• 締切済み
  • 困ってます

自己愛性人格障害について

17歳男です とあるサイトで自己愛性人格障害という精神的な病気のことを紹介していたので へえーと思ってみていたんですが どうも自分がこれに当てはまるような気がして怖くなってきたので詳しい方に教えてほしいです 1限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。 2過剰な賞賛を求める。 3自分が"特別"であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人たちにしか理解されない。または 関係があるべきだ、と信じている。 4自己の重要性に関する誇大な感覚。 1夢見すぎなところが多々あります 2成功したときに褒めてもらえると普通の人より(多分ですが)めちゃくちゃ喜びます 3"特別"というのは言いすぎですが他人と結構変わっているような気がします 4自分が死んだら終わりなので・・ あと自分が何か成功をしたときに見返りを求めてしまう性格なんです(言葉にはしないんですが) なので、それを隠したいがために見返りをもらったとき「いいんですか?」という無駄なリアクションをとってしまいます。。 そしてこの病気を患ってる人は気づかないうちに他人に多大な迷惑をかけているらしいので すごく怖いです 詳しい方回答のほうよろしくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1488
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.4

こんばんは。 >自己愛性人格障害について 以下を参照してください。 「職場で「自己価値を認めてくれ」と要望する女子社員ら」 http://okwave.jp/qa/q6665023.html ANo.9 ○○障害と、ぎょうぎょうしい名称が付けれれていますが、 要するに、「下等で幼稚な思考を持っている」という事です。 質問者様は未だ若く、自分を客観視し分析できるので、努力を惜しまなければ、理想とするものを入手可能でしょう。 ホントの自己愛性人格障害なら、自分が自己愛性人格障害とは考えないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>ホントの自己愛性人格障害なら、自分が自己愛性人格障害とは考えないでしょう。 これを聞いて安心しました。 理想に向かってがんばっていこうと思います 回答ありがとうございました

関連するQ&A

  • どうしても診断に納得がいかない!

    自己愛性人格障害というものがどうしても理解できません。 自己愛性人格障害  アメリカ精神医学会 DSM-IV  誇大性(空想または行動における)、賞賛されたいという欲求、  共感の欠如の広範な様式で、成人期早期に始まり、  種々の状況で明らかになる。 以下のうち5つ(またはそれ以上)で示される。 自己の重要性に関する誇大な感覚(例:業績やオ能を誇張する、十分な業績がないにもかかわらず優れていると認められることを期待する)。 限りない成功、権力、才気、美しき、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。 自分が特別であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人達に(または施設で)しか理解されない、または関係があるべきだ、と信じている。 過剰な賞賛を求める。 特権意識つまり、特別有利な取り計らい、または自分の期待に自動的に従うことを理由なく期待する。 対人関係で相手を不当に利用する、つまり、自分自身の目的を達成するために他人を利用する。 共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない、またはそれに気づこうとしない。 しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。 尊大で傲慢な行勤 または態度。 何度か同様の質問で述べ散るように私は過去に町沢静夫から「自己愛性人格障害」の診断を下されています。 しかし上記に関して言えばひとつも当て嵌まるものはありません。 (そもそもこのような人間が存在すること自体が不可解です) いったい「自己愛性人格障害」というものは、 このチェックリストにかすりもしなくてもそのような診断が成されるものなのでしょうか? 町沢にこのように診断されて以降このことが頭を離れません。

  • 自己愛性人格障害?

    最近知り合いから自己愛性人格障害ではないかと言われ、気になって質問させていただきます。 自分のことは理想に近づけなくて大嫌いです。 けれど人格障害なんていう言葉を言われるとは思わなかったので混乱しています。 小さいころから過剰に褒められることが好きでしたし、求めていました。 成功や権力や才気、美しさや理想的な愛を人よりも強く憧れ、望んでいると思います。魅力的な人間になりたいとずっと思ってきました。 けれど自分に全く自信はなく、理想と比べては毎日がっかりしています。 昔から嘘をつくのが癖で、記憶にはないですが、もしかしたら自分をよく見せようと嘘をついていたかもしれません。 他人の気持ちに疎くはないですが、気づかないふりをすることがよくあります。 友人は多いとは言えませんが、それなりにいます。表面上仲よくすることはできます。けれど自分の利益のために利用したことがあります。 自分と同じくらいの能力または少し下だと思っていた人が成果を上げると自分でも異常なくらいに引きずり、ねたみます。それが家族だろうと親友であろうと関係なく。他人に嫉妬されていると思うこともあります。 生身の人間一般にあまり興味や愛情を持ちません。幼いころから留守番が多く、一人で過ごす時間が多かったので、たくさん本を読んでいて、映画やアニメもよく観ていました(運動が苦手なので) その世界にいつも強く憧れています。その中の人物たちにだけ非常に感情をよせます。 ↑のことを話したら、「ちょっと変だと思う。自己愛性人格障害ではないか」と言われました。 知識もまだまだですし、混乱しているので文章がぐちゃぐちゃとしていて申し訳ありません。 ぜひご意見を下さると嬉しいです。

  • 自己愛性人格障害について

    誇大な感覚 限りない空想 特別感 過剰な賞賛の渇求 特権意識 対人関係における相手の不当利用 共感の欠如 嫉妬または他人が自分に嫉妬していると思い込む。 傲慢な態度 誰にでも当てはまる事では? 自分がそうなのかもしれないと思い、検索してみましたけど、私はまったくナルシストじゃありませんし・・・ 精神科医でも診断出来ないでしょう?私自身が違うと思うのに、カウンセリングしても人の心までは読み取れないですよね。医者は神じゃないですもの。 実際、現実に実在する本物の自己愛性人格障害の人は、いったいどのような感じの方々なのですか? 端から見ていて、異常なのでしょうか? 教えて下さい。

  • 回答No.3

そもそも自己愛性人格障害という言葉は古いのですよ。誤解を生じ易いのです。 今は正規には自己愛性パーソナリティ障害と云います。 パーソナリティ≒性格 という意味です。誰にでも性格はあります。 ただその偏りが強くなり社会生活に支障が出た場合に、後ろに「障害」の文字が付くわけです。 専門書を読めば「こうしたタイプは、実業家や政治家、医師、弁護士などに非常に多い」とあります。 「非常に」と書いてあります(笑)。又、芸術家にも非常に多いと云われています。 つまり時には周囲の人を辟易とさせながらも、個性が活かされて職業として成り立ち、人様のお役に立っているならば、 なかなか「ここからは障害者」と線引きするのは難しいと。そんなことがあります。 しかし偏りが強くなり「自己愛性パーソナリティ障害」となれば、これは精神疾患です。 それは具体的には、例えば配偶者に暴力を振るうとか、心にある理想像に比べ、現実の自分の能力は余りにも貧弱なので、 それに伴う社会的立場なり評価なりが低く、そのことを苦にして引きこもりになってしまう、などです。 箇条書きを拝見すれば、専門書には記されている大事な一項目(特徴)が抜けていますよ。 それは「本人は全く気づいていない」です(笑)。まぁこれは、自己愛性に限ったことではありませんが。 但し自己愛性パーソナリティ障害は、特に本人が気づきづらいという専門家の指摘があります。 よって貴方様の場合、ここに書かれてあることだけで判断すれば、 自己愛性パーソナリティの傾向はあるが「障害」には至っていないであろう、と思われます。 又、貴方様の場合、自己愛性だけでなく強迫性パーソナリティも強めであろう、とも感じました。 以下の本は、そんな自分のパーソナリティを活かして生きる術についても書かれています。 宜しかったら参考にしてみて下さい。 岡田 尊司 著 "パーソナリティ障害がわかる本" 株式会社 法研 (出版)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「本人は全く気づいていない」 ということなので安心しました 回答ありがとうございました

  • 回答No.2

詳しいわけではありませんが、自己愛性パーソナリティ障害と思われる方と接したことがありますので、回答します。 自覚があるということから、おそらく自己愛性パーソナリティ障害ではないと思われます。 自己愛の方は、まず自覚がありませんし、指摘したら烈火のごとく怒り出すと思います。 自分が特別な存在であることを周囲に分かってもらうがために、誰かを陥れることがあります。 次々とターゲットを変えてはいじめをする人を知りませんか?そのいじめの仕方が老獪で、周囲から見ればいじめられている本人が悪いと思わせるような方法を取ります。周囲は自分がターゲットになることを恐れて、自己愛の方を賞賛するような態度を取り、結果として増長させることになります。それが迷惑の根源なのですけどね。 誰しも自分が一番大事だし、成功したいと思っているはずです。だからといって、それらの人がすべて自己愛性パーソナリティ障害ということにはなりません。 質問者様は夢見がちで個性的な部分はありつつも、質問で書かれているように自分の行動や考え方を振り返る力を持っています。ですので、自己愛性パーソナリティ障害ではないと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

自覚がある=自己愛性パーソナリティ障害ではないということなので 安心しました。 いじめはこの病気が理由で起きていたんですね。 勉強になりました 回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

そうですね。 NPDは傍迷惑なので、 実害があれば、非難があるなど、なんらかの 苦情がありますから、ないのであれば ノープロブレムでしょう。 これまで、過剰な自慢話や暴力を含む 酷いイジメの類いを展開したことなども ないのでしょ。 それならば、大丈夫ですよ。 ご心配なら、 保健所さんで相談して 精神科のドクターを紹介してもらうと いいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

苦情とかは一度も来たことがないと思います いじめにも関わったこととかはないです。 これ以上心配になってきたら医者のほうに相談しようかと思います 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 自己愛生パーソナリティー障害は政治家向きですか?

    診断基準 誇大性、賞賛されたいという欲求、共感の欠如の広範な様式で、成人期早期に始まり、種々の状況で明らかになる。以下のうち5つ(またはそれ以上)当てはまれば自己愛性パーソナリティ障害だと診断される 1.自己の重要性に関する誇大な感覚。自分の業績や才能を誇張する。 2.限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。 3.自分が特別であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人や施設にしか理解されない、または関係があるべきだと信じている。 4.過剰な賞賛を求める。 5.特権意識、つまり特別有利な取り計らい、または自分の期待に自動的に従うことを理由なく期待する。 6.対人関係で相手を不当に利用する、つまり自分自身の目的を達成するために他人を利用する。 7.共感性の欠如。他人の気持ちや欲求を認識しようとしない、またはそれに気づこうとしない。 8.しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。 9.尊大で傲慢な行動、態度。

  • 自己愛性人格障害の被害

    職場の同期に自己愛性人格障害と思われる友人(女性)がいます。 1年半、自己中だとは思いながらも付き合ってきたのですが、度が過ぎると感じることもしばしばあり、最近自己愛性人格障害という性格の病があることを知りました。 以下にその診断基準と彼女の例を示します。 1.自己の重要性に関する誇大な感覚(例:業績やオ能を誇張する、十分な業績がないにもかかわらず優れていると認められることを期待する)。 →漢検やピアノをひけることを聞いてもいないのに自慢する。自分がいかに多才であるかをアピールしたがる。就職のときに書類選考で落とされた企業の人事に怒りの電話。自分の能力が認められるべきと思っており、理由を問いつめ、自分が他人より劣っていることを信じない。 2.限りない成功、権力、才気、美しき、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。 →自分はかわいくもてると思っており、異性が自分に無関心であることが本気で信じられない。また自分の相手はふさわしい人格と経済力、ステータスを備えているべきであり、自分にその価値があり、大事にされるべき存在であると信じて疑わない。一度会ったきりの異性を”彼氏”と称し、王子様的妄想にふける。ナルシシズム満載のポエム作成。過去の恋人たちも自分のことを思って別れたのであり、自分を忘れられないと思っている。 3.自分が特別であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人達に(または施設で)しか理解されない、または関係があるべきだ、と信じている。 →自らをステータスの高い人間と思っている。高学歴で効率もよく、仕事ができると思っており、認められるべきと思っている。 4.過剰な賞賛を求める。 →自分をほめたたえる人にすり寄る。私が相手にしなくなると逆らえない後輩へとシフトし、よい先輩を演じる。 5.特権意識つまり、特別有利な取り計らい、または自分の期待に自動的に従うことを理由なく期待する。 →自分のために他人が努力することを当然と思って特に意識も感謝もしない。自分は姫のように同性にも異性にもかしづかれるべきであり、そうでない人は必要ない。 6.対人関係で相手を不当に利用する、つまり、自分自身の目的を達成するために他人を利用する。 →自分の仕事を同期や後輩に手伝わせ成果は全て奪っていく。当事者以外には全て自分の力であるように振る舞う。それを当然と思っており、感謝の気持ちは皆無。利用した異性には口先だけ感謝を述べるが行動に改善の余地はなく、そのつもりもない。同性に対しては感謝の言葉すらない。 7.共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない、またはそれに気づこうとしない。 →基本自分の話しかしない。恋バナが95%を占め、相談かと思いきや他人の意見は求めておらず、悩んでいる自分に酔っている。興味のない話には相槌も打たない。黙っていてもかわいいと思っているので、話のノリが悪く、キャッチボールできない。投げることしかできないし、投げ返される球は見えていない。自分のやりたいように話が進まないと黙る。譲歩や話し合いができない。 8.しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。 →目をつけた異性に彼女がいると「別れちゃえばいいのに」とかいう。 自分のほうがふさわしいと思っている。 9.尊大で傲慢な行勤 または態度。 →彼女の辞書には平等、思いやり、感謝の文字はない。弱者からの搾取に尽きる。自分の世界には自分しかいない。 と、述べればまだまだ尽きませんが、このようなところです。 自分の欲求が満たされている間はいいのですが、思い通りにならないときの傍若無人振りにひどく怒りを覚え、また驚愕します。 社会に淘汰されるかと思えば、周りは大人の対応で流しています。 こちらが大人にならねばと思いますが、現実に被害を受けている当事者としては耐えかねます。 またより人の良い、同期や後輩に被害が及ぶのを見ていられません。 恐らくこのように生きてきた彼女には本当の友達もなく、彼女を本当に思う人も自ら退けてきたのでしょう。 が、同情の余地はありません。 こんな同僚とどう付き合ってゆけばいいでしょう。 関わらないのが一番だとは思いますが、同期が女3人でそうもいきません。 実際の体験、解決法など、お待ちしております。 長文失礼いたしました。

  • うつ病+自己愛性人格障害の組み合わせについて

    40代前半の女性です。交際中の40代後半男性の病気についてご相談させてください。 彼は約7-8年前に職場での過剰残業と上司のパワハラがきっかけでうつ病となり、休職と復職を繰り返しながら職場の配置転換、離婚なども経験し現在4度目の休職中です。知り合ったのは約1年前、2008年7月、2度目の休職が終わり復職寸前の時でした。 私がそばで見ている限り、彼を取り巻く職場の人間関係、前妻・子供たちと今も続く確執、また主治医の無関心さなど、周りの環境にも確かに問題があるのですが、うつ病になる前の彼を知らないため、彼の病気と付き合えば付き合うほど、長引いている病気が不安になってきました。 元々なぜうつになったのか?なぜパワハラの対象になったのか?と原因を考えているうちに、彼の言動にうつ病とだけではなさそうな気配が見えてきたため、それが何かを探しているうちに「自己愛性人格障害」という病気(症状?)ではないかと思うに至りました。 ほとんどのサイトでこの障害の判断の基準とされている下記の傾向も6つか7つは当てはまること、また主な原因と言わている幼児期の環境についても、「多忙による父親不在家庭」「母親・叔母・姉妹からの溺愛」、「社会的成功者の長男」とまさにその通りの状況です。 また成人になり発病するまでについても、本人の誇張だけではなく彼の友人などからも「頭がいい」「仕事ができる」「表現力がある」「人づきあいがうまい」とまわりには思われていたというのも、この障害の特徴と一致します。しかも本人はこの病気については無自覚のようです。(お坊ちゃま育ちは認めていますが) (以下Wikipediaから抜粋) 1.自己の重要性に関する誇大な感覚(例:業績や才能を誇張する、十分な業績がないにもかかわらず優れていると認められることを期待る) 2.限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。 3.自分が"特別"であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人達に(または施設で)しか理解されない、または関係があるべきだ、と信じている。 4.過剰な称賛を求める。 5.特権意識、つまり、特別有利な取り計らい、または自分の期待に自動的に従うことを理由なく期待する。 6.人間関係で相手を不当に利用する。つまり、自分自身の目的を達成するために他人を利用する。 7.共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない、またはそれに気付こうとしない。 8.しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。 9.尊大で傲慢な行動、または態度。 本人はうつ治療にはまじめに取り組んでおり、通院と薬を飲むことだけ欠かさないのですが、少し体調がよくなってきても、「自分の性格やうつを引き起こした原因を振り返る」ことだけは断固拒否反応を示します。(それゆえに自己愛性、、なのでしょうが) 今後は自身の老化、定年、両親との死別など、うつの人にとってはかなり厳しいライフイベントも出てくるため、現在のうつ病+障害を併せ持っているとやはり完治は難しいのでしょうか? 本人の自尊心を傷つけずに、なんとか本人に自覚させ、自ら克服させる方法はないのでしょうか?決して悪人ではなく、繊細で優しい面もあるので、病気が完治する可能性があるのであれば、なんとか交際は続けたいのですが、正直今自分も軽いうつになりかかっており、かなり厳しい状況です。 この「自己愛性人格障害」については、彼の主治医にも言われたことはありませんが、確認してみた方がよろしいでしょうか?その場合、この人格障害用の薬もあるのでしょうか? 長くなってしまい申し訳ありませんが、どなたかご意見、ご回答をいただけましたら幸いです。

  • 自己愛性人格障害について。

    自己愛性人格障害について。 彼がそうなのかもと考えています。 彼の性格を箇条書きにします。 ・他人に対して無関心で気持ちに共感したり思いやりと言うものが殆どない。 ・プライドが非常に高く、評価や賞賛を求める。 ・自分の為に周りが動いてくれてると言う感覚がない為、他人に対して感謝の気持ちを持てない。(そういう発想がないのかも) ・当然KYな自分の行動・言動で他人を傷つけてると言う実感もない(私は伝えていますが) ・注意するとその場は頑張る、心入れ換えると言いますが実際行動を起こす事はない。 ・また打たれ弱く、何か言われると内にこもる(自分は生きてる価値がない。自分を全否定されたなど) ・人を見下す行動や言動をしょっちゅうする。 ・自分の話ばかりする。私の事(例えば体調大丈夫?などの気遣いの言葉など)は全くない。 ・自分が悪いのに他人に責任を転嫁したり言い訳をしたりする。 ・その癖、常に相手の顔色をうかがい他人の言いなりにしか出来ない。 ・自分で何かを決められない。頑張ると言って具体的には?と聞くと言えなかったりする。 ・出来もしないことをやるやると言って、結局しないと言う事が幾度となくある。 ・精神年齢がかなり低い。 ・自分に自信がないのもこちらからは丸わかりなのに、見栄を張ろうとする ・彼から全く愛情を感じられない ・月に1回程度の喧嘩や言い合いですら根に持つ。そういうこと(喧嘩や言い合い)を極端に嫌う。 など…。 それから彼の両親とも同じような性格で自分たちさえ良ければ、例え血の繋がりのある子供ですらビックリするような非道なこと(例えば彼の承諾も得ず勝手にマンション解約したり)を平気でして、責めると自分の非は認めず、相手を悪者に仕立てあげます。 そういう境遇で育ったため、そのままの部分を受け継いでしまったのかも知れません。 ただ、調べれば調べるほど彼は自己愛性人格障害の疑いが強くなっています。 本当はすぐにでも別れられればいいのですが、一緒に住んでいるためすぐにどうこうは難しいです。 彼は自己愛人格障害の疑いありでしょうか? もし、疑いありであれば私はどのように対処していけばいいのでしょうか?(別れる以外) また、自己愛性人格障害は遺伝しますか? 本当かどうかはわからないけれど彼自身も自分が人と違う。と言う事は分かってきていて(私も かなり彼には伝えてるので)苦しんでいるようには見えます。 だからと言って改善はしないのですが…。 長い文章で申し訳ありませんが宜しくお願いします。 (無理に病名を付けなくていい、また批判的な回答(何故別れないの?など)今回はご遠慮願います) それと自己愛性人格障害の方はテレビを見て泣いたりはしますか? 彼はよくテレビ見て泣いてます。

  • 自己愛性人格障害者?のネットストーカー行為で個人情報を晒され困っていま

    自己愛性人格障害者?のネットストーカー行為で個人情報を晒され困っています。 私は最近、某コミュニティサイトで、 ある参加者(以下「A氏」)からネットストーカー行為を受けています。 きっかけは、 ある場所でA氏が他の参加者を必要以上に過激な表現で批判しているのを注意したところ、 A氏が逆ギレし、私を罵倒する書き込みを始めたことです。 以来、A氏はその報復として私を追いかけ始め、 私の投稿の粗を探し批判する投稿を繰り返すようになりました。 私はA氏の人格に疑問を感じ、 A氏の投稿履歴(gooのマイページに相当)を見てみました。 すると、A氏は毎日、ほぼ一日中、何らかの投稿をしています。 いつ働き、どうやって飯を食っているのか、端から見ても不思議ですが、 このコミュニティサイトへの依存症に陥っていることは明らかです。 しかも、私以外の参加者に対する投稿でも、他人を見下し誹謗中傷・罵倒する、 いわゆる荒らし投稿が多いことが判明しました。 共通しているのは、誰かがA氏の主張や投稿姿勢について反論・抗議すると、 A氏は自分を批判した相手を罵倒する文章を延々と書き足し、 自分の正当性と相手の不当性を強調することです。 私がA氏のこういう行動心理について調べていくうち、 A氏は自己愛性人格障害(ナルシスト)である可能性があることに気づきました。 自己愛性人格障害の主な特徴には、下の9つがあるとされています。 1.自分の重要性は大変大きなものであると考えている 2.限りない成功、権力や才能といったものの空想にとらわれている 3.自分が特別な人間であるため、地位の高い人にしか自分は理解されないと思っている 4.過剰な賞賛を求める 5.自分だけに特別な計らい、特権があると思っている 6.自分自身の目的の達成の為なら、他人を利用する 7.他人に対する共感の欠如 8.他人に嫉妬する 9.尊大で傲慢な態度や行動をとる A氏の言動は、上のうち少なくとも4・5・6・8・9に当てはまっています。 コミュニティサイト依存症でもあるA氏が本当に自己愛性人格障害に陥っているのだとすると、 A氏にとっては、 精神的安定を得るためには自分の価値観を受け容れない相手を攻撃することが必要で、 それがコミュニティサイト参加の目的と化してしまっている部分があると考えられます。 したがって、 A氏は今後も誹謗中傷やストーカーといった反社会的な行為を確信犯的に繰り返す可能性が、 極めて高いように思われます。 それ以上に厄介なのは、私がA氏をブラックリスト登録して以降、 私へのストーカー行為専用の新規IDを取得し投稿する人(以下「B氏」)が現れたことです。 B氏は 「自分のことをブラックリスト登録しても無駄だ、幾らでも新規IDを取得し追いかけ続けてやる」 旨を公言しています。 そのうえで、B氏は私の個人情報を断片的に晒し始めるようになりました。 個々の投稿を見るだけでは何のことだかわかりにくいのですが、 B氏の複数の投稿をつなぎ合わせて読んでいくと、 私の苗字や自宅の場所が特定できてしまうように仕組まれています。 これまでの事実経過に鑑みれば、A氏とB氏が同一人物である可能性は極めて高いと思われます。 私は、このコミュニティサイトの管理者へ、A氏とB氏の投稿の削除と共に、 発信元を特定し今後そこからのアクセスを拒否する対策を講じるよう要請しました。 しかし、管理者からの回答は、 「発信元の調査依頼は受け付けていない、削除依頼で対応してほしい」 というものでした。 しかし現実問題として、何度削除依頼をしても削除されません。 質問 1.A氏が自己愛性人格障害である可能性は、実際のところどうなのでしょうか。 2.自己愛性人格障害者によるネットストーカー行為への対処法には 自己愛性人格障害でない人による場合と異なる部分があるのでしょうか。 3.サイトの管理者にB氏の投稿の削除とアクセス拒否を講じてもらうためには、 警察の力を借りるしかないのでしょうか。 その場合、個人情報の悪用による具体的被害が発生していない現時点でも、 警察は対応してくれるものなのでしょうか。 なお、自分で自分の個人情報を晒すことにつながってしまうため、 問題のコミュニティサイトへのリンクを張ることができません。 ご了承ください。

  • 自己愛性人格障害者?のネットストーカー行為の心理的分析と対処法について

    自己愛性人格障害者?のネットストーカー行為の心理的分析と対処法について 某コミュニティサイトに、以下「A氏」と記す参加者がいます。 A氏はしばしば、他の参加者を見下す投稿をして、他の参加者に不快感を与えています。 誰かがA氏の主張や投稿姿勢について反論・抗議すると、 A氏は相手の不当性と自分の正当性を強調するため、 相手を誹謗中傷・侮蔑・罵倒する文章を延々と書き足すのが常套手段化しています。 罵倒だけで1000字前後を費やしている投稿さえあります。 私は、A氏が何故こういう異常な投稿行為を繰り返すのかを考えていくうち、 A氏が自己愛性人格障害である可能性があることに気づきました。 自己愛性人格障害の主な特徴には以下の9つがあるそうですが、 A氏の言動は、下のうち少なくとも3・4・5・6・8・9に当てはまっています。 1.自分の重要性は大変大きなものであると考えている 2.限りない成功、権力や才能といったものの空想にとらわれている 3.自分が特別な人間であるため、地位の高い人にしか自分は理解されないと思っている 4.過剰な賞賛を求める 5.自分だけに特別な計らい、特権があると思っている 6.自分自身の目的の達成の為なら、他人を利用する 7.他人に対する共感の欠如 8.他人に嫉妬する 9.尊大で傲慢な態度や行動をとる A氏の投稿履歴(gooのマイページに相当)を見てみると、 A氏は毎日、ほぼ一日中、何らかの投稿をしています。 いつ働き、どうやって飯を食っているのか、端から見ても不思議ですが、 A氏がこのサイトへの依存症に陥っていることは明らかです。 コミュニティサイト依存症でもあるA氏が本当に自己愛性人格障害に陥っているのだとすると、 A氏にとっては、自分が精神的安定を得るためには、 サイト内で自分の価値観を認めない(対立する)相手を攻撃し打ち負かすことが必要で、 それがサイト参加の目的と化してしまっている部分があるように思われます。 だとすると、A氏の人格障害がなくならない限り、 A氏の誹謗中傷やネットストーカーといった反社会的な投稿行為に歯止めをかけることは 難しいという結論になってしまうと考えられるわけです。 私は現在、このA氏からネットストーカー行為を受けています。 きっかけは、 あるページでA氏が別の回答者を必要以上に過激な表現で批判しているのを 私が注意したところ、A氏が逆ギレし、 質問(者)無視で私を罵倒する書き込みを始めたことです。 以来、A氏はその報復として私につきまとい、 私の粗を探し批判する投稿を繰り返すようになりました。 最近は、私へのストーカー行為専用のIDを用意し、 「ブラックリスト登録しても無駄だ、幾らでも新規IDを取って粘着してやる」と宣言し、 私の悪口を言いたい放題書き込み続けています。 私がサイト内で親しくさせていただいている方のページにまで追いかけてきて、 その方へも迷惑をかける状態になってしまっています。 サイトの管理者に削除依頼をしても、取り合ってもらえません。 質問 1.A氏が自己愛性人格障害である可能性は、実際のところどうなのでしょうか。 2.仮にそうだとした場合、 「A氏にとっては自分の精神的安定のためには サイト内で自分が頂点にいると思える状態であることが必要だから 他人を攻撃し打ち負かそうとして侮蔑・罵倒やストーカー行為を行うのである」 という解釈でよいのでしょうか。 3.自己愛性人格障害とは、うつ病のように、 精神科医による対面・投薬治療がないと治せない (本人や家族の努力だけではどうにもならない)性質のものなのでしょうか。 4.自己愛性人格障害者によるネットストーカー行為への対処法は 自己愛性人格障害でない人による場合とどのように異なるでしょうか。 5.ネット内・現実社会を問わず、 周りの人が自己愛性人格障害者に接する際に留意すべき点は何でしょうか。 (自分が被害に遭わないだけでなく、相手も傷つけないようにするため) 6.第三者から見た場合、 私にも自己愛性人格障害の可能性があると認められるでしょうか。 参考 私が当該コミュニティサイトに投稿した質問 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1246894717 (A氏の言動が自己愛性人格障害の主な特徴に当てはまっている具体例も記してあります) 上のサイトでは冷静な分析・判断が困難と考え、こちらで質問させていただきました。 上のサイトでの質問にご回答いただけます場合は、 A氏がこちらへ荒らしに来るのを防ぐため、 gooでの質問を見た旨は記さないようお願いします。

  • 彼が自己愛性人格障害で、私は共依存症です。

    「別れメール」でここでお世話になったものです。5日前に喧嘩別れした彼がいます。「もう修復不可能だ!」と宣言されてた彼から、ゆうべメールが届きました。たった一言「体調は?」って書いてました。私は、本当は復縁したいと思ってます。でも、それには乗り越えなければいけない事が山積みです。「彼はもしかしたら病気じゃないのかな?」って思って調べたんです。そしたら、ぴったりのがあってびっくりしました。どなたか、この症状の事に詳しい方がいらしたらアドバイスをいただけないかと思い、再度質問させていただくことにしました。 彼は「自己愛性人格障害」で私は「共依存症」じゃないかなって思います。 「自己愛性人格障害」・・・(1)冷淡で、他人を利用しようとする。 (2)批判に対して過剰に反応する。 (3)虚栄心から、嘘をつきやすい (4)自分のことにしか関心がない。 (5)高慢で横柄な態度。 (6)特別な人間であると思っている。 まさにぴったりでした。最近では、彼は物忘れもはげしく、もしかしたら、彼は、私が彼のためにしてきたことを本当に忘れてしまってるような気がしました。少し進行してるのかもしれないと思ってます。最近は、「どよ~~ん、ってする。」「気力ゼロ」とか言うし、夜もちゃんと眠れず、私が行くと安心したように夕方から爆睡します。もしかして内臓の病気?とも思いましたが、うつの症状ではないかな?って思います。復縁をしたいのですが、こんな彼とうまくやっていくのはとても難しいと思います。私は、いろいろ心得たうえで復縁すべきです。病気のことや、同じような彼を持った経験のある方、何かアドバイスをいただけないかと思いました。よろしくお願いします。

  • 自己愛性人格障害のある特徴について

    知り合いで明らかに自己愛性人格障害の人(男性)がいます。 男女として少しの間、お付き合いしたのですが、当初からもしかしたら彼はそうなのではないか?という予感のようなものはありました。 そしてDSM-IVで調べたところ、程度の差はありますが彼の言動を鑑みるとすべてにおいて該当していました。 例えば自分のことしか話さず、聞かれもしないのに一方的な話をする。こちらが話そうとすると話をさせない。自分の話に強引に戻し、内容的には、例えば自慢話ばかりを繰り返し、(彼はプロのミュージシャンなので)「自分のドラムは世界一である」という誇大妄想的なことや、過大評価的なことになります。 また対人関係においては、自分の好きな者や権力者に対しては賞賛と激しい思い込みを惜しまず、逆に自分を批判する者や、彼に対して客観的な意見を言う者、自分より上手いプレイヤーに対しての批判やこきおろしなどをし、好悪の差の触れ幅は激しく、中間というものがありません。 その他、虚言癖なところもあり、何が真実なのか一貫性がなく、こちらが直感で推測するしかないというありさまです。 短い間お付き合いでしたが、DSMでの基準に沿ったエピソードは快挙に暇がないくらいです。 彼はプロのプレイヤーなので、毎日のように様々なプレイヤーと共演しますが、付き合いが浅い、彼にとっての「他人」の前では正反対の自分自身を装うのです。 つまり挨拶をきちんとし、軽蔑する相手であってもに卑屈になるほど腰が低く(この病の特徴がよく現れていますが)、会話も誰とでもきちんとキャッチボールができるというような感じですので、一見彼はちょっとナルシスト的なところはあるが普通の人という印象を与えます。 第一印象としては私もそう思っていました。しかし付き合いを承諾したとたん、彼の本性が分かるまでまったく時間を必要とせず、これは病的ではなく完全な病気ということを知ったわけです。 またこの病は「家族や周囲の人々に対して発症する」のも特徴だそうです。それがひとつの疑問として浮かんできます。 その背景として例えば「甘え」「自分のすべてを受け入れてほしいという願望」などがあるのか?と思っていますが、他のご意見も伺いたく質問しました。

  • 自己愛性人格障害について

    こんにちは。 実は少し気になることがあって質問しました。 「自己愛性人格障害」という病気について、インターネットで調べた ところ、自分と全く同じ症状であることに気づきました。 以前から、自分の性格は本当に酷いものだと自覚はしていたのですが、 大学で友人などと話している時に、ふと自分の話しかしていなかったり、他人のことに全く興味がなかったり、高慢で横柄な態度を彼氏に とって呆れられ、結局別れたりと、本当に自分の性格が原因で色々争いがたえません。また、他人から批判されると自分でも訳がわからなくなるほど激しい怒りや憎しみにかられ、ちょっとした批判をされても相手を殺したくなるほどの凶暴性ももっています。 現在両親は離婚しているのですが、父が家にいた時は、酒に酔っては 絡まれ、精神的な虐待も受けてきたように思えます。幼いながらも、自分はあまり愛されてはいないのだな、と感じていました。父も私と同じ性格の傾向にあり、他人よりも自分が勝っているという感情、他人から批判されると、何度か傷害事件で逮捕されるほど相手に暴行を加えるなどで、娘の心情としてはこんな男と同じ性格になんてなりたくないとも思うのですが、悔しいことに、同じような思考をしてしまうのです。 母は、ヒステリックで他人を蔑む傾向のある人間性があると思います。人の不幸が大好きで、私が試験などでいい点数を取ったり、賞状を貰っても、誉めるどころか、それしか取れないのか、賞状を頂いたときなど、「最優秀賞でなければ認めない」と言い、まだ小学生だった私は悔しくて、悲しくて、その賞状を丸めてゴミ箱に捨てた記憶は未だに忘れられません。 最近は私が彼女について批判すると、それまでの態度が一変して怒鳴り散らし、「あんたなんか生まなきゃ良かった」などと言う始末です。母は更年期障害は酷かったのですが、現在も更年期の症状が残っているような状態に私は思えます。 ただ、彼女自体幼少の頃に母親を病気で亡くし、義母に育てられ、精神的、肉体的な虐待を強いられ、自殺未遂を経験しています。 ちなみに私は一人っ子です。 私はそんな環境で育てられ、現在に至りましたが、この両親に囲まれて自分だけはここまで性格の歪んだ人間にはなりたくない、誰からも愛されたいという願望がありますが、今までの自分を思い返すと、本当に性格が悪く、親の性格をそのまま映したような人間であることが分かりました。 そんな私も大学に入ってからいい友人に恵まれ、日々彼女をお手本にして生きれば、きっとこの性格も改善されるのではないかと思い、つい自分のことを話しすぎたりしてしまったときは、一息ついて、逆に友人に話を振ったり、誰かに意見を批判されたとしても、ゆっくり深呼吸をして決して怒りを表したりしないように心がけています。 ただ、昨日急に具合が悪くなり、その旨を母親に伝えたところ、「あんたって本当に駄目な人間だよね。最悪」と言われ、食事中にも関わらず泣いてしまいました。風邪を引くたび「迷惑だからそのまま死ねば?」などと言われてはいましたが、昨日は本当に腹が立ち、心の中で今母を殺せたらどれだけ楽か、自分でも恐ろしくなるようなことを妄想しては安心感に浸っているのです。 自己中心的、かつ非常に自己愛が激しい・・・母が言うように私は本当に駄目な性格であることは分かっています。私も少しはこの性格を改善しようと努力はしていますが、この母親の性格を見ていると、遺伝というものを信じずにはいられません。 母の件に関しては、正直この曲がった性格は一生直らないと思うので今まで通り接しようと思いますが、肝心の自分自身については、いつ友人や恋人に愛想をつかれるのではないかと、とても心配です。この自己愛性人格障害という病気であると診断されたら、どれだけ楽かと思います。病気であると分かれば治療方法も分かり、お薬なども頂けるかと思います。ただ、もしこの病気でなかったら、自分はやはりただ性格の悪い、根性の曲がった最低な人間であるという認識しか残りません。 皆様からご覧になって、やはり私はこの病気である可能性が高いのでしょうか?それともやはり性格であるということで片付けられてしまうのでしょうか? 真剣に悩んでいます。 回答お願いいたします。

  • 自己愛性人格障害が原因なのでは…

    自己愛性人格障害が原因なのでは… 私は21歳の大学生です。躁鬱病の治療で心療内科に通院しています。 小金持ちの家庭に生まれて、一人っ子でのびのびと育ってきました。 幼い頃から自分は特別で才能があると思っており、真剣に高校生になるまで自分は容姿も内面も完璧だと信じていました。 そして、私の精神病の歴史の始まりは、16歳の頃でした。 幼い頃から好奇心旺盛なおませな子で、同年代よりも年上と遊ぶ事が楽しかったのです。 しかし、16歳の頃に自身の経験値と実力や年齢のギャップに辛くなり隠れてリスカを始めたのが精神に異常をきたしたきっかけです。 その後、鬱病と診断されましたが、私を理解する医者はいないと思い特に通院はしませんでした。 19歳までリスカやODや嘔吐などの自傷行為や孤独さが常にありましたが、やはり自分を理解する医者はいないと思ったし病気だとも思いませんでしたし、家族や彼氏にも隠して笑顔で能天気を装って弱音は零しませんでした。 19歳に出合った人生で2人目の彼氏が、精神病に理解があり半強制的にカウンセリングや病院に連れて行ってくれたことで病気なんだと気づくことが出来ました。 去年の春から本格的に抗欝薬やカウンセリングを始めて、自傷行為も治まっていたのですが、秋頃から思春期のような理不尽なイライラやパニック症状が目立ち始め、彼が待ち合わせに数分遅れたり電話にでなかったりとたわいの無いことでヒステリーを起こすこともよくありました。 学校を休学してからは、家で過ごす事が多くなり余計に鬱状態に陥り、風呂も入らず食事もパン、トイレもビンで…と廃人生活を3ヶ月程おくりました。 その後、実家へ戻り数ヶ月の療養を取り、大分良くなったので一人暮らしに戻った矢先、久々の彼との再会の日に見事に振られてしまったのです。 振られた直後、ヒステリーを起こし彼の家で首を吊って救急車で精神病院に運ばれて、奇跡的に助かり1週間程入院しました。この時に改めて、鬱ではなく躁鬱病だと診断されました。 正直言うと、首吊りを含め彼との付き合いの後半の自傷行為の半分は注目を引きたいが為の見せ付けでした。 現在退院してからは完全に実家に戻り、生きたくないと思う反面、死んではならぬと近所の心療内科に毎週通院しています。 そして、何故私がこうなったのかを考えていたのですが、原因は高すぎる自分自身の理想像ではないかと思うのです。実力が上がると共に理想像も上がるので、一生満足を感じることが無く、最終的に趣味や仕事、人生までもに希望を無くし挫折します。 ひょんなことから、自己愛性人格障害の存在を知り、wikiを見たところ隅から隅まで当てはまるのです… 休学中の今もプロとして働く自分自身の理想像の空想だけが一人歩きし、何も行動に出ていない自分自身の姿に絶望的で恥じてるのに、このまま空想が膨らみ続ければ残りの人生を落ち着いて生きれそうにありません。 もし私が自己愛性人格障害だったのなら、躁鬱病の治療よりも自己愛性人格障害の治療に力を入れなければ、躁鬱が治っても根本的な人格は直らないので結局繰り返してしまうのではと思います。 しかし担当医には全て素直に話しているつもりですが、自己愛性人格障害だと言われたことがありません。ということは、被害妄想に過ぎないのでしょうか? 何かアドバイスいただけるとうれしいです。

専門家に質問してみよう