解決済み

夏目漱石の『こころ』の問題です。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.687578
  • 閲覧数19483
  • ありがとう数15
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (110/110)

これは高校時代、期末テストに出た問題なのですが、
答え合わせの時ちょうど病気で入院してて、未だに正解がわからないままなんですよ。(笑)
それで半分は諦めて忘れていたのですが、このことを思い出し、ネットの時代でみなさんに聞ける時代になったので質問してみます!。

場面は、Kが「覚悟」という言葉を発したあたりからです。
問題:「新しい光りで覚悟の二字を眺め返してみた私は・・・」
この“覚悟”の、以前と以後の解釈は、どういうものか?
という問題でした。
その時に回答したのは、
◆<以前>
Kがお嬢さんに対して進んでいくという事。
◆<以後>
Kが、お嬢さんへの恋をあきらめ、今まで通りの道へ進んで行くということ。
この2つです。
もちろん、2つともはずれてしまったのですが笑(^_^;)・・・
10数年ぶりに解決出来ると思うので!笑、どうぞよろしくお願いします!。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

こんばんは。
わたしの思うところを書きますと、
質問者さんの書かれた解答は、
ちょうど逆だったのではないかなあと思います。

先生の
「君の心でそれを止めるだけの覚悟がなければ。
一体君は君の平生の主張をどうするつもりなのか」
という言葉に対して
Kは
「覚悟ならない事もない」
と答えています。

そしてあとになって「新しい光で覚悟の二字を眺め返してみた」先生は
「Kがお嬢さんに対して進んで行くという意味にその言葉を解釈しました。
果断に富んだ彼の性格が、
恋の方面に発揮されるのがすなわち彼の覚悟だろうと
一図に思い込んでしまったのです。」
とあります。
そして先生はあせって「奥さん、お嬢さんを私に下さい」
の行動に出ました。

ですから、質問者さんの答えはちょうど逆だったのではないかなあ
と思います。

でもその時Kが言った「覚悟」の意味は
そのどちらでもなかったわけですよね・・・・・
お礼コメント
korosuke31

お礼率 100% (110/110)

こんばんは!。回答して頂きまして、大変ありがとうございます!。

>ですから、質問者さんの答えはちょうど逆だったのではないかなあ
と思います。

なるほどぉォ~!。<以前>と<以後>に回答したものが、逆だったんですね。
そうすれば、つじつまが合いますもんね~。

>でもその時Kが言った「覚悟」の意味は
>そのどちらでもなかったわけですよね・・・・・

当時のテストにも、参考にした資料にも、Kが言った覚悟の意味については、
どこにも載ってなかったんですよ・・・。
ただ、「彼の調子は独り言のようでした。また夢の中の言葉のようでした。」
と載ってるんで、これはK本人しかわからないのかなぁ(笑)って思ったり、
お嬢さんに進むのも、道に進むのも、どちらも含めて・・・という意味なのかなとも思ったりしてたのですが、、、
本当のところは、どうなんでしょうね~(笑)。

waremonoさんのおかげで、10数年ぶりに解決出来ました!(笑)。
本当にどうもありがとうございました!!。
投稿日時 - 2003-10-24 21:26:51
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ