• ベストアンサー
  • 困ってます

連立漸化式から数列の一般項をもとめる問題です

aは実数とする。x1=y1=2のとき x[n+1]=x[n]+ay[n]・・・・・・・・(1) y[n+1]=2x[n]+2ay[n]-2・・・・(2)     (n=1,2,・・・) から数列{x[n]}、{y[n]}の一般項を求めよ。 この問題で(2)へ(1)を代入し、x1=y1=1よりy[n]=2x[n]-2 (n=1,2,・・・)と分かりました。 この式を(1)へ代入して   x[n+1]=x[n]+a( 2x[n]-2 ) =( 2a+1 )x[n] - 2a(n=1,2,・・・)・・・・・* よって   x[n+2]=(2a+1)x[n+1] - 2a (n=1,2,・・・) -) x[n+1]=( 2a+1 )x[n] - 2a (n=1,2,・・・) --------------------------------------------------------   x[n+2]-x[n+1]=( 2a+1 )(x[n+1]-x[n]) (n=1,2,・・・) が得られました。すると2a+1=0のとき等比数列にならないので場合分けがいると思いましたが 参考書の解説には場合分けがありませんでした。これはどういうわけなのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数180
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

2a+1=0のときでも{x[n+1]-x[n]}は等比数列になります。公比"0"の等比数列です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました 。

関連するQ&A

  • 漸化式について。

    a_1=1, a_(n+1)=3a_n+4nで定められた数列{a_n}の一般項を求めよ。 という問題なんですが、解説を読んでも理解できません;; 解説には、b_n=a_n-(αn+β)とおいて、数列{b_n}が等比数列になるように、αとβを求め、一般項を出す、というやり方で書いてあります。 何故b_n=a_n-(αn+β)とおくのでしょうか?αn+βがどこから出てきたのか分かりません・・・。 また、{b_n}が等比数列になるようにαとβを求める、ということも理解できません。 何故、b_nは等比数列にならなければいけないのでしょうか? どなたか教えてください。お願いします。

  • 数列 漸化式

    A(n+1)=2A(n)+n (初項A(1)=1) という数列があるとします。 この一般項の形を求めるのに、この漸化式を満たす数列{B(n)}=αn+βを設定して、 この漸化式に代入、恒等式から{B(n)=-n-1}がわかります。 この{B(n)}の式が最初の漸化式を満たすわけですから、 A(n+1)=2A(n)+n B(n+1)=2B(n)+nの両辺を引いて A(n+1)-B(n+1)=2(A(n)-B(n))という等比数列が成り立つので、 A(n)=3*(2のn-1乗)-n-1   となると思うのですが、 ここから質問です。 なぜ最初の漸化式を満たした、B(n)=-n-1 と これまた漸化式を満たしている、A(n)=3*(2のn-1乗)-n-1 が異なっているのでしょうか? 回答お願いいたします。

  • トリボナッチ数列の一般項の求め方について

    トリボナッチ数列のn番目の項をT(n)と表記することにします。 T(n+3)=T(n)+T(n+1)+T(n+2)…(1) T(1)=T(2)=T(3)=1とします。 x^3=x^2+x+1の解をA,B,Cとすると、解と係数の関係から A+B+C=1 AB+BC+CA=-1 ABC=1 (1)からT(n+3)=(A+B+C)T(n+2)-(AB+BC+CA)T(n+1)+ABCT(n)…(2) (2)からT(n+3)-(B+C)T(n+2)+BCT(n+1)=A{T(n+2)-(B+C)T(n+1)+BCT(n)} よってT(n+3)-(B+C)T(n+2)+BCT(n+1)=A^n{T(3)-(B+C)T(2)+BCT(1)} =A^n(1-B-C+BC)=A^n(A+1/A) これは(A、B、C)を(B、C、A)、(C、A、B)に置き換えても成り立ち それぞれの式をI、II、IIIとします。I+II+IIIを求めると 3T(n+3)-2T(n+2)-T(n+1)=A^n(A+1/A)+B^n(B+1/B)+C^n(C+1/C) このnに0~n-2まで代入して和をとると 3T(n+1)+T(n)-3T(2)-T(1)=Σ[0~n-2]{A^n(A+1/A)+B^n(B+1/B)+C^n(C1/C)} 右辺は項比がAかBかCの等比数列とみて計算できます。 こうしてT(n+1)=aT(n)+(定数)+(nを指数にもつ式) の形に表せるのですが、この式から一般項を求める方法がわかりません。 I、II、IIIを連立する方法もありますがこの式からはもとめられないのでしょうか? どなたか教えてくださるとありがたいです。

  • この数列の一般項の求め方

    2^2,4^2,6^2,8^2,・・・・ 簡単な数列なのですが、一般項の求め方で悩んでいます。 しらみつぶしではない解法です。 答えはan=(2n)^2です。 等比数列だからar^n-1=anに当てはめるのでしょうか?

  • 数列の和の一般項について テスト前!!

    今回の問題)1,1+3,1+3+9,1+3+9+27 という数列の初項から第n項までの和なんですが、 なんか基本的な 1・2・3 + 2・3・5 + 3・4・7 よってΣk(k+1)(k+2) みたいなのとは違って 最初の一般項の出し方が特殊みたいですが その式が理解できないです。 一般項=1+3+9+・・・+3^(k-1) =3^k-1/3-1= 1/2・(3^k-1) 一般項が等比数列になってるみたいですが、この一般項って問題の式の一つ一つの項の一番右の値だけとってつくってるみたいですが なんでこうなるのかわかりません。 Σ1/2・(3^k-1)

  • 数列の一般項はどこまで簡単に?

    お世話になっております。 特に等比数列の一般項は、冪数が大抵n-1であることから、初項によっては指数法則を使っていくらか変形できますよね? 問題によっては、変形した場合とそうでない場合が稀にあるようですが、答えとしてはどちらでも良いのでしょうか。例えば、 Dn=(3/4)・(-3)^(n-1)と Dn=(-1/4)・(-3)^n などです。

  • 等比数列に関する質問です。

    等比数列に関する質問です。 初項から第四項までの話が130の数列{An}を考える。 ただし数列{An}の項はすべて実数とする。 数列{An}が初項16の等比数列であるとき公比を求めよ。 この問題が全くわかりません。どなたか答えと、その答えを求めるまでの式を教えてくださ ると幸いです。

  • 数列で

    6,1,-2,2/3,-2/9、・・・・・という数列で 等比数列{an}の一般項を求めよという問題がでたのですが これは等比なのですか? 何の規則性もないように思えるんですが もしこれに等比数列の一般項があるならだれか教えてください!

  • 等比数列

    第10項が1/16、第15項が2となる等比数列{an}で、第何項が初めて100を超えるか。 初項a、公比rとして、題意より ar^9=1/16・・・(1) ar^14=2・・・・(2) (2)÷(1)より r^5=32 rは実数より r=2 (2)に代入して a・2^14=2 a=1/2^13 したがって一般項は an=2^-13・2^n-1 …という感じで解こうとしてみたのですが ここまではこれでいいのでしょうか?? また、この後はどのようにしたら解けるのかも含めてお答え頂けると助かります!! 一般項>100 という形にしたりもしたのですが、 計算が進まず困っています。 よろしくお願いします。

  • 数列の問題です

    質問がいくつかありますが、よろしくお願いします 次の数列の初項~n項までの和を求めよ 1、1+4、1+4+7 与えられた数列の第k項をAkとし、求める和をSnとする ここで一つ目の質問です! なぜn項まで求めよといわれてるにもかかわらず、第k項までの一般項を求め和を出そうとするんでしょうか 続き Ak=1+4+7+・・・+{1+(k-1)・3} ここで二つ目の質問です! この式はどのようにして出したんですか? 1、1+4、1+4+7 という数列にもかかわらず2項目1やら3項目の4はどこへ消えてしまったんでしょうか? そして最後の質問です Σというのは和を表すと書いてあるんですが ならば 等差、等比数列の和の公式は必要なくありませんか? またはΣ公式などを使わなくても全て等差、等比数列の和の公式でできるんじゃないでしょうか? なぜわざわざ分けているのでしょうか? 質問が多くて恐縮ですが 解説よろしくお願いします。