• ベストアンサー
  • 困ってます

チューブのバルブの根元でのパンク

MTBでシングルトラックばかりを走ってます わざと空気圧を低めにするのもあるですが、 急な下りでブレーキを多用するためタイヤがホイールからずれてチューブのバルブの根元がいつもずれて負担がかかって度々パンクします。 ○リムテープは安物なのでチューブがずれないようなものに?交換すると違うでしょうか また米式バルブを主に使っています ○バルブ穴が米式の大きな穴なのですが  最近仏式(バルブスペーサーをつけて )で試しましたがまだ違いが分かりませんが仏式バルブのチューブに交換したほうがいいでしょうか 走って帰ってから バルブ位置を元に戻しているのですが皆さんはどうしているのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数3938
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ka2_abe
  • ベストアンサー率41% (1219/2923)

○ リムテープ交換に余り意味は無いです。 =低圧でチューブがずれるのは、タイヤがずれて起きるから。 バルブがたびたび斜めになるような場合、 低圧で乗るときこそ、MTBならではの「チューブレス加工」の意味がありますね。 「NO-TUBE」などで、現状の物でチューブレス化すると解消できます。 ○ 米式穴+スペーサー+仏式バルブの方が、 バルブに掛かる負担が大きいです。 低圧でもバルブ根元破損が起きにくいのはなんと言っても 「英式」だったりしますすし、 米式でも最近英式のようにバルブが全てねじ切りのチューブも 一般的に成ってきています=バルブ震動をナットで止められる。 たぶん方向性としては、真逆です。 シングルトラックを走るのであれば、 それに合わせたタイヤ・リムの選定が先で、 チューブなどはその次ではないかと?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

前回もありがとうございます まだ解決途中ですが・・またお世話になります ・米式穴+スペーサー+仏式バルブの方が、 バルブに掛かる負担が大きいのですか 予備を買う予定だったので買わなくて良かったです ・リムテープ交換は余り意味がないのですね タイヤは1.9のブロックタイヤを使っています  タイヤ・リムの選択・・今の所 予算もかけられないので 少しでもバルブに負担を減らすぐらいしかないのでしょうか。 こまめにバルブが斜めになってないかチェックする 空気圧落としたらすぐ元に戻す バルブ穴の鋭いところをヤスリとかで角をとるとか バルブ根元のパンクはなにかパッチなどで。防ぐ方法があればと・・  

質問者からの補足

仏式バルブ対応のリムだと 仏式スペーサーと比べると全然違うのでしょうか

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • ka2_abe
  • ベストアンサー率41% (1219/2923)

最初に回答していますが、 バルブがずれるのは「タイヤがリムからずれている」からです。 間違いなく言えるのは、今の条件では、 タイヤがずれるのを直すことは出来ないということ。 勿論それが空気圧によって起きる場合も在るでしょうが、 HEタイヤの場合、リム相性とかタイヤ組み付けって事も考えて行くと良いでしょう。 =タイヤを組み付けるときにビードが上がりやすく何かを塗布している =リム幅に対して適正ではないタイヤ幅である =リムが細すぎる=特に完成車のリムは17mm幅などもあり、 これに1.95タイヤは適正ですがベストではありません。 =山走りで使うにはずれやすくて当然。 またタイヤ自体が適正(最低)空気圧が高めに設定されている 「山道専用とは言えないブロックタイヤ」も在ります。 こういったタイヤ・リムの諸条件を見直していくと言うことも大事でしょう。 やはりXC向けはXC向けに作られていますから。 ハッキリ言ってしまえば、 この走行条件で修正すべき箇所は…チューブでもリムテープでもなく、 まず「タイヤ」です。そして、見合う「リム」が着いているか。 この2点さえきちんとしていれば、質問者さんの言う問題に置いて、 チューブやリムテープや空気圧は「おまけの要素」です。 =何を使ってもそんな事にはならない。 ですので、冒頭で それならいっそ、そんな走行条件+タイヤ+リムなのであれば NO-TUBEでも入れてしまえばいいでしょう? =実は最も安上がりで確実な解決方法でしょう? と言うわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

実際MTBをみてもらえないなか いろいろ可能性を考えていただきありがとうございます 確かにタイヤ幅に対してリムは細いかもしれません  もう少し細い1・75のタイヤに交換する場合があるのですがその時もずれがあったのでこんなものかと思ったのですが普通はそんなことはないようですね いろいろ安いほうから(笑)試しながら週末乗ってみようと思います   解決しました・・といえるといいのですが    

  • 回答No.5
  • tyagayu
  • ベストアンサー率24% (488/1996)

No4です。 うーん。 書かれている状況を見ると、どう考えても空気圧が低いと思うのですよ。 私もシングルトラックを走っていまして。 よく走りに行くコースは地元でも知る人ぞ知る、ダウンヒルコースです。 こんなところ。 http://www.youtube.com/watch?v=VgjYHgjvUX8&feature=related 全日本のエリートも練習に使っているコースです。 同じコースでエリートの走り。 http://www.youtube.com/watch?v=n4D4fZO5_M0 フルサス主体ですが、ハードテールの方も居られます。 わたしも、ハードテールで走ったほうが、荒れて面白いので、ハードテールで120mmストロークのサスで行くことが多いです。 相当な高低さで、トラックはガレガレ。 ドロップオフもあります。 コース初めの階段も割と急ですね。 こんなところを下っても、バルブがちぎれたことなど殆どないですよ。 リム打ちパンクもです。 空気圧はどのくらい入れていますか? 人にも寄りますが、ここでも雨天時等で目一杯下げても1.5キロ(kgf/cm2=21psi)ぐらいまでです。 普段は2キロぐらいは入れていますね。 2キロ強(30psi=2bar)入れている方も居られます。 レースでもないので、それほどシビアになることは無いのと。 無用なトラブルを避けるためです(なんで、雨天でも1.8ぐらいは入れています)。 やはりキチンと空気圧は測るべきですよ。 2キロ近く入っていると、結構な硬さです。 車体構成や、サスストロークをみるとXCモデルかと思います。 資金の都合もあるとは思いますが、そういったシチュエーションを走る場面が多いなら、それにあわせてパーツも徐々に換えて行った方がよいですね。 サスや、タイヤ等のセッティング。 なにか全体的にかみ合っていないような気がしてなりません。 ぜひ一度エア圧をチェックしてみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます XCモデルです 動画かみるに こんなところを実際走ってるんですね 余談ですが 走ってる方ほんとにうまいですね 自分のとこは柔らかめでこんな岩でてないのですが、 フルサスとはいえ1.5~2キロもいれてるんですね エア圧 再確認してみます バルブが引きちぎれたことはないですが、亀裂が徐々にはいって スローパンクって感じが多いです 空気圧高めの時にコンクリの階段を下った後にリムが変形したとき(たまたまかもしれませんが)があったので空気圧が高いのはホイールにも負担がきて良くないんだなぁと思い シングルでは空気圧は2キロはいれたことがないです 

質問者からの補足

空気圧の目安 上りは2キロで 下りシングルで1.5ぐらいで使ってると思います(携帯ポンプなので目安程度ですけど) 体重もあると思うので70キロです  舗装路で走るときには重すぎだし ちょっとしたコーナリングで歪んでくるので 30分も舗装路を走るなら2キロ以上まで空気入れなおします

  • 回答No.4
  • tyagayu
  • ベストアンサー率24% (488/1996)

私もシングルトラックをよく走るのですが。 そもそも、セッティングの仕方に問題があるのでは? シングルトラックと言えども、トライアルではありませんので、タイヤがホイールからずれてしまうほど、低めのエア圧にする必要もないと思いますよ。 まずはDH用のヘビーチューブに換えて見ることですね。 ムチャクチャ重いですが。 バルブは米式で何の問題もないかと。 バルブのロックナットは付けているのでしょうか? ロックナットはつけないでバルブをフリーにしておき、ダストブーツをつけるのが良いかと。(バルブがずれる云々と書かれていますので、これは行っていると思うのですが。) モーターサイクルでも定番の方法ですね。 またタイヤももう少し太めでも良い気がします(2.1程度)。 しかしながら、冒頭にも書きましたように、そこまでエア圧を落とさないでも良いと思うのですが・・・。 ちょっと質問からそれた回答になりましたが、申し訳なし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そんなことないですありがとうございます ちょっと調べましたが ダストブーツとはなにか分かりませんでした バルブはそのままリムから出してます 激坂下りとちょっとした階段も下ります 雨の後1,2日は濡れた泥や枝があるのでその時を考えると空気圧は低めになってしまいます(空気圧測定してないのですが、リム打パンクは年に一度もないのでリム打ちがないくらい空気圧を低くしてるのです) タイヤのグリップ性能がいまいちというのもあると思います ハードテイルでサスも80~100mm?だし  前のタイヤのバルブがあきらかにずれるのでやはり急な下りでのブレーキングの時だと思います

  • 回答No.3

小技でものすごい効果があるものでもないですが、 バルブの根本にビニールテープ巻いて養生してから装着してみてください。 バルブ穴周辺でのずれとチューブへのダメージが若干軽減されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

簡単に試せるようなのでやってみますが チューブの根元の左右に一周くらい巻くってことですよね(考えただけで、ずれ止めには効果ありそう) (バルブ穴はきっちりなので巻くスペースはないと思うので) ありがとうございます

  • 回答No.2
  • ka2_abe
  • ベストアンサー率41% (1219/2923)

じゃあ、次善の策として… おっしゃるとおり、バルブ穴のバリ取りには意義があるでしょうし こまめなチェックもいいでしょうが、 根本的にDH用のくそ重たいチューブに換えるのがまず出てきます。 うちにも、すっかり使わなくなった IRCのDHタイヤと軽量タイヤと同じくらい重たいチューブ1.95~2.35対応がありますが、 当然米式ですが、とんでもなくバルブ部分が堅牢です。 そう言うチューブの使用こそが勧められます。 ・・・いまあんまりこのサイズがないですが http://www.cycle-yoshida.com/yoshigai/kenda/tube/0heaby_duty.htm =DH用はもっと太い物やチューブレスに移行した感がありますね。 近いのはこんなところですか http://www.cycle-yoshida.com/gt/cd/tube/8wtb_page.htm ちなみにNO-TUBE http://www.notubes.com/Stans-Tubeless-Kits-C12.aspx http://www.cycle-yoshida.com/frontmake/syousai.php?MODE=0&SYOCODE=00240093

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

使っているチューブは安物で重いやつなので 耐久性だけはあるかなぁと思っていたのですが  予備でもつチューブは紹介されてようなものも検討してみようと思います 現状のやつより 大きめのサイズのチューブもありかなと思いました NO-TUBE 英語の説明ですが これは気になりますね サイト紹介ありがとうございます 

関連するQ&A

  • 仏式チューブに変えたらすぐにパンクしてしまいました。

    タイヤを交換するのと同時に、チューブもアメリカ式から仏式に交換したのですが、すぐにパンクしてしまいました。 原因はリムテープで保護するホイールのでっぱり部分(すいません、わかりますでしょうか?)が、チューブに穴を開けてしまったようです。どうしてそれがわかったかというと、穴がちょうどそのでっぱりの大きさで2つ空いていたからです。 それで布のリムテープの上にさらにゴムのリムテープを巻いたのですが、それでもすぐにパンクしてしまいました。 そもそも仏式のチューブを使うにはホイール自体も交換しないといけないものなのでしょうか? アメリカ式のチューブに戻そうかと思うのですが、何か他にいいアイデアはありませんでしょうか? ちなみに、自転車は700C-28で、チューブもタイヤも普通に売っているもので、空気圧は90psiにしてました。

  • 自転車のチューブ・バルブ交換のことですが・・・

    自転車のチューブ・バルブ交換のことですが・・・ 現在、ATB・マウンテンバイクタイプの自転車に乗っています。 タイヤの空気圧をクルマと同じように自分でチェックしたくて、 チューブを交換して、バルブを英式→米式(クルマと同じタイプ)に 変更したいと思っています。 1.英式と米式はリムの穴も通過できるようにバルブの太さは同じなんでしょうか? 2.その交換のメリットやデメリットはどんなことがありますか? 3.タイヤには「26×1.95 280-450kpa」と記されています。   パナレーサー MTB XC スタンダードチューブ   米式バルブ H/E26x1.625-2.10   このチューブの購入交換で大丈夫でしょうか?   280-450kpa これは空気圧のことだと思いますが、   なぜこんなに幅があるんでしょう?だいたい間とって350くらいでいいのでしょうか? 自転車のタイヤに詳しい方、またはこのような交換の経験のある方、 いらっしゃいましたら、教えてください!お願いいたします!

  • バルブ根元からのパンク 防止策

    お世話になります。 米式のチューブなのですが、バルブの根本(ゴム)が裂けてパンクしてしまうことが多々あります。 ブレーキを多用しているわけではないので、ポンプ脱着時にダメージを受けているのだと思います。(空気圧は高めにして乗るので、そこそこ頻繁に空気を入れてます。) フロアポンプを使い、脱着はていねいに行うようにしています。 対策として、ビニールテープを巻いてみましたがそれでも裂けてしまいました。 バルブがネジになっていてナットで固定するタイプも検討してみましたが、値段が高いのでNGです。 何か他にいい策はないでしょうか? 基本的に、根元に何か破れにくい素材を巻くことを考えていますが、他にも良策があればご提案頂きたいです。 よろしくお願いします。

  • 米式バルブホイール仏式チューブ

    米式バルブタイプのホイールに仏式チューブを付けるのは問題ありますか? 米式を想定しているので穴が大きいのが気になります

  • シティサイクルに使える米式バルブのチューブはありますか?

    通勤(自宅-最寄駅)で、シティサイクル(いわゆるママチャリ)を使用しています。途中、坂があったりしますのでママチャリですが外装6段です。 ただいまパンク中で、タイヤもひび割れが目立つことから、タイヤとチューブを交換しようと思います。そこで、バルブをシティサイクルで一般的な英式から米式に変えたいと思っています。理由は適切な空気圧管理をしたいからです。 そこで、パナレーサーなどのメーカサイトでシティサイクル用で米式バルブのチューブを探したのですが見当たりませんでした。メーカーにはこだわりませんので、米式バルブのチューブはありませんでしょうか? サイズは 27x1-3/8です。宜しくお願いします。

  • 仏式バルブと米式バルブについて

    いつもお世話になっております。 今までアラヤTM840のリムでの手組ホイールを 使っていたのですが、マビックXC-717のリムの 手組ホイールに変えたところ問題が出ました。 アラヤのリムは仏式バルブ穴でしたが マビックのリムは米式バルブ穴です。 パナレーサーNTスペーサーを使えば大丈夫だと聞いたのですが ナットに少しチョボが付いただけのすごくちゃちなもの。 驚きました。 あんなので大丈夫でしょうか? http://dahonnews.blog28.fc2.com/blog-entry-360.html 方式もあるようですが今度はチューブを傷めないか不安です。 仏式バルブのチューブは新品4本持っていますが、破棄して 米式バルブのチューブに買い換えた方が良いのでしょうか?

  • 自転車のチューブのバルブ

    MTBのチューブのバルブを英式から仏式に交換したいのですが、バルブの外径からして交換可能でしょうか?それともホイールに何らかの加工が必要でしょうか? 解答よろしくお願いします。

  • 26×1.5のタイヤに26×1.25のチューブ?

     今年の2月にタイヤを26×1.25から26×1.5に換えました。パンクをしたのでチューブ交換をしたいのですが、手持ちのチューブ(panarserブチルチューブ26×1.25未開封)が余ってるのでこちらを使いたいと考えてます。 http://www.cb-asahi.co.jp/image/kokunai/panaracer/p-tube03.html 空気圧はMAXの6BARSで使用する予定ですが、サイズの違いに依るトラブル等は高くなるでしょうか?気になる点としては耐久性(経年)よりもグリップの低下及びパンクの可能性です。  尚、今回のパンクの箇所がゴムとバルブの接合部分に小さな穴が出来そこから空気が抜けたようなので《リムテープ》も交換しようと考えてます。リムテープのずれに依るものか判らないのですがバルブ通し穴の1部分が鉄がむき出しになってます。新品の時の状態が分からないのですが、フレンチバルブでも《リムテープ》を換える事により金属部分の露出は隠せるのでしょうか?元々少しは見えてる物ならば《リムテープ》の交換はしない予定です。 この2点解れば教えてください。

  • MTBがすぐパンクして困っています

    10年以上前の古い26インチのMTBに乗っているのですが、2,3年前からパンクが多くて困っています。 最初の頃はリム側がよくパンクしたので、チューブを修理したり、新品に交換したりしていました。しかしあまりに多い(月に2,3回)のでリムやタイヤをよく調べ、リムテープを新品に替えたら、リム側のパンクはほとんどなくなりました。 でもここ半年は、新しいチューブのバルブの根元が裂けるように空気が抜ける事が多くなり、この1ヶ月でも3回も新品のチューブがだめになってしまいました。チューブは近場にMTB用の物があまりなくて、いくつかのホームセンターで千円弱くらいのMTB用の物を何種類か試しましたが、どれも同じようにバルブの根元から空気が漏れて、早いと1,2日でだめになります。パッチでも直せないし、接着剤もいろいろ試しましたがどれも完全には直せず、結局抜けてしまいます。 ナットの締めすぎかと思ってゆるめに締めてもだめでした。 そもそも、原因はなんなのでしょう。チューブの不良がそんなに続くとは考えにくいし、タイヤが古くなっているのが関係しているのか、リムの穴に問題があるのでしょうか?今は前輪だけの現象です。チューブがあっていなのでしょうか。チューブだけふくらませたら、若干長い感じはしましたが・・・。 あと、家にたまったバルブの根元が裂けて空気が漏れるまだ新しいチューブたちはもう直せないのでしょうか?空気圧に耐えられるような特殊な接着剤があれば、買って修理したいのですが。 長文で失礼しました。

  • 米式>英式なの?(リムのバルブ穴)

    giantのMTBのタイヤをブロック→スリックに交換する予定なのですが、1.95→1.50にしたいのでチューブも交換するつもりです。今は英式のバルブなんですが、次は空気圧の調整が出来る米式に替えたいと思っています。サイクルベースあさひさんのHPで「米式のバルブ直径=英式のバルブ直径」となっていたので、今のホイールを加工無しでそのまま使えるだろうと思っていたのですが、ここ(教えて!goo)のあるところで「米式>英式」と回答されている人がいました。 実際のところはどうなんでしょうか?穴を広げる加工が必要になるのでしょうか?