• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

伝達関数のゲインの設計方法について質問します。

伝達関数のゲインの設計方法について質問します。 ゲインは例えば2次系なら減衰比によって設計するのは知っています。 ではas+b/cs^2+ds+eなどの伝達関数のときにはどのように設計すればいいのでしょうか? 解答よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数256
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

なだらかなゲイン変化を作る場合がふつう。 その場合なら、一次の零-極を折れ線近似で組み合わせるのが基本的。 それで間に合わなければ二次の零-極に頼ることになり、目的にあわせた設計資料をそろえるのが先決。   ↓ 参考URL >5.4 ボード線図の性質     

参考URL:
http://k-lab.e.ishikawa-nct.ac.jp/course/CE2/11CE2/handouts/11CE2_lect04/11CE2_lect04_slide.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考URLまで載せて頂き、ありがとうございます。 とても参考になりましたので、ベストアンサーとさせていただきます。 ご丁寧にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 伝達関数のゲインが0になる位置。

    伝達関数のゲインが0になる位置。 伝達関数G(s)=4s+1/14s^3+9s^2+s においてボード線図を書け。 という問題において、どの周波数で変わるのかは分かるのですが…ゲインが「0になる場所」がどうしても分からないのです。 ちなみに自分なりの考えを書いた解答も書きますので参考にしてください。 G(s)=4s+1・1/s・1/7s+1・1/2s+1 (1)4s+1 T=4, 1/T=0.25, 20dB/dec (2)1/s -20dB/dec (3)1/7s+1 T=7, 1/T=0.15, -20dB/dec (4)1/2s+1 T=2, 1/T=0.5, -20dB/dec この伝達関数は範囲を考えてみると (1)ω:~0.15 -20dB/dec (2)ω:0.15~0.25 -40dB/dec (3)ω:0.25~0.5 -20dB/dec (3)ω:0.5~ -40dB/dec

  • 伝達関数について

    初めにゲイン線図の概形図が与えられており、このゲイン線図のようになる伝達関数を求めよ。 (図としては、【最初は傾き:-40[dB/dec]で変化しており、ω=ω1から傾き:-20[dB/dec]の変化になり、ω=ω2で0[dB]を通って、最後はω=ω3で再び傾き:-40[dB/dec]に戻る】という図です。) という問題があるのですが、その解き方が良く解りません;初めに私が考えた方法としては、 1.ω1~ω3に、適当に値を代入する。(例:ω1=0.1;ω2=1;ω3=10) 2.そのゲイン線図から実際に伝達関数を求めてみる。 (ω=0.01のときはグラフより60[dB]となるので、その値となるように部分的に伝達関数を用意する等…) 3.求めた伝達関数の部品(?)を合成して、合成伝達関数を求める。 4.ω1~ω3を全て使って、その合成伝達関数が成り立つように式を立てる。 というようにして、 G(s)={(s+ω1)ω2ω3}/{s^(2)×(s+ω3)} という解を出したのですが、これでは明らかに図が複雑になったときに求めることは出来ませんし、4.のところではω1~ω3の色々な組み合わせを試さなければならないため、かなり時間がかかってしまい、実際に解くのはまず不可能と思います…; どなたか正しい考え方を教えていただけないでしょうか?

  • 伝達関数に関する問題が解けません。 パルス伝達関数

    次の図の伝達関数P(s)に0次ホールドを前置して、サンプリング周期hで離散化した時のパルス伝達関数P(z)の係数a1,a2,b1,b2を求めよ。なおe^(-h)=0.8187,e^(-2h)=0.6703とする。 という問題が解けません。 P(s)の分母が1次関数の場合は解けるのですが、2次関数になると解けません。 よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

参考URL の貼り違え。   ↓ >二次系のボード線図     

参考URL:
http://www.mapse.eng.osaka-u.ac.jp/w2/uenishi/jyugyo/seigyo8.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 伝達関数の問題が解けません

    ラプラス変換を用いた伝達関数の問題が解けません。 質量(m2)----------→y2       | ばね(k2)       |      質量(m1)       |     |     | ばね(k1)  減衰器(D)       |        ---------→y1 入力をy1出力をy2として伝達関数を求めよという問題なんですが、m1、m2とも固定されておらずどこから考えればよいのかわかりません。 車のモデル(m1が車、m2が人)として有名らしいのですが、さっぱりわかりません。回答お願いします。

  • ボード線図で1次遅れの伝達関数のゲイン線図について

    ボード線図で1次遅れの伝達関数のゲイン線図について質問です。 モータの制御の実験をしているのですが、ボード線図においてゲインがプラスになる時は何を意味しているんでしょうか? また、0の時は何を意味しているんでしょうか? どなたか教えてくれると助かります。

  • 伝達関数の質問です。

    伝達関数の質問です。 y(t)=kx(t) の入出力がある時、伝達関数G(s)はどうやって求めるのでしょうか?

  • 伝達関数からのオペアンプ設計

    こんにちは、早速ですが質問させていただきます。 私が悩んでいる問題は H(s)=-(s+1)/(s^2+7s+12) とういう伝達関数をオペアンプ1つとRとCをいくつか使って設計しろというものです。 いろいろと試してみましたが、 二次のローパスフィルタやアクティブフィルタにあてはめようとしても上手くいきません。 部分分数分解をしても入力が2つあるわけではないので加算回路や減算回路にあてはめることはできません。 分母と分子をs+1で割ってその式を逆相増幅器の伝達関数に当てはめればいいかなとも思ったのですが、それもうまくできません。 思いつく限りのことはしたつもりです。これ以外にオペアンプを設計する手法はあるのでしょうか。 たとえば、零点と極からオペアンプを設計するということができたりするのでしょうか? 回答よろしくお願いいたします。

  • 伝達関数が求められません

    このブロック線図の伝達関数の求め方が分かりません。 もしかしたら図がおかしいのかもしれません。 もしよろしければ伝達関数を求めていただければありがたいです。

  • 伝達関数

    伝達関数G(s)=2/{s(s+1)}の 周波数伝達関数G(jω) = -2(ω+j)/[ω{ω^(2)+1}] というのは理解できるのですが、 ゲイン特性|G(jω)| = 2/ω√{ω^(2)+1} 位相特性∠G(jω) = arctan(1/ω) というのは、どのように導出したのでしょうか。

  • ボーデ(ボード)線図→伝達関数、ゲイン余裕

    ボーデ線図のゲイン特性において ~10^0の傾きが-20dB/dec、 20log_10lGl=0(後にゲイン余裕を求めよという問題があるので厳密には0より少し小さいです) 10^0~の傾きが-60dB/decです。 問題には図が書いているのですが、わかりにくいと思いますが言葉で説明させていただきました。 このときの伝達関数を求めよという問題です。 ~10^0の傾きが1のときは一応伝達関数を求めることができるのですが、 最初に傾きが出てしまうとどうもとめていいのかわかりません・・・。 あと、次に位相特性も示されゲイン余裕を求めよという問題があるのですが、 ωT=10^0のとき位相特性が-180度でこのときのゲイン特性が負なら ゲイン余裕があるとみていいんでしょうか? で、そのωT=10^0のときの絶対値がゲイン余裕なんですか? 使っている教科書にはナイキスト線図を用いたゲイン余裕しか取り扱ってなかったので質問させてもらいます。 あと、制御に関してはまだまだ素人で言葉の説明がわかりにくいかもしれませんが、よろしくお願いしますm(_ _)m

  • 伝達関数の減衰定数と減衰周波数の定義について

    古典制御理論における伝達関数の減衰定数と減衰周波数の定義を教えて下さい。 古典制御の本を読んでも、2次系の伝達関数の減衰定数ζと減衰周波数ωnは、分母の1次の係数と定数から求める(1次の係数=2*ζ*ωn、定数=ωn^2)、と書いてあるのみで定義については触れられていません。そのため、伝達関数の基本形から外れる場合や3次以上のの系について、それらをどのように求めるかわかりません。定義がわかればどのような伝達関数でもそれらを求めることができると考えています。 物理的な意味としては減衰定数が目標に対してどのように漸近していくか、減衰周波数は目標に対してどのように振動して漸近していくか、ということは理解しているつもりです。 よろしくお願いします。

  • [制御工学]伝達関数の標記に関する質問

    たとえば、あるアクチュエータへの印加電圧Vに対する回転数Nの、動特性に関する伝達関数が、 G(s)=1/(0.2s+1) で表されるとします。 また、静特性(ゲイン)は非線形であり、VとNの静的な関係が N=3*V^4 であるとします。 この場合、つまり(ゲインを無視した)動特性のみの伝達関数がG(s)=N(s)/V(s)=1/(0.2s+1)であり、静特性の関係がN=3*V^4である場合、(静特性と動特性を含めた)伝達関数は、普通どのように標記するのが正しいのでしょうか? (線形の場合は、例えば1次遅れだとG(s)=K/(Ts+1)で表しますが、ゲインKが非線形の場合はどのように標記したらいいのでしょうか?)

  • CR回路の伝達関数について質問させてください

    CR回路の伝達関数について質問させてください 現在、伝達関数について勉強中なのですが、下記サイトを参照したところ、ゲインは1倍だという結果を導き出しているのですが、どうすれば公式から1と導き出せるのでしょうか? どうしても、理解できないため教えてください。 また、結果を見てみると虚数jが消えているのですが、どこに行ったのでしょうか? http://www.geocities.jp/a_story_of_circuits/html/advanced_exp/1_8_CR_pulse.html

専門家に質問してみよう