• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

接待交際費の損金不算入について

企業の接待交際費は 資本金1億円未満の企業 = 接待交際費の10%は損金不算入 資本金1億円以上の企業 = 接待交際費の全額損金不算入 となっているとのことですが、ということは 資本金1億円以上の企業においては接待交際費というのは全く無用な仕訳科目、ということになってしまうのでしょうか? もちろん、赤坂の料亭で100万円の接待をしたら数千万円の受注が確実になる、というほど、確実に、リターンのほうがはるかに大きい、という接待交際費ならば「捨て金」と割り切ってもいいでしょうが、取引先にお中元、お歳暮を贈る、そのほか冠婚葬祭のために出ていく金はバカにならない金額ですが、それによって確実にリターンが見込める、というほどではないでしょう。だからと言って冠婚葬祭の付き合いをすべてやめる、または社長のポケットマネーというわけにもいかないでしょう。 どうして税務署は接待交際費の一部、または全額を損金不算入としているのでしょうか? また「バブルのころは交際費使い放題だった」というような話も聞きますが、あのころは税制がちがったのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数6511
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • hata79
  • ベストアンサー率51% (2555/4940)

会社の経理をする上で、損金という言い方はまずしません。 言うなら「経費」ですね。 費用と経費という対比で使われます。 対して「損金」という言い方は法人税法上で使われます。 「損金算入」「損金不算入」というようにです。 ということは、会計上の経費という概念とは別に「損金」という概念があるという意味です。 会社では経費としてあげた額を引いて所得を出します。 「引いて」とは控除する、マイナスするという意味です。 これに対して、税法では「控除してはあかん」「マイナスしてはならん」という規定があります。 質問にある交際費もこの規定に引っかかる問題児なのです。 では「経費にしない」「経費ではない」「非経費」「不経費」「あかん経費」「ならぬ経費」というべきでしょうか。 そこで、経費という語を使用せずに「損金」」といういう言葉を作り上げてるのです。 損金というのは法人税法上の用語です。 損金不算入とは「経費にして決算してるけど、税金の計算上は経費にしたらあかん」という意味です。 損金算入なら「あんたんところの経理では経費にしてないけど、税金の計算上は経費にできるんやで。せんと損じゃ」という意味です。 経費は収益を得るために支払ったかね。 損金は税金の計算のために所得から引ける金額、あるいは引かなくても良い金額。 損金を足したり引いたりするのを税務調整といいますね。 もっと詳しく知りたければ法人税法の申告書の書き方でも勉強ください。 起業の言ってる「所得」と国税当局のいう課税所得とは違うということですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 余計わけわかんなくなりました。

関連するQ&A

  • 交際費、一人5,000円以下の損金算入について

    平成18年の税制改正により、一人5,000円以下の得意先接待費が損金に算入できることとなったということですが、国税局のタックスアンサーでは、次のように記述しています。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5265.htm しかし、租税特別措置法第六十一条の四には、資本金1億円以下の法人に限定されているように思えるのですが、資本金300億円の大企業でも一人5,000円以下の交際費は損金算入できるのでしょうか。

  • 接待交際費@5,000円はいつまで?

    接待交際費@5,000円はいつまで? 接待交際費で、いろんな条件をクリアして、一人単価5,000円以下なら損金に算入できるというのは、時限法だったと思いますが、いつまで適用可なのでしょうか? 検索すると2年間限定の時限法だとか、古い情報も多々出てきてどれが最新なのか解らなくなってしまいました。 よろしくお願いします。

  • 接待交際費(飲食費)について

    資本金1億円以下の企業でも損金に算入出来る額が限定されると聞いていますが、具体的にはいくらまで認められるのでしょうか?

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

経費とは会社が支出した費用。 損金とは税金の計算上、利益から差し引ける金額。 接待交際費はどれだけ使っても問題ありません。 すべて経費です。 しかし税を計算するときには損金不算入分を利益にプラス計上して計算する必要がある。 損金にならない分は利益とし計算し税金を納めるということ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 余計わけわかんなくなりました。

  • 回答No.4

No.3です。 「損金」「経費」「費用」といった言葉は、厳密には意味が違いますが、一般的には同じような意味合いで使われることが多いです。 学問的なことは自分で調べてもらうとして、ここで言っているのは、 会計上の費用としては「経費」、その経費のうち法人税の計算上収益から差し引くことができる費用のことを「損金」として使っていますね。 ご参考まで。 http://www.keiei.ne.jp/dir/izumikaikei/column/10009078.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 余計わけわかんなくなりました。

  • 回答No.3

まず、交際費の一定金額が「税法上の損金」とならならないのであって、交際費全部が「経費」でなくなるという意味ではないことは、質問者さんも理解されていますよね。 交際費は間違いなく「経費」であって、使えば使うだけ利益が減ります。 ただし、その一定部分は「税法上の経費」とみなされないため、税金の計算をする際に経費として除外されない、つまり余計に税金を払うことになるというものです。 この点が、給与や減価償却など他の経費と扱いが異なるところです。 ではなぜ交際費がこのような扱いを受けるかというと、交際費をジャブジャブ使うことを認めると法人税の負担がどんどん軽減され、税収確保にも問題が発生すると考えられた結果であり、極めて「政治的」な判断といえます。 現在は、 ・資本金が1億円超の法人は、交際費の全額不算入 ・資本金が1億円以下の法人は、年600万円と支出交際費等のうち少ない金額の90%までが損金に算入できるとされています。 このあたりは「租税特別措置法」がよく変わるので、最新のものをご確認ください。 いずれにしても、交際費も経費のひとつですから、他の経費と同様に使えば使うだけ利益は少なくなります。さらに、算入限度を超えた交際費は、そのおよそ半分にあたる金額の税金を余計に納めなければならない訳ですから、「非常に割高な経費」と認識して上手に使うという心構えが必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 損金と経費はどう違うのでしょうか?

  • 回答No.2
  • hata79
  • ベストアンサー率51% (2555/4940)

販売促進等事業のために支出したものは、、その使途が明らかな限り企業会計上、全額が経費になるべきでしょう。 お話にあるように、バブル真っ盛りのときは、垂れ流し状態だったともいいます。 その額が(政府がいうのに)巨額であるため、それを抑制しようとする政策によって、損金不算入とするという租税特別措置法ができたのです。 実際に「損金不算入です」という指摘をするわけですが、実は税務署が決めたのではなく、政府が決めたのですね。 バブル全盛のときに法人が交際費を使った、それに対して政府がなんとかせんとあかんと税制を利用して規制したということです。 私などは、景気が悪くなる一因になってると思うのですがね。 個人事業主にはこの規定はありません。 個人から法人なりして、交際費をガンガン使う中には、本来は代表者が個人的に支払うべき費用負担を法人に支払わせてるという現実があり、法人成りのメリットを少なくして、個人から法人成りする者への牽制をしてるのではないかとも思います。 個人が交際費を経費になるからと使っても、結局はその個人のふところから出るものですから良いのですが(本当に交際費かどうかは別問題です)、それを法人に支払わせるという「あかん人間」が多いので、規制がされたという面もあるわけです。 下記URLは国税庁の機関「税務大学校」の稿本の法人税法ですが79ページに「交際費」があります。

参考URL:
http://topics.jp.msn.com/digital/general/article.aspx?articleid=657195

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 損金と経費はどう違うのでしょうか?

  • 回答No.1

今でも使い放題です。 税金がかかるというだけ。 損金にはできませんが経費です。 バブルのころは20パーセントだったと思います。 確か1億円未満の企業でも損金処理できるのは400万円までだったと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 損金と経費はどう違うのでしょうか?

関連するQ&A

  • 交際費の損金算入・不算入について

    祝い花は損金算入?不算入? 1億円以下の資本金会社です。 お取引先様に祝い花 15,750円×1を送りました。 交際費として処理したのですが、これは損金算入・不算入どちらになるのでしょうか? また、手土産代5,250円は損金算入・不算入どちらでしょうか? ちなみに税込処理をしております。 国税庁の交際費をみたのですが、いまいちよくわかりませんでした。 ご回答のほど、よろしくお願いします。

  • 【法人税】接待交際費について

    現在、法人税について勉強しています。 何冊か書籍を読んでいた所、内容の記述に相違点があったので質問させていただきます。 書籍1: 資本金1億円以下の場合、600万円までの90%が損金算入することができ、10%は経費とならない。 事例として:年間交際費800万円の場合 (600万円×10%)+(800万円-600万円) =260万円が損金不算入となる(540万円は経費になる) 書籍2: 例えば、資本金5,000万円の会社で、年間600万円の交際費を使ったとします。 その場合、経費にできるのは、600万円の90%にあたる540万円ということになります。 さらに年間610万円の交際費を使ってしまったとすると、今度は一転して1円も必要経費にならなくなります。 これは書籍1と書籍2ではどちらが正しいのでしょうか? 600万円を越えると1円も経費にならないのか、600万円を超えた分だけが経費にならないのか、教えてください。

  • 接待交際費

    法人での接待交際費は資本金10,000千円以下の場合で4,000千円以下 までは、1割の損金否認となります。 損益計算書において、上記を踏まえ当期利益に交際費の1割相当額を乗せての申告となると思いますが、 では貸借対照表上での当期利益(剰余・欠損金)もあわせて修正する必要があるのでしょうか? 実際には支出されてるわけですし資産の部と合わなくなると思うのですが。

  • 交際費の損金算入額

    資本金1,000千万円の会社ですが、H15.4より交際費の 損金算入限度額の範囲が変わったと聞きました。 実際に例えば500万円の交際費分があった場合の算入限度額はくらになりますか?

  • 福利厚生費と接待交際費

    先日、他の会社の事務員さんから聞いてフッと思ったので質問させていただきます。 接待交際費・福利厚生費は資本金の何%までと聞いたことがあります。資本金が300万円の会社はそれぞれいくらまでOKなんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 【法人税】交際費の損金不算入の根拠条文

    交際費は原則損金不算入で、中小法人のみ400万円の90%まで損金算入できる特例があると学びました。 中小法人の特例は、租税特別措置法61条の4に規定を見つけたのですが、 大法人が損金不算入である根拠を探しています。 ネットでは調べ切れませんでした。 宜しくお願いいたします。

  • 接待交際費について

    ここ数年経営者陣は経費節減と毎日の様に言ってきます。 が、そこでずっと気になっている事があります。 会社の接待交際費についてです! 私の会社は中小企業で売上は約6億、なのに接待交際費は年間1千万にもなります。 接待交際費として申請するのは社長と営業部長の2人だけなんです・・・ 私的には多いのでは?と思います。 普通一般的には売上の何%くらいとかあるものなでしょうか?

  • 交際費等の損金不算入額の計算について

    法人税の試験で、「交際費等の損金不算入額の計算」の、問題が出たのですが、3、の解答欄の書き方がわからなかったので、教えて頂きたく思っています。 問題は、<資料>として、損金経理として交際費勘定に計上した金額の内訳は次の通り、と7つ程項目(交際費と福利厚生費と広告費が混じっている)がありました。 解答欄は、 1、支出交際費の額 ( )+( )+( )+( )+( )=(  ) 2、定額控除額 (  )*( )/12=(   ) 3、損金不算入額 (   )-(1か2いずれか少ない額   )*( )/100=(   ) となっていました。 1、は問題の中から交際費になる物を選んで計算しました。仮に470万とします。 2、は400万*12/12=400万にしました。 3、はこの式が過去問でも見たことのない物で、わからなく自分の知ってる式で計算すると、答えが1100万になったので、 1500万-400万*10/100=1100万 としました。 ちなみに過去問の解答欄ですれば、 3、(400万)*10/100+{(470万)-(400万)}=(1100万) です。 色々考えましたが、 1)1、の計が400万以下だったのかも?(それでもおかしいですね) 2)3、の解答用紙の式が間違えてる? 3)法改正があってこれが新しい計算式 4)私のまったくの勘違い ですが、納得がいきません。 問題用紙も回収されたので、具体的な数字が書き込めず、わかりにくい文ですが、どなたかお願いします。

  • 交際費損金

    資本金1千万円以下の会社の交際費損金算入限度額は?

  • 交際費の損金不算入で

    初歩的な質問ですが・・ 中小企業です。 ゴルフ場年会費を経理上「会費 」で、 謝礼のギフトカード代を「研修代」 接待に使うタクシー代を「旅費」で 処理をしていても 税務上は 交際費 に含め  損金不参入で申告していれば 経理処理としては何ら問題はないのでしょうか?