• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

英語の前置詞、副詞について質問

  • 質問No.682528
  • 閲覧数136
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0
現在 大学受験のために英語を学習しているのですが、
英語について訝しくおもっていることがニ三あります。

それは、前置詞や副詞についてです。

まず前置詞ですが、前置詞の目的語に応じて前置詞がすでに決まっているのでしょうか。
僕はいつも英語を勉強するときに、イディオムで丸覚えしたり、「inなら、~の中」「withなら、~に付随して」という抽象的な概念で読んでいて、どうも語の規則がわからなくて腑に落ちないのです。

そして副詞ですが、downやup、overなどの副詞はよく、動詞と連なって用いられたり、補語として用いられたりしますが、これも上述同様になんらかの規則があるのでしょうか。

稚拙な文章ですみません、どなたか助言お願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 17% (8/47)

前置詞はその働き、感覚を覚えてしまえば、ずいぶん楽になりますよ。例えば、toであれば、「何か目的に向かっている矢印」のイメージを持てば、go toもlisten toも覚えやすいはずです。(説明がヘタでごめんなさい)
私は中学生に英語を教えているのですが、中学生のうちから前置詞をイメージで教えているので、訳すときに応用がきくようです。

これらのことは「ネイティブスピーカーの前置詞」(大西泰斗著・研究者出版)から学びました。おすすめです!
このシリーズで「ネイティブスピーカーの英文法」などもありますが、どれも読みやすく、有益です。

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 49% (182/365)

ある程度英語の勉強をしてくると、こういう問題に
頭を抱えてしまいますよね。
前置詞は、基本的には語のもっている抽象的なイメージで
使い分ければよさそうですが、例外的な動詞もわりとあります。
これはとにかく使って、感覚を身に付けることです。
前置詞の選び方によって、意味がまったく違ってくる
こともありますので、要注意です。
また、副詞については、Phrasal Verbとして使われると
直訳では結びつかないような意味になることが多々あります。
get over, live up to, tell offなどなど、意味を知って
「へぇ~」と思うことがたくさんありました。
お勧めなのは、Oxford University Pressが出している
「really learn 100 phrasal verbs」というテキストです。
がんばって下さい。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ