-PR-
締切済み

結婚に対して猛反対の彼女の両親

  • すぐに回答を!
  • 質問No.6895758
  • 閲覧数3775
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数8
  • コメント数0

お礼率 0% (0/8)

26歳地方銀行勤務の男です。
交際1年半経つ、同じ職場で同期の彼女(25歳)にプロポーズをし、OKをもらいました。

しかし、彼女から「一つ問題があって、私の父は昔から過保護で頑固でなかなか許してくれないかもしれない」と言われました。
彼女の父様はかなりの高学歴、上場企業に勤めており、彼女自身割と裕福な家庭で育ったとのこと。また母様とは父様が30歳の時に、23歳の彼女の母様と結婚したとのこと。
彼女は二人兄弟で弟がいるとのことです。

私は「どんなに断れても諦めたりしないから、挨拶の機会を作ってくれないか」と伝え彼女が先日両親に話をしてくれました。

しかし、彼女の予想通りで彼女の父様は
「結婚はみとめない。理由は入社3年目なんて半人前だ。少なくともあと3年は認められない。だからと言って3年後も認める約束はできない。それに銀行より収入がいい企業なんていくらでもある。まだ若いのだから他にも色々な男を見てから結婚すればいいだろう。」とのことです。
反対に彼女の母様は
「人間として一人前かどうかは勤続年数だけでは分からないし、26、25歳であれば十分自立して社会でやっていける、むしろ自立しなければいけないんじゃないかしら。それにお互いが結婚したいって思える人にそうそう出会うことなんてない。それに出産は早い方が良い」とおしゃってくれたそうです。
ですが、彼女の父様は納得できず
「会うのは良いが結婚は認めないことを話す。また相手の男性に対して酷いことを言ってしまうかもしれない。」と言われたそうです。
彼女の母様はこっそり彼女に「お父さんはどんなに言っても考えを曲げない人。もう勝手に婚姻届出しなさいよ」と彼女に言ったそうです。

私たちは3年待つということも考えましたが、できれば子供は20代のうちに二人欲しいので来年には式を挙げたい。また私も彼女も今の時点で結婚して生活していける自信がある為、少しでも2人の時間を大切にしていきたいということ。
今の収入は彼女の父様と比べたら低いものの生活は十分にできる。このまま働き続ければ景気等の状況にもよるが5年後の収入は二倍になる見込みがある。
二人で結婚に向けて貯めた資金が300万円ある。


私は「彼女に会ってくれる機会を作ってくれてありがとう。認めない事が前提だとしてもどうにか許して貰えるように頑張る」と伝えました。
しかし彼女は「私の目の前で両親があなたのことを悪く言うところを見るなんてあなたに申し訳なくて正直嫌だ。かと言って3年なんて待てない。来年には結婚はしたいから、それには会わないと前に進めないのだけれど。でもやはり父には祝福してほしい・・・我儘言っているのは分かるけど、どうしたらいいのか分からない」と泣いてしまいました。

正直板挟みの彼女を見ると辛いです。ですが今の時点で私には会って説得する以外に方法が見当たりません。何か良い方法はないでのしょうか?
また父様が認めない理由の一人前、収入等の問題について、角の立たない良い説得がなかなか思い浮かびません。もし何かアドバイス、喝等どんな事でもいいのでコメント頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。
通報する
  • 回答数8
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全8件)

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 20% (402/1958)

これは三顧の礼しかないです。毎週、お父様の休みの日に彼女の家を訪ね続けるんです。ひと月でもふた月でも、毎週毎週お願いに行くんです。家に入れてくれなくてもいいんです。この誠意をわからない人はいないでしょう。


  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 30% (188/617)

俺は君と同じ年齢で結婚した。妻は大学の後輩、彼女が大学卒業を待って結婚した。
その時俺は入社2年目だった。確かに妻方の父親には若すぎるのじゃないか?って言われた。
ちゃんと生活できるのかってね。俺は技術屋で、その時ある特許を取得して破格の報奨金を
頂戴した話をして、今後も何点か特許をとるつもりだから、経済的にも心配ない。
安心して俺にお嬢さんを任せて欲しいと頼んだ。それで義父はあっさり承諾したよ。

やはり親は心配なのは分かる。俺にも娘がいるからね。でも相手方の母親は賛成してくれてるなら
心配はないね。それから、ある程度自信を持って父親に臨まなきゃならない。
消極的な弱弱しい態度じゃ親も躊躇する。君は固い確実な職場だし、結婚資金もあるのだから
堂々と話せばよい。

彼女には「俺について来い。親は必ず折れる、娘の結婚を祝福しない父親はいない。」
そういってやるんだな。君が煮え切らない態度なら彼女も不安がる。
結婚は愛だけじゃ出来ない。自信と強い行動力、アグレッシブな姿勢。強いリーダーシップ。
そういうものがなければ進まない。

俺が君の立場なら、母親の進言どおり即行動を起す。

>このまま働き続ければ景気等の状況にもよるが5年後の収入は二倍になる見込みがある。
そういうことは強くアピールすることだな。
俺も義父に言った。40になるまでには年収を大台に乗せるし必ず一戸建てを購入するともね。
実際にはまだ40にはなっていないが数年前に年収も大台超えしたし一戸建てもGETした。
今じゃ義父は俺に娘をやって本当によかったと言ってくれる。親ってそんなもんだ。
  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 24% (6/25)

>「結婚はみとめない。理由は入社3年目なんて半人前だ。少なくともあと3年は認められない。
>それに銀行より収入がいい企業なんていくらでもある。

お父さんが本気で収入の多い少ないを問題にしているとは思えません。
お父さんがどんな仕事をしていて、それに比べてあなたの仕事にどんな不安感を感じているのか考えてみてはいかが。
たとえば、「銀行員は収入は良いけれど、ノルマがきつくて30代までにはかなりの人が辞める」という様な噂も前には聞きました。本当かどうかは知りません。

どうせ来年には結婚すると決めたなら、怖くはないし、まだ時間もある筈です。
ともかく、お互いの理解が大切ですから、認めてもらえない事を気にせずに、できるだけ頻繁に会って、あなたの人柄を理解してもらう様につとめてはどうですか。
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 29% (2314/7952)

解決方法にはならないですが、喝入れとして、

結婚が二人がするものだという考えが、甘っちょろく、お子様的思考です。
自立するというのは、高みに登るため、取捨選択すること。
何かを得るために、何かを捨てなければならないし、何かを育てなければならない。
アレも欲しいコレも欲しいは、あっちもそっちも手放したくないは、子供の駄々こねにすぎません。
そこを父親に弱みをつけこまれているのです。
父親は誰にも許可する気はなく難癖をつけているのですから。

解決方法は、父親の言うことを守ることでも、二人の我欲を通すことでもありません。
既成事実を重ねることで、許さざるを得ないようにすることです。
目的のためには手段を選ばないが、手段のために目的を忘れてはならない。

二人の甘えを削ぎ落してごらんなさい。
優先順位をつけてごらんなさい。
今より先を見据え、周囲を固めなさい。
心を細くして、蟻の一穴を開けましょう。思う念力岩をも通す。

あなたが父親に認められていないのは、プレゼン能力であり、営業能力であり、プロジェクト遂行能力であり、行員としての実務スキルと同じ部分です。
  • 回答No.5
レベル13

ベストアンサー率 32% (401/1246)

大丈夫ですよ。予定調和です。

銀行員のあなたがだめならばどんな男を連れてきたら納得するというのでしょう。


日本人の大好きなお約束パターンです。

20:42頃に印籠の前にひれ伏す悪代官のようなものです。

あなたも一通り、彼女の父親の罵声を浴びるのが筋書きなのです。
  • 回答No.7
レベル14

ベストアンサー率 39% (698/1786)

50代おっさんです。

単純に彼女の父親は、娘のことを過剰に心配しているというか、嫁に行かせるのに対して寂しいのでなんクセつけて反論している様子が伺えます。(三年後なんて言う数値なんて曖昧だから)
他にも、具体性を欠く発言ばかりですね。
但し、交際期間1年半ということについて様々な考えがあり、これを短いと捉えることは、否定できないですね。

彼女が大きな会社の社長令嬢とかだったら、貴方も恐れ多い-となるが、父様も大手とはいえサラリーマンでしょ、又彼女も同じ職場なのに、何でこんなこと言われなくてはならないのか、お金も大事ですが、全てそれですか!じゃないですよね。

しかし、今の父様にこんなこと発しても、貴方が説得なんて、逆効果ですね。
いかに、父様に安心感を得るかですね、救いは母様ですね、既に味方になってくれている。

貴方は銀行に勤めてらっしゃるのですから、色々なお客様と接する機会もあると思います。
父親に対してもお客様の対応を心がけていることと思われます、接客態度以上の対応が必要なので接点を序所に増やしていく、この父様の歳になると人付き合いが煩わしいので、程ほどで良いのです。
そして、貴方のよさを少しずつでもアピールしていく、もちろん彼女からも貴方の居ない時に、良い印象を父親にアピールしてもらう、しかし、上述の通り、父様は、寂しい気持ちがあるのでベタベタなことでなく、職務上での貴方の良いところをアピールしてもらう、単に業績のことばかりでなく、お客様の反応とかも含めてです。
彼女から父様に訴えかけることが効果的です、他として例えば父様や母様に「いつでも会えるからね」みたいな安心感を植え付けておくこと。

しばらくは、父様仁王立ち状態かも知れませんが、貴方の気遣い・彼女の父親に対する積極的な働きかけ、母様との良好な関係の継続等、次には彼女の弟さんもと父様周囲の全てを味方につけて行動にでるべきです。

やれるだけやっても、この父様が納得しないのなら、ある一定の期間(貴方と彼女が目標とした)で、母様のアドバイス通り籍を強行で入れるのも手段として考えておくべき、当然、父親に対する大きなリスクを覚悟の上で、この場合は事前に父様に宣言すること。

とにかく、貴方が説得ではなく、貴方が彼女にとって良きパートナーということを見せるべきですね。
サラリーマンなのですから、急激に収入が上がるなんて、そんなもの父様はご存知のはず、収入を上げるより、支出を抑える、結婚したら、何かひとつでも趣味や道楽を辞めるとかの方が良いのではないですか。家事は協力するとか、掃除が好きとかでもプラスですよね。
彼女が苦手とすることを補えるということも良いですね。
先ずは、彼女のことを主役に立てて話し合いすることですね。

お幸せになって下さい。
  • 回答No.6

彼女の父親は、決してあなたを否定しているのではなく、どんな男を連れてきても色んな理由をつけて拒否するのです。
それをわかっているから、彼女も彼女の母親もそのような言動に出るのです。

で、肝心なのはあなたが上記を理解して、父親に何を言われても凹まない精神力を保ち、見せつける事です。
あなたが弱気になれば彼女はますます心配するし、ふたりして気持ちがナイーブになれば進むものも進まなくなります。
彼女のお母さんにはしっかりと認めてもらえ、援護射撃をしてもらえるように。彼女にも果敢に父親に立ち向かっていけるように、支えましょう。

父親はあなたを人格でみているわけではないのです。娘かわいさのあまりの単なる視野が狭い人なのです。なので、絶対に凹まないようにしてくださいね。
あなたが頑張ってくれる姿を見たら、彼女も頑張ってくれます。
  • 回答No.8
レベル12

ベストアンサー率 34% (209/607)

説得出来るとは思わずに、でも努力を認めてもらえるよう頑張るしかないでしょう。

長年連れ添って来て、一番効果的な伝え方を分かっているお母様が説得出来ないものを、数度お伺いしたぐらいで説得出来ると思ってはいけません。

でも、「会うのは良いが」と比較的あっさり妥協してる所を見ると、そこまで堅い訳でもないですよね。
娘が選んだ男がどんな男なのか正直気になるし、「当面」許す気が無いとしても現在の付き合いそのものに口を挟むつもりもない。
1年とかじゃなく、3年という長い月日の提示も、「他に色々男を見てからでも・・・まだ若いんだし」という思いもあるでしょうけど、同時に真剣度のチェックにも思えます。
「生涯連れ添うと心に決めた女を3年待つことも出来ないのか?ならダメだ」というような。

これが30代の結婚だとお父様もこんな無茶言わないんでしょうけど、25歳ですからね。

彼女さんの泣いてしまうお気持ちも分かりますが、彼女さんにはもっと強くなって頂かないと、この結婚は難しくなります。かなめは、貴方ではなく彼女なのです。
最終的にこのお父様を動かせるのは彼女しか居ません。 どれだけ貴方が頑張ったとしても。
「娘はこの男といて本当に幸せそうだ」というのが最高の説得材料な筈なので。

貴方一人がどうこうしようとするのではなく、彼女と二人で、どういうアプローチをしていくかを練って下さい。彼女を十分に巻き込んで話を進める事で、万が一、同意が得られず強硬手段に出る事になっても、彼女自身の諦めもつきます。 二人であそこまでやって、祝福が得られなかったのなら仕方がないと。
「板ばさみになる可哀相な彼女」は短期間のこと。後悔は一生です。
あなた方お二人が、結婚の先に得たいものを共有して同じ方向へ歩めるのが一番大切です。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
結婚について悩んでいる人にあなたの体験を伝えてみませんか?
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ