• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

代名詞(they・such等)が訳せません。

代名詞(they・such等)をうまく訳す事が出来なくて、苦労しています。 itの場合は、 ・強調構文  ・It is 形容詞/副詞 that/to →仮主語のit  ・状況のit を除いて、基本的にいちばん近い(前の)名詞(単数形)をとると教わりました。 また、thisは基本的に前文をとると教わりました。(場合によっては後文) theyやsuchは、感覚的にはitとは違うように思えます。 thisと同じく前文から取るのでしょうか? 以下、例文を示しておきます。 ・theyの場合 personality researchers have attempted to devise formal methods for describing and measuring personality,which go beyond our everyday use of trait terms in thee ways. first,【they】 seek to reduce the potential set of trait… ・suchの場合 one certainly has to represent the transition from sober reasoning to phantastic attempts to solve a problem as a transition to processes within irreal levels. but are we dealing in these cases with locomotions of the person as a whole? if the person were at each moment within only one level of reality, one would have to represent him as two-dimensional. However, 【such a thesis】 is open to doubt… どこまで前文を記せば代名詞が特定できるかわからないので、少し大目に書きました。 英語の文章が足りないようであれば加筆します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数69
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • ucok
  • ベストアンサー率37% (4288/11421)

訳し方についてですね。 まず、基本的に「they=彼ら」「such=そのような」という意味だと理解しておいて問題ありません。ただし、これをすなおに「彼らは…」という和文にしてしまうと、日本語として不自然になりがちです。まずは意味だけを把握し、そういう意味のことを日本語で書きたい時にはどう書くか、と考えるといいのです。 前者の例文ではこのように処理するといいでしょう。 「personality researchers は何々してきた。まず、seek to reduce the potential set of traitする」というふうに主語を省く。 後者は「このような」と訳してもさほど不自然ではありませんが、例えば「two-dimensional.」までを訳しておいて、続いて「しかし、はたしてそれでいいのだろうか」とか「だが、疑問も残る」などとすると、より日本語らしくなりますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>前者の例文ではこのように処理するといいでしょう >「personality researchers は何々してきた。まず、seek to reduce the >potential set of traitする」というふうに主語を省く。 なるほど。そういう推論の仕方で、「なんとなくこれかな?」という答えを、 より信憑性の高いものにしていくんですね。参考になります。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • bakansky
  • ベストアンサー率48% (3502/7238)

> Personality researchers have attempted to devise formal methods for describing and measuring personality, which go beyond our everyday use of trait terms in three ways. First, they seek to reduce the potential set of trait ...  この they はおそらく personality researchers のことではないかと思います。  they seek to ... という部分から、「何かを探求している人たち」 のことだな、と頭に浮かびますから、それに該当するのは冒頭の personality researchers であろうと見当がつきます。 > One certainly has to represent the transition from sober reasoning to phantastic attempts to solve a problem as a transition to processes within irreal levels. But are we dealing in these cases with locomotion of the person as a whole? If the person were at each moment within only one level of reality, one would have to represent him as two-dimensional. However, such a thesis is open to doubt ...  これもおそらくという限定付きですが、この such はその直前の文を受けているように見えます。つまり、If the person were at each moment within only one level of reality, one would have to represent him as two-dimensional. という部分です。  理屈というよりも、そういうふうに取れば自然に思えるからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

うーん、難しいです。 代名詞の訳がニガテで、いつも「これで間違いないだろうな」という回答ができないのです。

関連するQ&A

  • 代名詞theyにmost~が入らない理由

    (以下前文)low arousability to anxiety-provoking stimuli may also make it more difficult for people with antisocial personality disorder to learn from punishment(以下質問部)because punishment is less aversive for them than for most people,and 【they】 will not be anxious in anticipation of the punishment. なぜなら罰は、嫌がる事が少ないからだ、反社会性パーソナリティ障害の人々にとっては、大半の人々よりも。そして、【反社会性パーソナリティ障害の人々は】不安に思わないだろう、罰を予見する事を。 私は、theyに入る名詞は、その直前の複数名詞の代名詞(状況に応じて更にさかのぼる)と覚えています。 【they】に入るのは、文脈的にpeople with antisocial personality disorderだと思います。 なぜ、most peopleでないのでしょうか? ※(”状況に応じて”に該当するため、という説明はナシで、論理的な説明が出来るのかな?と疑問に思い、質問しました。)

  • 英訳お願いします。

    同じようなトピックで質問を乱立させてしまい申し訳ないです。以下の英訳をお願い致します。 For one thing, as will be indicated below, a legal personality under the laws of state X may often be recognized as having personality by state Y, as comity may demand that state Y will not debate the validity of grants of personality by state X. As Benderman reminds us, in the first half of the twentieth century domestic legal systems often looked to international law for guidance: entities could be granted domestic personality on the basis of them having already been granted international legal personality.

  • 英語の訳をお願いします。

    For one thing, as will be indicated below, a legal personality under the laws of state X may often be recognized as having personality by state Y, as comity may demand that state Y will not debate the validity of grants of personality by state X. As Benderman reminds us, in the first half of the twentieth century domestic legal systems often looked to international law for guidance: entities could be granted domestic personality on the basis of them having already been granted international legal personality. 国際法の教科書を全訳しなければなりませんが、私の力ではなかなか翻訳作業が思うようにいきません。お力を拝借できれば幸いです。よろしくお願い致します。

  • 同格としてのthatを教えて下さい。

    2つ質問しますが、どちらも同じ箇所で躓いています。 本見てますが、接続詞?関係副詞のthatっていうんでしょうか。 1)(以下前文)the developing structure of personality: the field of personality psychology, (以下質問部)there appears to be an emerging consensus that the structure of late-adoltscent and adult personality can be comprehensively described by five broad factors, which are known as the "big five". 訳)青年期後期と成人の人格構造は、5つの幅広い因子として包括的に描かれ、それらはビック・ファイブとして知られる。 構造)【there】S 【appears to be】V 【an emerging consensus】O 《【that the structure of late-adoltscent and adult personality】S 【can be comprehensively described】V 【by five broad factors】》O 【, which】S 【are known】V 【as the "big five".】O わからないところ: here appears to be an emerging consensusのあたりが抜け落ちています。 原因はthatをうまく訳す事が出来ないからです。 青年期後期と成人の人格構造は、5つの広範な因子によって包括的に記されているという明らかな一致であるように見える? うーん、以前はうまく訳せた覚えがあるのですが。コツを忘れてしまいました。 2)(以下前文)the big-five has been successfully identified in American English, Chinese, Korean, and Japanese. (以下質問部)Such findings support the idea that the Big five is a universally applicable taxonomy of late-adolescent and adult personality. 訳)ビックファイブが国際的に適応可能な、青年期後期と成人の人格の分類学であるという概念というそのような探求支援? 構造) 【Such findings support】(that?)【the idea】【(that the Big five)(is) (a universally applicable taxonomy of late-adolescent and adult personality.)】 わからないところ: 1)と同じです。

  • 英語と英語を繋ぐハイフンの意味を教えて下さい

    When we are asked to describe an individual's personality, we are likely use terms referring to personality traits -adjectives such as extraverted and conscientious. この-はどういう意味で用いられているんでしょうか? 私たちが個人の性格について述べるよう尋ねた際、私たちは人格特性を指示す用語を使う傾向にある-(つまり) のような、同格の意味でしょうか?

  • 月のpersonality って何でしょうか。

    personality というと個人、性格、人柄等々なのですが、どれも下の文章には当てはまらない気がして、困っています。 The Moon is a part of the personality that always wants to know its position. これに続く文は、「一方で、おひつじ座は、絶えず変化する12星座の一部です」です。 personalityを次のように「天体」と訳して良いものか??? 「月は、絶えず自分の位置を確認したがる天体です」 それとも、なにか特別な天体用語なのでしょうか? よろしくお願いします。

  • どなかた文法的解釈と訳をお願いします

    It was within this new atmosphere of political freedom for the Catholics that the conversion of so outstanding a personality as Newman had its deep impact. 上記の文章で、soとasの関係がわかりません。どなたかこの部分の文法的解釈と、全体の訳をしていただけませんでしょうか?よろしくお願いいたします。

  • 英語の和訳お願いします…

    (1)What are some characteristics of your personality? (2)In what way has your personality changed? Why has it changed? (3)what personality traits do you consider important in a good friend? why? (4)what makes you happy?why?

  • 英語

    明日英語の小テストで、教科書の文を要約するのですが、文になっているか見ていただきたいです。 Talking about a person´s blood type is popular among many people. They like judging a person ´s personality. They think person´s personality has something to do with blood type. However,in Japanese it is a common topic.

  • as such について

    Oxford英英でas suchを調べたところ、次の例文が出てきました。 'Well, did they offer it to you?' 'No, not as such, but they said I had a good chance.' ここでのas suchは何を指しているのでしょうか?