですか? Q2:元請業者Aは建設業の許可に関係なく、労災保険加入は義務ですか? Q3:下請業者Bの一人親方は、労災加入してない場合もあるようですが、   労災特別加入しないと労災保険が適用されないと知りました。   http://www.office-yk.com/rousai.htm   という事は、下請業者Bの一人親方は労災加入する必要や義務は   ないですか? Q4:もし、元請業者Aが労災加入してない場合、建築期間限定の   「任意労災」に加入する事で、下請業者Bの補償も可能になりますか? 今回、「任意労災」の保険料を建主の私に請求されたので、 ひょっとしたら「元請業者Aは下請け業者の労災保険に関係する保険に 加入してないのでは?」と思うようになりました。 つい最近、このカテで、 「任意労災の保険料は、施主に請求するものではない」事を教えて いただきました。

  • 建築業界の経営者様へ

    自営業で請負の工事をしているものですが世の中の常識として教えて下さい。 元請け会社からの下請けになる工事の場合、通常、下請け業者から見積りを出して契約しますよね? 工事を先に施工して、後から、この予算だったから、これで頼むね~♪ ……って、こう言う受注パターンはありますか? または、あなたなら請負ますか?

  • 工事経歴書 元請と下請の区別について

    建設業のもので、経営事項審査に出す書類で、ただ今工事経歴書を作成しております。 「元請又は下請の区別」の欄についてなのですが、 例えば、ビルの管理会社から、そのビルの改修工事を発注された場合は、会社としては元請になるのか下請になるのかを教えて下さい。 「ビルの持ち主(管理を依頼)→管理会社(工事を依頼)→工事施工会社」 の流れで見れば下請になるような気もしますし、 工事に係る部分だけで見れば、元請になるような気もして迷っています。 よろしくお願い致します。

  • 元請けが建築保険に入れない

    建設業の工事で 元請けが、盗難が多くて建設保険に入れない様で、何かあったら下請けさんで賄ってと言われました。仮に何かあった際自分のところは保険で対応はわかるのですが、元請け〔受け元〕の補償も下の保険でやるなんてあるのですか? 道理としておかしいとおもうのでが?

  • 建設業法の下請契約の定義について

    標記に付きまして、「…建設業を営む者と他の建設業を営む者の…」とありますが、 以下のような内容を外注する場合、それぞれ下請契約にあたるかどうか、 詳しい方がおられましたら、お教え願えませんでしょうか。 ちなみに元請は、大臣・特定の建設業者で、いずれも軽微にあたらない五百万円以上とします。 1.当該工事で使用する、すべて既製品のボルト等を大量に購入する場合。(相手は許可無し業者) 2.当該工事で使用するため、既製品ではないが、購入先業者独自の寸法規格の製品のひとつを製作依頼する場合。(許可無し業者)~例えば鋼製支承の製作依頼。 3.請負工事内容の一部の製作工を、品質・寸法等を指定して許可が無い製作工場に製作依頼する場合。~例えば鋼製の橋げたの製作依頼 4.条件は3.と同様で、許可を受けている製作工場に依頼する場合。 また、3.と4.が下請契約にあたると仮定した場合、3.はNGになりますが、 4.の場合、工事現場ではない場所(製作工場)で建設工事が施工されるということになりますが、この場合の元請の監理技術者の責務として、製作工場に常駐して指導監督しなくてはならないのでしょうか。 専門的過ぎる内容で、複雑な質問をして申し訳有りませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 元請けが作業金額をごまかしていたら違法ですか?

    下請けでの仕事を自営でしています そこそこに大手の会社の下請けをしているのですが 所長が変わってから単価的におかしいものが増えてきました 基本は元請けがお客様に請求する金額の7割が自営である私に仕事として入ってきます (1)しかし元請けが金額をごまかしていているようで お客さまへの請求の金額を7割にもならない金額となっているようなものがあります (2)家族で自営しているのですが元請けの所長から「奥さんと仕事をしているのであれば金額をさげますね」と言われます (3)最初に提示のあった金額よりも作業金額がいつのまにか10~20%落とされています (4)元請けの全国の作業単価表というようなパソコンでの計算表があるらしく、その計算式で計算した金額といわれて作業金額を提示されるのですが金額が地元の同業者が見積もりする金額の1/5以下であり作業をするごとに数十万円の赤字となります このことを所長に言ったところ「わが社の仕事を赤字でもしたいという業者がいるんですよ それでもあなたはしないのですか?」と脅迫することがあります (5)元請けの会社の社員がお客様に対してミスを起こしてしまうことがよくあるらしく そのたびに所長が「○○○(下請けである私の仕事内容)の金額をお詫びで値下げします」と言っているらしく関係のない私が赤字で仕事をしないといけないことが何回もあります これらのことは 違法とはならないのでしょうか