• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

電気陰性度について

電気陰性度について、イオン化エネルギーと電子親和力という言葉を用いて説明せよ。 という問題があるのですが、どのように説明したらよいでしょうか? イオン化エネルギーが大きいほど、また電子親和力が大きいほど電気陰性度が高いということはわかるのですが… よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数638
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

電気陰性度とはイオン化エネルギーと電子親和力の平均値です。 単純に足して2で割った値では全ての原子に適用できなかったため、ポーリングという人が新しい式を考案し、今現在の電気陰性度はこのポーリングという人の式を使って求めた値です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。 お二方ともご回答をありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • okormazd
  • ベストアンサー率50% (1224/2411)

1. マリケンの電気陰性度χ I:イオン化エネルギー A:電気陰性度とする。 χ=(I+A)/2 2. ポーリングの電気陰性度 2種類の原子A、Bの3種類の結合、AA、BB、ABの結合エネルギーD(AA)、D(BB)、D(AB)から、A、Bの電気陰性度χ(A) 、χ(B)の差を次の式で定義した。 |χ(A)-χ(B)|=√(D(AB)-√(D(AA)D(BB))) 多くのデータの比較から、F原子の電気陰性度を4.0として、他の原子の電気陰性度を相対的に求めた。 これにはイオン化エネルギーも電気陰性度も直接入ってはいないが、マリケンの電気陰性度とよく対応している。 3. 現在、電気陰性度といえば、ポーリングの電気陰性度を指すことが多いが、大まかな議論ではどちらを使用しても差異はない。 4. イオン化エネルギーも電気陰性度もある程度周期性があるので、電気陰性度も周期性が認められる。 これらから、適当に説明しましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 電子親和力と電気陰性度

    「ハロゲンでの電気陰性度はF>Clなのに、電子親和力ではCl>Fである」と言う記述を本で読みました. この違いを説明していただきたいのです. 本で調べたところ、電気陰性度はF4.0 Cl3.0 Br2.8 I2.5でした. 電子親和力はF3.34 Cl3.61 Br3.36 I3.06(eV単位)でした. 電気陰性度は結合の中でのその原子の電子を引きつける力を相対的に表したもので、電子親和力は原子に電子を与えたときに放出または吸収するエネルギーのことであるのは本から分かったのですが、電気陰性度と電子親和力に全く関係していないわけではなさそうで、実際Mullikennの電気陰性度の算出方法ではイオン化エネルギーと電子親和力の和の平均で表されています. 実際電子の引きつけ易さという点では似ていることなので、そのハロゲンでの順序も一緒になるように思えるのですが、電子親和力ではFはBrと同じくらい小さくなっています.普通ならF>Cl>Br>IとなるところをFだけ下がる理由が分からないのでその点について教えて下さい.

  • 化合物の電気陰性度?

    あまりこういう分野は得意ではないので丁寧に教えていただきたいのですが。。。 電気陰性度や電子親和力。。。言葉の意味は調べたのでわかるのですが、電気陰性度は電子をひきつける強さとありますが、これはどういったところに役立っているのでしょうか?ある物質AとBの化合物があってAとBの差が大きければイオン結合性の物質になるということはわかりますが、それ以外にどういうことに電気陰性度とか電子親和力とか使われているのでしょうか。。。 それと電気陰性度や電子親和力は、単体元素の値しか教科書には載ってないのですが化合物の電気陰性度や電子親和力の値とかってあるのでしょうか?もしあれば、参考文献や論文とかネットでも構いませんので教えていただきたいのですが。。。 よろしくお願いいたします。

  • 高校化学 電気陰性度と電子親和力の違い

    電気陰性度と電子親和力の違いが、何を読んでも理解できません。。。 はっきりとした違いがあるはずなのですが、的確に説明してもらえると嬉しいです

  • イオン化傾向

    各元素のイオン化傾向について、イオン化エネルギーと、電子親和力、電気陰性度は完全に相関するでしょうか?

  • 電子親和力・電気陰性度と希ガス

    第3周期の元素の原子の中で電子親和力・電気陰性度が最大のものと最少のものを答えるという問題があるのですが。 電子親和力:最大Cl 最少Na 電気陰性度:最大Cl 最少Na であってるでしょうか?希ガスの立ち位置が調べたのですがよくわかりません。

  • 電子親和力と酸化力の違い

    「ハロゲン化物イオンになる傾向の強さが最大のハロゲン単体は?」 という問題で、私は、 「ハロゲン化物イオンになる傾向の強さ」=「電子親和力」 と解釈し、 反応性(酸化力)の順位「F>Cl>Br>I」ではなく、 電子親和力の順位「Cl>F>Br>I」から、 答えは塩素だと考えました。 しかし、正解はフッ素で、順位も「F>Cl>Br>I」でした。 「電子親和力の大きな原子ほど、陰イオンになりやすく、生成した陰イオンは安定である」 とどの参考書にも書かれています。 ちなみに、電気陰性度の順位は酸化力の順位と同じですが、 電気陰性度は「共有電子対を引き付ける強さ」ですから、 この問題では特に関係ないはずです。 (電気陰性度がイオン化エネルギーと電子親和力の平均値だということは心得ています) で、私が抱いた疑問は次の2つです。 (1)「ハロゲン化物イオンになる傾向の強さ」=「電子親和力」ではないのですか? (2)そもそも、電子親和力と酸化力って何が違うのですか?

  • イオン化エネルギーと電子親和力

    「イオン化エネルギーと電子親和力とはなにか。説明せよ。」という問題が問題集に載っていました。答はイオン化エネルギーが「原子から電子1個を取り去るのに必要なエネルギー」、電子親和力が「原子が電子1個を取り入れて、1価の陰イオンになるときに放出するエネルギー」との事です。 ひとつ疑問に思ったのが、なぜイオン化エネルギーの答を《1価の陽イオンになるのに必要なエネルギー》としなかったのでしょうか。電子親和力のほうは陰イオンと書きながら、なぜイオン化エネルギーは書かなかったのでしょうか。この問題集は結構答えが完璧なので、それなりの理由があって書かなかったようにも思えます。それとも単なるミスでしょうか。

  • 化学の問題5

    化学の過去問です。 分からない問題がいくつかあります。 お手上げ状態なので、 よろしければ力をお貸しください。 イオン化エネルギーと電子親和力について述べ、アルカリ金属元素のイオン化エネルギーは小さく、ハロゲン元素の電子親和力は大きいことの理由を説明せよ。 よろしくお願いいたします。

  • 電子親和力について (高校一年生)

    こんにちわ 普通の県立高校に通っている高校一年生です。 さっそくですが化学について二つほど質問さしてください。 ~質問1~電子親和力 だいぶ前に化学の授業で 「イオン化エネルギー」・・・原子から電子を取り出すときに生じるエネルギー                 ※イオン化エネルギーが小さいほど陽イオンになりやすい 「電子親和力」・・・・・・・・・・原子が電子を一個取り入れた時に発生するエネルギー                 ※電子親和力が大きいほど陰イオンになりやすい と教わりました。 そこで「イオン化エネルギーが小さいほど陽イオンになりやすい」というのは理解できたのですが どうも「電子親和力が大きければ陰イオンになりやすい」という仕組みが理解できません。 なぜ電子を取り入れた時に発生したエネルギーが大きいほど(電子をとりいれやすい)陰イオンになりやすいのでしょうか?? ~質問2~電気陰性度 授業では 共有結合において原子が非共有電子対を引き寄せる強さを表す数値 周期表の左上の元素ほど大きい と教わりましたが どのような原理で周期表の左上の元素ほど電気陰性度が大きいのでしょうか?? 質問は以上になります。 同じような質問を化学の先生にしてみるのですが。 ボケてしまっているのか、帰ってくる回答がよく理解できません そもそも授業自体、先生の話の順序がめちゃくちゃにいりくんでいて困ります はなしがそれましたが質問の回答はどちらか一つでもいいので回答よろしくお願いします(・人・;)

  • 電子親和力とイオン化エネルギー

    wikipediaのイオン化エネルギーのページに「電気陰性度(マリケンの電気陰性度)は、電子親和力とイオン化エネルギーを足して2で割ったものであるが、前者に比べ後者のほうがかなり大きいため…」とあるのですが、なぜイオン化エネルギーのほうがかなり大きくなるのでしょうか?