• ベストアンサー
  • 困ってます

保険診断お願いします!

29歳女性です。 保険の窓口に行って相談した所 (1)医療保険 ソニーの終身、60歳払込 日額5000(初期から) 先進医療(通算1000万円) 死亡50万円 入院時5万円 手術(種類に応じて) 月額4886円 (2)がん保険 富士生命、終身(無配当) がん診断100万円 先進医療特約 1~500万円(通算1500万円) 月額3755円 (3)変額保険終身型 ソニー・60歳払込 死亡・高度障害220万円 月額3150円 上記を提案されました。 予算は月1万5000円です。 これは妥当でしょうか? 詳しい方、教えて下さい!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数411
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

■保険とは  最初に保険とはどのようなものかということから考えてみます。  保険は自分に何かが起き、経済的に困窮する状態になった際に保険会社に代わりに支払ってもらう仕組みになります。この仕組みを利用したいので保険料を保険会社に支払い、同時に保険会社はこの条件であれば支払いますという契約を結びます。  このことから保険料を支払っているからといって保障額(=保険金)が支払われるとは限らないことが分かります。なので保険を利用する人は保険の支払条件を理解しておく必要があると思います。 ■医療保険、がん保険、生命保険とは  窓口で提案されている保険はどのようなものか考えてみます。なお医療保険、がん保険、変額保険終身型とされていますが、変額終身保険は生命保険の一種なので生命保険として考えます。  医療保険は被保険者が病気になった場合に治療費の一部または全部を保障するというのが基本的な仕組みです。必要性は治療費が貯蓄及び健康保険の保障範囲を越える確率になり、保障額はその差額が目安になります。  ただ健康保険の保障範囲は広く、高額療養費制度(月単位で一定額を超えた場合に超えた金額を受給できる制度)を利用するととある程度貯蓄があれば入院・通院に対応できますので貯蓄があれば必要性は低いと言えます。  がん保険は被保険者ががんなど特定の病気になった場合に治療費の一部または全部を保障するというのが基本的な仕組みです。必要性は医療保険と同様に治療費が貯蓄及び健康保険の保障範囲を越える確率になり、保障額はその差額が目安になります。  対象となる病気は治療費が概ね高額になることが多く、貯蓄ではカバーしにくいので医療保険より必要性は高いと考えられます。がん家系や食習慣などでがんに掛かりやすいと認識されるのであれば検討しても良いかと。  生命保険は被保険者に万一があった場合に生活に支障をきたす人に保障額を残すというのが基本的な仕組みです。必要性は被保険者に経済的に支えられている人の有無になり、保障額は保障する範囲(期間や人)が目安になります。  このことから経済的に支えている人がいない独身、もしくは貯蓄が一定以上ある専業主婦であれば必要性は低く、自分が家計の柱になっているか共働きでお子様がいる家庭であれば必要性が高くなります。    上記を踏まえて提案された保険を利用するのが妥当なのか考えます。そのためには提案されている保険の内容を理解している必要があります。ご質問者様は保険の内容は理解されているでしょうか(人に仕組みや支払条件を説明できますか)。分からない部分があれば窓口に聞いてみてください。それでも理解出来ない様であればその保険はご質問者様にとって無用の長物になりかねないので利用しないほうが良いです。 ■各保険の検討  理解されていることを前提で各保険について検討してみます。  医療保険は利用する必要はあるのか?終身である必要はあるのか?考えます。貯蓄があれば治療費の支払いに耐えられるので必要性は低くなります。必要性の判断は現在そして将来の貯蓄状況になります。  また保険料は必要経費として妥当なのか?考えます。考え方としては利用すると仮定しもらえる保険金と保険料を比較になり、入院日数×入院給付金+手術給付金をもらうのに毎月保険料を支払うのが妥当かになります。  がん保険も同様に利用する必要があるのか?終身である必要があるのか?考えます。ただ治療費は高額になるので医療保険に比べると貯蓄のハードルは高くなります。保険料と保険金の比較も同様になります。なお保険でがんは二人に一人はなると必要性を訴えられる場合がありますがそれは高齢での話です。  生命保険の前に変額保険について、変額とは保障額や解約返戻金の額が運用に応じて変動することです。投資信託などの仕組みを取り入れた保険で契約時に幾つか運用商品が提示され組み合わせ、運用は自己責任となります。  つまり変額保険では保険会社が負うリスクを契約者が負います。運用次第で返戻金等は高くなりますが低くなる可能性もあります。保険にそのようなリスクは妥当か考える必要があります。  では生命保険は利用する必要はあるのか?終身である必要はあるのか?考えます。ご質問者様は独身なので上記のように必要性は低いです。ただ生命保険の一種である終身保険には貯蓄性があり、保障と貯蓄双方の目的での利用を検討する場合があります。  なので終身保険の保険料と解約返戻金を比較します。終身保険の保険料は保障部分+積立部分+事務手数料で、積立部分が予定利率(運用利回り)で運用され中途解約した場合に解約返戻金として戻ります。つまり運用は保険料の一部であり、予定利率が高くないと解約返戻金が保険料総額を上回るのに時間がかかります。現状予定利率は低金利を反映し低い状態が続いてますので利用は得策ではない可能性が高いと思われます。 ■最後に  あとは上記を踏まえて実際に提示された保険の内容を吟味します。長々書いてしまいましたが、結局は保険内容(支払条件など)を理解した上で提示された保険料は内容に見合うモノ(保険金総額と保険料総額の比較など)でかつ家計負担(必要経費と見なせるか)にならないかどうかになると思います。  保険は一生涯で住宅の次に大きな買い物ですので、検討は十分してください。また保険は貯蓄と違い支払条件を満たさないと財布として機能しませんので理解できるものを利用してください。  そして自分のライフスタイルにあった保険を選んでください。結婚の予定があるのでしたらライフイベント(出産、住宅購入など)を書きだして家計収支や貯蓄残高の推移表を作成してみても良いかと思います。そのほうが将来にわたって保険を上手く利用出来ると思います。 参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅くなりました。 参考になりました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 60才 安価な先進医療特約の付いた保険

    60才です。医療保険は日額6000円、終身保障を60才で払い済みに入っています。 別に終身払いでガン保険 日額5000円(60才で減額された)に入っています。 いずれも15年以上前の保険で先進医療特約が付いていません。 先進医療特約のついた保険を検討(実際は先進医療特約だけでいいのですが)しているのですが 60才のため、調べたいずれの保険も保険金がかなり高いです。 安価な先進医療特約の付いた保険、終身又は80才、先進医療特約500万円以上を付けた保険 教えて下さい。 医療、死亡とも補償額は最低の物でよい。 医療保険なら日額1000円の入院補償+先進医療特約があるといいな 終身保険に先進医療特約だけ付けれるといいな。 なければ、100万程度の終身保険に日額1000円の入院補償+先進医療特約があればいいな。

  • 生命保険診断

    生命保険、医療保険に入ろうとパンフレットを取り寄せて調べ、大体のところは決まってきたのですが、今まで保険の知識が全く無く、にわか勉強なので見落としがないか不安です。是非アドバイスをお願いします! 夫30歳サラリーマン 年収530万円、妻35歳専業主婦、子供1歳です。 現在は賃貸に住んでおり、3年以内に一戸建てを購入予定です。 【今の保険内容】 夫はAIGの積立利率変動型終身保険にはいっており、 月額15,440円(保険期間/終身 払込期間/60歳) 死亡・高度障害のとき 500万 入院(病気・事故) 1日10,000円、手術 10万~40万 妻は保険に何も入っていません^^; 検討しているのは、 ・夫に万が一があった場合の収入保証 ・妻の医療保険 ・妻の死亡保障(葬儀代として300万くらい) 自分で調べて下記の保険にしようかと考えていますが、他にいいプランや保険があったらご指導ください。 ・夫の収入保障  アクサ 収入保障保険  死亡時毎月10万 60歳満了 月額2890円 ・妻の医療保険  pca生命   保険期間/終身 65歳払済 月額2180円  1入院60日(日帰り入院から保障) 入院(病気・事故)5000円、手術5・10・20万円    または、  オリックス生命 CURE  保険期間/終身 65歳払済 月額2529円  1入院60日(七大生活習慣病×2) 日帰り入院OK 入院(病気・事故)5000円、手術10万円 先進医療にかかる技術料と同額    ・妻の死亡保障  東京海上日動あんしん生命 長割終身  死亡300万 65歳払済  月額5046円 保険料払込総額 181万6560円 本当はがん保険も入りたいのですが、今は住宅購入資金を貯めたいので、40歳を機に入ろうと思っています。 (40歳以降がんになる率があがると聞いたので。。。もちろんその前にがんになる可能性もあるのですが。) 妻の医療保険は、終身保障と払込済みタイプが良いかと思い、PCAとオリックスCUREで迷っています。 オリックスの方が保障が充実していますが、今が健康体のせいか、正直、先進医療の必要性がいまいちピンときません。 がん保険に加入するときに、先進医療や七台疾病の特約付きを選び、いまはPCAにするという手もあるかなと思います。 なるべく出費を抑えたいので、他にこんな保険があるとか、よいプランがありましたら教えてください。

  • 医療保険の診断をお願いします

    医療保険の診断をお願いします。来週の水曜日に 下記の3つの保険加入の予定です。 37歳独身 毎月使えるお金は28万くらいです。 貯蓄なし。 (1)がん保険 あんしん生命 がん治療支援保険         診断金200万タイプ        終身払  月額6142円 (2)がん保険 アフラック フォルテ 140        特約MAX+女性特約つき 終身払  月額 6712円 (3)オリックス生命 CURE 60歳払込 月額 6240円 合計18713円  このほかに昔から入っているコープの共済3900円があります。 医療保険だけ 掛けすぎかかなと思いつつ、貯蓄がないのでガン保険は、診断一時金に厚い(1)、先進医療に対応している(2)の両方加入を考えています。 みなさんのご意見をお聞きしたくよろしくお願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

はじめまして、よろしくお願いします。 回答者:maki1115さんの回答に賛成です。 医療保険、がん保険、終身保険それぞれ提案された保険会社が 1社なのであれば、生保損保を複数社取り扱う保険代理店の メリットが何も生かされていないと思います。 医療保険 ソニー生命の医療保険の一入院限度日数が60日型の設定なので あれば、アフラック、オリックス、アクサなど、他の医療保険の 説明も受けられた方がいいと思います。 (そうでなくても説明は、するはずなのですが?) また、終身保険に加入するのであれば50万円の死亡保障は必要 ないと思います、死亡保障は外せるはずです。 がん保険 ・短期払い(10年、60歳、65歳払済など)もあります。 ・がん診断給付金の複数回支払い(1回目支払いから2年経過後) ・がんと診断後、保険料の払い込みが免除、その後の保障は終身で継続。 ・通院治療のみでの給付金の支払い。 ・付帯サービス、セカンドオピニオンなど。 上記を比べるだけでも3~4社の提案になるはずです? 終身保険 ・通常の終身保険 ・低解約返戻金型終身保険 ・積立利率変動型終身保険 ・低解約返戻金型積立利率変動終身保険 変額終身保険の前に、上記の終身保険の説明もするはずなのですが? 時間がなくて、細かい説明はできないのですが、「保険料の比較」 は必ずされた方がいいと思います、特に掛け捨ての保険は比較され た方がいいです。 少しでも、お役にたてればと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅くなりました。 参考になりました。 ありがとうございました。

  • 回答No.4

1つ1つの保険の意味を理解して、内容に納得し、支払いが継続だと判断できれば「妥当」ということではないでしょうか。 では何故終身保険の保険金額が220万円なのでしょう? 終身保険220万円があるのに何故医療保険にも50万円の死亡保障が付いているのでしょう? 医療保険にしてもオリックス生命や損保ジャパンひまわり生命、アフラック、メットアライフアリコなど他にも良い保険会社はたくさんあるのに何故SONY生命限定なのでしょう? 必ず他社の保険と比較するべきですね。 ガン保険も同様です。 終身保険も同様です。変額保険のメリット・デメリットの説明は受けましたか?受けた説明を他人に話せますか? そもそも保険ショップの唯一のメリットは、たくさんある保険会社から比較して決められることですが、そのメリットを全く享受されていませんね。 内容を見ていると、代理店手数料の高い保険を並べているようにも感じられます。 次回行った時は同じ内容で、他社の見積もりも出してもらうようにしたらどうですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅くなりました。 参考になりました。 ありがとうございました。

  • 回答No.3

生命保険専門のFPです。 保険を考えるときの基本は、何の為に、 どのような「保障」が必要か、ということをはっきりとさせることです。 例えて言うならば…… ジーンズとドレスと、どちらを買えば良いですか? という前に、何の為に買うのか、ということが重要です。 パーティに着て行くならば、ドレスでしょう。 保険も同じです。 まずは、どんな保障が必要かという目的から入り、 それがはっきりしてから、どの保険にすれば良いのか、 選ぶのが順序です。 さらに言えば、保険とは、結局はお金です。 となれば、収入、支出、貯蓄、ローンなどお金に関すること 全ての中で、つまり、トータルのマネープランの中で、 保険も考えるべきなのです。 保険だけを取り出して、別に考えると言うのは、 おかしなことなのです。 例えて言えば、パーティに行くときの「装い」という トータルの中で考えれば、 ドレスの下にジーンズをはいて、草履…… という服装をすることはないでしょう。 でも、パーティという目的をなくして、 それぞれを別々に考えれば、 ジーンズにも、草履にも、何の不都合もありません。 保険は目に見えない物ですから、ちぐはぐなことをしていても、 何の違和感もありません。 だからこそ、ニーズをはっきりとさせておく必要があるのです。 まずは、死亡保障。 死亡保障とは、死亡したとき、遺族が受け取るお金です。 何の為に、それが必要なのでしょうか? 死亡保障には、解約払戻金のあるタイプ(終身の死亡保険など)が あります。 となると、貯蓄との関連性が重要になってきます。 ということで、まずは、マネープランを立てることが重要です。 そのためには、キャッシュフロー表を作成するのが基本です。 「キャッシュフロー表 家計」で検索すればヒットします。 つまり、予算表、未来の家計簿です。 例えば、結婚の予定があれば、そのための費用が必要です。 車を買う予定があれば、その費用も必要です。 などなど、色々なことが見えてきます。 終身の死亡保険には、解約払戻金がありますが、 それを手にするのは、何十年後も後の話ではありませんか? それは、貯蓄プランや支出の予定とバランスが取れていますか? 保険の貯蓄部分にお金を払っていながら、 片方で、ローンの支払いをしていると言うことはありませんか? このようにして、死亡保障を考えます。 次に、どのような保険にするか、です。 一口に、死亡保障と言っても、掛け捨ての保険もあれば、 貯蓄性のある保険もあり、貯蓄性のある保険の中でも、 多様な種類があります。 中でも、変額保険は、特別な保険です。 この保険は、死亡保障の金額は保障されていますが、 解約払戻金は、投資となっています。 つまり、最低でも、投資の基本知識が必要なのです。 投資が成功すれば、多くのお金が戻ってきますが、 失敗すれば、マイナスとなるのです。 投資の知識がないならば、手を出さない方が良いです。 次に、がん保険。 がん保険を考えるならば、がんになったとき、 どんなことが起きるのか、どんな治療を受けるのか、 ということが重要です。 がんになったら、入院して、手術をする…… というのは、昔の話です。 今は、手術、放射線、化学療法を組み合わせることが多いです。 例えば、乳がんになったとき、どんな治療を受けるのでしょうか? 乳がんは、入院期間が短いがんです。 (平成20年の患者調査によれば、15.5日) でも、超早期発見でなければ、その後で、放射線治療、 化学療法(抗がん剤、ホルモン治療)が続き、トータルで5年ほどの 治療をします。 放射線治療は外来が原則です。 抗がん剤治療も、外来で行われることが多いです。 その結果、乳がんの患者は、入院患者よりも、外来患者の方が 多いのです。(入院患者の3倍が、外来患者) がんそのものも、入院患者より、外来患者の方が多くなっています。 また、外来で、抗がん剤の点滴を受けたり、飲み薬の抗がん剤の 処方を受けるのですが、これが決して安くありません。 乳がんの抗がん剤で有名なハーセプチンは、1回の点滴が 健康保険適用の3割負担で、4万円~6万円ほどします (体重によって差がでる薬です)。 肺がん治療薬のイレッサは、錠剤で、3割負担で、 一ヶ月6万円以上します。 などなど、がん治療について知ってから、 どんな保障が必要なのか(欲しいのか)を考えるべきです。 ちゃんとそのような説明を受けていますか? 医療保険も同じです。 健康保険には、高額療養費制度があるので、ある月(1日~末日)の 医療費の自己負担の上限は…… 80,100 円+(総医療費-267,000 円)×1% で、計算される金額になります。 差額ベッド代、入院食事代、雑費は別途、自己負担です。 となると、短期入院で、高額な差額ベッドを使わなければ、 月に15万円もあれば、何とかなります。 となると、貯蓄でも何とかなりそうです。 ならば、医療保険って、何のためなのでしょうか? 死亡保険で言う万一とは、死亡することですが、 医療保険で言う万一とは、入院して手術をすることでしょうか? 先に述べたように、短期ならば、貯蓄で何とかなります。 医療保険で言う万一とは、長期の入院をする、 しかも、それを繰り返す、ということです。 ならば、一回の入院限度日数は、長い方が良いです。 ときどき、長期入院はない、ということをおっしゃる方が いますが、長期入院はあります。 http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001060268 の35表や38表をご覧になれば、分かると思います。 などなど、色々なことを考えながら、 何が必要かというニーズをはっきりさせることが重要です。 ニーズが決まってから、どのような保険にするかということを 探すのが順序です。 最初に、コメントしたように…… ドレスを買ってから、どのパーティに着て行くのかを探すのではなく、 パーティに出席が決まってから、それに相応しいドレスを買うのが 順序です。 保険担当者とは、そのアドバイスをするのが仕事なのです。 だから、そのような担当者を探してください。 ご参考になれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅くなりました。 参考になりました。 ありがとうございました。

  • 回答No.2

最初に予算月1万5千円って言ったんじゃないですか?だから代理店さんが予算一杯まで提案してきたような気がするのは私だけでしょうか? ちなみに変額保険は不必要だと私は思います。あと医療保険の死亡50万って必要ですか? 損保会社で出している死亡保障なしの終身タイプの医療保険なら入院日額1万円、三大疾病一時金100万円(もちろんガンも含みます。他に脳梗塞、心筋梗塞で三大疾病です。)、先進医療100万円で大体月1万円くらいですよ。 入院日額を5千円にすれば保険料も約半分になりますよ。おまけに65歳以降にもし解約すれば解約返戻金もあります(月1万円ほどのプランで65歳で解約すれば約100万円)。70歳を過ぎると医療費はほぼ無料に近くなりますのでその頃に解約すれば葬式代くらいのお金は得られますよ。 ま、もし今の健保のシステムが続くならば医療保険などは入らなくてもいいような気がしますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅くなりました。 参考になりました。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • newnoc
  • ベストアンサー率34% (32/92)

生命保険自体が全て妥当でない商品だと思います。 私ならば、月1万5000円を AUD/JPYに預けます。 あと、余程の重症でも無い限り 入院は14日以内で必ず退院させられます。 医療保険制度が改正されてからか 詳しいことはわかりませんが 以前入院していた大きな病院で 失明間際の重症な糖尿病患者でも14日を最大として 退院させてました。 医療保険については3年以内に入院するならばトントンなものでしょう。 他の保険も、そんなもんだと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅くなりました。 参考になりました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 保険プランについての相談です

    結婚してありがたく子供も授かったので保険について考え始めました。 つきましては皆様に生命保険のプランについてご教授いただきたく、質問させていただきます。 私34歳・年収600万 妻27歳 子供・妊娠7ヶ月です。 現在考えているのは、 「三井住友海上あいおい生命」 (1)残された家族のために(妻の老後も考えて70歳満了です) 収入保障保険(払込期間中無解約返戻金型)最低2年保証・払込免除特約付き ・60歳払込済・70歳満了・月/15万 ・保険料9393円 (2)葬式代に 積立利率変動型終身保険(低解約返戻金型) ・60歳払込済・終身・死亡時200万 ・保険料4262円 (3)万が一の子供の教育資金に 定期保険(無配当) ・20年満了・死亡時1000万 ・保険料3290円 (4)自身の医療保険(癌家系です) ひまわり生命・「健康のお守り・60日型」 ・60歳払込済・終身・払込免除特約あり ・入院/7000円・がん入院さらに/7000円・がん診断給付金/70万(2年に1回何度でも) ・先進医療特約/通算1000万・外来治療給付あり/7000円 ・保険料7263円 (5)妻の医療保険(癌家系ではない) ひまわり生命・「健康のお守り・60日型」 ・60歳払込済・終身・払込免除特約あり ・入院/5000円・女性疾病入院でさらに/3000円 ・先進医療特約/通算1000万 ・保険料3010円 以上のように考えております。素人なりに色々調べて考えましたが、ここをもっとこうしたほうがいいなど、先輩方のご意見を聞かせて下されば助かります。 子供の教育費はいろいろ考えたのですが、会社の共済で月に3万ずつで18年後700万程になるので、 何とかなるかな?と考えておりますが、ソニー生命の学資保険もありなのかな?と迷い中です。 たくさんの意見を聞かせてください。よろしくお願い致します。

  • 保険内容についてアドバイスをお願いいたします。

    保険内容についてアドバイスをお願いいたします。 家族構成(夫34歳・妻32歳・子ども0歳・2年後にあと1人希望)。 共働き(夫・妻とも公務員)。賃貸住宅。将来的には家を購入したい。 (夫) 1.死亡保険:1,800万円(15年定期・月額4,644円) 2.医療保障:7,000円/日(1入院360日・終身・60歳払込終了・月額9,400円) 3.終身保険:350万円(払込期間15年・積立利率変動型・月額12,432円) (妻) 1.死亡保障:1,800万円(15年定期・月額3,348円) 2.医療保障:7,000円/日(1入院360日・終身・60歳払込終了・月額8,500円) 3.終身保険:300万円(払込期間15年・積立利率変動型・月額9,375円) 3.の終身保険は、教育資金の積立が主目的です。 2.の医療保険60歳時点の返戻率は8割程度です。 1はオリックス、2と3はソニーです。 上記のように保険を考えています。 客観的な意見をいただきたいと思い質問しました。よろしくお願いします。

  • 医療・生命保険の診断お願いします。(30歳代)

    既婚で夫婦ともに30歳です。子供は0歳です。 子供はできれば3年以内にもう一人欲しいと思っています。 保険診断お願いいたします。 <夫> 癌&脳疾患家系です。 (1)終身医療保険:月額保険料5800円、60歳迄払込  入院日額8000円最高120日、手術給付金最高40万円 (2)がん保険:月額保険料3665円、60歳迄払込  診断給付金100万円、入院&通院日額10000円 (3)終身生命保険:月額保険料16370円、60歳迄払込  低解約返戻金型終身保険 死亡1000万円 (4)定期生命保険:月額保険料3910円、~55歳迄払込  死亡2000万円 保険期間55歳まで <妻> 癌家系 (1)終身医療保険:月額保険料3350円、60歳迄払込  入院日額5000円最高60日、手術給付金最高20万円 (2)がん保険:月額保険料3200円、60歳迄払込  診断給付金100万円、入院&通院日額10000円 <子> (1)学資保険:月額保険料9100円、  20年才満期(240万円) 月額保険料の総合計が45000円以上になるのは、かなり高すぎると同僚に言われます。しかも、保険料が高いわりに夫の死亡補償額が合計3000万円は安すぎると言われました。さらに僕が思うに妻の死亡保険未加入であることも不安要素です。 子供の保険はまだ検討中ですが、共済で考えています。 確かに現在の生活レベルで保険料月額45000円Overは正直きついです。 この保険料について同年代の皆様方、どう思いますか? ご意見お聞かせ下さい。 長々文章でスミマセン・・・。

  • 保険診断お願いします

    ■夫保険【28歳 年収400万】●所得補償(日立キャピ・長期障害所得補償)・給付金 10万/月(働けなくなった時点から60歳まで・90日免責)・保険期間5年、更新60歳まで 1,423円/月●生命保険(職場共済・団体生命)・死亡時1000万円・保険期間1年、更新60歳まで600円/月 ●終身保険(オリックス・ロングターム7)・固定型 低解約型 500万円・保険期間は98歳、60歳払済 5,980円/月・61歳で戻り率143%●医療保険(きらめき・新入院保険)・入院給付金 3,000円/日・支払日数1~120日、通算1095日・手術給付金10・20・40万円・保険期間・払込ともに終身、1,452円/月※高度先進医療特約付 保険期間98歳 払込98歳 94円/月 合計 1,546円/月●医療保険 (オリックス・CURE)・入院給付金 3,000円/日・支払日数 1~60日、通算1095日、7大疾病の場合は120日・手術給付金 20万円・保険期間・払込ともに終身、929円/月※三大成人病一時金特約・診断給付 20万円(回数制限無)・保険期間・払込ともに終身 605円/月 合計 1,534円/月●医療保険(アフラック・EVER HARF)・入院給付金 5,000円/日・支払日数1~60日、通算1095日・手術給付金 10・20・40万円・保険期間払込ともに終身 1,729円/月60歳以降半額■夫婦保険●がん保険(日本興亜・ガン保険)・診断給付金 100万円(上皮内ガン同額、何度でも)・入金給付金 10,000円・手術給付金 10・20・40万円・退院給付金 10万円※妻は上記の6割給付・保険期間・払込ともに終身 2,310円/月■妻【28歳 年収650万】●生命保険(夫職場共済・団体生命)・死亡800万円・保険期間1年、更新60歳まで 300円/月 ●終身保険(オリックス・ロングターム7)・固定型 低解約型 500万円 ・保険期間は98歳、55歳払済6,902円/月・60歳で戻り率155.5%●終身保険(オリックス・ロングターム7)・固定型 低解約型 100万円 ・保険期間は98歳、60歳払済 1,029円/月●医療保険(きらめき・新入院保険)・入院給付金 3,000円/日・支払日数 1~120日、通算1095日・手術給付金 10・20・40万円・保険期間・払込ともに終身 1,434円/月※高度先進医療特約・保険期間98歳 払込98歳 94円/月 合計1,528円/月●医療保険(オリックス・CURE)・入院給付金 3,000円/日・支払日数 1~60日、通算1095日、7大疾病の場合は120日・手術給付金 20万円・保険期間・払込ともに終身、 957円/月※三大成人病一時金特約・診断給付 20万円(回数制限無)・保険期間・払込ともに終身 525円/月 合計 1,483円/月●医療保険(アフラック・EVER HARF)・入院給付金 5,000円/日・支払日数 1~60日、通算1095日・手術給付金 10・20・40万円・保険期間払込ともに終身  1,810円/月60歳以降半額※女性疾患特約・女性疾病入院特約 +5,000円/日・形成治療給付10万円・保険期間払込ともに終身  680円/月60歳以降半額 合計 2,490円/月 60歳以降半額  ○医療保険については各保険会社の特色を生かしたかったため、給付日額を最小限に留めて3種類入っております。アフラック(半額になる点)、オリックス(成人病に手厚い)、きらめき(高度先進医療)しかし、全てが払込期間を終身としてしまった為、保険料は安く抑えられましたが、定年後も保険料を支払う必要がありますし、解約しても解約返戻金がほぼ0円です。基本的に特約つけるのは好きではないのですが特約をつけすぎているきもします。がん保険は安価なアフラックを考えましたが、診断給付金が1回である点、初期ガン給付金が減額されていること、高度先進医療はきらめきの医療保険で押えておりますし、今後の高度先進医療がガンだけとは限らないと考えている点などから、診断給付金の高額な日本興亜にしました。これも解約返戻金のないタイプですが・・・。また妻単独では最低支払い額の関係で返戻金のある割高なタイプしか選べなかったため、しかたなく夫婦型にした次第です。所得補償は死ねず、入院できず、働けずが一番しんどいことではないかと思い契約したものです。ただ子供が生まれると、死亡保障が弱いような気がしますので、団体生命の額を増額するか、もしくは逓減定期(ともに1000万ほど)を考えております。合計保険料も高くなり本当にこれでよいのかと悩んでおります。(夫 13,292円/月、夫婦 2,310円/月、妻 13,920円/月 総合計 29,522円/月)なにぶん素人の為、もっと何か良い保険や方法、考え方があれば、ご指導頂きたいと思います。長文失礼しました、どうぞよろしくお願い致します。

  • 保険のアドバイスお願いいたします

    アドバイスお願いします。 夫(28歳) 医療保険 (1)メディケア生命 メディフィットS(120日型)+先進医療特約(11)入院保険 入院日額1万円 60歳払いの終身 月々4,542円 生命保険 (2)三井住友海上あいおい生命保険 収入保障保険(払込期間中無解約返戻金型)(最低支払保証期間5年) 月額10万円 65歳払込の保険期間65歳 3,460円 がん保険 (3)富士生命保険 がんベスト・ゴールド(主契約200万円+先進医療)無解約返戻金型がん療養保険 入院日額0円 60歳払込の終身 3,070円 保険屋さんに相談したところ こういった保険になりました。 が、実際どうでしょうか?(涙) (1)は入院しないと手術給付金?はでないし、(3)のがん保険は通院日等でなくても主契約200万円で大丈夫でしょうか? 話聞いてる時はなかなか良い感じに感じたのですが、ちょっと あれ?と思う点があったので質問しました。 色々アドバイス等あれば回答よろしくお願いいたします。 月の保険料は1万円ぐらいで考えています。 よろしくお願いいたします(((・・;)

  • 保険の見直しアドバイスお願いします。

    只今、10年更新の保険に加入中です。 10年ごとに保険料が上がるものから 保険料が変わらないものに見直しを考えております。 我が家は、主人(会社員)31歳・妻(会社員)31歳 子供1歳です。 夫婦共働きで、住宅ローンは夫婦どちらが死亡しても なくなります。 主人の保険 変額保険終身型   300万円 60歳払込  3,516円 逓減定期保険特約2,000万円 25年保障・払込2,160円 がん特約 日額1万円 終身保障・60歳払込 1,910円 傷害特約  500万円 80歳保障・60歳払込  375円 総合医療保険120日型 日額1万円(5日目から)           終身保障・60歳払込   6,920円 成人医療特約120日型 日額5千円(5日目から)           80歳保障・60歳払込   1,240円              合計:月々 16,121円 ※変額は300万は葬式代と考えておりますので  途中解約はありません ※主人はガンの家系なのではずせません 妻の保険 変額保険終身型   300万円 60歳払込  2,940円 総合医療保険120日型 日額1万円(5日目から)           終身保障・60歳払込  6,760円 女性医療特約120日型 日額5千円(5日目から)            80歳保障・60歳払込  1,440円 家族収入保険(母の保障)月額5万円                70歳保障・払込2,165円              合計:月々 13、305円 ※同じく変額は葬式代です ※母と同居しており私が死亡した後のことを考え加入  したいと思ってます。 現在、支払っている保険料が24000円になるので 見直しを迷っております。 保険料が一生この金額ならとは思うのですが なかなか踏み切れません。 他に、これはこっちの保険がいいよなど アドバイスがありましたらお願いいたします。

  • 生命保険

    生命保険について質問です。 旦那も私も29歳です。 子ども三歳 主人は 収入保証保険60歳満了で保証金額15万 (60歳までの間に亡くなると月々15万支払われる保険)掛け金が6179円で解約金な どはありません。 医療保険 入院1日1万円、手術費用10万、先進医療2000 掛け金が終身払いで2910円 のに掛けています。 今死亡保険は収入保険のみになってるので60で満了なので60を過ぎたら死亡保険がありません。なので保険会社さんから新たにソニー生命の変額保険終身型を死亡保険として進められてます。 それは死亡保険300万で払い込み免除あり。 月額5016円です。 そうなると3つ保険に加入することになるんですが必要なのか分からなくて…保険の方が進められるがまま今の保険も掛けてます。 3つかけると主人だけで15000円近くなるんで保険貧乏になりそうで(泣)みなさんの保険はどういったのを掛けてらっしゃいますか!? 私も医療と収入保険と死亡保険を進められ12000円くらいの掛け金のを提案されました。

  • 生命保険、医療保険の加入についてアドバイスをお願いします。

    子どもが生まれるにあたり、保険の加入を考えています。 夫(30歳、会社員)、妻(30歳、地方公務員、定年まで働く予定)、子(第1子夏誕生、あと二人希望) 持家(住宅ローンあり、持分1/2ずつ) 現在は、妻の職場の共済保険(入院日額5,000円で掛け捨ての一番安いもの)の加入のみです。 下の保険に加入するなら、この共済保険は解約する予定です。 ソニー生命の方や、複数の保険を扱っている代理店(A社、ソニー生命も扱っています)の方に相談し、 大体のプランを組んでもらったのですが、恥ずかしながら夫婦とも本格的に保険について考えたことがなかったため、 以下の保険内容で契約してもいいものかどうか不安になってきました。 夫 医療保険(終身) PCA生命「メディスマート」            入院日額5,000円、支払限度日数120日、60歳払込、支払月額 2,240円       (ソニーからは総合医療保険の730日型を勧められたのですが、A社からは入院保険は利率変動などのメリットもないので、        掛け捨てでもこちらの方が得だと勧められました。)   死亡保険(終身) ソニー生命 積立利率変動型終身保険            死亡時300万、55歳払込、支払月額 約7,300円            東京海上日動 長割り終身5年ごと利差配当付低解約返戻金型終身保険            死亡時300万 55歳払込、支払月額 約7,000円                   あいおい生命 低解約返特則付積立利率変動型終身保険            死亡時 約310万、45歳払込、支払月額 約10,000円       (当初ソニーで1,000万のもの1本と考えていたのですが、A社から東京海上とあいおいのプランを見せていただき、        学資保険代わりにも使えるということで、リスク分散の意味も含めて3本に分け、払込終了時期も分けました。)             妻 医療保険(終身) PCA生命「メディスマート」            入院日額5,000円、支払限度日数120日、60歳払込、支払月額 2,365円              収入保障保険   日本興亜生命 無配当無解約返戻金型収入保障保険              死亡時 月額5万円 保険期間50年 55歳払込、支払月額 7,025円       (遺族年金代わりに子どもが就職するまでの死亡保障目的で、尚且つ掛捨てにならないものということを重視しました。)   妻の保険は現在加入できないため出産後に申し込む予定ですが、プランだけ作っていただきました。 ご意見をお願いします。

  • 夫婦の保険見直し(長文です)

    夫婦の保険見直しと学資保険加入のアドバイスお願いします。 今更ですが、先週末に契約したのですがもし収入減となった時の支払いの不安が解消できずにいます・・・。 手取り年収 夫420万、妻230万 子供5歳、1歳、持家あり(団信加入済み) ・夫35歳 <現在加入>ニッセイ 生きるチカラ 10年更新      現在13,258円→40歳 19,727円 <検討>ソニー生命  変額保険終身 60歳払込 300万 5874円 家族収入 保険60歳 60歳払込 年金15万 3990円 定期保険  保険60歳 60歳払込 500万 1065円 医療保険 120日 1日8000円 保険終身 60歳払込 6472円 先進医療 5年更新 通算1000万 55円 診断給付金 保険終身 60歳払込 486円 計17,942円    ・妻36歳 <現在加入>ニッセイ 終身保険500万 払込60歳 3435円  入院+災害+女性入院特 各1日5000円 2844円、通院 1日3000円   計6279円 医療は保険期間、払込80歳払い  60歳以降年33,302円  <検討>ソニー生命 医療保険 120日 1日5000円 保険終身 60歳払込 4200円 女性 120日 1日5000円 保険終身 60歳払込 1715円 先進医療 5年更新 通算1000万 55円 診断給付金 保険終身 60歳払込 459円 計6,429円   妻のニッセイ終身保険を払い済み保険345万にする。医療保険が 解約になるのでソニーに加入するというプランです。 更に、ガン保険でアリコの終身ガン保険 夫婦型3905円を検討。 キャッシュフロー表を作成してもらい夫婦保険料3万近くてもやって いけそうですが、給料upもそう見込めず、もし収入減となった時の 支払いの不安が解消できません。 本当は夫の定額保険(教育資金)1000万と保険終身(整理相続費)500万、 医療1日1万にしたかったですが、25000円ぐらいになるので減らしました。 この不景気の中、もっと安い掛捨てタイプにした法が良いでしょうか? 妻の医療保険が80歳までと、払込保険が既に345万あるので 夫と一緒に医療は終身のソニーを検討したのですが80歳以降の保障は必要でしょうか? 今後の高齢化、医療費問題などで自分で保障をまかなった法が よいでしょうか? ニッセイは高いだろうと相談しませんでしたが、終身にしたら ソニーより高いものでしょうか。(ニッセイに聞いたほうがいいですね) 利回りの良い時に加入した保険なので、払込済みにするのは もったいないでしょうか? ガン保険 夫婦型は、夫が万が一の時は妻の払込免除で ソニーさんもこれはいいと言われてました。 アリコのガン保険はあまりここの相談でも見ないのですが あまりよくない(人気がない?)のでしょうか? 夫婦型はよくない? ・学資保険 ソニー生命 下の子 養老保険 保険15年払込一括128万 満期時150万     4年目までの解約は損をする。     学資 17歳満期50万 支払い総額45万 年払い27,940円 上の子 学資 18歳満期160万 支払い総額148万 9,520円     計二人で11,890円/月 下の子の大学入学時の教育費負担を抑えるため、今ある貯蓄を 養老保険で一括払いにします。 養老保険は4年間は解約しないので良い保険だと思いましたが 他に学資保険としての良い商品はありますか? (長割終身は解約時70%返還なので検討やめました。) アドバイス宜しくお願いします。    

  • 主人の生命保険に悩んでいます。アドバイスをお願いします。

    28歳専業主婦(妊娠8ヶ月) 保険初心者です。 夫:会社員32歳、長男:2歳 来月、第二子出産を控え、焦って下記の生命保険(ソニー生命)に主人が入りました。しかし、、 ●730日型医療は必要ですか? ●県民共済などを組み合わせて現在の保険料(23,000円)をもっと安くできるのでは? ●死亡保障は妥当か(子供はできれば大学まで公立希望) など、もう一度考え直して無駄のない保険にしたいと考えるようになりました。 なにとぞアドバイスをよろしくお願いいたします。 ◎【死亡保障:保険料16,000円】  ・終身(払込60歳まで):1,000万円(終身)  ・特約(払込60歳まで):月額15万円(60歳まで)   ・特約リビングニーズ(払込60歳まで):1,000万円(80歳まで) ◎【医療保障:保険料7,000円】  ・730日型(払込終身):10,000円(終身)   ・特約成人医療730日型(払込80歳まで):5,000円(80歳まで)     ※すべて更新なし ※他に10年前にAFLACのがん保険(1,300円/月)に入っています。これはこのまま続けようと考えています。

専門家に質問してみよう