• ベストアンサー
  • 困ってます

生命保険の見直しについて

20年以上放置している生命保険について、最近担当が変更になり 保険内容の見直しの提案がありました。 自分なりに勉強し、担当者と議論しておりますが、皆さんから いろいろなご意見いただければと思います。 ★現在の保険名称:第一生命 パスポート21(定期保険付終身保険(S62) ◆契約年齢:26歳 ◆現在48歳の男性、会社員 ◆家族構成:妻(46歳)、子供2人(大学3年、同1年) ・毎月の保険料:約20,000円 ・終身保険:死亡(高度障害)1,000万円(S62)、55歳払い込み満了 ・定期保険特約 :2,000万円 ・傷害特約(S58):1,000万円 ・災害入院特約(S62): 5,000円(入院5日目より支給) ・疾病特約(S62): 5,000円 (入院5日目より支給) ・災害割増特約(S58):1,000万円 最初に転換や妻子に引き継ぐなどの案が出されましたが、予定利率が 良い(5.5%)終身をやめるのは損だと考え拒否しました。 その後に現在の終身1,000万円を払済みにして、新たに順風ライフを 契約してはどうかと持ちかけられています。 (終身はそのまま保有でき、55歳以降に年金に移行することもできる。) 今回の終身保険の払済みには、定期保険特約を無くすことによって 保険料を充当できるため、新たな費用は発生しないとのこと。 (↑新たな費用が発生しないで、ちょい割り増しな保険料で最新の備えが できるところがミソかと思います。) ★おすすめプラン:順風ライフ ・毎月の保険料:約25,000円(10年間、58歳まで) ・58歳以降の保険料:約44,000円(10年間) ・終身保険50万円 ・シールド特約:100万円 ・インカムサポート:200万円×最大5年間 ・ケガ/病気による入院:1万円(日帰り入院含む) ・8大生活習慣病入院特約B:5千円(日帰り入院含む) この先、3パターンの進め方があると思っています。 1、現在のパスポート21を継続して、他には何もしない。 2、パスポート21を継続し、足りない分を他社含めて検討する。 私が考える足りない分とは、 (1)入院1日目から1万円の給付 (2)働けなくなった場合のインカム保証(今回の場合200万円×5年間) 3、セールスレディの提案通りに終身を払済みにして、順風ライフを 新たに加入。 生涯設計レポートや、現在入っている終身保険の年別の解約返戻金 も教えてもらっています。 今さら新たな保険に入るのは、年齢も高く割高な保険金額になりますが 手厚い保障になるのは確かだと思います。 どれも一長一短あり、決め切れません。 どうぞよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数7895
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

はじめまして 二児の母です。 個々の考えがありますので、一概には言えないのですが。。。 もし 我が家だったら と言う仮定で 書かせて下さいね。 終身だけを払います。 定期部分は 更新せず。 既にお子さんは大学生であり、もぅ3年、1年でしょう? 掛け捨ての県民共済でも充分かと思います。 生命保険の事ですので 言葉が悪いので申し訳ないのですが、ごめんなさいね。 万一 貴方が死亡した場合、大学費用だけが捻出されれば充分。 奥様は現在所得がどうなのか 分からないですが 遺族年金が支給されるはずです。 遺族年金は 掛け年数と掛け金によってですし、住宅ローンは団信があるでしょうしね。 食うに困らなければ充分。 お子様の学費だけが捻出されれば。 ただ、入院に関しては 昔の保険は 4日は出ません。 ですが 医療の発達が進み、当日手術 入院は経過観察は殆ど無く退院している状況ですので 当日から支給される医療保険に加入される方が良いでしょう。 確か 県民共済では 当日から対応出来ていると思います。 ただし、金額は 他社よりも安いので 1口契約じゃなく2口にしておくとか。。。 還付金が年に一度あるので 負担は少ないはずです。 >その後に現在の終身1,000万円を払済みにして、新たに順風ライフを 契約してはどうかと持ちかけられています。 (終身はそのまま保有でき、55歳以降に年金に移行することもできる。) と書かれていますが それは1000万から 目減りするって事でしょうね。 年金は年金として持ってないと 年金受給は65歳以上になってからでしょうから 困りますよ。 保険ってキリガナイです。 うちも 第一生命の終身型です、S62だったと思います。 終身だけを残し、年金は個人年金に加入しているので、、、。 定期型はまだ娘達が高校生なので 契約してますが、5年後には更新ですので 定期型は更新しません。 住宅ローンもあり、団信加入しているので、県民共済で充分補えると思いますし。 他 医療保険、ガン保険 を他社契約しているので。。。 万一を考えたらきりがないし、、、残された私だったとしたら 遺族年金もあるし、団信だし、10万程度稼げたら どうにかなる。 ただ、問題は 子供の教育資金だけ。 会社に 厚生年金基金があれば尚良しです。 多分県民共済4000円掛けても 実質 月3000円弱のはず。 予算が25000円なら 月1万でも、少ないけど個人年金に加入した方が 年末調整も使えるし、定年60歳、年金受給65歳なので 5年の空白は埋まると思います。 今から加入だと かなり少ない個人年金受給ですが。。。ゼロより良いし。 12年後 定年は バッサリ切られるかもしれないし。。。再雇用枠も厳しいし。 どうなるか分からないので、、、。 とても概算ですが 第一生命の個人年金ですが 加入は21歳当時、既に17年経過していますので 契約内容は異なると思うのですが、、、月9000円払い(60歳満了)、 60歳から10年間貰えるのが 月8万です。 昔のだから 良いんですよ。。。昔の保険はなるべくそのまま が 良いですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんにちは。 アドバイス、ありがとうございます。 確かに子供2人があと1年と3年で私大を卒業するので、それまでの辛抱(笑) だと思っています。 ここ3年は非常に厳しい財政事情で、さらに生命保険は今までほったらかし だったので、これまでにないくらい(初めて)真剣に考えています。 ちょっと補足させていただくと、 終身1,000万円を払込満了後(55歳)に10年確定年金に移行すると 年間約55万円(×10年間)になります。 一括でもらうと55歳時で約370万円です。 (契約時は終身保険の受取額1,000万円と同じくらいと書いてありますが 昨今の運用益低下でまったく増えないと聞かされております。) また個人年金にも加入していて、月1万円の負担で今400万円まで溜まりました。 支出の方ですが、家のローンが残り12年(60歳の定年で終わり)、約1700万円。 一番の心配事は、ポックリ死んでしまえば団信で家のローンもなくなりますが 寝たきりなどで(何年間も)働けなくなったら、どうするかなー、です。 なので、休業補償(インカム)も検討しています。 本当に保険は、上を見れば切りがないですね。どこまでリスクを回避するのか 自分の置かれた立場や財政事情を踏まえて考えてみます。 いろいろありがとうございました。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直し

    こんにちわ。現在加入している生命保険の見直しを考えています。内容は、 D生命の定期保険特約付・終身保険で、 契約日は昭和62年10月1日で払い込み期間は25年(65歳)。 主契約の終身保険S62 720万円、定期保険特約2280万円 傷害特約S58(本人・妻)500万円 災害入院特約S62(本人・妻)8000円 疾病特約S62(本人・妻)8000円 災害割増特約3000万円、主契約終了後の特約保険料は満了時に一括前納する事となっています。現在59歳(男)54歳(女)の夫婦です。 S62年に転換し、その時一時金を入れた為、主契約の保険料は安くなっています。 来年更新の通知が来ました。このままの内容で更新すると定期保険特約の保険料だけがアップします。 フアイナンシャルプランナーに相談したら、主契約と疾病特約だけ残して他は全部解約して、新たに外資系の入院保険を夫・妻別々に入ることを勧められました。新たに入る入院保険の保険料は高額ですが、入院1日目から日額1万円出て80歳まで保険料は変わらないそうです。 保険料を上げたくないので、このまま定期保険特約だけ減額して継続するか、プランナーの勧めに従うか迷っています。 良きアドバイスあればよろしくお願いします。

  • 生命保険の見直しについて

    主人が独身時代に加入していた保険を見直したいと思います。 主人会社員33歳・妻専業主婦31歳・子供0才 現在:(月払11000円/15年更新型) 介護生活保護特約付定期保険特約付5年ごと利差配当付終身保険 終身保険100万円、定期保険特約1000万円、(60歳払込済) 介護生活保障特約150万円、介護保障定期保険特約500万円、疾病障害保障定期100万円、特定疾病保障定期保険特約300万円、 災害割増特約1000万円、障害特約500万円 災害・疾病・成人病・ガン入院特約各7000円 主人が保険やさんの言うなりに入ってしまったらしく内容に納得がいかないこと、今後の更新での保険料の値上げを考慮して 違う保険会社で再考したいと思っています。 希望は死亡金(終身・定期保険)2000万円、疾病傷害入院1万円/日、ガン特約付、保険料終身型で月2万以内位を 基本に考えたいと思っているのですが「乗り換えをすること」「今後の希望の内容」は利にかなっているでしょうか?ご意見お聞かせください。

  • 更新してしまった生命保険の内容と終身保険特約について

     45歳既婚。子供なし。11月1日に定期保険特約付終身保険の2度目の 更新時期を向かえ、変更することなく更新いたしました。内容は、   定期保険特約付終身保険「パスポート21」(S62)    主契約 570万(保険料171円)       定期保険特約 1000万(同5150円)       終身保険特約  430万(同10982円)    特約 傷害特約(災害保険金額) 100万(70円)       災害入院特約(入院給付金日額) 5000円(350円)       疾病特約(入院給付金日額)  5000円(1515円) 前回更新時、定期保険特約を大幅に減額し、終身の分を増やしたのですが、 お恥ずかしいことに単純に主契約を増額できるものだと思ったのですが、後に届いた契約内容を見て「終身保険特約」とあり、特約扱いになっていました。特約保険料は満了日以降も払う必要があるのではと本社に確認し、 主契約同様55歳払い込み満了時に保険料の支払いは完了するという回答を頂いたのですが、契約内容には主契約は「満了時払い込み終了」と記載されてますが終身特約の分については一切記載されていませんので今回更新時、再度担当の方にも確認をとったのですが何だか不安です。この場合、終身保険特約は主契約と同じと考えていいのでしょうか。今さらですが、終身保険特約の保険料も一万円強ですので終身部分は主契約のみでも充分だったのではと思っています。約款に保険料支払い後(26日引き落とし済み)7日以内なら解約可能とありますので見直せるものなら検討したいです。アドバイス宜しくお願いいたします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

こんにちは、では早速ですがお答え致します。 いきなりですが、御質問者様と私の年齢・家族構成・契約保険会社・契約年齢・契約商品 ほとんど同じ内容でした。私も26歳で保険の事が良く分からずに契約してそのまま20年放置しました。途中見直しも検討しましたが・・・今の保険会社や保険業界の考えを変えたいという思いで敢えて 「保険業界」に転職しました。 さて本題です。 【結論】 命の次に大切なお金を無駄なく、しっかりと残したいと思います。 10年後に44000円も毎月支払えますか? 同じ世代として、もう保険会社の言うなりになって納得しない保険や十分理解していない保険に加入させたくはないと私見ですが、考えます。 (1)終身保険1000万円はそのまま継続して55歳まで支払う。55歳以後はそのままにしておけば 解約返戻金は増加します。途中この資金を年金資金やお孫さんへの資金、リフォーム資金、奥様との旅行資金などの用途に使用できます。継続しても多分保険料は1万円以下だと思います。 残り7年頑張りましょう!!!これからの40代以降の人々の老後生活は年金一つでも非常に厳しく自助努力が必要です。 この保険は老後の生活費に充当する為にして葬儀代などの死亡保険は200から300万円の保険金額を準備されましょう。支払いは月々負担を抑える為に90歳支払いにするとかすると毎月の保険料は低減されます。 (2)特約部分はすべて解約します(定期保険特約や傷害特約、災害特約)。 確かに万一の場合4000万円死亡保険金を御遺族が受取れます。必要保障額をしっかりと認識しましょう。 <万一の場合の保障期間> a.奥様が老齢年金を受け取る65歳までとする b.現状の女性の平寿命の86歳までとする。 <必要保障額を算定> c.現在の月間生活費×70%(お子様が大学卒業するまで) d.奥様の老後生活の資金にする為に現在の月間生活費×50%(お子様の大学卒業後から) <遺族年金を算定する> e.既に準備してある厚生年金保険から支給される遺族厚生年金=約140万~160万円/年間 上記のc-eの金額を生命保険で御準備致しましょう。 例:月収50万円なら遺族の生活費は50万×70%=35万円・・・c e=約10から13万円ですので 35万円-10万円=25万円 25万円を御用意  25万円×卒業するまでの年数の金額を準備  あとは25万円-10万円=15万円 15万円を御用意 これの期間をいつ迄ににされるかです。 収入保障保険で補いましょう。毎月定額の給付金支払いがある。特定疾病による障害状態になった場合には保険料の支払い免除があるタイプ。収入保障保険なら障害状態になった場合に給付されます。生存されていても収入が無い場合に備えておきましょう。一時金や年金として給付されます。仮に毎月10万円を約25年支給される場合でも保険料は1万円以下です。 (3)医療保障 終身保険タイプで一生涯の保障を確保。日額1万円で初日から給付 がん保険も終身タイプにします。日額5千円で診断給付金を50万から1000万円に設定。更に悪性のがんと診断されたら以後の保険料支払い免除があるもの。 終身医療保険で120日型でも4000円程度 がん保険も終身タイプで2500円くらいです。 【保険選びで大切な事】 ・知識と実務経験のある担当者選びです。 ・御質問者様のライフコンサルタントとしてふさわしいFP資格を持つなど ・保険種類が多くお一人お一人の保険を創れる外資系保険会社が望ましい。 ・実際に病気やけがで入院する場合に専門医紹介やセカンドオピニオンなどがある。 ・日常の健康や介護の電話サービスがある。 目に見えない部分の付帯サービスによって保険に付加価値があるもの。 10年後に更新する保険をいまだに奨められる状況という問題に気がつかれて少しでも早く御自身が納得される保険に契約しましょう。 終身保険ならアリコの「つづけトク終身」東京海上日動あんしんの「長割終身」 医療保険ならアリコの終身医療保険 損保ジャパンの「・・・」 がん保険なら富士生命やアリコが宜しいかと思います。 御参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんばんは。 良くわかりました。 更新期限が迫ってるわけでもないので、いろいろ見比べて、決めたいと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.3

あくまでも私見です。 ご主人が健康診断で異常を指摘されていない前提で書きます。 まず終身保険だけ残して他の特約は全部解約し、街中の保険ショップ数社に相談して下さい。 足りない部分の死亡保障を必要な期間だけ収入保障保険でカバーします。外資やネット系の生保であればどの保険会社にもあります。 質問者様が専業主婦ならば、質問者様が65歳になるご年齢までは保障が必要ですが共働きであればお子様が大学を卒業し、就職する期間まで保障があれば良いですね。 医療保障も終身タイプで選ぶべきです。 その際に必要なご自身の予備知識として、ご主人が26年間ずっと厚生年金に加入していればご主人に万一のことがあれば少なくとも毎月15万円程度の公的遺族年金が出るはずです。それからそれなりの規模の会社であれば死亡弔慰金なるものが存在しますのでそれも確認してみて下さい。 そうすれば万一の場合に不足する生活費はすぐに計算できます。医療保障については「高額療養費制度」を加味して提案してくれる会社が良いと思います。 1,000万円の終身保険、遺族年金、死亡弔慰金、高額療養費制度をきちんと契約者と話し合えば「順風ライフ」のような提案など絶対に出来ないはずです。 これを機に保険会社に任せるのではなくご自身で資産なり家族を守って下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんばんは。 おっしゃる通り自分自身のために良く勉強し、その結果を踏まえて中立な立場の 保険取扱店なりを探して相談してみます。 アドバイス、ありがとうございました。

  • 回答No.2

生命保険専門のFPです。 終身保険は、何もせず、そのまま継続してください。 支払いが困難でなければ、払い済みにしてはいけません。 なぜなら…… これから7年間に支払う終身保険の保険料に、 5.5%近い利息が付くのですよ。 終身部分が1万円だとしても、年間12万円。 7年間では、84万円。 これを5%で10年運用(65歳時点)すると、137万円。 20年(75歳時点)だと、223万円。 したがって、支払いが困難であること以外に、 やめる理由はないと思います。 医療特約は、新たに単品の終身の医療保険に契約して、 それが成立したら、解約しましょう。 終身の医療保険は、生涯に支払う保険料が一定になるように 基本設計されています。 つまり、48歳で契約しても、今の保険が満了になる55歳で 契約しても、支払う保険料総額は同じようなものです。 ならば、今から、終身の医療保険を確保しておくべきです。 定期特約もそのまま継続。 なぜなら、今、夫様に万一があった時、 奥様は遺族基礎年金を受け取れません。 遺族基礎年金は、末子の方が18歳になるまでしか受け取れないので、 すでに資格を失っています。 遺族厚生年金(夫様が会社員ならば)を受け取れますが、 金額は、おおざっぱに計算して、 夫様の年収の10分の1+約60万円。 仮に、夫様の年収が1000万円あっても、年間160万円です。 夫様の死亡退職金がいくらかわかりませんが、 それは老後の蓄えとして重要な資産です。 となれば、年間160万円というのは、ちょっと不足ではありませんか? しかも、今の保険は、10年更新型が、15年更新型かわかりませんが、 いずれにしても、最終更新は終わっているので、これ以上、 保険料は上がりません。 55歳~65歳までの10年間の死亡保障については、 また、別途、末子の方が卒業してから、または、 55歳が近づいてから考えても良いと思います。 現時点で、見直すならば、医療保障部分だけです。 ついでですが、がん保険に未契約ならば、 がん保険を検討してください。 ご参考になれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんにちは。 アドバイス、ありがとうございます。 > これから7年間に支払う終身保険の保険料に5.5%近い利息が付くのですよ。 > 終身部分が1万円だとしても、年間12万円。7年間では、84万円。 > これを5%で10年運用(65歳時点)すると、137万円。 上記、大変参考になりました。 払い済みにすると利息が付かないのですね。 7年分というかなり大きい金額だし、支払いできない状況ではなく、保障の 見直しという観点で払済みにしようかを検討していたので、このまま続ける ことにします。 私は会社員なので、遺族厚生年金というものがあるんですね。 その金額は、どこで調べるか不明ですが、年収の1/10+約60万円なら 年間160万円で、当たらずとも遠からずです。 私の死亡退職金、自分でもいくらかわかりません。笑 ただ参考になるかわかりませんが、今会社を辞めると退職金は1,200万円 と記述されています。 まずは他社含めて単品の医療保険を検討し、55歳の払込満了の後のことは その時が近づいたら再考しようと思います。 新しい保険に加入できないこともあるので、それが加入できた時点で今の 古い医療特約を解約ということですね。 良くわかりました。 いろいろ、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直し

    よろしくお願いします。生命保険を見直そうと思っています。 まったく分からないので、教えてください。 主人36歳、私34歳、子供2人(4歳.1歳) 主人の保険はニッセイの2種類の保険にはいっています。45歳で更新です。 主人の保険 @ニッセイ生きるちから 「30年払込(終身)」 終身保険(主契約)10万円 がん入院特約「本人型」日額5000円 「10年払込10年満了」  定期保険特約 2390万円 3大疾病保障定期保険特約 500万 疾病障害保障定期保険特約 100万円 介護保障定期保険特約 500万円 入院が7種類ほどで 日額8000円 保険料合計が15943円 下の特記事項に「保険証払込免除特約が付加されています」 @5年ごと利差配当付払済保険 終身保険(主契約y)149万円  うち契約転換特則の保険金額 3万円 下の特記事項に「契約転換方式:基本転換方式(主契約部分に転換価格を充当)でご加入いただいております」 で以上なのですが、まずすごく気になるのが特記事項に書いている内容なのです。前回入社当時から入っている保険を上記の保険に変更したときに 払済保険の充当金額内訳  解約払戻金 536,302 ー 契約貸付精算額 0 - 保険料立替精算額 0 =払済保険金額 1.494.800円となっているんです。のお知らせ書類が届いてそのときはなんだか分からずにおいておいたのです。 私はできれば定期保険特約2390万と5年ごと利差配当付払済保険だけをおいといて、後は共済に加入しようかなって思ってます。 まずそれはできるのでしょうか?払済保険の充当金額内訳の金額がすごくきになるんです。

  • 生命保険(定期保険部分)の見直しについて

    現在月払い約16000円/15年更新型(30年)の定期保険特約付普通終身保険(朝日生命・ロイヤルワイドキング)に加入しています。 今年15年目で更新の必要があり、このまま継続ですと保険料が約29000円となってしまいます。 1.この際見直して定期保険をできるだけ削って、でき れば現在の月払いより安く更新したいのですが可能 なのでしょうか?(入院特約等は残して) 2.ちなみに定期保険は現在4000万円で約13000円程度の 保険料ですが500万円程度ですとどのくらいになるの でしょうか? いろいろな質問を見ていると定期部分を全部ではなければ削れるのかなとは思うのですが。 同じ保険で同じことをやったことがある方・この会社の違う保険で経験あるかた等に回答いただけたらと思います。 現在: 終身保険500万円 定期保険特4000万円 災害割増・傷害・災害入院・手術給付金付疾病入院・成人病入院特約あり よろしくお願いいたします。

  • 保険の見直しについて

    23才の時に母が加入した保険なのですが、本当に必要なのか疑問になりましたので教えてください。 昭和50年生まれ 女 既婚 子供0才が1人 専業主婦です。 保険は5年ごと利差配当付終身保険   終身保険200万円 55才払済   特定疾病保障定期保険特約 200万円   定期保険特約 800万円   災害割増特約 500万円   傷害特約災害保険金 500万円   災害入院特約 1日10000円   疾病入院特約 1日6000円   女性医療特約 1日6000円   通院特約 1日3000円   手術特約 100万円          終身以外は10年更新です。保険料6985円。 それとスーパーがん保険II型に2口、特約MAXの10年タイプに加入。保険料3893円です。 最低限必要なものだけにして、保険料の負担を軽くしたいと考えてます。今考えているのは、がん保険を1口にして、特約MAXを終身に変更。終身保険のみにして特約をすべて解約または、定期保険を300万円にして特約を解約しようかと思っています。何かよいアドバイスがあればお願いします。  

  • 生命保険の見直し

    よろしくお願いします。不況による収入減、わたしの退職などで保険料の負担がつらくなってきました。 (1)日生終身保険(重点保障プラン)H1年契約 296204円/年 30年払込満了 定期保険特約15年払込15年 満了 終身1千万 定期保険特約3千万 新災害、新入院医療 特約各1万/日 配偶者特約付 (2)AFLACスーパーがん保険 H3年契約 4120円/月 終身家族契約付 診断100万 死亡150万 入院1.5万/日 通院 0.5万/日(がんによる65歳未満) 疾病特約(入院 0.5万手術給付5万入院初期給付2万) 災害特約(入院 0.5万入院初期給付2万) 特約はH11年契約 10年満期 1513円/月払 (3)AFLACスーパー介護年金プラン H7年契約 3990円/月 終身 介護年金百万/年 一時金百万 死亡百万(死亡保険金 は65歳迄逓増期間だが金額は?) 以上の被保険者が夫S35生、以下は妻S33生が被保険者 (4)第一 定期保険特約付終身保険 S62年契約 全期前納済 終身8百万 定期保険22百万(60才迄) 傷害特約5百万 災害入院、疾病入院、女性特定疾病入院特約各0.5万/日(80才迄) (5)第一 終身保険15百万 S63年契約 一時払済 (6)住友海上 年金払積立傷害保険 確定型10年 H5年契約 117130円/年 基本年金額71,3万 60才開始 傷害による死亡・後遺障害付 (7)AFLAC 夫の(3)と同じ介護保険 H7年契約 5030円/月 日本生命の定期保険特約と配偶者特約を更新せずに(H16年更新)終身1千万、新災害入院、新入院医療特約各1万/日という型にできないかなと考えているのですが可能かどうかはわかりません。夫の死亡保険が終身1100万(合計)ちょっとでは少ないでしょうか? 妻の保険金額はパートの現在では多額だと思っていますが、保険料の負担をしていないことと、妻の(4)は60才以降(5)は50才以降で年金移行(各30万以上)ができるとのことです。解約というと(3)(6)(7)と思うのですが、どうでしょうか。アドバイスをお願いします。

  • 生命保険の見直しについて

    はじめまして。26歳の独身女性です。 今回、母が私のために加入した保険について相談させて頂きたいのですが、 H19年にニッセイ終身保険(重点保障プラン)に加入しました。保障としては以下になります。 終身保険(主契約) 600万 保険料8568円 (60歳払い込み) 介護保障定期保険特約 400万 新傷害特約 200万  特定損傷特約 5万 総合医療特約 日額5000円 新がん入院特約 日額5000円 (特約に関しては、全て20年更新) この保険を続けて行ったほうがよいのか、新たに終身医療保険に加入し直した方がよいのかわからずにいます。 どのようにするのがよいのか、アドバイスを頂ければと思います。 よろしくお願いします。

  • 生命保険見直し。これでいいのだろうか?

     現在、利率変動型終身保険に入院初日から1万円の医療特約をつけた保険に入っています。ただ、保険料は生涯払い込み、さらに医療特約は60歳までです。    一番病気やけがをしやすくなるであろう60歳までの医療特約ということと、生涯払い続けるこから保険の見直しを考えました。  今考えているのは終身医療と終身保険でともに65歳払い済みの2本立てです。  保険屋にこの旨を伝えると、終身保険をドル建てのものを進められました。保険料もやすいし、利率もたしかにいいのですが、為替レートに依存するという点で今一歩踏み出せない状態です。  そこで質問です。  終身医療は入ることに決定しようと思っています。終身保険ですが、現在はいっているものから特約を削除してもらう、といった方法がいいのか。それとも保険屋の進めるドル建て終身保険のするのか。もしくは終身保険で他にいいのがあるのか。これらの点について教えていただきたいと思います。  保険料は3万程度でおさえたいのですが、よろしくお願いします。

  • 生命保険の見直しについて

    昨年の結婚を機に,生命保険の見直しを考えています。13年前に23歳で生命保険に加入し,あまり考えずにいままで来てしまいました。ようやく重い腰を上げたところです。どうぞよろしくお願いします。 36歳男性(会社員) 契約は1993年(23歳) 定期特約付終身保険です 主契約保険料払込期間満了年 H35(2023) 53歳 主契約保険期間満了年 終身 (定期保険)特約等満了年 H25(2013) 43歳 現在の合計保険料 10833円 更新後の合計保険料 16942円 43歳~ 52歳 終身保険(主契約) 120万円 保険期間:終身 53歳払込 保険料1141円/月 定期保険特約 2880万円 保険期間:43歳 保険料8035円/月 (43歳更新後13478円/月:43~52歳) 新災害入院特約 日額 5000円 保険期間:43歳 保険料345円/月(5日目から) 新入院医療特約 日額 5000円 保険期間:43歳 保険料1030円/月(5日目から) 通院特約 日額 3000円 保険期間:43歳 保険料282円/月(5日以上の場合) ※これにプラスして,3大疾病特約(1263円/月で300万円:10年ごと更新)に加入しています。 現在,子どもはおらず共働きです。子どもができたら,妻はしばらく仕事を辞める予定です。 考えているのは,終身保険が120万円と低く,特約分の支払いが今後大きくなってくることでの経済的負担増。43歳で更新しても,53歳までは健康的には大丈夫かなあという気持ちがあり,定期分の支払いが無駄になってしまうのでは?と。 医療保険も,5日目からしか出ないため,メリットも小さい気がしています。 生命保険会社からは,「生きる力EX(12392円/月:ただし5年前の試算)」というのを勧められていますが,いかがでしょうか? 現在の保険を継続するか,別の保険にするか迷っています。その方法も,解約か転換か・・・ 難しいですね保険って。 なかなか的を得ない質問で申し訳ありませんが,よろしくお願いします。

  • 生命保険見直しで悩みまくっています…

    37歳の会社員です(既婚、子供二人、妻は専業主婦) 持ち家購入を機に保険の見直しを考えています。(平成11年加入)勧められるがままに訳も分からず加入し、私も保険のことは全く分からない素人ですので、どなた か詳しい方がいらっしゃいましたら、どうかお知恵をお借しください。 現在、検討しているのは、 ・補償額を下げて月々の保険料を下げる。 ・解約して掛け捨てタイプに加入する。(損保ジャパン等) といったところです。 契約の内容は以下の通りです。 保険種類:定期保険特約付き5年ごと利差配当付き新・ 終身保険 契約:平成11年 保険期間:終身 保険料払込期間:65歳払込 保険料:月払い16954円 死亡保険金:1500000円 定期保険特約(15年):43500000円  うち転換部分:3864800円 特定疾病保障定期特約(15年):5000000円 障害特約(15年):5000000円 災害入院特約(15年):5000円 疾病入院特約(15年):5000円 成人病入特約(15年):5000円 がん入院特約(15年):10000円 通院特約(15年):3000円 リビングニーズ特約付加 以上、宜しくお願いいたします。

  • 生命保険商品に関してお尋ねしたいことが。。。

    仮に以下の様な二つの定期保険特約付終身保険(生命保険商品A&B) があるとします。 「生命保険商品A」 種類 定期保険特約付終身保険 契約開始年齢 30歳 現在年齢 36歳 保険期間 終身 払込期間 60歳 主な保障内容 終身保険 500万円 定期保険特約 2500万円 三大疾病特約 500万円 医療特約 5000円/日 ※特約部分は10年間 保険料 月払い10,600円 「生命保険商品B」 種類 定期保険特約付終身保険 契約開始年齢 27歳 現在年齢 36歳 保険期間 終身 払込期間 60歳 主な保障内容 終身保険 200万円 定期保険特約 4800万円 三大疾病特約 500万円 医療特約 5000円/日 ※特約部分は15年間 保険料 月払い10,600円 まず保険商品Aに関してなのですが、 この商品は60歳までの総払込金額が382万円程なのに、 終身保険が500万円になっているのはありえないと 思うのですがいかがでしょう。。。 終身保険とはつまり死んだときにもらえるお金ですよね? それとも特約が切れるタイミングくらいで 保険料の見直しがあるのでしょうか? 次は保険商品Bに関してなのですが、 こちらの商品の15年間有効な定期保険特約をもし仮に いますぐ辞めて、終身保険だけにしたとしたら、 保険料は月払いでどれくらい変わってきますか? 保険は非常にややこしくてすごい手間取ってるので、 どうかご存知の方いらっしゃいましたらご教示ください。。

  • 生命保険の見直しを迫られています。

    今入っている生命保険の更新がせまり、2~3日中に 手続きするようにと新しい商品を勧められています。 現在、38歳の会社員(独身)です。 現在の保険: ■パスポート21 定期保険特約付終身保険 15年更新型※平成4年に契約。 死亡・高度障害保障3000万、終身保障300万 災害割り増し特約1500万 傷害特約500万 災害入院特約1日5000円 疾病特約1日5000円 ※終身に移行は55歳 月々の保険料 現在13009円->更新後15806円 勧められている保険: ■堂々人生 5年毎配当付更新型終身移行保険 10年更新型※69歳終身移行 死亡・高度障害時2300万 (一時金1100万+年金として240万×5年) 終身保障:299万 *3大疾病などになった場合 シールド特約300万 傷害保障特約200万 インカムサポート100万×10年 ペイサポート月16000円 新総合医療特約1日5000円 新生活習慣病特約1日5000円 特定損傷特約10万 となってます。※月々の保険料 14238円 月々の保険料は若干安くなりますが、10年後の更新時は 倍以上になってます。あさってまでに返事してと期日が 迫っています。 更新すべきか、転換すべきか、よきアドバイスを お願い致します。