• ベストアンサー
  • 困ってます

少額訴訟の異議申し立ての手続きについて

現在少額訴訟にて提訴している原告です。 内容についてでなく、異議申し立ての手続きについて質問があります。 少額訴訟は控訴できない代わりに異議申し立てを用意してあり、申し立てがあれば、通常訴訟と同様の手続きになると説明されました。 この場合、全く通常訴訟と同様となるのでしょうか?(第1回弁論そのものからやり直しをはじめる)それとも、1回弁論をしたものを第一回弁論として審議をつくすまでやるという通常訴訟手続きに移行(第1回弁論が終了したものとする。すなわち、そこで述べられたことは証拠となる)するのでしょうか。 完璧を期するために弁護士などをつけたいと思っているのですが、すでに弁論が始まった状態で引き受けてくださる方は見つからないと、誰に聞いても言われます。そういう言い方をされるということは、後者の続きをくっつけて通常訴訟と同様の審議内容にするということなのかなぁと思っているところです。 あと、証拠調べの際(宣誓後から)テープで録音してあったのですが、この内容は請求して閲覧なりすることは可能なのでしょうか?不用意な発言がなかったのかチェックしたいと思っています。 また、証拠調べの際に発言した内容をあとから思い返してみれば、記憶が不確かだったので、「おそらく、○○だと思います」と答えるより「分かりません」と答えた方がよかったなぁと反省する点があります。うそはついていないのですが、分からないことに対して自分の意見を付け加えているので、この点をはっきりと確認して「分からない」に訂正しておいた方がいいのでしょうか? 証拠調べからやり直しが始まって、先の証拠調べは参考にしかならないのであれば異議申し立てでもいいのでしょうが、先の証拠調べの訂正は不可能、もしくは訂正をするということはうそをついていたとなるというのであれば、一旦少額訴訟を取り下げて、再度の提訴が必要になると考えています。 長くなりましたが、ご教示いただければと思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数932
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

Q  証拠は「謄本」でつけなければなりませんか? A 私達、実務家は、裁判記録を証拠とする場合、単なるコピーです。 Q  必要箇所が記されている「抄本」では証拠にならないのでしょうか? A 証拠にならないことはないです、裁判官が採用するか否かだけです。 Q  そもそも裁判所に原本が保存されているわけだから、陳述書に記載するだけで、言っている根拠としての「謄本」などはつけなくてもいいのでしょうか?(「謄本」は原告の陳述書を作る材料として必要というだけで、裁判所に提出しなくてもいいのでしょうか?) A そのとおりです。自己の証言を解説したり、相手の証言を覆すためですから、単に「陳述書」でいいです。 Q コピー室(謄写室)まで資料を持ち出すことは出来るのですか? A 記録閲覧室で閲覧申請すれば、案内されます。その室から持ち出すことは、その時注意されます。 Q  デジカメの接写、自分で書き写し、などという手は使えますか? A ほとんどの裁判所で許可しています。閲覧室で、その旨、伝えて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お忙しい中大変ご丁寧な解説ありがとうございます。 裁判所で教示が受けられるもののご存知のとおり、どちらかに味方するわけにはいかないので、手続きのことについてしか質問できませんとすぐに言われてしまい、核心部分が分からなかったりすることが多々ありました(どうすると有利などということは申し上げられませんと二言目には・・・苦笑) 弁護士の先生は「少額」訴訟ということで、なかなか敷居も高く(無料相談などで相談して見ても、申し訳ないけどなかなか依頼を受けてくれる人は見つからないかもね、見つかってもあなたの持ち出しが大きくなるからね・・・と言われるし)有効な回答を得る事ができませんでした。 本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 準少額訴訟

    準少額訴訟というのは、「少額訴訟」と同じ手続きなのでしょうか。 少額訴訟・通常訴訟とどこが共通でどこが違うのかよくわかりません。 ・準少額訴訟になるかどうかは、当事者が選ぶことができるのでしょうか。 ・通常訴訟なんだけれど、あたかも少額訴訟のような形で行うものでしょうか。 ・控訴はできるのでしょうか。 ・口頭弁論終結後、直ちに判決が言い渡されるのでしょうか。 ・これは簡易裁判所のみで行なわれるものでしょうか。

  • 少額訴訟

    少額訴訟判決に対して異議申し立てがある場合、異議申し立ての手数料(印紙代)などは必要でしょうか?またいくらかかるのでしょうか? 異議申し立てをした場合は、通常訴訟になり裁判が行われるのでしょうか?

  • 少額訴訟から通常訴訟への移行について教えて下さい。

    同じ被告に対して、争点の違いから、60万円(仮にA少額訴訟とする)と、40万円(仮にB少額訴訟とする)を起こす予定です。 少額訴訟では、被告が通常訴訟への移行を希望すると、通常訴訟になるそうですが、A少額訴訟がA通常訴訟に移行した場合、A通常訴訟に、B少額訴訟の争点と訴額を加えて、争う事はできるのですか? それとも、A少額訴訟もB少額訴訟も、被告が通常訴訟を希望した場合、2つの通常訴訟をしないといけなくなるのですか? 教えて下さい。よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

Q  まず、少額訴訟の結果ですが、判決はまだでていません。 A はい、わかりました。 Q  裁判官は「持ち帰ってよく考えて見てください」とコメントされました。深読みかもしれませんが、「取り下げてサラにして、体勢を整えて通常訴訟に訴えなおしたらどうですか」とヒントをくれたのだと思いました。 A なるほど、実務ではよくあることです。 Q 被告が取り下げを認めてくれなければやりなおしを考えることはできないということは分かっています。 A 被告が原告の取下に同意すれば、原告は再度の訴えは可能ですが、被告が同意しなければ、少額訴訟の場合、原告敗訴で異議と続きます。 Q 先の口頭弁論は残した状態(口頭弁論が証拠として採用)で続きをするということになるのですか? A 民事訴訟法379条では「・・・復する。」となっています。ですから、基に戻るわけですが、同じことを2度も3度もしません。証拠などはそのまま記録に綴られているので、そのまま進行します。 Q 発言自体の撤回(発言の取り下げ)は可能ですか? A できないです。できないですが「〇〇部分について、〇〇でなければ〇〇です。」と言うように断定的と仮定的に分ければいいです。 Q 裁判中でもこれは閲覧可能なのですか? A 可能です。 Q 閲覧の方法として予約して裁判所に行くものなのか、行けば手続き(閲覧)できるものなのか、 A 突然行ってもいいですが、電話してからの方がいいです。 Q 謄本を取り寄せることが可能なのか、 A 可能です。「謄本」は認証が必要ですが、単なるコピーでよければ自分ですればいいです。ただし、裁判所によってはコピー機のないところがあります。 Q 当事者であれば誰でも閲覧できるのか(弁護士などに依頼しないと閲覧できないものなのか)よく分かりません。 A 誰でもできます。弁護士の必要ないです。数百頁にわたる場合は司法協会などに依頼する場合はあります。自分ですると大変ですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。分からなかったことが一挙に解決です。 憶測でまだ分からないですが、被告は裁判のルールをよく知らないようで(裁判所から送られた説明書すら読んでいない感じ)答弁書にも自分の氏名すら記載していないものを持ってきて、裁判官から「これは一体なんですか?」と質問されていたくらいです。 裁判に訴えられたのが非常に迷惑と考えているようなので、取り下げを申し出たら即座に了承する可能性は高いと思います。

質問者からの補足

何度も失礼します。 1.証拠は「謄本」でつけなければなりませんか?必要箇所が記されている「抄本」では証拠にならないのでしょうか?それとも、そもそも裁判所に原本が保存されているわけだから、陳述書に記載するだけで、言っている根拠としての「謄本」などはつけなくてもいいのでしょうか?(「謄本」は原告の陳述書を作る材料として必要というだけで、裁判所に提出しなくてもいいのでしょうか?) 2.裁判所にコピー機はありましたが、コピー室(謄写室)まで資料を持ち出すことは出来るのですか?閲覧する場所にあるかどうかは分かりません。あと、デジカメの接写、自分で書き写し、などという手は使えますか? お分かりでしたら教えていただけるとありがたいです。一応裁判所にも問い合わせてみようかと思っています。

  • 回答No.2

異議後の訴訟は、口頭弁論終結前に戻る。 これは、少額訴訟の証拠等を生かし、提出できなかった証拠を提出して審理する。 たとえば、証人尋問とか。 新しい主張や証拠がなければ、結果は変わらない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 つまり、少額訴訟の証拠に補完できるということですね。

  • 回答No.1

少額訴訟で敗訴したのですか ? それならば「再度の提訴が必要になると考えています。」はできないです。 少額訴訟の敗訴判決書の受領の日から2週間以内に異議の申立をします。 その異議による審理は、少額訴訟の前まで戻ります。 「後者の続きをくっつけて」ではないです。 弁護士云々に関しては「・・・引き受けてくださる方は見つからない・・・」と言うことはないです。 「証拠調べの際(宣誓後から)テープで録音してあったのですが」と言う件は、裁判所書記官がして録音したと思われます。 それでしたら、その録音を編集したものを書類として記録に綴じてありますので、記録閲覧すればわかります。 その中で、自己の発言で間違っていたり、誤解を招く箇所がありましたら、異議の口頭弁論で「陳述書」として書面に記載して提出して下さい。これは「証拠」とみなされます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

丁寧なご回答ありがとうございました。素人の私にもよく理解できました。 補足と追加の質問をいたします。 まず、少額訴訟の結果ですが、判決はまだでていません。しかし、和解勧告の裁判所の提案がかなり不利な条件になっていました。そこから、敗訴濃厚と判断しました。判決後日となり、裁判官は「持ち帰ってよく考えて見てください」とコメントされました。深読みかもしれませんが、「取り下げてサラにして、体勢を整えて通常訴訟に訴えなおしたらどうですか」とヒントをくれたのだと思いました。 いずれにしろ、被告が取り下げを認めてくれなければやりなおしを考えることはできないということは分かっています。 異議審に関しての質問ですが、 私の質問の仕方が悪かったと思うのですが、先の口頭弁論は残した状態(口頭弁論が証拠として採用)で続きをするということになるのですか? それとも、口頭弁論そのものから審理をやり直し(すなわち前回の口頭弁論は証拠にならない)するのですか? 「陳述書」として口頭弁論した内容を訂正したい場合、間違いの訂正、誤解を招く箇所への補足、の他に、発言自体の撤回(発言の取り下げ)は可能ですか?私としては余計なことを言ってしまった感が強いので、こういう質問をさせていただきました。 「証拠調べのテープ」に関しては、tk-kubota様のおっしゃるとおり、書記官が録音していたものです。またまた不勉強で申し訳ないのですが、裁判中でもこれは閲覧可能なのですか?閲覧の方法として予約して裁判所に行くものなのか、行けば手続き(閲覧)できるものなのか、謄本を取り寄せることが可能なのか、当事者であれば誰でも閲覧できるのか(弁護士などに依頼しないと閲覧できないものなのか)よく分かりません。あわせて教えていただけたらと思います。

関連するQ&A

  • 少額訴訟の流れについて教えてください。

     交通事故の物損、損害賠償請求で6/2に原告として少額訴訟を提起し、7/5が口頭弁論日となりました。  ここでは、被告が通常訴訟に移行しないことと和解は無いことを前提としてお伺いしたいのですが。  少額訴訟ということで1回の審議で判決が下るので証拠の準備は事前に十分にしておかなければならないと思うのですが、そこでご質問です。  (1)追加で証拠を裁判所に提出したいのですが早めの方がよいでしょうがいつ頃まででしょうか?  (2)被告より答弁書が原告に郵送されると思いますが、いつ頃でしょうか?  (3)その答弁書に対して原告は準備書面として反論文を提出しなければならないと不利になるのでしょうか?  その他、少額訴訟の流れをご教授頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

  • 少額訴訟での移行と通常裁判

    A地点で提訴した少額訴訟が被告との中間地点B地点に 裁判所を移行され、そこでまた通常訴訟になるってことはあるのでしょうか?それともB地点に移行になった時点で少額訴訟に同意したとみなされ通常訴訟になることはないのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 少額訴訟は貰えるお金が減ってしまうのでしょうか?

    少額訴訟は通常訴訟に比べ、原告が貰えるお金(なんと呼んだらいいのでしょう?)が減るというのは本当でしょうか? 例えば通常訴訟なら原告が10万円貰える判決だったとして、それが少額訴訟だと減ってしまうというような話を聞きましたが…?

  • 少額訴訟の通常訴訟への移行について

    どなたか教えていただけませんか? 民事訴訟法の少額訴訟について知りたいのです。 少額訴訟で提起していたが、原告がやはり通常訴訟に移行するということは出来るのでしょうか? 手形訴訟であれば、353条本文により可能ですが、少額訴訟にはそのような記載を見つけられません。373条にはありません。準用規定も無いように思います。 これは、少額訴訟は、原告は通常訴訟に移行することが出来ないということでしょうか? それとも、少額訴訟で提起しているのに、わざわざ通常訴訟にする人はいないから記載がないという考え方でしょうか?

  • 少額訴訟から通常訴訟への移行

    一般論としてどなたか教えてください。 今、100万円弱の損害賠償請求をしようと思っています。少額訴訟だと通常の訴訟よりも料金が安い代わりに、60万円までの訴えしかできないので、60万円の損害賠償請求になりますよね。料金は1%とくらいと聞いているので、6000円くらいでしょうか。 ここでもし相手が応じずに通常訴訟になったとします。通常訴訟になれば100万円弱の全額で訴えることができますよね。そうすると手続き費用(弁護士費用ではなく手続きの費用として)は8600円になるのではないかと思います。それは少額訴訟のものとは別に払うものですか?また、確認ですが、少額訴訟の被告が望んで通常訴訟になる場合にも手続き費用は原告が払うのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 少額訴訟を起こした方

    どういう事案で少額訴訟を起こしたか、 またその訴訟はどうなったか、 少額訴訟から通常訴訟になった方、 本人訴訟をされた方 など経験談をお聞かせ願えますか? 参考にしたいので教えていただきたいです!よろしくお願いします。

  • 少額訴訟の疑問

    内容証明を送り、少額訴訟を起こそうと思います。 30万の請求です。 そこで訴状を出してからのことが分からないのですが ・訴状(裁判所が被告に郵送)→受け取る(被告)→答弁書(被告が提出)→通常訴訟へ移行 ・訴状(裁判所が被告に郵送)→受け取る(被告)→答弁書提出なし→少額訴訟口頭弁論日⇒欠席(被告が)→勝訴(原告)→強制執行 ・訴状(裁判所が被告に郵送)→受け取らない(被告)→不明・・ といった流れになるのでしょうか?

  • 少額訴訟で訴状が送達できない場合。

    少額訴訟で訴状が送達できない場合。 少額訴訟で相手を訴えても、相手の所在が不明などで、 訴状が通常の方法で送達できない場合、 少額訴訟では、公示送達はしない、って取り決めになっているので、 いつまでたっても訴状が送達できない。 この場合、いったん少額訴訟を取り下げて、 あらためて、通常訴訟として、提起しなおす、 というやり方しかないのか? それとも、少額訴訟から、直接、 通常訴訟に移行できるの?(つまり取り下げしないでって意味)

  • 少額訴訟の基礎的なところについて質問です。

    現在、金額は数千円ですが、少額訴訟を検討しております。 争う相手との住所は非常に離れています。 少額訴訟は原則、被告側を管轄している簡易裁判所で行うようですが、 原告側を管轄する簡易裁判所で行うことは不可能なのでしょうか? わざわざ被告側に出向いて、いざ開始と思ったら、 被告が少額訴訟での争いに同意せず通常訴訟へ以降・・・審議終了 なんてこともあり得るわけですよね? 結果、いろいろ面倒なため訴え取り下げ泣き寝入りなんてこと日常茶飯事じゃないんでしょうか? 結局準備時間と旅費が無駄に・・・ だからといって原告側が当日出廷しなければ、それはそれで原告側が敗訴するんですよね? たかだか数千円のために少額訴訟なんて起こすものではないんでしょうか? 支払督促の方がいいんでしょうか?

  • 少額訴訟から通常訴訟への職権による移行

    或る人の相談内容に、司法書士が答えていました。 相談内容は、 「小学生の自転車が自分の自動車にぶつかってきたが、この子の父親が過失割合がどうとか言って払ってくれない。訴訟を起こしたいが、少額訴訟と通常訴訟とどちらがよいか」 ということでした。 それに対して司法書士は 「それは大して気にする必要はありません。できれば早く終わらせたいのだから少額訴訟でよいでしょう。 もし、こちらの立証によってすぐに判断できなければ、裁判官が職権で通常訴訟にしますから。 また、相手が通常訴訟を望めばそうなります。」 と答えていました。 私は、原告が少額訴訟を選んだことによって、1日で審理するという枠組みに基本的に拘束されてしまい(被告が通常訴訟を望めば別ですが。)、立証が不十分であれば、それによって裁判官は判断をくだす、と思っていました。 職権で裁判官が通常訴訟に移行できるとしても、実際には裁判官はそのようなことはあまりしないのではないか、と思っていました。 司法書士の答えでは、まるで裁判官が原告の肩をもっているかのような印象を持ってしまうのですが。 実際に、職権で通常訴訟に移行するのは多いのですか?