• 締切済み
  • 暇なときにでも

保険の切り替えで悩んでいます。ご意見をお聞かせ下さい

夫の生命保険で悩んでいます。 現在夫の生命保険はスミセイに加入しています。そろそろ切り替え(ライヴワン)をと勧められ、いい機会だからと私も少し保険について本を読んだりして勉強しました。 そこで思い切ってこの保険を解約して、全て掛け捨てにした方がいいのでは?と思い始めています。 月の保険料は今と同額で、以後10年から15年はほぼ同じ金額で済む計算になりました。 それでもレディのプランも今の保険を下取りする形でだいたい同じような保険料なんです。 確かに保険料は同額でも、その中には下取りが半分積立部分に半分利用されているので、手元には1円も戻ってきません。積立部分もしばらく解約できそうにありません。 その点、掛け捨てにすれば解約金約45万が手元に入ってきます。 ただ、私の中でスミセイへ後ろ髪引かれるのは毎月給与から引いてもらえるので、年末の控除の手続きは一切した事がないことや、転勤族のため引越しの際住所変更をする際もスミセイだけに連絡すれば済むこと、がんなどの場合は保険料の支払いが無くなること。 あとはやはり大手生命保険会社なので、支払いの幅が広いことでしょうか・・・。せっかく安く保険料を済ませても「この場合は支払いの範囲では無い」と言われてしまってはどうしようもありません。 どうか、ご意見をお聞かせ下さい。 ちなみに、掛け捨ては生命保険をオリックス生命、医療保険は全労災でと考えております。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数358
  • ありがとう数16

みんなの回答

  • 回答No.7
  • Pigeon
  • ベストアンサー率43% (624/1420)

#3の者です。 #7さんの参考URLが気になりましたので少々。紹介されてるものは、どこの監督下にも無いいわゆる「無認可共済」のものです。無認可共済の中では有名なものの一つですが、募集人=契約者(共済構成員)という特異な内容で、募集形態はMLM(マルチレベルマーケティング)です。 特定の団体を批判するつもりはありませんが、無認可共済の場合はある日突然破産(破綻ではありません)し、何も残らないリスクがあります。どこの監督下にも無いと言うことは、どこからも救済されないと言う事でもあります。 保険会社を監督する金融庁では最近、この様な無認可共済のうち不特定多数を対象とする自称「共済」を明確に保険業法違反という事で厳しく対処する方向を打ち出しています。 と言うことで、無認可共済の紹介は控えて頂きたくお願い致します。

参考URL:
http://www.fsa.go.jp/news/newsj/14/sonota/f-20030630-3.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • もう一度チャンスをください積立保険料について

    同じような質問をさせていただいたのですが、私の理解力が無いようで。 保険料と積立保険料の違いはなんですか? ネットでも、商工会議所のHPも調べましたが、積立保険料にヒットしません。 会社の代表者が生命保険会社の個人年金保険に加入した場合、積立保険料に計上されていますか? 当社では、個人年金の加入分は積立保険料にしています。 その他に、生命保険は死亡保障のみで、被保険者が退職した場合、退職金手当てにも充当できる、企業向けの保険に加入しています。 保険金の支払いは毎月で、一人ごとに掛けていますが、費目は保険料の半分は積立保険料、半分は保険料に計上できる、大同生命のものです。 被保険者の一人が退職することとなりました。 毎月のその方の保険料は1万6千円くらいで、2年ほどの加入でした。 解約の返戻金は30万くらいです。 結局、私が聞きたいのは、 1、解約金が振り込まれた時の仕訳の仕方 2、保険料と積立保険料の違い です。 宜しくお願いします。

  • 生命保険、税金に詳しい方お願いします

    生命保険、税金に詳しい方お願いします 今年、生命保険(養老部分200万、定期部分1800万)の定期部分のみを解約(解約払戻金¥60万を受領)しました。配当は¥60万ありますがこれを受け取った場合、これも含めて一時所得の申告をしなければいけないでしょうか。既払い保険料は保険会社の通知ではなぜか¥60万となっています、直接聞けば意味不明な説明をしていましたが実際は¥300万支払っています。(実質支払い保険料の書類あります) 現在:解約払い戻し金60万、既払い保険料60万=利益0 (1)一時所得は0ですがもし配当を受け取れば60万の利益となりこれは一時所得で申告しなければならなくなるのでしょうか。既払い保険が60万では利益になってしまいます。 (2)既払い保険料は300万なのに、なぜ解約払戻金と同額にしているのでしょうか、「税務署との話し合いでこれでよいことになっている」と言うだけでまったく意味がわかりません。

  • 毎月の保険料について

    いつもお世話になっています。 31歳会社員で主婦です。 夫は32歳でもうすぐ6歳になる娘がいます。 普段から気になってはいるけど、なかなか他人には聞きづらいのでここで質問させて下さい。 我が家は毎月の保険料が高いとおもっているのですが他のご家庭ではどのくらいなんでしょうか。 夫生命保険1万、夫個人年金保険1万2千、妻生命保険1万、妻個人年金保険1万3千、子供学資保険1万5千、子供生命保険3千、車保険3千、合計5万以上です。 夫も私も毎月の手取りは25万くらいで二人で50万ほどです。 年収は二人合わせて1千万くらいです。 4500万で買ったマンションのローンと管理費などで15万、単身赴任している夫への送金10万、その他カード支払い分、食費、光熱費、雑貨費、保育園代などがかかっています。 ボーナス月にはプラス20万ローン支払いがありますし、固定資産税も年間14万くらいかかっています。 こんな収支状況での5万以上の保険代はバランス的にどうなんでしょう。 ちなみに掛け捨てではなくすべて貯蓄型?です。 旦那の母が保険外交員なのでそこで加入している分と私の先輩のつながりで加入しているのでどちらも解約はしづらいのですが、それ以上に途中解約は損だと思っています。 上記保険料以外としては5万5千円を毎月強制積立貯金していますが、保険料の支払い割合を減らして貯金にまわすべきでしょうか。 それとも保険=貯金(貯蓄)とみなして現状維持でも大丈夫なものでしょうか。 個人年金や学資保険は貯蓄性が高いですが、生命保険は支払った分が全て戻るわけではないので心配です。

  • 回答No.6
noname#10263

qgreenさんと別の質問でお会いしていますね。 今の保険料は16000円 死亡保障 4100万、医療特約 切り替えの保険料(LIVEONE) 15000円(うち500円はファンド) 死亡保障 3500万、医療特約 掛け捨ての保険 死亡保障(オリックス生命) 4000万 11500円 医療保険(全労災) 3500円(うち800円は積立金) 合計 15000円 終身医療保険は3,475円でも加入できます。 下のページを参考にして下さい。 終身保険が月2000円なら、後は掛け捨ての 死亡保障で今よりかなり安く成ると思います。

参考URL:
http://www11.plala.or.jp/hokenconsultant/mm.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • yuchiko
  • ベストアンサー率30% (32/105)

ライブワンは、掛け捨ての保障部分とファンド(貯蓄)部分とに保険料を振り分けるタイプのセット商品です。 お話を聞く限りだと、転換(下取り)の金額のうち、半分の23万を保障部分へ組み入れ、残りの半分を貯蓄部分に組み入れる、ということですよね。 半分は掛け捨て保障に回るので、将来その分のお金は返ってきません。そのかわり、毎月の保険料は安くなります。残るのは貯蓄部分だけです。 また、切り替え後の保険料のうち貯蓄部分は500円とのことなので、14500円は掛け捨て保障に回ることになります。 つまり、実質はほとんど掛け捨てのみの保障に入り直すうえに、これまでの解約返戻金の半分も掛け捨てにつぎ込んでしまう、ということです。 そうであれば、解約をして、保険料が安い保険会社に替えるほうがいいと思います。そうすれば解約返戻金も全額確保できます。 オリックスのダイレクト定期は確かに割安ですが、もっと探してみてもいいのではないでしょうか? 年末調整については、給与天引でなくても全然難しくないです。1行ほど書き込んで、用紙を添付するだけです。 また、医療保険ですがご主人様の年齢から考えると、終身保障・60歳払済でも探せば割安な保険は見つかると思います。 ご高齢時まで保障が続かない場合、そのときになって別の保険に加入しようとしても、かなり高額な保険料になりますし、健康状態によっては加入できないことも考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

なぜオリックス生命と全労災なのか、ちょっとぴんと来ないのですが・・・ 全労災には詳しくありませんが、確かに共済とかは保障が65歳から等で激減しますので、要注意です。 オリックスがなぜ良いと思われたのでしょうか? 10年から15年はほぼ同じ金額で済むってことは、10年後とかに値上がりするととれます。 10年後、20年後、30年後にどのくらいになるのか調べておかないと、後で払えなくなって解約というもったいないケースがあります。 死亡保険はそれでもいいですが、医療保険は終身保障が断然お勧めです。(70、80歳になってから入院が多くなるので) 年末調整は、保険会社から来る紙1枚を出して、書くだけですので、簡単です。(1分でできますし、わからなければ経理課とかに聞けば教えてくれるでしょう) がんの場合は要注意です。 入院日数は1入院で何日まで、通算で何日まで保障されるのか、調べておいたほうが良いと思われます。 普通の保険では、転移の多いがんは、入退院を繰り返しても全部で1入院とみなされてしまいます。 がんについては専門のがん保険をお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • Pigeon
  • ベストアンサー率43% (624/1420)

こんにちは。 現在は恐らく定期保険特約付終身保険というやつですね。 定期保険というのは一定期間を保障する保険で期間を満了すると満期金は無いので一般には掛捨てと呼ばれます。オリックスのHPを見てるようですから、仕組みは一緒です。30歳位から加入しているのですよね。保険料は年齢と共に上がるものですが、10年分の保険料をならして一定の保険料としています。このため、30歳加入時も40歳の保険料を前払いする事になるので、前払い保険料が貯まります。ある程度の年齢で今度は貯まっているものを取り崩していくので最終的には0円となります。この貯まりのピークは加入8年位なので、今切り替えれば・・・という話が出てきたんだと思います。 ただ、全部解約する必要はありません。8年前であれば今よりも有利な状況で組んだ保険ですから、勿体ないです。保険の場合その時の金利がずっと続くようになっています。(予定利率は2.9%位の時期かと。) 積立部分に相当するのが終身保険(主契約)です。解約金の大半はこの終身保険の解約返戻金です。保障の大半は定期特約ですから、特約のみ全解約して、終身部分のみ温存するのが良いでしょう。(純粋に貯蓄として見ても率は良いはず。) 掛捨ての保険は、保険料が低い所で選んでしまって構いません。貯蓄性がある保険の場合は破綻リスクなど慎重に検討していく必要があるのですが、掛捨ての場合は破綻しても問題なく受け皿会社に引き継がれていくでしょう。オ○ックスですが、ここより安い会社は他にも結構あります。特に、健康優良体割引を使える会社であれば割安となります。(非喫煙者ならさらに。) 医療保険は、終身型があっても良いのではと思います。全労災がいつまで続けられるか調べてみてください。(病的リスクの高まる年代には継続できなくなりませんか?) 見直しですが、定期保険の一種で収入保障保険(会社によって呼び名が異なります。大手社の家族収入保障は別物です)という種類が合理的で割安な設計となり、考え方次第なのですが1/3程度の保険料になります。この上で、終身医療保険を考えてみては如何でしょうか。(下記に保険料例が出ています。)

参考URL:
http://www.milemall.jp/shop/kameitop.cfm?k_id=56

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しいご説明ありがとうございます。 お察しの通り定期保険特約付き終身保険です。 終身部分は200万で月2000円の保険料のようです。 予定利率は確か3.2%でした。しかし月2000円の保険料の部分だけ残して、どの程度たまるのか(苦笑) またこの保険は44歳で満了です、このまま終身部分を残し44歳時に解約した方がいいのでしょうか。 また終身の医療保険も考えましたが、やはり終身だと月の保険料が2倍近くになり、子供が2歳で、あと一人は出産しようと思っている我が家ではこれから先がつらくなるような気がして躊躇しています。でも一番お金のかかる中高校生時代に保険料が割安に感じる方がいいのか、本当に悩みます。

  • 回答No.2

一般的に、保険は大抵、損をするものです。30~40年先のことなど判らないからです。「生命」でなく「障害」について「最小限の保証」にしておいたほうが無難です。 まれに、解約直後の死亡事故も無いわけではないですが・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#7179

今の保険内容と、新たに加入しようとおもっている保険内容、今支払っている金額などを提示してもらわないと、アドバイスのしようもないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

すみませんでした。 夫は現在38歳、40歳になる前に切り替えた方がいいと言われました 今の保険料は16000円 死亡保障 4100万、医療特約 切り替えの保険料(LIVEONE) 15000円(うち500円はファンド) 死亡保障 3500万、医療特約 掛け捨ての保険 死亡保障(オリックス生命) 4000万 11500円 医療保険(全労災) 3500円(うち800円は積立金) 合計 15000円 下取りの金額は46万、うち23万はファンドに移行されます。おそらく半分の23万は下取りのために消えてしまったって事かと思われます。 当然掛け捨てにすれば46万は解約金として手元に戻ってくると思います。 それと内容はそれますが、この46万とは配当金だけがたまったものではありませんよね?名前を忘れましたが、保険会社私達の保険料に対し支払いすぎた部分を返金してもらったものがたまったと思ってもよろしいのでしょうか? また、レディがこの金額(46万)は今が一番膨れている時期で更新が近くなるとだんだん下がってくると聞きました。詳しく話しを聞いてる時間がなかったので、そうですか・・・で終わったのですが、それはなぜでしょうか? 色々申し訳ありません、言葉が足りない部分もあるかと思いますが、宜しくお願い致します。

関連するQ&A

  • 貯蓄を兼ねた生命保険

    30代前半の独身女性です。 去年保険の見直しをし、安いガン保険と入院保険に入り直しました。 生命保険には入ってません。 独身でしかも女なので生命保険は必要ないと思っていましたが、「低解約返戻金型終身保険」なるものを知りました。 銀行の積立に比べたら遥かに利率が良いので、年金のおまけのつもりで入ろうかと思ってます。 月々の支払い額は5000円位なら解約せずに続けられると思うのですが。 この手の保険は今年の4月には保険料が上がるので迷ってます。 良きアドバイスをお願いします。

  • 元夫に入ってもらった生命保険の解約を阻止する方法

    離婚した元夫に契約者かつ被保険者として生命保険に入ってもらいました。毎月の保険料は私が払っています。 万が一の時の死亡保険金受取人は実子2人です。2人の子供の親権者は私です。 現在、元夫には養育費と慰謝料を支払ってもらっています。 もし元夫が死亡した場合の補償としてこの生命保険に入ってもらったという訳です。元夫が健康で養育費及び慰謝料を全額払ってくれるのに越したことはないのですが、人間はいつどうなるのか分からないので。 この生命保険をもし元夫が勝手に解約してしまったら私が大変困ります。 その為に法的になにか出来ることはないでしょうか? 元夫に念書で「生命保険の解約は絶対にしない。もし解約したら私がそれまで払ってきた保険料を負担する。」等いう内容の約束をさせることは意味がありますか? やはり契約者が元夫自身なので、保険料を払ってるとはいえ私が解約の阻止は出来ないのでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 保険の下取りの際の説明は?

     先日生命保険の解約をしたところ、10年かけていた保険の解約払戻金がたった5万円でした。月々1万5千円もかけていたので、これはおかしいと思い、過去の記録を調べたところ、2回ほど保険の更新を行っていました。個人的に調べたらこの更新で保険の下取りの手続きを行っていて、これによって解約金や配当金が下取りに使われるということを知りました。また2回目の更新の際に保険料のアップに難色を示したら、配当ということで5万円が振り込まれ、後からこれも責任準備金から引き出されていたことが分かりました。  こちらに生命保険の知識がないとはいえ、このような場合は泣き寝入りでよいのでしょうか?またこういったケースの場合、どこか相談するところはあるのでしょうか?

  • 保険を解約すると積立金がほとんど0に

    息子の生命保険を親が支払っていたのですが、これから息子に支払いを替えようと思っているのです。入っている保険は、朝日生命の「保険王」です。「保険王プラス」への変換を勧められました。息子が、今の保険をそのまま継承するか、解約して、他の保険にするか分からないので、説明を受けたのですが、いま、解約すると、積立金が約150万円あるのですが、解約払戻金はほとんどなくなる(確か5000円程度)と言われました。(平成16年に契約)しかし、その金は必要なことに使うことはできると言われました。たとえば、結婚資金に使ったとして、その後解約するようなことは、道義的にはもちろんですが、できませんよね。そういうやばい方法ではなくて、朝日生命のままでいいですから、積立金がうまく使えるようないい方法はありますか?たとえば、医療保険の一括支払いに当てるとか。朝日生命自身に聞いたほうがいいですよね。

  • ソニー生命の積立利率変動型終身保険ってどうですか?

    ソニー生命の積立利率変動型終身保険ってどうなんでしょうか? 知識が乏しく不安なので詳しい方のご意見を頂けたら嬉しいです。 ソニー生命の学資保険を申し込もうとしたら、ソニー生命のライフプランナーの方に上記の保険を勧められて、加入しました。 加入に至った経緯は、現在の貯蓄額や加入済の保険を聞かれ、 夫の保険(掛け捨ての安価な生命保険)が無駄だから、 生命保険と学資保険と貯蓄を一本化して、積立利率変動型終身保険に加入、 学資が必要になったら一部解約、最後はお葬式代も残りますよ、 という説明にその時は大いに心を動かされ、共済を解約し保険に加入しました。 保険料は学資保険に考えていた1万の倍以上の約2万2千円になりますが、 どうせ貯金してるのと同じですよ、と言われ納得しました。 また、勧められるままに夫の医療保険、がん保険もソニー生命に加入しなおしました。 ですが加入から1年が経過して、保険料の多さが負担になってきました。 そもそも貯金ならば通帳の額を見て安心できるのに、保険なので何だか言われるままにお金だけがでていくようでモヤモヤします。 現在加入している保険は 夫 ソニー生命の積立利率変動型終身保険(月2万2千円 60歳まで払込)   ソニー生命の総合医療保険(月6千円60歳まで払込)   ソニー生命の終身がん保険(月3千円 60歳まで払込) 妻 生命保険と医療保険のセット型の共済 (月5千)   オリックス生命のがん保険(月3千) その他に双方の車の保険もあるので、月5万円程度の保険の支払いがあります。 夫婦共に正社員として働いていて、子ども1人の世帯です。 住宅ローンと子どもの保育料があるので家計は苦しいけど何とかやっていける程度です。 自分の保険については不満はないのですが、夫の保険料が高いのが気になります。 いっそ以前のように夫も安価な掛け捨ての共済+学資保険の方が、 家計管理的にはスッキリしてモヤモヤしなかったのかもしれません。 なので、ソニー生命の積立利率変動型終身保険の加入が学資保険+生命保険として適当なのか、 詳しい方アドバイスをお願いたしますm(_ _)m   

  • 生命保険の解約時期

    生命保険を切り替えようとしています。次の保険には申し込みしていて、8/1からの効力開始となっています。既存の保険の解約時期を教えてください。未加入の期間も作りたくないし、ダブって保険料も払いたくないです。聞いた話では保険料の支払いをストップしてから一ヶ月は保障があるとか。 ちなみに保険料は給与天引きで25日の支払いです。最短での解約時期をアドバイスください。

  • 年末調整と確定申告、生命保険の控除は?

    基本的なことかと思いますが、結婚して初めての年末を迎えるにあたり、分からないことばかりなので、こちらで質問させてください。 夫の会社から「年末調整をするので、各種(夫&私)の生命保険等の情報を記入すること。」と通達がきたのですが、夫は現在海外出張中、私は実家に帰っているので、生命保険の支払い証明書等手元に無く、提出期限には詳細を会社に伝えることができません。 手元に無くても毎月払っている額を単純計算すれば?と思われるかもしれませんが、お恥ずかしい話し、夫の生命保険等毎月いくら払っているのか、定かで無く計算することは出来ません。 ですので、生命保険料は年末調整では無く確定申告にしようと思っているのですが、やはり年末調整した方がお得なのでしょうか?それとも全く同じなのでしょうか? また、保険料は金額に関わらず確定申告できるのでしょうか? 初歩的な質問で申し訳ありませんが、どなたか回答頂けると嬉しいです。宜しくお願いします。

  • 生命保険について

    ある、夫婦における妻の話です。 ※生命保険は全て、掛け捨てではなく積み立て式で  給料から直接引き落としです。 ※保険会社の人間と夫はかなり懇意です。 (1)夫が、給料から生命保険をかけていた。 (2)夫が勝手に一度、すぐに解約していた。 (満額に近い現金を、夫が先に手にしているはずです。) (3)夫が、生命保険をかけ直した。 (前回の借金があるのでもちろん、掛け金は増えているはずです。) (4)再々度、解約した。 (満額に近い現金を、夫が先に手にしているはずです。) (5)かけ直した。 (さらに、掛け金増えているはずです。) (6)勝手に解約できないように、証書・印鑑を手元に置いていた。 (7)しかし、解約していた。 (紛失届け等をだしたのか?) (8)再々々度、夫が生命保険を掛けなおした。 妻の立場からいいますと、給料を全額渡さず 遊ぶお金を夫は手にしていますよね。 さらに、借金?もかなりの額になっていますよね。 一番最後にかけた、生命保険のお金が必ず妻に入る方法とかは ありませんか? 別れたいのは当然でしょうが、現状では夫が得をするだけですよね。 夫が困るのはもちろんですが、妻の生活が保証されないと 離婚はできないと思います。なにかいい案があれば教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • 生命保険の変更に関して

    若い時から、約20年生命保険(日本の大手生命保険会社のもの・会社に生命保険のおばさんが来て入った)を掛けていましたが、来年保険料がぐんと高くなるので、死亡保障と医療保険は、全労災などの共済のものを掛けて、現在のこの保険は、終身部分だけ残そうと考えています。 現在のものは、死亡時5000万円。医療が日額8000円。終身部分が200万円のものです。それを、死亡保障・災害保障・家族保障を解約、入院関係の特約を解約し終身部分だけ残します。終身部分だけ残す理由は、あと20年ほど、毎月2500円ほど払っておけば、60歳で払い終わり、200万円が手に入るからです。 ここで質問です。 配当金積み立て残高が20万円ほどあるのですが、これは今降ろしても、終身部分に影響することは、ないでしょうか?また、契約変更による返還金で8万円ほど記載があるのですが、これも降ろして影響はないのでしょうか?

  • 「積立保険料」と「保険料」の科目の違いについて

    いつも参考にさせて頂いています。 今、会社で経理を担当しているのですが、 「保険料」と「積立保険料」の科目の使い分けについて教えて下さい。 月々の生命保険の積立には「積立保険料」を使っているのですが、 これで正しいのでしょうか? 「保険料」を使っても同じ事なのでしょうか? 初歩的な質問で申し訳ありませんが、教えて下さい。