締切済み

美術館という存在について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.6830992
  • 閲覧数145
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 77% (7/9)

美術館とはどういった存在なのでしょうか。

「絵を保存する場所」なのでしょうか。

「絵を研究する場所」なのでしょうか。

美術館とは作品が主体である場所のはずであるけれど

そこに作者は介入できないと思います。

どのような作品を置くのかは美術館によって決められます。

作者は美術館に置かれるために絵を描くのでしょうか。


みなさんは美術館についてどのように考えますか?

ご意見聞かせてください。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

美術館は現代においては
簡単にいえば「美術博物館」として存在している
というのが私の考え、見方です。

「博物館」とは
歴史的に価値のあるものを
蒐集し、それを開陳して
後学に資する、という施設でしょう。

数十年前までの一時期は
海外においては新しい美術を育成するという機能も多少
果たしていたようですが現在はそれが不可能になっているのです。

なぜかといえば美術そのものが
随分前に終焉しているからです。

それは美術にかぎらず
あらゆる文化芸術においても同様の現象で
「芸術家」はとっくに本当に個性的なものをかいたり
作ったりできなくなっているのです。

時に「古臭いもの」を表現するとき
「博物館に飾ってあるようなもの」
とか
「博物館行きだ」などといいませんか?
ちょっと毒のある考え方かもしれませんが
美術館にあるのはそういうものであることになります。

美術館とはそれを集め、歴史的価値を多少研究し
それによってこれが過去の価値だということを
示し見せるところということでしょうか。
そんなことをいいながら実は私の作品もとある美術館に
収蔵されてしまっているのです。
感謝経済
  • 回答No.1

基本的には「コレクター」なのだと思います。

蒐集者が、ある日、他者、不特定多数にもこれを見せたい、と思い立っったのが出発点なのでしょう。

当然ながら、保存、蒐集物の研究は行われるでしょう。

>そこに作者は介入できないと思います。

自作品をボランタリーに収めることはよくなされていると思いますが、当然ことわられる場合もあるようです。
作者自身が自分の作品をまとめて美術館を作り、公開している例はありますが、少数でしょう。
基本的には仰るとおりだと思います。

>作者は美術館に置かれるために絵を描くのでしょうか。

そういう作者も多いのではと思います。

>みなさんは美術館についてどのように考えますか?

細かい不満はありますが、鑑賞者のとってはこのうえなくありがたい場所だと思います。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ