• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

thanがなくてもmoreは使える?品詞は?

why did you buy more office goods?という文があるんですが、moreの後にthanがこなくても使えるんですか?その場合は形容詞になるということですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数3
  • 閲覧数382
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#145074
noname#145074

他の質問の箇所でも申し上げましたが、英語では比較級というものを頻繁に使います。単独で使われているように思えても、比較級があれば必ず"than ~"が省略されています。日本語で「比較級=より」と思っていると完全に全体の理解は出来なくなります。"than"は前置詞ではなく、接続詞で、原則として文と文を比較します。比較は、ある「一点」を比較します。「主語と主語」「時制と時制」「目的語と目的語」「補語と補語」「場所と場所」「方法と方法」その他いろいろ。そして結果的には同じ部分だけ省略したり、文脈で何が省略されているか分かる場合は"than 以下すべて"省略します。 ご質門の場合、"Why did you buy more office goods?"という英文ですが、ほとんど文脈で分かるから、"than ~"が省略されているのです。私には文脈が分かりませんから、上の比較の例でいろいろ考えて見ましょう。 ●「主語と主語」→「なぜ[あなた]は[彼女]より多くの事務用品を買ったのですか?」 ⇒ Why did you buy more office goods than she bought office goods? ⇒ Why did you buy more office goods than she did? ⇒ Why did you buy more office goods than she? ⇒ Why did you buy more office goods? ●「時制と時制」→「なぜあなたは[以前買った(時)]よりも多くの事務用品を買ったのですか?」 ⇒ Why did you buy more office goods than you had bought office goods before? ⇒ Why did you buy more office goods than you had done before? ⇒ Why did you buy more office goods than before? ⇒ Why did you buy more office goods? ●「目的語と目的語」→「なぜあなたは食料品より多くの事務用品を買ったのですか?」 ⇒ Why did you buy more office goods than you bought food goods? ⇒ Why did you buy more office goods than food goods? ⇒ Why did you buy more office goods? ●「補語と補語」→ 今回は当てはまりません。 ●「場所と場所」→ 今回は当てはまりません。 ●「方法と方法」→ 今回は当てはまりません。 ●文脈から上の3つのどれが当てはまると思われますか?上の3つの最後の文はみな同じですよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

これはTOEIC関連の問題なんですが、この省略というのでいつも苦しめられています。 more than both and neither nor という形を条件反射的におぼえているため、どちらかがないと混乱してしまいます

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5689)

more (=additional) は形容詞です。than がない文例は辞書にも沢山載っていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

  • 回答No.1

そのとおり、これはmanyの比較級のmoreです。 この場合はthanは必要ありません。 形容詞です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

関連するQ&A

  • more thanについて

    お世話になっております。 以下についてお教え頂けないでしょうか。 This constraction noise is more than an inconvenience. (1)moreの後に比較を表す形容詞がどうして存在しないのでしょうか? (2)また以下のような文にすることは文法的に可能でしょうか? This constraction noise is more inconvenience than an usual inconvenience. ご指導のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

  • more than の分解

    『more than + 名詞』の文法構造を教えてください。 例えば、次のような会話があったとします。 ------------------------------ How log have you lived here? (ここにはどのくらい住んでるの?) For more than five years (5年ちょっとくらいね) ------------------------------ Q1)こういう場合のthanの品詞は何なのでしょうか?   通常の比較構文と同じく、接続詞なのでしょうか?   接続詞であるとするなら   thanの後に、S+Vの構造がどうして無いのでしょうか?    Q2)また、この場合のthanは何かを比較しているのでしょうか?   比較しているのだとするなら、   比較している対象は何なのでしょうか?    Q3)また、moreはこの場合どういう役割を果たしているのでしょうか?   意味としては、以上とかより多いということだと思いますが   何を修飾しているのでしょうか?    よろしくお願いします。

  • A more than Bについて

    moreが副詞のとき A ~more than B… で Bが…するよりさらにAは~する という意味になると思うのですが   A more than Bでmoreが形容詞の時、 Bよりさらに多くA という意味を表しますか? (つまりmoreがAを後ろから修飾している場合はありますか?) もし表すなら例文をお願いします I have more books than he.のようにmore A than B で Bよりさらに多くA という意味になるのが普通だと思いますが

  • more thanの使い方

    more thanの使い方が分からないので質問させていただきます。 *I study English more than French. *Do you deliver magazines more than newspapers? 上の2つは間違いで、 I study more English than French.  Do you deliver more magazines than newspapers? が正しいのはなぜでしょうか? でもI like pizza more than mashed potatoesのように"more than"を続けて使用できる場合もあります。 どのような時に "more than"を続けて言うことができ、どのような時に間に名詞を挟むのかがよく分からないので、ご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただきたいです。

  • thanの品詞は?

    much higher thanとあるときmuchが形容詞higherを修飾してますよね、では、このときの thanの品詞は何になるんでしょうか?

  • more fewer , more less

    I made more fewer mistakes than he did. という文があります。 fewer は形容詞の比較級でmistakes(名詞)を飾っています。?比較級を副詞で飾るにはmuch、even, far, by far, still, yet とかではなかったですか? much (副詞)も比較級になって+比較級のfewerと一緒にmistakesを飾れちゃうんでしょうか? まだまだ例文はあります。 He exercises more less than I do (me.) She drinks more less wine than beer. などなど。 much で比較級を強めるより さらに強めるのか? と思ってみたり・・・ともかく わかりません。 よろしくお願いいたします。

  • no more の more について

    比較文の no more で使われる more は、品詞は何なのでしょうか? 長い形容詞のときの比較級に使われるmore(例えば more unfaithful)と 同じ種類のものだとばかり思っていましたが、 短い形容詞でも使われる(例えば more tall)し、 さらには、名詞でも使われる(例えば more an artist)ので、 とても混乱してしまっています。 1) She is no more unfaithful than her sister。 2) He is no more tall than his brother. 3) He is no more an artist than I am. 形容詞の比較級のときに使われるmoreとは まったく種類が異なるようなのですが、 このmoreの役割と品詞について教えてください。 幾他の参考書をみても、文例先行となっていて なぜ、形容詞でも名詞でもあとに導くことができるのか 肝心の記述がなく、困っています。 よろしくお願いします。

  • thanについて

    例えば「彼女は私よりも大きい。」は学校では She is bigger than I と習いました。でも、 than Iの代わりに than meが使われているのもよく見ます。 これって、学校では間違っていると教えていることが 間違っているのでしょうか? それから、形容詞の比較級を作るには2音節以上の場合は moreを使いますが、2音節でも -erで比較級を作る形容詞もありますよね。これって、厳密にはどういう法則があるのでしょうか?

  • much more の品詞

    much more の品詞はなんでしょうか。 There is so much more to do.の文で、 (1) much が名詞で more が形容詞で修飾しているのでしょうか。 (2) あるいは、much more がひとかたまりで名詞でしょうか。 (3) あるいは、 more が名詞で much が修飾しているのでしょうか。 それらは、どのようにして判断できるのでしょうか。

  • moreの使い方

    比較級の勉強をしていたらmoreの使い方がわからなくなってしまいました。 たとえば、「この店はあの店よりたくさんの本を置いている。」と言う文章だと、 this store has more books than that one.で良いのでしょうか?そしてここで使っているmoreはmany の比較級と考えれば良いのでしょうか? では良く使う、more+形容詞/副詞+than のmoreは形容詞を修飾する副詞と考えれば良いのでしょうか、時にはthere are many much CDs in the store.という文章もあり、何だかわからなくなってしまいました。 辞書をみると、moreには形容詞・代名詞・副詞とあり、どの時に何が使われているのかよく分かりません。 ご存じのかた教えていただけると嬉しいです。