• ベストアンサー
  • 困ってます

パール塗装は微妙に厚いのでしょうか

ご覧頂きありがとうございます。 特別塗装色のパール系は塗装工程が1層多いそうですが、1層当りの塗装厚は同じなのでしょうか。あるいは仕上がりまでの総厚がほぼ同じになるように薄く制御しているのでしょうか。 もし前者だとすれば塗装の耐久性向上も期待できると思い、とても興味があります。 どなたかご教授お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数3425
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

どうもこんにちは。当方素人ですので表記に間違いがあった場合はすみません。 一応ご回答差し上げたいと思います^^ まず >特別塗装色のパール系は塗装工程が1層多いそうですが これですが、一概にそうとは言えません。メーカーの塗料ごとに違いがあるそうですので、パール=塗装膜が厚いとは必ずしも言えないようです。 >1層当りの塗装厚は同じなのでしょうか。あるいは仕上がりまでの総厚がほぼ同じになるように >薄く制御しているのでしょうか 通常パール塗装は 「防錆塗装」「サフェーサー」「カラー」の上に 「パール入りクリヤー」と「クリヤー」を吹きます。これがいわゆる「3コート」です。 この場合、クリヤー塗装が2重になるワケですので、塗装厚はその分厚くなるようです。 仕上がりの総厚は「ソリッド」→「メタリック」→「3コートパール」の順に厚いと考えてよいでしょうね。 しかしながら、 >塗装の耐久性向上も期待できる これについてはいささか不安が残ります。 自動車の塗装は大体90ミクロン程度と言われています。これは人間の髪の毛とほぼ同程度らしいのですが、それだけの塗膜にクリヤーを足したところでせいぜいプラス15~20ミクロン… これでは外的要因からの腐食や物理被害への効果はほぼ変わらないと言っても良いかと思われます。 また、対紫外線(色あせ)への防御ですが、これもクリヤーに対紫外線効果があるかないかで大分変わってくるかと思いますので、やはり塗膜が厚い=防御が高いというよりは、使う塗料の品質に左右されるのが大きいのではないかと思います。 それと新車状態でいかに上手くボディコートをかけ、それをメンテナンスしていくか。塗装の保護はこれに尽きると(個人的にですが)思っています。 ご参考になれば幸いです!もし記載で間違っている所ありましたら申し訳ありません…

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速詳しいご回答をいただきありがとうございます。 >せいぜいプラス15~20ミクロン はい、その微妙な違いこそが知りたいところでして、 もちろんコーティングにも興味があります。 それにしても、クリア塗料に褪色防止有無の別があるんですね。 勉強になりました。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

1層多いので多かれ少なかれ厚みは増えるでしょう。 ただ、目視でパッとわかるレベルでは無いです。 耐久性という点で見た場合、正直な所普通の2コートと変わらないでしょう。 アンダーコートは非常に薄いので、下地の保護にはなりません。 トップコートのクリアが飛んでしまえばそれまでです。 それよりも、長持ちさせたいのであれば、普段の手入れや保管場所が一番大事だと思います。 出来るだけ直射日光下に駐車しない、ワックスはこまめに掛ける。 それだけで全く違います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >耐久性という点で見た場合、正直な所普通の2コートと変わらないでしょう。 とのこと、やはりそういうものなのですか。

  • 回答No.5

製造の工程上、同じだと思いますよ。流れ作業で塗料のプールに漬けて、引き上げるのですから、もしパールが厚いというなら、塗料が付着する際、塗料の中のパール成分の分だけ嵩が増えるというのでしょうか。その程度だと思いますよ。 最近のパール塗装はわかりませんが、昔のはとにかく弱くて、しかも白なのにコンパウンド入りのワックスが使えず、水垢が取れずに困りました。それなりのコーティングをすればいいのでしょうが、普通に手入れができる色が一番ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 皆様からのご回答では、厚さについてはあまりメリットが認められていない傾向でしょうかね。

  • 回答No.4
  • 222D-08
  • ベストアンサー率28% (92/322)

>厚みは3層も5層も変わりません。1ミリ以下の話ですので。 と書かれたのは、数ミクロンか数十ミクロンしか厚くならない の意と解釈してよろしいでしょうか. ご質問ありがとうございます。 おっしゃる通りです。 数値では変わりますがミクロン単位では肉眼での識別は不可です。 ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

素朴な疑問に対し、重ねてご回答頂き本当にありがとうございます。

  • 回答No.3
  • 222D-08
  • ベストアンサー率28% (92/322)

パールは通常人工パールを使用しています。 下塗り、捨て塗り、本塗り、クリア―します。本塗りに人工パールを混ぜたのを機械でライン塗装します。 通常3層塗装が普通です。 パールだと4層になるのかな? 尚国産で5層塗装はセンチュリーとコペンだけです。 塗装の膜はミクロンです。1ミリ以下なのでかなり薄いですが塗装技術が進歩して焼けや褪色の向上してます。 厚みは3層も5層も変わりません。1ミリ以下の話ですので。 但し色の深みは違います。見くらべれば分かりますよ。 パール初期は焼けて黄色くなりましたが今はありませんので心配しないで下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 コペンの塗装については驚きです。 あつかましくも確認させて頂きたいのですが、 >厚みは3層も5層も変わりません。1ミリ以下の話ですので。 と書かれたのは、数ミクロンか数十ミクロンしか厚くならない の意と解釈してよろしいでしょうか。

  • 回答No.1

塗膜はパールの分だけ厚くはなっていますが、クリア層は同じ。 クリアがはげてきたらざらざらになります。 耐久性の向上までは期待できない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速ご回答いただきありがとうございます。 1層当りの厚さは同じと考えてよいのですね。

質問者からの補足

塗膜の耐久性向上は期待できないことは理解できましたが、 塗装表面からボディー地金までの距離はパール層の分だけ遠くなっていて、 防錆などの点では若干有利と言えそうですがいかがでしょうか。 よろしければこの点についてもご回答、ご意見を頂戴できればと思います。 どうぞよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • パールやマイカには絶対必要?

    自分でフレームを塗装してみようかと思っていて、パールやマイカの入ったカラーにしようと考えています。 ここで何気なく思ったのですが、パールやマイカの上にクリアーを塗らなかった場合、見た目や塗装の耐久性は変わったりしてしまうのでしょうか?

  • ホワイトパール塗装の色違いについて

    ホワイトパール(トヨタ)に乗っています。 納車した後で、ホワイトパールはボディとバンパーの色が違うと聞いて、自分の車を見てみると、確かに違いました。 前後バンパーの方が少し黄色っぽいです。 よくある問題の様ですが、皆さんどう対応されていますか。 クレーム入れて、バンパーを交換されている方もいるようですが、同じことの繰り返しの様な気がします。 町工場で塗装してもらうにしても、純正品と塗装の仕方が違うでしょうから、耐久性が心配です。 (まだ納車したばかりなので、ちょっと躊躇します) また、ディーラーにクレーム入れて、何らかの対応してもらう場合、その費用はトヨタ本体が出すのか、ディーラーが負担するのか、教えてください。 ディーラーの営業マンは結構いい人なので、ディーラーが被らされるのなら、クレーム言うのも気が引けるので。 宜しくお願いいたします。

  • 『パール塗装』について教えて下さい。

    プラモデルを作り始めて、まだ4ヶ月ほどの初心者です。 先日エアブラシを購入したので、パール塗装に挑戦しようと思っております。 キットは『HGUCサザビー』を、赤くパール塗装する予定です。 コンプレッサーは、『クレオス・L5』。 ハンドピースは、『PM-A15(0.3 1ダブルアクション)』『プロコンBOY LWA (0.5 トリガー)』。 表面処理は400、600までヤスリがけ→1000番で水研ぎ。 その後、ホワイトサフを吹く予定です。(サーフェイサーエヴォ ホワイト) 塗装方法を調べたのですが、下記のどれでもいいのでしょうか? 1)「パール粉+光沢クリアー」を塗装 → 「クリアレッド」を塗装 2)「シルバー(メタリック)」を塗装 → 「クリアレッド」を塗装 3)ガイア「サーフェイサーエヴォシルバー」を塗装 → 「クリアレッド」を塗装 ※2の場合は、ガイアの「EXシルバー」を購入しようと考えております。 ※3の場合はホワイトサフは吹かず、表面処理の上で「サーフェイサーエヴォシルバー」を吹きます。 もしコツや、お勧め塗料、気をつけておきたいことがあれば、合わせて教えていただけると助かります。 少し別件になりますが、『パール塗装』と『キャンディ塗装』は違うものでしょうか? 調べたのですが、よく解りませんでした。 以上、大変お手数ですがご教授いただけますと幸甚です。 宜しくお願い致します。

  • 屋根の塗り替えで悩んでいます

    築10年の我が家の屋根の塗り替えるため、新築当時と同じ黒の艶無し塗装の見積もりをお願いしたところ、焼付け塗装と違い新築当時と同じ仕上がりにはならない。また艶無し塗装は耐久性が劣るため、お勧めしませんといわれましたが、仕上がりと耐久性はどの程度違うものなのでしょうか?

  • エアロ塗装:プライマーの代わりにミッチャクロン

    車のエアロ(FRP)に塗装をする際、密着剤(プライマー)の代わりに ミッチャクロンを使用されている(使用された)方はいらっしゃいませんか? 仕上がり、耐久性、剥がれ、不具合など教えて頂ければと思います。 宜しくお願いします。

  • ウレタン塗装の耐久性

    デザインが気に入り購入を検討しているダイニングテーブルとキッチンカウンターが「ウレタン塗装」なのですが、耐久性はいかがなものなのでしょうか?「鏡面仕上げ」のものに比べてると頼りないように見えたのですが、デザインのよさに引かれ迷っております。 「ウレタン塗装」についてご存知の方やウレタン塗装のものもご使用されている方がいましたら、油・水への耐久性・お手入れの仕方など教えてください。 よろしくお願いいたします!

  • 再々塗装の耐久性と仕上りについて

    車のドア(スチール)とバンパー(樹脂)に傷が目立つようになってきたため再塗装を考えております。いずれも過去に塗装をしており(現状塗膜乖離などはなく足付けもしっかりされているようです)、もともとの塗装の上に塗装してある状態です。当然プロに頼むつもりですが、こういった場合、塗装はこの上に行っても(再々塗装?)耐久性、仕上りは問題ないでしょうか?もし、この状態で重ね塗りをすると、 プロがやっても耐久性、仕上りなどで限界があるとすれば、パネル交換の上での塗装も考えております。選択肢として、新品のパネル(未塗装のもの)もしくは中古のパネル(塗装されているが、二度塗りされていないもの)を用意して塗装もあるかと思いますが、耐久性と仕上りを重視した場合、どのやり方が一番好ましいでしょうか?詳しい方のアドバイスをお願い致します。

  • 塗装でメタリック

    塗装でメタリック(派生でマイカとか)があるのは何のためなんでしょうか? よく色とび以上に塗膜が崩壊してるのも見かけますし(アルミ粉が原因?) DIY補修で仕上がり再現も難しいですし、 ただきらびやかさとか、コスメティック系追求だけなんでしょうか? ポルシェとかで見るキャンディのようなソリッド系?(たぶん)が好きな 私としては、イザ補修や耐久性(メタよりソリッドの方が上に思えます。) を考えると非常に判らないとこなんですが、塗料に詳しい方御願いします。

  • ハイラックスサーフ全塗装をDIYで行うに当たって

    お世話になります。 この度、サーフ185の塗装が痛み、屋根にサビが出ている箇所もあり、全塗装をDIYで行おうと思います。DIYですので当然仕上がりがプロの職人さんに施工してもらった場合に比べて劣ることは覚悟していますが、時間をかけて丁寧に施工し、「素人にしては上々の出来」を目指すつもりです。 現在は純正のダークティールグリーンマイカトーニングGです。 目指すカラーは非常に難易度が高く手間もかかると承知ですが、パールホワイト(パールでなくてもラメ入りのような感じメタリック?)で、ツートンでブラックパール(こちらもラメ入り)でキラキラピカピカのツートンを目指したいのですが 画像の通り、フェンダー、バンパー、窓から上部を黒、ボディー全体が白というツートンにしたいのです 施工の工程について 取り外しのきく部品の取り外し→♯800ヤスリでの足付け研磨→サビの完全な除去→サビ止め処理、パテなどでの補修や下地整え→脱脂→全体のプラサフ吹付け→♯1000又は♯1200での研磨→脱脂 までは理解しているのですが、この後の工程について御教授お願いします。 白と黒のパール系ですとプラサフの色も白部分と黒部分で変えなければならないでしょうか?変えるとしたらマスキングできっちり仕切る必要はありますか?それともグラデーションのようにしても大丈夫でしょうか? また、塗装の順序はプラサフ→全体に白→マスキング→黒部分塗装→研磨でのマスキング部の段差取り→マスキング→白パール塗装→黒パール塗装→クリア→研磨の工程でよかったでしょうか? なにか抜けていたり間違っていたりしたらご指摘お願いします。 単色でしたら比較的簡単に考えれるのですが、パールが入ると工程がわからなくなります。 どの段階でマスキングの段差を研磨するかもわかりませんし、段差が取れるかも心配です。自分が考えた工程ですと、段差をとっても結局パール塗装の段階でまた段差が出来る気がします。 素人には大変難しいことは承知していますし、失敗も覚悟しています。 正しい工程をご存知のプロの職人の方などに御教授いただければと思います。 そして、自分でも面積などを計算して確認してみようと思うのですが、塗料はこの車種でもツートンなので1つずつ用意したら間に合いますよね? あとはヤスリとコンパウンドはどの使用するものなのでしょうか?田舎住まいでかなり遠くまで行かなければ紙やすりなども購入できないのでこれぐらいあったら多分大丈夫という目安が知りたいです。 道具に関しては容量はわかりませんが比較的大きいコンプレッサーと塗装を行える車庫はあります。 ガンについてですが、プラサフ用やメタリック、パール用、クリア用とガンを3つくらい用意しなければならないでしょうか?あと、綺麗に仕上げたいのでガンにつける水分除去?のようなアタッチメントと、電動ポリシャーも購入しようとおもいます。 また、雪国住まいでして、施工する時期も、仕事の時間の都合上冬に時間に余裕があるので冬に施工使用と思うのですが寒い時期ですと塗料の薄め方など変わってきますよね? 当方、ガンを使用しての塗装は初めてです。仕事柄、ペンキ屋さんではありませんが、トタン屋根や外壁に刷毛とローラーで何度も塗装はしているのでマスキングや塗料の扱いには慣れているつもりですが自動車塗装については素人です。 缶スプレーで色々塗装して遊んだりはしていました。 最近は自動車の塗装のことばかり考えていて時間の許す限りネットで勉強しています。 素人にはかなりの難問だと自覚しておりますが、祖父から譲り受けたサーフをかっこよく大事に乗りたいですし、一番は予算的に厳しいものもあるので自分の手で愛情を込めて綺麗にしたいので、どうか素人の私に道具から工程まで一からですし、質問も一度にたくさんしてしまって大変恐縮ですが綺麗に仕上がるコツなど御教授いただければ幸いです。

  • 車の板金塗装について詳しい方お願いします。

    いつもお世話になっております。 新車のドアの修理をするにあたり、色々調べたりお知恵を借りていたりしていたのですが、新たに疑問が湧いてきたので教えてください。質問は以下の通りです。 (1)塗装は新車の時のオリジナルが一番丈夫だと聞きますが、  腕の良い町工場で施工した塗装と一体どれほどの差があるのでしょうか?  決定的な工程の違いなどあるのでしょうか? (2)修理等で全塗装する場合、塗装の上から塗装するのでしょうか?  それとも塗装を落としてから再塗装するのでしょうか?   (3)上記(2)の状態で塗装する場合と、塗装されていない新品の部品を塗装するのとでは  見た目や耐久性に違いが出るのでしょうか? 以上です。 車の知識に乏しく、質問が初歩的で申し訳ございません。 宜しくお願い致します。