• 締切済み
  • 困ってます

機械設計(参考書)

機械設計で使う力学をしっかりと学びたいと思い質問させていただきます。 力学的な基礎をしっかりと勉強し直したいと思い工業高校の教科書を引っ張り出して、再勉強中ですが、もう一歩踏み込んだ(レベルの上げた)参考書を探しています。あれこれと手を付けてもマイナス要因が多そうで、ひとつに絞って徹底的に取り組みたいです。 演習問題を数多くこなしたいのですが、答えだけの解説なしは、今の私では逆に時間が掛かって進みが悪いと思っています。何か良い演習問題集や参考書があれば教えて下さい。 色々と探したのですが、下記、参考書を候補に上げてはおりますが、これは、ネットで探した結果、評判が良さそうですので、どうかと思っていますが、中身を見たわけではないので、あくまでも☆評価を鵜呑みにしてる程度です。 1)機械設計法 (機械系教科書シリーズ) ・・・機械作りの実技を意識した高専,大学,短大,専門学校向けの教科書。基礎的で広範囲な知識を盛る 2)工学のための力学 上下・・・アマゾンの評価☆5でなかなか良さそう 機械工学、工業力学などで検索はしておりますが、よきアドバイスを頂ければ助かります。また機械設計工業会の技術者試験問題集(1級、2級)も、取り組んでいますが、解説が、いまひとつ理解し難いので、答えを見ながら理解するのに時間が掛かっています。また、過去問題ですので、各年度の問題数は少ないです。 希望するレベルは、大学機械工学部で初歩から学ぶ程度からスタートできれば助かります。レベルが高すぎるのは、恥ずかしながら無理です。いずれは、上の技術者試験1級もとりたいので、そのレベルまでは勉強したいです。とにかく演習をこなすのが必要かと思っています。当方、2級レベルはクリアもしくは同等かと思っています。 良本あれば教えて頂きたく、なにとぞよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1471
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1

機会設計法、工業力学、材料力学、機械要素、金属工学、水力学、図学、熱力学、機械加工法・・・なんて言うのが大学の機械工学科の基礎的な学問です。いずれも、微分、積分を用いた難しい数式が出てきます。 恥ずかしながら、私もしっかりとは理解しておりません。。。ただ、完璧に式を覚える必要はなく、その物理・化学現象の概要を知っていれば、参考書を見直せばいいわけで。。。 ということで、将来的な目線で見ると、解説を理解するのに時間がかかる参考書でも気にしなくても良いとは思いますが、途中で挫折してしまうのも問題なので、ページ数の少ない、挿絵の多いものから手をつける方が無難ですかね。。。 すみません、具体的な書籍の紹介ではありませんが。。。 機械工学を学んだ先輩として、設計者として、コメントしたかったので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の返答有難うございます。まずは、色々と取り組んでみて、自分にあった参考書を・・・と頭では理解は出来ているのですが、より良い本で今のレベルを上げたいと欲張っているかと自分でも思っています。微分積分も恥ずかしながら、ただ今勉強中です。公式を覚えるのではなく、体系的に機械物理を理解する上では、大変重要なものと思っていますし、公式重視ではないので、理解が深まれば、楽しいですよね。大変よいアドバイス有難うございます。あまり深く考えずに、良い本に出会うことを祈って、探してみます。

関連するQ&A

  • 機械系 4力 参考書

    機械系の4力の基礎を学ぶことができる参考書を教えていただきたいです。 4月から新社会人として製品開発の業務に携わることになりました。大学時代に学んだ機械系の4力の内容をほとんど忘れてしまっているため、一から勉強したいと考えております。基礎を学びたいため、演習問題は少なめ(なくてもいい)で、図解が多くとてもわかりやすくイメージしやすい参考書を探しています。おすすめがありましたら、ぜひ教えてください。よろしくお願いします!

  • 機械科の参考書

    いつもお世話になっています。 私は大学で機械科に通っています。 就職活動をする上で、勉強の復習を行いたいのですが、機械力学や熱力学、材料力学などが幅広く出題されている参考書などがあれば教えていただきたいと思っています。 自分でも色々探しましたが、なかなか見つかりません。 アドバイスよろしくお願い致します。

  • 機械設計の勉強する上での数学の参考書

    こんにちは 私は現在メーカーの生産技術部門で働いており機械設計に興味と言うか 仕事を行って行く上で知識がもっと必要だと感じ機械設計に関する本や 通信教育を受けているのです しかし計算式が出てくるとチンプンカンプンになってしまいます 元々文系で√も何か良く解りません 生産技術といってもアシスタント程度です 設計になろうなんて大それた考えは無いのですが全く分からないのも悔しく勉強しております 数学を一から勉強出来る分かりやすい参考書って有りませんでしょうか? 出来たらほんと基礎から勉強出来る物がいいです お願い致します

  • 線形代数学の参考書・演習書

    こんばんは◇工学部機械工学科の大学一年生です。 現在線形代数学を学んでおりますが学校の教科書を読んでいてもよくわかりません・・・ そこでみなさんにお願いがあります。 線形代数でおすすめの演習書・参考書があれば教えてください。 演習書なら解説が詳しいものをお願いします。

  • お勧めの参考書、教えて下さい。

    自動車関連の就職を考えているのですが、普通科出なので独学で勉強しようと思っています。 材料力学・機械力学・機械工学・自動車工学でお勧めの参考書or著者を教えて下さい。

  • 参考書について

    大学の二回生で、機械工学科です。 流体力学の参考書でわかりやすい本はないでしょうか? 教授が参考書なしで授業するため、やはり話とノートだけではどうしてもついていくことができません。 それほどくわしくなくてもよいので、わかりやすく書かれている参考書があれば教えてください。(図などを多様していればよりわかりやすいです

  • 数学の参考書について

    数学の参考書について質問したいです。 今学校で使っている教科書は読むだけではチンプンカンプンです。やはり学校の教科書は授業の補助的なものになっているのでしょうか。 そこで学校の授業がなくても先々予習できる参考書はないでしょうか? 自分で予習したいので基礎からしっかり学べる参考書がいいです。演習問題はなくても結構です。

  • 機械設計者に必要な勉強

    質問させていただきます。 私、機械設計経験2年程度の者です。 現在、勉強しようと考えている資格は 1.機械設計技術者試験 2.工業英検 の2つです。 勉強する理由としまして、職場で役立てることと、 万一の転職の場合に有利にしたいからです。 機械設計技術者試験は1年前に勉強して、 事情があり半年くらい勉強をお休みしています。 機械設計者なので機械設計技術者試験を勉強することが 大事なような気もするのですが、 例えば流体工学等、実務で使わない工学の計算はすぐに忘れてしまいます。 実際、実務で使用する工学であったとしても、計算手順は結局機械設計便覧等を 確認しながら計算することになるので、機械設計技術者試験の必要性って それほどないのではないかと思ってしまいます。 「ああ、こんな計算式あったなぁ」と思い出すくらいならあると思いますが。 (それが重要だったりするのか?) そう考えると、実際の設計に関する計算力は実務で養うとして、 工業英検等を勉強した方が将来的には良いのかなぁと思っています。 この考え方は間違ってますでしょうか。 上記資格以外にも、こういう勉強しておいた方がいいよ、という 資格がありましたら教えていただけないでしょうか。 工業英検よりTOEICの方が良いのでしょうか。 お手数おかけしますが、アドバイスいただきたくよろしくお願いします。

  • 書店の参考書で4大力学の独学について

    3流大学、いや4流大学、つまり下の下の大学を1年時に中退しました。 一応機械工学科でした。 その後、やっぱり理系職しか考えられず小さな会社だけど 未経験でも機械設計をやらせてもらえる会社で働くことになりました。 機械は産業機械です。最近よくTVなどにでる生産ラインにある機械です。 例えば食品メーカーなどの生産ラインにある機械です。 建設機械や半導体や家電などとは違います。 お聞きしたいことは、大型書店などの工学(機械関係)コーナの書棚にいくと、 機械力学や材料力学の書籍が各社から沢山出版されていますが、 これをやることで大学の授業で習うことの8割くらいは習得できるでしょうか。 自分としては、大学で習うであろう4力学を独学でやろうと思っています。 中退したために、4力学の授業は受けておらず教科書も既にありません。 大学で習うレベルを独学で得たく、書店にあるものを1冊勉強することで、 同等レベルを得る事ができるなら、頑張ってやろうと思います。 それとも書店にある参考書は、大学の授業に比べれば到底低いとうことであれば 違う学習方法を考えなければいけません。 個人的に思っていることをザックリいうと、 大学中退(ほぼ高校卒と同じ) ⇒ 設計には4力が必要と思われる(それだけではないが) ⇒ 4力を習っていない ⇒ 書店には4力の参考書が売っている ⇒ その参考書を使って勉強すれば大学の授業と同等のものを 得ることができるのではないか 参考書なのでハイレベルに絞った内容にはなっていないと思います。 同じようにローレベルな内容でもないと思います。 どんな人が買いにくるかわからないので、中間レベルくらいではないかと思っています。 もし参考書で独学して中退した分をカバーできれば、少しでも基本的なことや基礎が身につき 次のステップアップにつながると思っています。 実務経験があり、大学を卒業なされた設計者の皆さん、ご意見お願い致します。 因みに入社した会社は、大学時代に習うであろう4力学や高校時代に習った物理などは ほとんど使っていなく、感覚的な設計です。 設計と言うイメージからは強度計算や力学を考えて設計すると思っていたが、 そういった計算は皆無に等しく、強度的に弱そうなら頑丈に分厚くしておけばOKなノリです。 自分がこの会社に入社できた理由も少しわかる気がしました。 ただ、それは良くないと思いました。 大卒と同等レベルになるために、4力以外に勉強する必要なものがありましたら 教えていただけませんでしょうか。 大学を卒業していないため、大卒者がどんなことを学校で勉強してきているのかわかりません。 まずは大卒と同等レベルになり、 基礎を固めると言うか良き設計者となれる準備と言うか段階を踏みたいです。 宜しくお願い致します。

  • 物理の参考書

    これから、大学で学んだ『物理学』の復習をしたいと思っています。 お勧めの参考書があれば、教えていただけると幸いです。 現状として、 ・一日、一時間程度 ・演習問題よりも、式の誘導が丁寧であること ・問題の解説が丁寧であること を望みます。 以上、よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう