• ベストアンサー
  • 困ってます

threshold current density(闘値電流密度?)について

日本語訳があっているかどうかわかりませんが、threshold current density(闘値電流密度?)とはなんでしょうか? この論文はECS.149(9)G535-G538(2002)The Effect of Plating Current Densities on Self-Annealing Behaviors of Electroplated Copper Filmsになります。 全体としては Figure 3 displays that the resistivity and Ra of as-deposited Cu films decreased with an increase of plating current densities until a threshold current density was reached, and then increased with an increase of plating current densities. になります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数323
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#5007
noname#5007

第三図は、as-deposited銅フィルムの抵抗とRaがプレーティング電流密度の増加と共に減少したこと、そしてある閾値(シキイチ)以上の電流密度では(逆に)プレーティング電流密度の増加と共に(Raなどが)増加したことを示しています。 閾値というのは、まさにこのように、「ある値を超えると何かが変わる値」のことではないですか。 この場合は、電流密度のある値で抵抗の電流密度依存性が変わった。 一般技術科学用語だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

今回は本当にありがとうございます。すごく分かりやすい日本文ですね。どうしてこんなにきれいな日本語訳がかけるのですか?僕は最近やっと少しづつ英語論文が読めるようにはなってきたのですが、まだまだ無知なためか、なかなかスムーズに理解することができません。muutaさんのようにきれいな日本語訳が書け、しかも理解できるようになりたいです。どうしたらいいですか?やはり毎日の努力ですか?

関連するQ&A

  • 電流密度

    電流密度の求め方を教えてください。 よろしくお願いします。

  • 電流密度を教えてください

    わからないので教えてください。 「直径6mm、長さ2mの導線の抵抗が48Ωであった。この導線に10Vを加えたとき電流密度を求めよ。」という問題なのですが、自分で解いてみたら J=7.4×10^5 [A/cm^2] になったのですが教科書の答えは J=7.4×10^7 [A/cm^2] になっています。 何度も計算し直したのですが答えと合わないので、わかる方はぜひ教えてください。

  • 電流密度を表す式

    1997年3月20日改定版第1刷の、放送大学から出版された「量子力学」と言う本の165ページに電流密度を表す式として、i(ベクトル)=-eh/(2mi)[ψ*(∇ψ)-(∇ψ*)ψ]という式が載っていますが、i(ベクトル)=-eh/(2mi)[ψ*(∇ψ)+(∇ψ*)ψ]の間違いではないでしょうか(両式に於いてhはディラックのh)。[ ]内の第2項は、i(ベクトル)を実数化するために加えられたものとのことであり、恐らくψ*(∇ψ)の複素共役は-(∇ψ*)ψではなく+(∇ψ*)ψと思われるので、下の式の方が正しい式だと思うのですが。ご存知の方がおられましたら、教えてください。ただし、今から留守をしますので、応えてくださった方には4、5日返事が出来ませんことをご了承下さい。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

muuta さんのご回答のように, その値を超えると状況が一変するような境目の値を threshold (閾値)と称します. 閾値は,「しきいち」あるいは「いきち」と読みます. threshold はもともと敷居のことですが, 家の外と内で状況が違うことから来ているんでしょうかね. 今の場合は,銅フィルムの抵抗と Ra のプレーティング電流密度依存性が 減少から増加に変わったという劇的な変化に注目し, そのプレーティング電流密度のことを threshold current density と言っているのです. 別に減少増加の変化でなくても閾値という言葉は使います. 例えば,ある current density までは抵抗がほとんど変わらないのに, その特定の threshold current density を越えると急に抵抗が増え出す, なんていうときも閾値という言葉は使います. muuta さんも触れられているように,科学技術方面ではよく使われます. 物理屋の私も非常になじみのある言葉です. ただし,うちの業界では「いきち」とは言わずに, threshold と英語のままいうことが圧倒的に多いです. 「生き血」と間違えられるといけないからですかね?? 日本語変換では,最初に「生き血」が出てきました(^^). muuta さん,二番煎じで失礼しました.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

本当にありがとうございます。siegmundさんのおかげで、今回の論文理解度がさらに上がりました。siegmundさんは面白い方ですね。生き血ですか。あっ!!確かに変換した時、生き血が最初にでてきました(笑)。無知な私ですが、これからもよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 磁束密度と電流密度

    磁束密度と電流密度の問題でわからない所があるので教えてください! 次のベクトル場Bは真空中の磁束密度を表すと見なしうることを示し、電流密度を求めよ。ただし、A,A’は定数である。 1)Bx=-A(x^2 +y^2)y,By=A(x^2 +y^2)x,Bz=A’ この問題は、∇・B=0により、 ∇・B=∂Bx/∂x +∂By/∂y +∂Bz/∂z=-2Axy+2Axy=0 また、電流密度はi=∇×H=1/μ0(∇×B)で求まります。 2)Bx=A (z>d),Az/d(d≧z≧ーd),-A(z<-d) 、By=A’、Bz=0 この問題が全然わかりません。そもそも、dやzとはどこから出てくるのですか。また、このBxの範囲はんいは何を示しているのですか。教えてください。1)の問題とあまり変わらないのですが、範囲のところがわかりません。

  • 電流密度とファラデー定数について教えてください

    問1、電流密度 3Adm-2は何Am-2になるでしょうか? 問2、Faradey定数 96485Cmol-2は何A・smol-2になるでしょうか?

  • 電流密度の単位について

    いつも拝見させていただいてます.当方,リン青銅の電解研磨を現在行っております. その際,研磨条件の中に「電流密度:37.5[A/dm^2]」と言ったのがありました.「dm^2」は電流が通過する断面積の事だと思うのですが,「dm^2」は何[m^2]なのでしょうか? お答えいただけると幸いです.よろしくお願い致します.

  • スポット溶接電流密度について

    SUS304 φ4.0のパイプにSUS304 t1.2の平板をスポット溶接するのですが、その際の適正な電流密度の値をお教え頂きたいです。

  • 電流密度の解釈について

    いつも拝見してます。当方ニッケル電解めっきをしております。初歩的質問ですが電流密度についてのわかり易い説明が見当たらないのここで質問させていただきます。 1.陰極及び陽極電流密度の面積d?は陰極側であれば電極の面積、言い換えれば被めっき物の面積を、陽極側であればアノード電極(カゴ)の面積、又はニッケルアノードの面積を計算するで正しいのでしょうか? 2.A/d?とは例えば面積d?が小さくなればなるほど、流せる電流も少なくなり制約を受けると解釈してるのですが、これを是正する場合陰極及び陽極の面積を拡大すれば、電流値も大きく出来るということで良いのでしょうか? 3.あるところで適正電流密度2~4A/d?とあったのですが、この電流を超えると密度が高くなりすぎて焦げやピットの発生につながると解釈して良いのでしょうか? 4.電流密度を考えるとき浴量、槽容積、槽表面積等の大きさは加味しないで、そのまま解釈して良いのでしょうか?またこれらの量、面積を拡大することで電流密度も変化するのでしょうか? 5.電流密度は陰極と陽極各々の電流密度に分けて考えるのでしょうか?(よく電流密度をひとくくりにして説明してる場合があるのです) 長文になりました。宜しくお願いします

  • 電磁気学、電流密度の求め方

    添付写真の電流密度がJ=I/(aπ^2)になりましたが、何故その値になるのかが分かりません。 ∫JdS=Iより、J=I/(2πa)になると思うのですが。。。 よろしくお願いします。

  • 交換電流密度って?

    系に金属イオンのような明確な酸化還元種が存在しない場合の交換電流密度は、どのような意味を表すのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • ある電磁気、電流密度についての問題。

    半径a,bの金属製の円筒を2つ用意し、中心軸が一致するように置く。2つの円筒間を電気伝導率σの一様な導体で満たし、両極間に電位差Vを与えた時、電流密度iを求めよ。 といいう問題があるのですが。電位差Vを与えた時点で、ある決められた量の電荷は円筒に帯電している、、のですよね?そうすると、そもそも電流は流れてないんじゃないか?と思うのですが、おかしいでしょうか? 解答では、電流密度の定義から i=σE とおいて計算しているのですが…。 よろしくおねがいします。

  • 電流密度iと電流Iの理解が出来ません。どうか助けてください。

    電流密度iと電流Iの理解が出来ません。どうか助けてください。 電流について、電荷Q[C]、移動速度v[m/s]としたとき電流I[A]は I=Qv…(1) とありました。 しかし、電磁力を勉強しているとこんなことが本に記載されていました。 「磁束密度B[T]の磁界の中に、Bと角度θの方向で面積S[m^2]、長さl[m]の直線導体があり、導体内で電荷Q[C/m]が速度v[m/s]で移動しているとき、電荷に働く力?Fは ?F=QvBsinθ…(2) Qvは移動した電荷密度、すなわち電流密度i[A/m^2]であるので、導体全体が受ける力Fは F=?FSl=iSBlsinθ=IBlsinθ…(3) これを見るて、電流密度i=Qvと考え、そうすると(1)の式を理解できなくなってしまいました。(3)の式をQv=Iで解くとIBlsinθにはなるはずがなく… i=QvとI=Qvの違いはどう理解すればいいのでしょうか。 まったく理解できずに困っています。 馬鹿すぎて自分が情けなくなります… 前に進めません… どなたか教えてください。 長々と長文で申し訳ありませんが、 よろしくお願いします。

  • 変位電流と電流密度について。

    ある問題集の記述で、 変位電流δD/δt は電流密度iと同じものとみなせばよい。 という記述があるのですが、イメージが沸きません…。なぜ変化する電束密度Dを時間tで微分すると、電流密度になるのでしょうか? (以下は+αなので、もし気が向かれたら教えてください) 電束密度と電場の違いもピンと来ません。電場は、電気力線(=電束?)の単位面積あたりの量なのですよね。電束密度も字義からして同じもののような気がするのですが、定義だと D = εE となっていて、よく分かりません。 よろしくお願いします。