• ベストアンサー
  • 困ってます

薬事法の広告規制について

よく分かっていないのですが、雑貨などを 販売する時、薬事法は関係あるのでしょうか? 薬事法の目的は、医薬品、医薬部外品、化粧品及び 医療機器の品質、有効性及び安全性の確保のために 必要な規制を行うとともに、指定薬物の規制に関する 措置を講ずるとあります。 現状の分類が雑貨であれば、効果効能を謳うことは 問題ないのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数533
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

こんにちは。 >現状の分類が雑貨であれば、効果効能を謳うことは問題ないのでしょうか 考え方が逆です。効能・効果を謳うなら、薬事法該当品目(薬事法に基づく各種試験を実施し、そのデータを以て医薬品医用機器総合機構に申請し、期待する効能効果に対する承認を得る要あり)でなければなりません。結果、apollonさんのお考えは薬事法違反に該当します。 お役に立てば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

質問者からの補足

お返事ありがとうございます。 その辺がよくわかりません。 医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器でないものを なぜ、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器が対象の 薬事法に基づく試験を必要とするのかがわからないのです。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

 何雑貨を売るかはご存じないですがもし、薬事法に関わる文句を入れれば必ず摘発される可能性が あります。効能をうたうのは薬事法で許可された方々だけがうたえる文句で一般人はかなり厳しく処罰 されます。例えばですが個人の感想とかで効能を言うのはかまわないですが。 商品を売るときこれは何々に効果が期待されるとかそういう文面を入れれば薬事法違反になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

質問者からの補足

お返事ありがとうございます。 その辺がよくわかりません。 医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器でないものを なぜ、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器が対象の 薬事法で処罰されるのかがわからないのです。

関連するQ&A

  • 薬事法と雑貨

    「雑貨」は、薬事法には関係ないでしょうか? 薬事法によれば、対象品は下記のようになりますように「歯ブラシ」の関していえば、分類は医療用具でもなく、「雑貨」になります。 しかし楽天ショップなどの歯ブラシを販売しているサイトで、優れた効果を謳っていたHPが最近、薬事法云々で削除しておりました。「歯ブラシ」で効果・効能を謳うことはできないのでしょうか。例えば、歯垢が取れるという効果は当たり前なのですが・・・。 厳密に美白になるとかいきすぎがだめなのでしょうか。 雑貨である「歯ブラシ」に薬事法は関係ないように思いますが、小売サイト運営者は知らないだけなんでしょうか。 よろしくお願いします。 薬事法の規制対象は医薬品、医薬部外品、化粧品、医療用具、動物用医薬品、動物用医薬部外品、動物用医療用具とありました。 http://www.houko.com/00/01/S35/145.HTM

  • 医療品て何なの?

    薬事法(やくじほう、昭和35年8月10日法律145号、英訳名 Pharmaceutical Affairs Law)は、日本における医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器に関する運用などを定めた法律である。 目的は、医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の品質、有効性及び安全性の確保のために必要な規制を行うとともに、医療上特にその必要性が高い医療品及び医療機器の研究開発の促進のために必要な措置を講ずることにより、保健衛生の向上を図ることにある(1条)。 とありますが、この中の 医療品 とはなんですか? 医療機器の付属品という意味ですか 具体的にどんなものがありますか? わかる方、教えて下さい。

  • 薬事法の広告規制について教えてください

    こんにちは。 広告の仕事をしておりますが、薬事法の広告規制(特に医薬品)について、実際の事例なども交えて分かりやすく解説している文献、サイト などをご存知の方があれば教えてください。

  • 薬事法での化粧品の広告の基準

    薬事法での、化粧品の広告の基準について教えて下さい。 例えば、皮膚科・美容外科などの医師が開発に携わったり、研究データをもとに作られたドクターズコスメと言われるジャンルの化粧品ですが、メーカーHPや製品のパンフレットに開発者として医師が白衣姿で登場している場合、薬事法では問題ないでしょうか? 白衣の医者が出ていると、イメージ的に安全性と有効性を感じますが、化粧品以上の効能がありそうにも見えます。

  • 薬事法に触れますか?

    商品名などはあえて記載しませんが、いわゆる医療用医薬品、OTCは別として、厚生労働省に認可されていない医薬品、例えが悪すぎました。改め、例えば自然食品でその効能に「糖尿病 高血圧」など明記するのは薬事法違反と解釈しております。 そこで質問ですが、「期待できる効能」と記載され、糖尿病 高血圧 リウマチ 喉 風邪 咳止め 熱冷まし と記載するのは薬事法に触れないのでしょうか? 教えてください。

  • 薬事法における効能と効果

    一般のテレビCM等では効能や効果を宣伝すると薬事法違反と されますが体操では健康増進とか健康体操、あるいは健康の 為に体操をしましょうと言われます。人体に対しての効能効果 を宣伝している現実があります。薬事法上で違法とされない のでしょうか?薬事法を読んで疑問を持ちました。 薬事法を厳密に適用したら膨大な範囲が含まれるでしょうから この法律条文自体に大きな欠陥があると考えるのですが・・・ 非医薬品と表示していれば薬事法の適用外とすれば良いのに と思うのですがねえ~ 誰も言う人は居ないのでしょうか? 【2010年1月30日 締め切り予定です】

  • 薬事法上のサプリメントについて教えて下さい。

    薬事法上のサプリメントについて教えて下さい。 友人に、「いいサプリメントがあるよ。」と言われ見せてもらいました。 アメリカのサプリメントで、錠剤ではなくドリンクでした。アメリカから取り寄せているようです。 友人が言うには、 「このドリンクは、薬事法\厚生労働省の承認\認可を取ったサプリメントだよ。」と言ったのですが、 私の知る限りサプリメントは薬事法上、医薬品ではなく食品に分類され薬事法\厚生労働省の承認\認可の必要はないと聞いた事があります。 友人が言った 「薬事法\厚生労働省の承認\認可を取った」とは、どんな承認\認可を取ったのでしょうか。 承認\認可は何を指しているのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 薬事法改正がビジネスに及ぼす影響は?

    現在国会で薬事法改正が議論されている由ですが、この度の薬事法改正(特に元売り承認制度への転換)が、業界に与える影響(下記質問)について教えて下さい。 【質問】お聞きしたい事は; ●製薬業界、医療機器業界&化粧品業界にどのような影響があり、 ●製薬業界、医療機器業界&化粧品業界はどのように変貌するのでしょうか? ●製薬&医療機器の主要企業はどのような戦略を考えているのでしょうか? ●医薬品、医療機器ビジネスに携わる企業にとって何が大切になってくるのでしょうか? ●既に元売り制度導入している欧米ではどの様な結果になったのでしょうか? 少し専門的ですがよろしくお願いします。

  • 薬事法違反ですか?

    薬事法について、 従兄のガンに、とある健康食品を試したところ結構な効果が出ています。 この健康食品は、韓国新薬製のメシマコブという商品で、韓国では 医薬品として大学病院等でガン治療に使用され、韓国の一般の薬局 では入手できないそうです。 日本では数社が輸入しているようで、私は医薬品ではなく、健康補助 食品として購入し、従兄に飲ませています。 そこで質問なのですが、 この韓国新薬製メシマコブをガンの知人にも勧めたいと思うのですが、 医薬品ではない物に効能を謳って紹介すると薬事法に触れるのでしょうか? 私は商品を紹介するだけで、販売する訳でもマージン等お金をもらう訳 でもありません。 ご存知の方がおられましたら、ご教示頂けますよう、宜しくお願いたします。

  • 薬事について

    いわゆる薬事について、ちょっと分からないので困っています。教えてください。 新薬の承認申請する時に、区分ってあるそうなのですが、その区分とはいったい何なのでしょうか? また、医薬品、医薬部外品、食品、化粧品の違いがよく分かりません。 例えば、塩酸ブロムヘキシンとか、イブプロフェンとか、アスピリンとかを食品、化粧品、医薬部外品なんかに入れて売っても規制されないのでしょうか? すみません、さっぱり初心者です。基本的なところから教えて頂けると、すごく助かります。 またこの辺の話について入門者にも分かるように説明された簡単な書籍など有りましたら、それも教えてください。 困っています。よろしくお願いします。