• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「more」の使い方について教えてください。

「more」の使い方について質問します。 「あなたはもっと勉強すべきです」という文章を英語にすると、 You should study English harder. となるようですが You should study English more hard.  としたら間違いですか? 辞書をみると、 Let's speak more slowly. Be more careful. のように「もっと」という意味で副詞や形容詞を修飾する例が載っているのでいいような気がするのですが。。。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1412
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

英語には比較級というのがあって, My father is older than my mother. 「私の父は母より年上だ」 のように用います。 -er than ~で「~より上だ」という比較を表します。 -er がつくのは形容詞か副詞。 普通は -er で比較級になるのですが, beautiful/important/popular のような長い語になると -er をつけても聞き取りにくいので, more beautiful で比較級となり, Mary is more beautiful than Jane. のように用います。 そして,than ~がなくなると,普通は「今までより」という意味になり, 「もっと」と訳すとうまくいくのです。 Let's speak more slowly. というのは more slowly than now のような比較級であり, harder than now のように hard なら harder となります。 more で「もっと」という単語ではなく, more slowly で slowly の比較級だとお考えください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 そうなんです。thanがなくてmoreを使う場合の意味を知りたかったのです。 おかげでよくわかりました。 本当にありががとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

家庭教師ゴーイング学習サポートスタッフの竹田です。 解答させていただきます。 「もっと~」や「より~」は 基本的にはhard → harder のようにerをつけて表現します。 しかし、言葉によって er をつけて表現できないものがあります。 それがslowlyやcarefulなどですね。 一般的には語数が多いものが多いです。 more importantなどがこれに当てはまります。 hardは比較級になるとharderになると決まっているため more hard としてはだめですね。 理解できたでしょうか? 引き続き勉強頑張ってくださいね!!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧に回答いただきましてありがとうございました。

関連するQ&A

  • moreの使い方

    比較級の勉強をしていたらmoreの使い方がわからなくなってしまいました。 たとえば、「この店はあの店よりたくさんの本を置いている。」と言う文章だと、 this store has more books than that one.で良いのでしょうか?そしてここで使っているmoreはmany の比較級と考えれば良いのでしょうか? では良く使う、more+形容詞/副詞+than のmoreは形容詞を修飾する副詞と考えれば良いのでしょうか、時にはthere are many much CDs in the store.という文章もあり、何だかわからなくなってしまいました。 辞書をみると、moreには形容詞・代名詞・副詞とあり、どの時に何が使われているのかよく分かりません。 ご存じのかた教えていただけると嬉しいです。

  • more thanの使い方

    more thanの使い方が分からないので質問させていただきます。 *I study English more than French. *Do you deliver magazines more than newspapers? 上の2つは間違いで、 I study more English than French.  Do you deliver more magazines than newspapers? が正しいのはなぜでしょうか? でもI like pizza more than mashed potatoesのように"more than"を続けて使用できる場合もあります。 どのような時に "more than"を続けて言うことができ、どのような時に間に名詞を挟むのかがよく分からないので、ご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただきたいです。

  • 動名詞の使い方について

    Would you mind speaking more slowly? (もっとゆっくり話していただけませんか。)と Would you mind to speak more slowly? の使い方の違いを教えて下さい

  • 小森のおばちゃまの『モア・ベター』ってどこが誤用法か?

    その昔、テレビの映画解説で、小森のおばちゃまなる人がいて、 今度の映画は『モア・ベター(more better)』よ! の連発を決めゼリフにしていました。 あるとき、この言い方は、いかがわしい英語もどきの言い回しだとして 批判する文章を読んだことがあります。 その文章を思い出すと、たしか、  (1)more better は、形容詞の原級を『more』で修飾するならともかく、 形容詞の比較級『better』を、moreで修飾することはできない。 したがって、副詞のmuchを使って  (2)much better というべきで、これなら正しい、と言うような説明でだったと思います。 当時、なるほど、そういうものか! と妙に合点した記憶があります。 うろ覚えで恐縮ですが、この説明(理解)は、ほんとうに正しかったのでしょうか? 最近、すこしわからなくなっているのですが、 副詞のmuch(原級)を強めて比較級のmoreにすれば 上記の(1)は、OKなんじゃないかと思うようになりました。 つまり、こういう考え方です。  (2)much better <--副詞のmuchで形容詞比較級betterを修飾しています。             たしかにこれは、文法的に文句なく正しいと思います。  (1)more better <-- 副詞のmuchの比較級moreを使って              形容詞比較級betterを修飾しているとみなすことができます。              文意としては、(2)よりも強調の度合いが強い感じがします。 (1)について、こういう考え方をしても、適切なのでしょうか? それとも、やはり文法的には、『much better』しかありえないのでしょうか?

  • Onlyの使い方

    Let's only speak English from now on. という英文が使用しているテキストにあるのですが、文脈からは 「今から英語だけを話しましょう」と読み取れます。 しかし構文的にはonly は副詞でspeakにかかっているはずなので 「今から英語を話すだけにしましょう」 と話すことが限定されているようにおもえるのです。 でも限定するのが英語ならば Let's speak only English from now on. になるべきではないかと思います。 上記考えは正しいでしょうか? 文法に詳しい方、回答よろしくお願いします。

  • A more than Bについて

    moreが副詞のとき A ~more than B… で Bが…するよりさらにAは~する という意味になると思うのですが   A more than Bでmoreが形容詞の時、 Bよりさらに多くA という意味を表しますか? (つまりmoreがAを後ろから修飾している場合はありますか?) もし表すなら例文をお願いします I have more books than he.のようにmore A than B で Bよりさらに多くA という意味になるのが普通だと思いますが

  • moreの位置について

     I want to speak English more.  私はもっと英語を話したい。  I told him to eat more vegetables evely day.  私は彼に毎日野菜をもっと食べるようにいいました。 moreの位置について調べたら、副詞のときは文末に置くと書いてあったのですが、 なぜ、下の文章はmoreが文末にないのですか? moreの位置について教えてください。

  • 副詞について・・・・

    1)僕はゆっくり歩く ↓ I walk slowly. ↑は副詞ですよね 副詞は普通目的語の後にくるはずなのですが 2)彼女はとても親切な少女です ↓ She is a very kind girl. これも副詞ですよね 目的語の後ではなく形容詞を修飾し、形容詞も前に置かれています これについて自分の持っている参考書では 形容詞を修飾する副詞は、通常「程度」をあらわす副詞です と書かれています が、例1も2も程度を表すものだと思うのですが 目的語を修飾する副詞 形容詞を修飾する副詞 副詞を修飾する副詞の見分け方について、教えてください><

  • veryについて教えて下さい。

    veryについて教えて下さい。 veryは、形容詞・副詞を修飾すると学びました。 I walked very carefully.carefullyが、副詞というのも調べました。 veryは、形容詞も修飾できるのでcarefullyではなくvery carefulにしても 同じ意味になりますか?

  • 英文法についての質問です。

    ある英文法のドリルで SV文型について勉強しているのですが、 例1「You teach English.」=SV文型 例2「You love soccer.」=SVO文型 と書いてありました。 例1の“English”は修飾語で、 SVだけで話が完結するので SV文型だと書いてありました。 しかし、ページを進んでみると 「修飾語になるのは形容詞か副詞で 名詞は修飾語にはならない」 と書いてあったのですが、 例1の文の“English”は、 名詞ではないのですか? 辞書を見ても、名詞と書いてあります。 なぜ、例1の文が、 SVO文型ではなくて、 SV文型なのか、 わかる方はいらっしゃいますか? よろしくお願い致します。