• ベストアンサー
  • 困ってます

アルミニウムの圧延加工による加工硬化について

圧延により硬さが変化したのはなぜか?(塑性変形、すべり変形、転位、転位密度)の言語を必ず使うこと 焼きなましにより硬さが変化したのはなぜか?(回復、再結晶、転位、転位密度)の言語を必ず使うこと 詳しく教えてください お願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1891
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • oo14
  • ベストアンサー率22% (1770/7942)

じぶんでトンカチとやすりと顕微鏡を使って確認して レポートを書いたら、その時点で先生を超越しているかも。 ただし、適当に言葉は、ちりばめてください。 引っ張り試験機と、硬度計は使ったんですよね。 ・・・したことまでは確認されているんですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 鋼の加工硬化と転移について

    理論的な話なのですが、鋼が変形すると加工硬化と称して鋼の硬さがupする 現象があります。なぜ変形すると鋼が硬くなるのか小生なりに調べてみた 所、「転移論」にぶつかりました。  要約すると:鋼の結合格子には空砲(原子が抜けた部分)があり、変形とは その転移が格子間を移動する事でおこり、その転移が密集して転移密度が あがると鋼は硬くなるといった具合です。(もしかしたら間違って理解 しているかも知れません)  そこで素朴な疑問ですが、元々ある鋼の中の転移数は変わらないのに移動 すると硬くなるのはどうしてなのでしょうか?  もともとある転移数が変形により数が減少して硬くなるのならイメージ的 にすっきりするのですが、何かすっきりしません。  どなたか鋼の転移論についてお詳しい方いらっしゃいましたら、ご回答 お願い致します。

  • すいませんが

    圧延により硬さが変化したのはなぜですか? 焼きなましにより硬さが変化したのはなぜですか? 教えてください

  • 「加工硬化により引張り強度が上昇する」という文章…

    「加工硬化により引張り強度が上昇する」という文章の意味がわかりません。  学校で習いましたが、真応力ひずみ曲線を見ると、一度塑性域まで加工を加えた材料については、再度加工する際に降伏点が上昇するのはわかります(塑性ひずみが残るので)。  ただ加工硬化について調べると出てくるタイトルのような文章についていまいち意味がわかりません。例えば同じ鋼種でも圧延等で引張強度が上がりますが、引張強度とは破断に至る際の強度のことですよね?  もとの材料をA、引張強度の上がった材料をBとすると、仮にAを破断させようとすればその過程で塑性変形を受ける→Bと同じ様に引張強度が上昇するのではないでしょうか。  AとBで違うのは「破断するまでのひずみ量」であって「破断する際の荷重」は同じではないのですか?AとBで応力ひずみ曲線が変わるのですか?  色々調べたのですが普通はあっさり納得するものなのか、これは当然理解している前提の資料ばかりです。わかりにくい文章で申し訳有りませんが、どう理解すればよいのか教えて下さい。

  • 変形抵抗と加工硬化

    製鋼屋です。この程ひょんなことからステンレス冷間圧延のアドバイスを頼まれ、学生時代の塑性加工の教科書、便覧等を引張り出して、加工モデルを作成しております。 その中で、加工硬化に伴う変形抵抗の増加を式の中に入れようとしてはたと気付きました。 教科書では Kf=σa*(ln(t/to))n σa: 加工前の変形強度 to, t : ロールバイト前後の板厚        n : 加工硬化指数(べき乗) となっておりますが、実際に加工硬化指数の0.45あたりの数値を入れて計算すると、硬化指数項が加工率50%位まで1以下の数値となり、"加工軟化"となってしまいます。 n値がε-σを両対数でプロットした時の勾配とすれば、Kf=σa*(1+ln(t/to))n)の形をとるのが正しいのではないでしょうか。 どなたか、お教え願えれば幸いです。

  • 冷間圧延鋼板を熱処理することによって・・・2

    冷間圧延鋼板を応力除去焼きなましすると、加工硬化定数はどのような変化をするのでしょうか・・・。宜しくお願いします。

  • 冷間圧延鋼板を熱処理することによって・・・

    冷間圧延鋼板を熱処理(応力除去焼きなまし)することによって、どのような変化が見られるのでしょうか。張出し性やランクフォード値に変化はでてくるのでしょうか?宜しくお願いします。

  • 炭素鋼の焼きなましの精度の上げ方

    炭素鋼を焼きなましをする際、硬さの理論値に対して精度の高い値を得るには、加工度が低く軟化の収束が遅いため、焼きなましの際の空冷の時間をさらに多く取ることが考えられます。 そこで質問なのですが、なぜ「加工度が低く軟化の収束が遅いため、焼きなましの際の空冷の時間をさらに多く取る」のでしょうか。 加工度が低く軟化の収束が遅いと、再結晶温度が高くなるらしいのですが、なぜ再結晶温度が高くなると良いのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 塑性変形後の弾性率

    【疑問点】 金属を塑性変形させた後の弾性率は、変形前に対して変化はないのでしょうか。 転位等の格子欠陥と関連付けた理解をしたいです。 【背景】 教科書レベルだと、『降伏点を超えて塑性変形をさせて除荷するとひずみが入る』程度の説明しかなく、変形後にはどのような挙動をするのかの記載がなく、また、除荷中は降伏前の弾性率と同じ傾きで下がっている図になっていますが、本当でしょうか。変化があるのではと思ってしまいます。

  • 加工硬化量

    加工硬化量について教えてください。いろいろ検索をかけてみたんですがよくわかりません。 公式もあれば教えてください。よろしくお願いします。

  • 等時焼鈍ってどういう処理なんですか?

    突然の質問失礼します。 院試の勉強で過去問を解いているのですが、本などで調べてもどうしても答えがわからない問題があって困っています。 問題は 「室温での塑性変形により加工硬化させた金属材料を、室温より高温度域において等時焼鈍した場合に生じる現象について、以下の用語に着目して説明せよ」  用語:空孔、転位、回復、再結晶、成長 です。ご存知の範囲で結構なので、等時焼鈍の効果などについて教えていただけるとありがたいです。