• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

医療保険と生命保険について

自分の保険についてなんですが、コチラで色々 読ませて頂いて、 代理店で相談してきたのですが… 信用して大丈夫か不安で、 相談させていただきます。 ガン、死亡保険は悩んでいたので、 医療保険のみでいいかな、と考えていたのですが、話を聞いて、ガン、死亡保険も、損をする事はないのかな、と考えたんですが、 これで本当に大丈夫か、落とし穴?というのか、うまく騙されたりしてないか、、 アドバイス頂けたら 嬉しいです。 27才 女 独身 契約社員 医療保険 アリコ 新終身医療保険レディーナ (健康祝金特則付) 医療保険5口 女性特約5口 ¥3,202 死亡保険 ソニー生命 生前給付保険(終身型)98 死亡、ガン、の場合300万保障 ¥4,935 レディーナの方は、入院金7,000で設定してもらおうとしたら、1万はあった方が…とすすめられ、 健康ですし、祝金なしの金額と比べても 祝金もらえた時の実際の支払い額が安かったので、、 1万支払われるのは、女性疾病の時だけで、他の病気は5,000ですが… ならなければ、少し戻ってくるし、 と 死亡保険は 65才払込まで 解約しなければ、払込分より多くなるし、万が一の時にそなえて と 分かりにくいかもしれませんが、 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2281
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>27才 女 独身 契約社員  収入と貯蓄が分かれば的確に指摘できるかと思いますが…まず保険はどういうものかについて考えてみます。 ■保険とは  保険は自分に何かが起き、経済的に困窮した際に保険会社に代わりに支払ってもらう仕組みです。この仕組みを利用するべく保険料を保険会社に支払い、同時に保険会社はこの条件であれば支払いますという契約を結びます。このことから保険料を支払うからといって保障額(=保険金)が支払われるとは限りらないことが分かります。なので保険を利用する人は保険の支払条件を理解しておく必要があります。  此処で質問です。検討されている保険の支払条件を他の方にご説明できるでしょうか。説明できないのであれば保険を理解されていない可能性が高く、せっかく支払条件に該当していても保険金を請求し忘れていたということが起こりえます。なので利用はやめたほうが懸命になります。 ■医療保険とは  医療保険は被保険者が病気になった場合、治療費の一部か全額を保障する仕組みです。必要性は治療費が貯蓄及び健康保険の保障範囲を越える確率になり、保障額はその差額が目安になります。  ただ健康保険の保障範囲は広く、高額療養費制度(月単位で一定額を超えた場合に超えた金額を受給できる制度)を利用すると入院・通院に対応できますので一定の貯蓄があれば必要性は低いと言えます。  医療保険で必要なのは入院・手術給付金ですが健康保険の不足を補うものなので給付金を高額にする必要はありません。ご質問者様が健保加入者であれば傷病手当金を受給できますので入院給付金は5000円、国保加入者であれば1万円あたりです。保険料は必要経費として納得出来るぐらいがベストで目安としては30代で月2000円程度でしょうか。  お祝い金などは出処が保険料なので保険料が高額になる元ですし、女性特約も女性特有の病気という設定が曖昧で保障の割に保険料の上乗せ額は割高ですので利用しないほうが懸命です。入院日数は医療の進歩もあるので入院日数が長い病気(血管・骨系)を考えても120日型で十分かと思います。  以上を元に考えますとご質問者様の貯蓄が一定以上なければシンプルな医療保険を利用しても良いと思います。そして特約は可能なかぎり外すべきで、保障期間は悩みどころですがあまり高額にならなければ終身で構わないと思います。  ところで貯蓄が一定以上という条件ですがこれは保障額(入院給付金×入院限度日数+手術給付金)がそれほど高額でないので、一定の貯蓄があれば必要ないとも言えるからです。なので保障額を支払っても将来の貯蓄計画に影響が出ない時点で医療保険を解約するか継続するか考えられてはと。なおがん保険を利用するのであればがん保険の保障も合わせて考える必要がありますので気をつけてください。 ■生命保険とは  生命保険は被保険者に万一があった場合、生活に支障をきたす人に保障額を残す仕組みです。必要性は被保険者に経済的に支えられている人の有無になり、保障額は保障範囲(期間や人)が目安になります。  このため経済的に支えている人がいない独身か貯蓄が一定以上ある専業主婦であれば必要性は低くなり、自分が家計の柱もしくは共働きでお子様がいる家庭であれば必要性が高くなります。  生命保険は大きく分けて定期保険、終身保険があります。定期保険は掛け捨て型と言われ保障期間中に保険料を支払い、保険料は戻りません。一方、終身保険は貯蓄型と言われ保険料を一生涯もしくは一定期間支払い保障期間が一生涯続き、途中解約した場合は一部戻ります(=解約返戻金)。  以上を元に考えますとご質問者様の状況では必要性はかなり低いのではと思われます。貯蓄型の終身保険や個人年金は利用を勧める方がいますが、現状は利用しないほうが良いように思います。なぜなら保険料が高額になり、しかも保障額を十分に設定できないからです。人の生活を一定期間支える役割を担う死亡保障300万円が十分な保障額と言えるでしょうか?  終身保険の保険料は保障部分+積立部分+付加保険料になり、保険料の額は積立部分がない定期保険の数倍になります。そして生命保険の保障額は人の生活を一定期間支える役割を担うためので高額になり、保障額を十分にしようとすると終身保険の保険料も非常に高額になります。保険料は必要経費として納得出来るぐらいがベストで目安としては月数千円程度で収めるべきで、それができるのは定期保険になります。  付け加えると貯蓄性があると言っても低金利の今では保険の予定利率(運用利回り)も低いこともおすすめできない理由になります。保険料の積立部分が運用されるのである程度の期間運用しないと支払保険料の総額を取り戻せず、運用利回りが低ければその時期まで時間がかかります。また世の中の金利がどのように動こうが契約時の予定利率のまま引き継がれることが多く、結果、他の金融商品(定期預金など)で運用していたほうが良かったということも起こりえます。 ■補足  生命保険(死亡保障)と医療・がん保険(医療保障)は保障してほしい時期が異なります。なので別々で契約し利用すべきです。  払込保険料が戻ってくるのは支払条件が成立した時になりそれまでは基本的に利用できません(気持ちとしては自分のお金なのに!)。しかし定期預金などの貯蓄であれば必要なときに引き出すことが可能です。このことからすぐに自由に使えるお金である貯蓄のほうが頼りになるのはおわかりかと思います。なので貯蓄が十分になるまで保険で補うという考えで、保険はいざという時の保障だけを求め別途貯蓄するべきだと思います。 参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます! 収入は…社会保険は入ってますが、200万にも満たないです 貯蓄も100万程度しか なので、医療保険は必要かな…と でも、掛け捨ての特約なしのもので充分なのでしょうか? 死亡保険は 自閉症気味の姉がいるので、将来 親が死んで、私に何かあったら…と でも そう考えると、300万保障では逆に安いのかな…? でも、まだまだ親は元気ですし、蓄えも沢山あるみたいなので、余計な心配かな とも思うのですが、 自分の分は迷惑かけたくない、と思ったり 何の為に 必要か 考えると、 自分の 医療保険だけでいぃ気もします、、

関連するQ&A

  • 生命保険・医療保険を検討中

    今年春に結婚いたしまして生命保険、医療保険を検討中です。 資料を頂いたりサイトを見たりしているのですが 考えば考えるほど分からなくなっているので アドバイスを頂ければと思います。 本人:32歳(会社員) 妻 :31歳(主婦。のちに働く予定ですが。。) 子供なし。 健康状態 ・本人、妻ともに入院経験、大きな病気等今までなし。 ・ともに非喫煙、非飲酒。&長寿家庭。 保険を選ぶ基準としたもの 医療保険 ・保障期間が終身。 ・払込期間が有り(60歳にしようと思ってます) ・三大疾病でも入院費が出る。 生命保険 ・保障期間が終身。 保険料は月給の1割までと考えているので 私+妻=3万円位で考えてます。 割合としては 私:妻=7:3もしくは8:2位 検討中の保険 医療保険:アリコ すこしであんしん終身医療保険(日額1万円 60歳払込 保険料5,680円) 生命保険:東京海上日動あんしん生命 長割り終身(1000万円 60歳払込 保険料18,870 円) ・子供が生まれたら定期の生命保険2000万を加入予定。 生命保険は長割り終身でいいかなぁ~と思っているのですが 医療保険に懸念点あります。 すこしであんしんだと、1入院60日。手術費が10万円。通院費が出ない。という点。 その点アフラックのEVERHALFだと特約で長期入院・通院特約が付けれるし、手術費が10、20、40万円とある。(日額1万円の場合) でも払込期間が終身しかないのが・・・。 入院日額1万円で長期入院・通院特約付きで5,960円。60歳から2,980円。 これらの保険ではガンがカバー出来ていない点と思いますが ガン保険単体ではあまり考えていなく、三大疾病特約があるものがいいなと思ってます。 そこまで考えるとなると全労済の新総合医療共済で三大疾病特約を付ければいい!? が、払込が終身で保険料が11000円程(?)が、老後に心配を残すし。 以上、よろしくお願いいたします。

  • 主人の生命保険と医療保険について

    主人の保険が未加入のため、ソニー生命のライフプランナーから下記の保険を提案されています。 1.変額保険終身型 保険期間:終身、払込期間:60歳、保険料:約15,000円 2.家族収入特約(月額15万) 保険期間:60歳、払込期間:60歳、保険料:約4,000円 3.総合医療保険(120日型) 保険期間:終身、払込期間:60歳、保険料:約6000円  総合医療保険には下記のものも含みます。  ・入院初期給付特約  ・成人医療特約  ・特定疾病診断給付金特約 主人の月の保険料だけで、約25,000円になります。 上記の保険で不要なもの、足りないものなどありましたら、アドバイスをお願いします。 また、月の保険料についてもアドバイスをお願いします。(4月から子どもが幼稚園に通うため、月謝だけでも28,000円の出費の増加が決まっています。)

  • 1入院730日以上の終身医療保険を探しています!

    結婚を期に主人(25歳)の保険の見直しを検討しています。 現在アリコの医療保険730日型+ガン特約に入っていますが、10年更新で将来保険料が高くなるのを考慮して終身タイプへの変更を考えています。 ですがアリコでは高度障害時の保険料払込免除がないので少し心配です。 アリコの他にも長期入院をカバーしてくれる保険はないのでしょうか? 希望としましては ・終身医療保険 ・1入院730日以上の保障 ・ガン特約、3大疾病特約または成人病特約 ・高度障害時の保険料払込免除 ・介護入院での給付あり 全部を満たす保険があるかはわかりませんが、できれば希望に近いものに加入したいです。 お力添えよろしくお願いいたします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

まだ20代なわけですから65歳払込満了よりは55歳か60歳払込満了にした方が良いと思います。 現在の制度に照らし合わせれば60歳定年、65歳年金支給開始なわけですから再就職できなければ無職になります。この5年間の保険料はどうしますか?その時に考えれば良いですか? 継続する前提で考えた場合、普通の「積立利率変動型終身保険」か「低解約返戻型終身保険」にして60歳以前に払込満了にするべきではないかと思います。たくさんの保険会社から発売されていますから、必ず数社から同じ内容の見積もりを取るべきです。医療保険も同様です。 医療保険は終身払いであれば、絶対に「健康祝金特則」ははずすべきですね。 その分保障を厚くした方が良いと思います。 今は健康でしょうから数百円の違いでお金が戻ってくるならその方が良いと考えがちですが、仮に更新毎に10日の入院をしていたらということを考えてみる必要があります。その場合、ずっと受け取ることができない「健康祝金特則」分の割高な保険料を支払い続けることになります。 何かあったら役に立つという基本に立ち返れば、「健康祝金特則」は保険の本来の目的に逆行しているものと考えます。 それから1入院の限度日数にも注意して下さいね。60日型なのか120日型なのかも重要な要素です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます! 今回2回目の相談だったんですが、 1回目の時に、あいおい生命の 低解約変戻金特則付 積立利率変動型終身保険 を すすめられました あまり変わりがない と思っていたのですが、全然、違うのですね… 医療の方も払込は65歳で日数は60日です 祝金は… だめですね~ 考えが足りませんでした ありがとうございます! 考え直してみます

  • 回答No.1

医療保険とは、「入院したときに金銭的な保障を得られる商品」のことです。 それを目的として、契約をするのではありませんか? ならば、入院しなければ受け取れるけれど、入院したら受け取れない 保障をどう思いますか? アリコに限らず、健康お祝い金とは、そういう保障なのですよ。 ご指摘の保険の場合、10日以上入院すれば、受け取れません。 保険とは、困ったときの手助けです。 それが、困ったときには支払わないという特約を契約する意味はないと 私は、思っています。 ついでに…… 100種類以上あるといわれている医療保険から、 ご指摘の保険を選んだ基準は何なのでしょうか? それがわからないので、その選択が正しいのかどうか、 わかりません。 保険なんて、どこも同じ……ではないのですよ。 死亡保険にソニー生命の生前給付保険(リビングベネフィット)を 選択する理由が分りません。 この保険は、例えば、がんになれば、一時金が受け取れますが、 受け取ったら、この保険は消滅します。 なのに、死亡保険として選ぶのですか? がんになり、治った後で亡くなったとしたら、どうするのですか? 「65才払込まで 解約しなければ、払込分より多くなる」 のは、解約するからですよ。 解約すれば、がんの保障も死亡保障もなくなりますよ。 根本的に、考え直すことをお勧めします。 保険を考えるとき、最も重要な事は、 何の為に、どのような保障が必要か、 と言うことを考えることです。 どんな「保険」ではなく、どんな「保障」です。 質問者様が、ドレスを着て、パーティに行くとします。 ドレスを選んでから、どんなパーティに着て行くのか探しますか? そうではなくて、 パーティに出席が決まってから、そのパーティに相応しいドレスを 探すのが順序でしょう。 保険も同じです。 まずは、目的です。 次に、その目的に合っている保険を選ぶのが順序です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 確かに。 相談に行ったのが 2件目だったんですが、 1件目で ひまわり生命の 健康のお守り オリックス生命の キュアレディ をだされ、やはり、同じものをすすめられ、 悩んでいたら、提案してくれたものです 自分では 何を選んだら良いか分からず、相談にいったのですが、更に目的がズレてしまっていたかも 安くしたい、という考えだったので、だしてくれたのかもしれません。 死亡保険 は がんになった場合を全然考えていませんでした… 確かに その通りですね~ ありがとうございます! 考え直してみます。

関連するQ&A

  • 生命保険をソニー生命で見直したのですが。。。本当にこれでよかったのでしょうか?

    皆様初めまして。ご助言頂けると嬉しいです。 夫(35)/妻(27)/子(10ヶ月) 先日保険の見直しをしました。今まで入っていたのが 朝日生命で、医療保険も含めて全て定期で契約 していたので、今後の保険料が上がる事への不安と 担当者への不信感(2年に1度は「いい保険が出来たので ^^*」と契約のし直しを勧められたり、何度も アポ無し訪問をされる等)があり、子供の学資保険と 一緒にソニー生命に頼んでプランを立てて頂きました その結果 夫:変額終身保険:800万    14768円   逓減定期保険:2200万(20年)    3234円   終身医療保険:日額1万(120日)/死亡保障100万          特約:三大疾病診断給付金:100万    8540円   (全て60歳払込) 妻:終身医療保険:日額1万(120日)/死亡保険100万    6930円   (55歳払込)←主人との年の差があるので 子:学資保険:20歳満期/保険金額30*30*100*100(万) という様な形です。 なんだか初めて終身保険を契約したのと、払込期間を 短くしているせいもあると思うのですが、ちょっと 保険料が割高な気がしています。 他の外資系(アリコやアメリカンファミリー等)では 医療保険などはもう少し安い気がします。 この保険料の差はどこからくるのでしょうか? アリコ等では手術が限定されていたりというのも 聞いた事があるのですが。。。 ご意見を伺えたら嬉しいです。

  • 生命保険・医療保険について

    30代前半の夫婦で現在子供はいません。 それぞれ保険に加入していますが今後のことも考え最適かどうか保険の窓口へ相談に行きました。 主人は掛け捨ての保険で15年更新です。満期を迎えた後の保障がガクッと下がるので主人に万が一があった時に不安に感じました。 私(妻)は県民共済加入で、病院にお世話になった場合少しながら保障があるのと万が一の場合、葬儀代が出ればいいと考えていました。 FPの説明によると私の年齢では共済の内容は向いていないとのこと。 50代ぐらいの方が+@で付けるのが向いていると説明されました。 生命保険と医療保険と検討しているのですが 主人は死亡3.000万円のもの(終身保険・低解約返戻金型)払込期間:60歳で月々57.000円ほど。 私は死亡300万円で月5.000円程です。 私(妻)の分は主婦なので余裕があれば加入した方がいいという話でした。 医療保険はお互い身内にガンで亡くなった方がいるのでガン保障が強い内容で検討しています。 入院1万円(通院も)一時金100万円です。終身払いで月6.000円ほど/一人当たり(掛け捨て) 以上の内容で提案してもらいました。 保険全般無知なのですが掛け捨ては勿体ない気がして貯蓄がてら終身保険で補償してもらうのがいいのかな?と率直に考えています。(と言っても提案してもらった医療保険は掛け捨てタイプ) ただ今まで支払っていた保険料より4倍ぐらい上がるので悩んでいます。 現在の家族構成での死亡保険は多くて2.000万円くらいあれば十分過ぎるのではないかと思います。 今は毎月の保険料・会社の積立・給与の中からの貯蓄と分けて考えていますが、 仮に終身保険にした場合はまとめて考えていけば払っていけるのかなと思います。 会社の積立も利率が良ければ継続してもいいのですが、ただ積立てるだけの状況なら終身保険に回したほうがいいのかな?と考えています。 ただ積立金は所得税の対象にはならないので、保険料の控除等を考えても回した方がいいものなのかと思っています。 質問の内容が分かりづらいかもしれませんが・・・アドバイスよろしくお願いいたします。

  • 医療保険の内容について

    主人(33歳・会社員・子供1人・現在無加入です)の保険を検討(ソニー生命FPに相談中)しているのですが、迷っています。 保険日額→5,000円か10,000円か 払込期間→60歳払込・65歳払込・終身払い 連続入院日数→60日か120日 主人は他に保険に入っていないのですが、現在のうちの家計だと、死亡保障(収入保障にしようかと思っています)+医療保険に出せる保険料が1万ほどしかありません。 主人の家系は、ガン・高血圧家系なので、連続入院日数は60日だと、短い気がして、120日はやはりいるかなとは思うので、それは外せないんですが、日額は5,000円でも十分だと思いますか?(ガン保険もその他に入る予定にしています) 払込期間は無理をしても60か65歳払込にしたほうがいいと思いますか? それとも、日額を多くもらうために、終身にしたほうがいいと思いますか? 医療+ガンなら、ソニー損保のSUREの方が魅力あるような気がしています。 しかし、SUREは、連続入院数が60日で短く、ガンと初めて診断された時には出ませんでした。 SUREワイドだと、保険料は高いですが、FPの方に提案されたのよりも少しだけ安いですし、日数も120日で、初めての診断時には100万出るのでいいかなと思ったのですが、死亡保障がなかったのがひっかかる・・・。 払い込みは、終身みたいなのですが、通算1095日と、それも提案されたのより長かったので、その辺はいいな~と思ったりもして。 今、5,000円の終身払いに入っておいて、余裕ができたら、60か65歳払込の5,000円にもうひとつ入ったほうがいいのかとか、どれを妥協して決めればよいのかわからなくなってきました。 どのようなタイプの医療保険がお勧めでしょうか? 参考にしたいので、どなたかアドバイスください。

  • 医療保険について教えてください。

    現在25歳の主人の医療保険は、ソニー生命の総合医療360日型 給付日額5000円 に2口加入しています。 保険期間は終身で、払込も終身となっております。そこで、払込が終身ということが気になり、以前担当の方に聞いたら、返戻金をつかえば終身で払う必要はないといわれたのですが、それは解約してということなんでしょうか? 希望としては60歳ぐらいで払込み、一生保障を受けたいです。  あと、ガン保険と、生活習慣病の保険の加入も検討中で、特約にするか、別の保険会社にするか悩んでいます。ガンは、ソニーだと診断給付金が1回しかでないのがきになります・・・。  ご意見お願いします。

  • 医療保険について

    現在医療保険の見直しを考えています。38歳 パ-ト勤務の主婦です、子供の予定もありません。 医療保険で考えているのは、ひまわり生命の60日型、日額1万円で先進医療と七大疾病特約をつけて七大疾病になると120日延長になるプランです。金額4200円程度 アリコ新終身医療F4 120日型、日額1万円でプラス先進医療で金額4300円程度、どちらも終身払いにしようと思っていますが、 保障内容とかは、どうなんでしょうか? FPの方は、アリコの方が充実しているプランだと言ってましたが、手術金とかの知識がなくわかりません。 アフラック・オリックスより金額も安くて保障内容も良いと言われました。 ちなみに がん保険は、富士生命のがんベストゴ-ルドに主契約のみ250万円のプランに加入しています。 終身の死亡保障は、ひまわり生命の一生のお守りに350万で契約しております。銀行の積み立てもあるので貯蓄型の死亡保障は、このままでよいのかなと考えております。医療保険は、できれば4000円代で収めたいですが、あまり保障がないのも不安です。 現在は、医療保険は都民共済のみです。 どなたか、保険に詳しいかたご助言お願いします。

  • 生命保険・医療保険について

    専業主婦なら、葬儀代程度の死亡保障と 終身の医療保険(日額5,000円程度)くらいの保険に加入していれば ひとまず安心と聞きます。 (FPに相談してもそう言われました) 以上も踏まえて、保険の見直しを検討していたのですが、 うつ歴があり新規に保険に加入できない状態です。 なので、現在加入中の保険で見直しをするしかありません。 そこで相談にのってください。 現在はアカウント型 10年更新タイプで 月額は1万円近いのに、アカウント部分は数百円で あとは特約保険料。 10年以内に死亡・大きな病気ケガをすれば とっても大きな保障ですが、 まだ20代ですし、何もなければ何も残らない、 ちょっと納得できない感じです。 しかも老後70歳まで支払わなければいけないし、 更新もあるし、なんだか不安いっぱいです。 目先の10年だけを考えればいい保険なのですが・・・ 毎月の保険料も負担が大きいので 特約を削って、減額しようと思うのですが、 *重度障害の場合の生活サポート1,000万 *がん特約(上皮内ガンは給付対象外)100万 を外してもいいと思うのですが、 外交員の方に、これは必要だ!!と言われてしまいました。 上記にも書きましたが、通販型などにある 入院給付と手術給付のような保険には、このような手厚いものは ついてないですよね? 何かあったときのための保険ということは 重々承知しているつもりなのですが、 外交員の方に、これで助かってる人がたくさんいるのよ。 なんて聞くと、不安になってしまいます。 アドバイスをいただけないでしょうか? あと、先にも言いましたように 告知義務のなくなる5年間は、新規に保険に加入できない状態です。 もし5年間健康体でいられたと仮定した場合、 現在の保険を解約して終身タイプの医療保険に 切り替るという考えでいたほうがいいのか、 若いうちに加入した現在のアカウント型保険を 大事にするべきかもアドバイスをいただけたらと思います。 *終身タイプの医療保険 (入院日額5,000円 手術10万円くらい)がいいと思っていたのですが、外交員の方に ガンになったら。。 重度の障害をもったら。。 寝たきりになったら。。 と言われて、とても怖くなってしまいました。

  • 生命保険について悩んでいます

    はじめまして。 人生の諸先輩方にアドバイスをいただきたいと思い投稿しました。 最近、FPと相談しながらソニー生命の保険に加入しました。 新婚のため子どもはまだいませんが、 子ども2人を授かる想定で組んでもらいました。 夫 32才 会社員 ●生前給付保険(終身型)  保険料 43,000円/月 死亡・特定疾病保険金額 2000万円 保険期間 終身 払込期間 65才まで ●家族収入保険  保険料 6,000円/月 年金月額保障 13万円 保険期間 70才まで 払込期間 70才まで 妻 29才 パート ●生前給付保険(終身型)  保険料 7,000円/月 死亡・特定疾病保険金額 400万円 保険期間 終身 払込期間 65才まで ●総合医療保険(60日型)  保険料 2,000円/月 入院給付金日額 5,000円 手術給付金額 手術の種類により、入院給付金日額の40倍、20倍、10倍 死亡給付金額 5万円 保険期間 終身 払込期間 65才まで 夫婦 合計 58,000円/月 証書を見ながら書き綴りました。 わかりづらくて申し訳ございません。 これは保険料かけ過ぎでしょうか・・・。 若いうちに・・・との思いで、急いで組んでしまいましたが、 今更ながら不安になってきました。 現在、保険料の支払いは主人のボーナス年払いでしか支払う余裕はありません。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 生命保険、医療保険の加入についてアドバイスをお願いします。

    子どもが生まれるにあたり、保険の加入を考えています。 夫(30歳、会社員)、妻(30歳、地方公務員、定年まで働く予定)、子(第1子夏誕生、あと二人希望) 持家(住宅ローンあり、持分1/2ずつ) 現在は、妻の職場の共済保険(入院日額5,000円で掛け捨ての一番安いもの)の加入のみです。 下の保険に加入するなら、この共済保険は解約する予定です。 ソニー生命の方や、複数の保険を扱っている代理店(A社、ソニー生命も扱っています)の方に相談し、 大体のプランを組んでもらったのですが、恥ずかしながら夫婦とも本格的に保険について考えたことがなかったため、 以下の保険内容で契約してもいいものかどうか不安になってきました。 夫 医療保険(終身) PCA生命「メディスマート」            入院日額5,000円、支払限度日数120日、60歳払込、支払月額 2,240円       (ソニーからは総合医療保険の730日型を勧められたのですが、A社からは入院保険は利率変動などのメリットもないので、        掛け捨てでもこちらの方が得だと勧められました。)   死亡保険(終身) ソニー生命 積立利率変動型終身保険            死亡時300万、55歳払込、支払月額 約7,300円            東京海上日動 長割り終身5年ごと利差配当付低解約返戻金型終身保険            死亡時300万 55歳払込、支払月額 約7,000円                   あいおい生命 低解約返特則付積立利率変動型終身保険            死亡時 約310万、45歳払込、支払月額 約10,000円       (当初ソニーで1,000万のもの1本と考えていたのですが、A社から東京海上とあいおいのプランを見せていただき、        学資保険代わりにも使えるということで、リスク分散の意味も含めて3本に分け、払込終了時期も分けました。)             妻 医療保険(終身) PCA生命「メディスマート」            入院日額5,000円、支払限度日数120日、60歳払込、支払月額 2,365円              収入保障保険   日本興亜生命 無配当無解約返戻金型収入保障保険              死亡時 月額5万円 保険期間50年 55歳払込、支払月額 7,025円       (遺族年金代わりに子どもが就職するまでの死亡保障目的で、尚且つ掛捨てにならないものということを重視しました。)   妻の保険は現在加入できないため出産後に申し込む予定ですが、プランだけ作っていただきました。 ご意見をお願いします。

  • 医療保険の見直しについて

    30代女性、既婚、子なし(妊活中)です。 これから子どももほしいということで、主人と話し合い、保険の見直しをしています。ほけんの窓口で相談をして、死亡保障やガン保険、主人の医療保険は決めることができたのですが、私の医療保険については、どうしたらいいのか迷っています。 【現在加入中】A社 月2900円ほど 60歳までに払込/終身保障 三大疾病になった場合、払込免除"なし" 入院日額5000円/女性特約:女性特有の病気の場合、+500円 "手術"一回につき10万円 【検討中】B社 月3300円ほど 終身払/終身保障 三大疾病になった場合、払込免除"あり" 入院日額5000円/女性特約:女性特有の病気の場合、+500円 "入院"一回につき10万円 迷うポイントとしては (1)月額の払い方について ・A社は三大疾病になった場合の払込免除はないが、60歳で払込が終わる ・B社は終身払いだが、三大疾病になった場合は払込免除となる ⇒私の親族はわりと健康な人が多く…祖父がガンが見つかったのも80を過ぎてでした(ちなみに現在90を超えてますが元気にしてます)。周りを見ていてのなんとなくの気持ちですが、もしも三大疾病になったとしても、もう60を過ぎているのでは…と思います。何が起こるかは誰にもわからないので、何とも言えないのですが…。 (2)”手術”一回につき10万円か、”入院”一回につき10万円か ⇒手術を伴わない入院の割合が6割くらいだと、ほけんの窓口ではデータを見せてもらいました。確かに最近身内で、検査入院のみでの入院とかもあったので…。そう考えると、入院一回につき…の方がいいのかなとは思いますが…。これも何が起こるかは誰にもわからないですよね…。 正直な話、やはり月額はおさえたいので、A社のままでいいのでは?とも思います。 ただ、データとして入院のみの場合もある…と言われると、やはりB社がいいのかな?と。 そして60歳で払込終了がいいのか、三大疾病の場合の払込免除がいいのか…。 主人は、「俺がB社だから、わかりやすいように同じのに入ってたら?」とわりと軽く考えてます…。まぁその考えも一理あるとは思うのですが…。 ほけんの窓口の担当者からも「どちらも似た内容なので、あとはどこを優先されるかです」と言われたので、自分でもどこを優先したらいいのか考えていたのですが、なかなか考えがまとまりません。 このような場合、みなさまならどこを優先して考えられますか??

  • 生命保険、医療保険のことでお聞きしたく、投稿しました。

    生命保険、医療保険のことでお聞きしたく、投稿しました。 現在夫婦ともに未だ保険に入っていません。 主人23歳、私27歳、子供二人(1歳、0歳)の四人家族です。 子供二人は県民共済に加入しております。 いい加減、夫婦の保険を真剣に考えないとと思い、色々調べたのですが、 たくさんありすぎて、わからなくなってしまいました。 皆さまのアドバイスを頂けたらと思います。 主人はまだ若いので、保険料もだいぶ安いのですが、 まずお聞きしたいのですが、医療保険って定期と終身(60歳払い込み)、 どちらがいいのでしょうか? 若いから終身にした方が保険料が上がることもないし、いいのでは?と思う一方、 60歳払い込みだと約40年後の事。 これから、その時代にあった保険が出てくるからむやみに終身にしない方がいいのかな? 定期にしてその都度、見直しした方がいいのでは?と思うのですが・・・ 考えれば考えるほど、わからなくなってきてしまって・・・ 先日、第一生命の方に主人の生命保険のプランを出して頂いたのですが。 順風人生っていうやつだったかな。 15年更新のもので。月々13000円ほど。 三大疾病にかかったら以後の保険料は頂きません!っていうのがついていたり、 更に三大疾病になったら、年間何十万っていうお金が最長5年間受け取れるらしいですが。 それが「売り」なのか、すごく勧められました。 あと、他の保険会社は手術給付金対応の手術が88種類くらいなのに対し、 第一生命は1000種類以上だから!ということ。 「他の保険会社に加入して、いざ保険の申請すると給付金がもらえなかったってよく聞きますよ!」って 言われました。 やはり保険を加入する際には、そういう所も大事ですよね・・・ あ~ますます、わからない・・・ あと、がん保険について。 がん保険は医療保険の特約としてもつけることができますよね? 別々で加入した方がいいのか、特約で十分なのか? 主人は「俺は今まで入院したこともないし、怪我すらない!ガンにもならん!!」って言い張って、 保険のこと、真剣に考えてくれなくて(泣) なぜそんなこと言い切れるのか・・・ いざ、病気したら迷惑かかるの私たち家族なんですけど~(汗) 医療保険の事ばかり聞いてしましましたが、 子供二人もいるとなると、生命保険のことも考えないといけないですよね!! どこかオススメのものってありますか? 以前保険テラスで相談したことがあって、その時はアリコの「ドル建て」のものを すごく勧められました。 他の医療保険は値段だけだして、ドル建ての話を延々と・・・ 月々の掛け金も大きし、ドル建はなんか不安で。 長々を書いてしまいましたが、お時間のある方アドバイスください。 よろしくお願いいたします。

専門家に質問してみよう