• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

法人別表圧縮額の明細書

当期H22.6/1からH23.5/31の別表13(2)を作成したいです。 前期 H21.6/1からh22.5/31H21.3月にトラック事故。5月末に保険金600万がはいりました。 新車の購入はH22.7購入で決算期をまたがったため 決算仕訳 前払金600万 保険差益600万       特別勘定繰入額500万 圧縮特別勘定500万(保険金600万から事故車帳簿価額100万をひきました) 別表13(2)は(3)(4)・・・100万 (5)(7)(8)・・・600万  (19)21.23.26・・・500万を記入しています。・・・にて申告済です。 今期 7月に1500万を購入した仕訳 車両1500万  前払金600万 車両経費50万    車両100万(帳簿価額)              固定資産売却益50万              現金800万       決算仕訳           車両圧縮損500万 車両500万           圧縮特別勘定500万  特別勘定戻入500万 別表13(2)は (9)(11)・・・1500万(h22.6月1500万で新車購入価格です)   (13)・・・100万(帳簿価額だった) (16)・・・600万(保険金) と記入はしたものの確認ができずもやっとしております。この質問で補足しなければわからないかもしれませんが(その際は補足いたします)、どなたかよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1784
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

別表13(2)保険金等 (3)(4)→100万円 (5)(7)→600万円 (8) →500万円 (13) →500万円 (14) →600万円 (15) →500万円 (18) →0円 ----------- ご検討ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変勉強になりました。ありがとうございます

関連するQ&A

  • 滅失資産の簿価が不明な場合の保険差益の圧縮記帳

    海難事故により、船舶の一部が滅失し保険金により代替資産を取得しました。 保険差益の圧縮記帳を行うにあたり、滅失資産の帳簿価額を算定しようと思ったのですが、船舶取得時の資料が残っておりません(合理的な計算もできません)。 この場合、保険差益の圧縮記帳は (1)滅失資産の帳簿価額を0として計算する。 (2)滅失資産の帳簿価額がわからないので、圧縮記帳はできない。 (1)とは思うのですが、元の船舶の帳簿価額には帳簿価額が計上してあり、この後減価償却費として計上されるわけなので、それを0にした場合、圧縮限度額がその分膨らむのでダメかも知れないとも思ったり、でも、それは当期に計上されるはずの滅失損が後ろ倒しになるだけだから経費の取りすぎにはならないだろうと思ったりもしています。(つまり結局(1)と思っているのですが。。。) お詳しい方お教えいただければ幸いです。

  • 受取配当等の益金不算入に関する明細書

    法人税申告書 別表8受取配当金の益金不算入の計算で負債利子の計算で分母にくる総資産の金額について。 総資産の帳簿価額は原則として、確定した決算に基づいて貸借対照表に計上されている金額によることとされています。(法人税法施行令第22条第1項1号) その条文より イ 固定資産の帳簿価額を損金経理により減算することに代えて損金経理により引当金として経理している金額又は利益処分により積立金として積み立てている金額(=圧縮積立金部分)は帳簿価額より減算するにことなっています。また ニ その他有価証券に係る評価益等相当額は減算する。 ヘ その他有価証券に係る評価損等相当額は加算する。 ことになっています。 と書いてあるのですが具体例もしくはわかる方いらっしゃいましたらご教授して頂けないでしょうか? 以上

  • 仕訳を教えてください。

    仕訳を教えてください。 7月決算です。トラックが4月に事故をおこしました。保険会社より800万が新しく購入する自動車販売店へ (800万は7/30に入金です)このたび8/20付で新車が1500万なので(1500-800)700万の請求書が届きました。(8月購入なので減価償却にはのせません) 7月中に保険入金されているので (1)借方 圧縮特別勘定繰入(営業外費用)800万 貸方 圧縮特別勘定(負債)800万 になるのでしょうか? この問題についての仕訳を教えてもらえませんか?勘定科目はあってますか?(1)の仕訳のみで当期はいいのでしょうか?法人税の別表もあるのでしょうか? あと、H23年度は何か仕訳が必要でしょうか?

  • 法人税法の圧縮記帳で質問です。

     固定資産に対し災害により保険金をもらい圧縮記帳の要件を満たしているときに、 圧縮記帳と特別勘定の繰り入れは同時にできますか。 1つの保険収入に対し、1つの固定資産を取得し、圧縮記帳した金額が圧縮限度額に 満たないときのことになります。

  • 減価償却?

    おはようございます☆ 今回お聞きしたいのは、備品の減価償却費に関してです! 以下の問題です。ちなみに仕訳の問題です。 直接法で記帳されていた備品(取得原価¥200,000、帳簿価額90,000)を\50,000で売却した。 売却代金は小切手で受け取り、ただちに当座預金口座に預け入れた。 参考書を読んでいて頭がパニックになってしまいました。。。 まず、この備品というのは減価償却は行っているんでしょうか?? 参考書に、以下のことがかかれていました。 減価償却を行わない固定資産を売却した場合には、売却した固定資産の帳簿価額と売却価額とを比較し、その差額を次のように処理する。 1.(売却価額)>(帳簿価額):貸方に固定資産売却益勘定をセット 2.(売却価額)<(帳簿価額):借方に固定資産売却損勘定をセット 減価償却を行っていないと仮定して話を進めると、 今回の問題は、2の借方に固定資産売却損勘定をセットするケースになりますよね? そうすると、仕訳は (借方)当座預金\50,000   (貸方)備品\90,000     固定資産売却損\40,000 という仕訳でいいのでしょうか? 長く、わかりにくい文章で非常に申し訳ありませんが、 どなたかよろしくお願いします!

  •    社債を買入償還した時の帳簿価額と 買い入れ価額との差額は どうするのか?

    タイトル通りです 社債を 買入償還した時の 帳簿価額と 買い入れ価額との差額はどうなるのでしょうか 申し訳ありませんが わかりやすく 教えてください 買入償還は発行会社が自社の 社債を 満期前に安く 買い戻すことで 払い続けなければならなかった 利息の支払い義務を なくすためと 理解しましたが その時点での 帳簿価額と 買い入れ価額との差額をどうするのでしょうか また それまでに毎期の決算ごとに 調整してきた 発行価額と帳簿価額との 差額は どうなるのでしょうか また 期中に買い入れした場合の 期首から 買い入れ時点までの 価額の調整の仕訳の切り方がわかりません すみませんが よろしくお願いします

  • 代替資産を保険事故等が事業年度中に取得できないときの処理の仕訳を教えて

    代替資産を保険事故等が事業年度中に取得できないときの処理の仕訳を教えてください。 (1)6月決算で4月に車事故 保険700万は6月中に新車購入店へ入金(うちの通帳には入っていません) (2)事故4月ですが、決算後の7月に新車購入1500万、事故車を200万で下取りにだしました。購入店からの請求書がきて1500-200-700=600でしました。 6月今期の仕訳はどうすればいいでしょうか? 決算仕訳として前払金700 雑収入700と特別勘定繰入700 圧縮特別勘定700でいいですか? 決算がまたがることでよくわかりません。 来期の8月購入の仕訳と決算仕訳もいると思いますが?事故は下取りが7月なので今期は普通償却してもいいですか?7月で減少で0(固定資産売却益は損もふくめ)したいと思います。よろしくお願いいたします

  • 交換処理について

    問題 自社は自己保有の有価証券(帳簿価額6000円、時価7000円)と交換で、 B社所有の備品(帳簿価額7500円、時価8200円)を取得した。 答えの仕訳 (借)備品7000(貸)有価証券   6000 _________有価証券売却益1000 質問(1) B社所有の備品(帳簿価額7500円、時価8200円)の時価などを仕訳に反映させないと、 仮に、B社所有の備品(帳簿価額100万円、時価200万円)だったときなど、 不正な会計処理にならないのですか? 質問(2) なぜ、B社所有の備品(帳簿価額7500円、時価8200円)の価格を無視できるのですか?

  • 別表八(25)総資産の帳簿価額 計算方法について

    1.別表八(25)総資産の帳簿価額を記入するには繰延税金資産を出しておかなくてはならない。 2.繰延税金資産には未払事業税を含めなくてはならないので所得金額を出しておかなくてはならない。 3.所得金額を出すには別表四を書かなくてはならない。 4.別表四を書くには別表八の受取配当金の益金不算入額を出しておかなくてはならない。 概ねこのような形でループしてしまって別表八(25)が記入できません。 どなたか良い計算方法を知っていたら教えてください。

  • ソフトウェアの一括償却に付いて(別表16の書き方)

    9月に初の決算を迎えました。 6月にVistaを購入しました。金額は30137円です。 10万円以内のソフトウェアは一括償却出来ると言うことですが、 そのために別表16-1、16-2を用意しましたが16-1の書き方が分かりません。 一応下記まで記載することが出来ました。その他、記載の必要な所を教えてください。 なお、今期は他に償却する資産はありません。 資産区分 種類:無形固定資産 細目:ソフトウェア 耐用年数:5年 取得価額 取得価額または制作価額:30137 圧縮記帳による積立金計上額:0(?) 差引取得価額:30137 帳簿価額 償却額計算の対象となる~:30137 期末現在の積立金の額:0 積立金の期中取崩額:0 差引帳簿記載金額:30137 損金に計上した当期償却額:30137 前期から繰り越した償却超過額:0 そのほか、25番と35番に30137を記載しています。 後は言葉の意味がよく分からずに記入出来ていません。 どうかご指導のほどよろしくお願いします。