• ベストアンサー
  • 困ってます

乱雑な宇宙と秩序の生物というのは矛盾しませんか?

乱雑な宇宙と秩序の生物というのは矛盾しませんか?  エッセンシャル細胞生物学を読んでいて次のような記述がありました。  『生物のもつたった1つの性質――乱雑さを増すのがつねの宇宙の中で、秩序を生み出し維持していくという能力』  宇宙という乱雑さを増す環境からその真逆の性質を持つ生物が自然発生するということはありうるのでしょうか? 生物の発生は宇宙という乱雑さの増大から考えると不自然と思ってしまいます。生物の存在自体が宇宙の乱雑さに反するのではないでしょうか。また、生物の発生自体が宇宙の乱雑さの賜物としてありうるのでしょうか?  宇宙が最初は高エネルギーを持っていたというのは確かです。しかしその高エネルギーは『乱雑さ』を増やす方向で働くのが常であって、惑星形成などの『秩序』を増やす方向では働かないのではないでしょうか。地球上でも同様です。海は荒れ、雷鳴とどろく古代地球。しかしその高エネルギーはRNAの合成、生物の誕生という『秩序を増やす』方向には働かないのではないでしょうか。  RNAはリン酸などの多くの化学結合が内包されます。それらが高エネルギーという条件だけで『自然に』発生することはありうるのでしょうか?  よろしくお願いします。

noname#142902
noname#142902

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数216
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

十分ありえます。 地球は閉鎖系ではありませんので、生物が発生することで、局所的にはエントロピーは減少しても総体としては増加しているのでなんら問題はありません。 冷房は限られた範囲のエントロピーを低下させますが、それを超える熱を排出し、結果的にエントロピーを増大させますよね。 生物もまた同じく。 エントロピーの上昇はただ一様に進むほど単純なものではないわけです。 あと、エントロピーは永久に増加するだけではない、ということも分かってきているようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

仰るとおりです。生物はエントロピーが減少しますが、生物という秩序だった存在自体が宇宙のエントロピーを増大させていると解釈できます。冷房の話は分かりやすいです。 エントロピーが永久には増大しないという話は面白いです。 生物カテでなく物理カテにすべきだったと後で気付きましたが、皆様ありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • psytex
  • ベストアンサー率21% (1065/5004)

生物は、エントロピー増大に抵抗して、成長したり、増殖したりして、エントロピー減少しているように見えます。 しかしそれは、生物にしても、社会的な要素にしても、「開放系」だからです。 生物は、自分のエントロピー増大を新陳代謝するために、環境のエントロピーの低い物(食物、燃料)のエントロピーを増大させて放出(排便、廃棄)する事で、環境も含むトータルな閉鎖系におけるエントロピー増大を加速しています。 地球上の生態系の本質は、日光によって励起された化合物の合成(光合成=植物)と分解(消化=動物)の連鎖反応です。 植物が成長(合成)するためには、二酸化炭素と水、窒素などの、化合反応の材料が必要であり、動物抜きの分解(紫外線による分解や大気中の酸素による酸化)より、動物による能動的摂食と生化学反応的酸化による、高速の分解の方が、有効なのです。 それでも、生態系全体の進化は、エントロピー減少だと言えますが、それも太陽の核融合というエントロピー増大の一環である、「日射>光合成>摂食>消化>酸化>輻射」という一時的な地上の熱滞留としての、開放系ゆえのもので、結果的にはエントロピー増大を加速するものです。 先にあるのは太陽光=植物による光合成であり、動物はその有機物の分解を加速して植物の光合成の原料にする(物質循環の加速)ための寄生的な存在に過ぎないのです。 生命の進化とは、いかなる“強い種”の創出でもなく、地球に降り注ぐ日光が輻射によって再び宇宙に還って行くプロセスに於ける、生態系としての多様化=地球上の熱容量(物質循環量と速度)の増大だと言えるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

仰るとおりです。生物は生物だけで成り立っているのではなく、様々な外界との関係で成り立っています。生物だけに注目して宇宙全体の中の生物の役割を見ていませんでした。 確かに生物の存在はエントロピー増大に貢献しています。動物の摂食と中枢は考えてみれば多大なエントロピー増大への貢献です。 動物が植物の寄生。面白い考え方です。新しい考え方を教えてくださって有難うございます。 生命は強い種ではなく、多様性を求めて増えるというのも面白いです。 色々と教えてくださって有難うございました。

  • 回答No.3
  • Kunfu
  • ベストアンサー率38% (164/424)

乱雑さ=エントロピーということですね。 エントロピーは常に増大する方向にあるのは、本の記述のとおりです。 そんな中で、シュレーディンガーは、生物はネゲントロピー(負のエントロピー)を取り入れることによって、定常状態を維持する開放定常系と考えました。このネゲントロピー自体は後に否定されましたが、ネゲントロピーを低エントロピーに置き換えて考えることができます。 ほとんどの生物は、低エントロピーの太陽光エネルギーを利用した光合成によって合成された糖を取り入れることによって、定常状態を維持しています。 もちろん生物の中でも、エネルギーを利用する段階でエントロピーは常に増大しています。 だから、別に宇宙の法則に逆らっているわけではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

シュレディンガーのネゲントロピーは面白い理論です。有難うございます。 確かにエネルギーの利用でエントロピーが増大していることに気付きませんでした。もっと言えば年をとるだけ体は老いるのでエントロピーも増大しているのかもしれません。 生物の存在自体が宇宙のエントロピー増大に貢献している旨を覚えておきます。 このたびは色々と有難うございました。

  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

「エントロピー増大の法則」をじっくりと読むことをお勧めします.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。色々な回答を拝見して自分の未熟さが分かった次第です。勉学に励みます。ただ良く考えてみるとエントロピー、乱雑さは私が質問したように『物質が一様に広まる』という条件では減少すると言えます。ただ単純に物質が拡散するとエントロピーは減少します。溶液のエントロピーが少ないように、宇宙全体に一様に物質が広がってもエントロピーは減少するといえます。現在のこの生物や自然のあり方自体もエントロピーの増大に貢献しています。

関連するQ&A

  • 宇宙遊泳する宇宙生物の生態が描かれているSF小説

    宇宙を遊泳するような宇宙生物の生態が描かれているSF小説を教えてください。 条件としては以下の通りです。 ・宇宙船などを使うのではなく、自身の体で宇宙を遊泳するようなもの ・単に地球上の生物を「宇宙化」させたり、ファンタジーのように「不思議な力で動いている」のではなく、SF的に講釈がされているもの ・講釈は現存する科学によるものが望ましいが、なければ仮想的な科学でもいい ・その小説のテーマ自体が生物の生態に関するものでなくてもいい 宜しくお願いします。

  • 生物の起源

    宇宙の起源も気になりますが、生物の起源も気になります。 (1)地球に初めて生物が誕生したのは何かきっかけがあったからでしょうか。 (2)生物の肉体と、生きていける環境さえあれば自然発生するのでしょうか。 (3)現在の生物は全て初めに誕生した1種類の生物が枝分かれ式に進化したと考えるべきですか。それとも同時期に地球の各地で生物が誕生していき、それぞれがそれぞれの進化を遂げたと考えるべきですか。 少しでも知っている方回答お願いします。

  • 生物の条件

    検索しても出てこなかったので、生命発生に関することをいくつか質問させてください。 URLとかでも構いません。 -------------------------------------------------- 地球型生物と言うより、宇宙での生物に興味があるので、生物の条件を以下のようにさせてもらいます。 「自己複製が可能な、形のある化学物質で出来た何か」 一応補足ですが、地球の生命も同等に興味があるので、区別なく化学的な観点から教えてください。 -------------------------------------------------- 質問1 現在、生物の発生に必要だと考えられている化学物質を全部教えてください。 関連URLもあれば助かります。 -------------------------------------------------- 質問2 どこを読んでも「生物には水が必要」と書いてますが、どうゆう事ですか? これは地球型生物の場合限定の話ですか? と言うのは、化学的な自己複製にとって、H2O(水)がどのように必要なのかがよく分かりません。 他の液体ではダメですか? あと、こうゆう調べ物をすると、どこを読んでも「生命 = 地球型生命」って事が前置きなく使われてて、 その文の生命がどのように定義されたものであるのかよく分かりません。 A: 例えば、現在実際に発見されてる生物なのか、 B: 理論上発生しうる物を生物と読んでいるのか。 「生命に水は必要である」とか書かれても、生物がAの意味なのかBの意味なのかで完全に内容が変わってきます。 特にH2Oが自己複製どう関係があるのかイマイチ分かってない私にとっては大混乱です。 -------------------------------------------------- 質問3 現在必要だと思われている必要な物質と全然違う状況でも生物が発生する可能性は高いですか?低いですか? 適当で曖昧な回答でも構いません。 要するに、現在の「生物発生論」はどの程度の信憑性がありますか? と言う質問です。 地球の生物ばっかり研究してるから地球の生物のことしか分からないって状況なんですか? そして、地球の生命発生すらよく分かってない状況ですか? それともかなり分かってますか? それとも地球にはあまりない環境でも生命が発生する研究は多く行われてますか? ちょっと話がそれますが、天文学にハビタブルゾーンと言う言葉があります。 生命の発生が可能と思われる、恒星に対しての惑星の公転軌道位置のゾーンのことです。 誰かが作ったこのゾーン、どうみても地球型生命が誕生しうる位置を狙い打ちにして作ったゾーンとしか思えません。 地球に近い環境じゃないと化学物質の自己複製は発生し得ないってことですか? 確かに木星のようにとても高温で、全て気体で、自分自身の質量を嵐のごとく吹っ飛ばしてるような星じゃ生命は生まれないと思うし、 恒星に近く強い電磁波や太陽風などを受け続けるような場所でも、全てが壊されて気体は分解されて惑星外に吹っ飛ばされます。 そうゆう環境での生命は難しいと思いますが、 そこまで極端じゃない場合、生命発生の可能性はあるような気がするのですが、どうなのでしょう? 地球っぽい場所じゃないと生命は生まれないって結論が出てるってことですか? それとも、生命の研究もあまり進んでないし、地球に生命がいるのは事実だし、地球と似た場所をハビタブルゾーンに設定しとけばいーや、ってどっかの科学者が言ったってことですか? その辺の、現在の研究による生命に対する理解度がどうなってるのかイマイチわかりません。 -------------------------------------------------- 質問4 惑星内にエネルギーが発生しない静的な環境でも生物の発生が可能ですか? (恒星からの電磁波、惑星ないの気体と液体と固体の対流がなく、静かな状況)。 要するに、絶対零度より温度が高く、必要な物質が維持されるだけの圧力(質量)が惑星内部でかけられており、 それ以外のエネルギーもほぼなく、雷もなければなんにもない。 単にその中で必要な化学物質をグチャグチャっと混ぜ合わせただけで自己複製を行う化学物質は誕生しますか? --------------------------------------------- 質問5 自己複製は出来ないが、他者の力を借りることにより複製できる物に関しての情報もお願いします。 (つまりウイルスとかだと思います)。

  • 地熱は宇宙に放熱されるのか?

    地球内部は高温・高圧だそうですが、その熱は、どんどんと発生してくるものなのでしょうか? それとも、長い年月をかけてだんだん熱が冷めていっているものなのでしょうか? 地球は、誕生したばかりのときはとても高温で、 だんだんと冷えて生物が生存できるようになったと聞いています。 となると、今後もどんどん冷えていき、いつかは冷たい星になってしまうのでしょうか? 地熱はどんどんと宇宙に放熱していっているのでしょうか? また、地球は太陽から熱エネルギーをもらっていますが、 それは地熱が宇宙に逃げる量と比べるとどちらが大きいのでしょうか?

  • 言葉(音のエネルギー)は宇宙の果てまで届く?

    人間が発した言葉というのは、音のエネルギー?だと思うのですが、それがゼロになるということはないのでしょうか。 ゼロにならないとすると、限りなくゼロに近くても永遠に旅を続けて、地球から、宇宙空間に出て、宇宙の果てまで行くのでしょうか・・・ そして、音のエネルギーが不滅だとすると、今の地球や宇宙は、地球誕生以来から発生した音の洪水の中にある・・・?なんてことも考えられないでしょうか。 とっぴょうしもない質問ですみませんがよろしくお願いいたします。 実は、スタートレック4で、クジラの鳴き声を宇宙人?が聞きつけて、何百年も旅をして異星人の探査船(救助船?)がやってくるという話があったのです。 この話からすると、宇宙にも届くということなのでしょうが・・・

  • 第二宇宙速度の求め方について

    第二宇宙速度の求め方について質問です 第二宇宙速度を求めるには地球表面でのある物体の運動エネルギーと無限遠方を 基準点とする位置エネルギーの和は無限遠方でも保存していると考えて 無限遠方では位置エネルギーはほぼ0(∵limr→∞1/r=0)であるから 無限遠方で物体の位置エネルギーが正となっているような速度で地球から ある速度V以上で投射すればその後も地球から離れつづけていくのでよいと いう解法を昨日学校でやりました。 ここで疑問です。 エネルギ-はスカラー量ですよね?ということは無限遠方で運動エネルギーが 正だからといってその速度の方向が地球から離れていく方向とは限らないのでは ないでしょうか?地球に近づく方向に速度を持っていてもさっきの条件が成り 立ってしまうと思うのです。つまりこの運動エネルギーが正でないといけない というのは物体が無限遠方から離れていくための必要条件なのではないのかと おもうのです。だとしてももう1つの条件式は何だ?ときかれたら困りますが(苦笑 回答お願いします

  • 宇宙経済学について

    名前は私が勝手につけました。「宇宙経済学」とは地球人以外に宇宙に存在する高等な生命体に関する経済全般を学問することです。  もし、人間以外にこの宇宙に多くの文明が存在したならば、その一定水準の貨幣等を使用するようになった地球外生命は人間が使っている「経済」という概念は必然的に文明の進展とともに発生するものと考えられるのでしょうか。  また、もし、経済が高等な生物の社会での営みに必然だとした場合、人間の構築した経済学の理論、概念は全宇宙の文明(存在すれば)にメカニズムとしては共通するものと考えられますでしょうか。 変な質問ですみません。どなたかご意見を頂けると幸いです。

  • 生物の種(素人考えなので間違っている点多々あり)

    我々人間も含む、哺乳類と鳥類の先祖は爬虫類。 爬虫類の先祖は両生類。両生類の先祖は魚類。 こう考えると全ての生物は1つの祖先から始まったということ なのでしょうか? 1つの祖先、いわば1つの種から芽吹いた大きな木。 その一番上の一番新しい枝が人間で、下の枝には原核生物や原生生物の 枝、枝分かれを止めてしまった枝が無数に存在している。 というイメージでいいのでしょうか? なら、全く別の種から芽吹いた木は地球上に存在しないのでしょうか? 地球上にないとしても、他の星に存在する可能性はゼロなんですか? その星の環境ににあった生物(地球人の定義からは生物とは呼ばないかも…)、例えば適温が100℃、太陽光でエネルギーを得る。 もちろん地球の生物とは見かけも性質も異質になるでしょうが…

  • なぜ宇宙人はコンタクトしてこないのでしょうか。

    なぜ宇宙人は今までコンタクトを取ってこないのでしょうか。 この途方も無い宇宙の中に数え切れないほど銀河が存在するのですから、宇宙人が存在しないと考えるほうが無理というものです。しかも宇宙人は数え切れないほど居ると思ってます。 想像するに、 ・コンタクトする技術にまで発達せずに全ての宇宙人が生命の限界で絶滅してしまっている。 ・人類が生まれてからまだ時間が少ししか経っていないので、彼らが人類自体に興味がない。 ・人類に認知出来ない形式で地球に既に来ているが、人類にとって悪影響があるなどの理由であえてコンタクトを取っていない。 科学的に証明されているものではないので、皆様の想像をお聞かせください。(カルトは困ります、、、) しかし微生物は近い将来みつかりそうなので楽しみですね。

  • 宇宙空間で核爆発が起きたら

    お世話になっております。horagaiです。 ちょっとした疑問なのですが、宇宙で原爆(または水爆)を爆発させたら 周囲への影響はあるのでしょうか。 地球上では大気があるので瞬間的な高温で膨張した空気が物理的、熱的な エネルギーを周囲に伝播させ、大規模な破壊をもたらすわけですよね。 宇宙ではエネルギーを伝播する空気がないので、爆心のそばに他の物体 例えば宇宙船などがあっても無傷のような気がしますが。 もちろん放射線や電磁波は空気の有無に関係なく放出されますが、核爆弾の 爆発の際に生じる電磁エネルギー(赤外線、可視光線、紫外線、X線、γ線等) や放射線(α線、β線、中性子線等)はそれだけで周囲の物体に物理的破壊を もたらすほどの総和量および密度を持つものでしょうか (生物への影響はここでは考えないことにします) また核反応で生じる放射能物質はどうなるのでしょう。地球上なら空気と ともに外側に流れていくわけですが、宇宙では?その場に留まる? それとも運動エネルギーを与えられて四方八方に飛んで行く? その場合それが地球上での空気の役を果たすのでしょうか それにしても量的に見て空気の膨張ほどの影響力はないように思えます。 地球に衝突しそうな小惑星を見つけたら核ミサイルで破壊してしまう、 という計画もあるようですが、上のことを考えるとそんなことがうまく 行くのか?という疑問が起こります。 それともミサイルをぶつけた時の衝突エネルギーだけで破壊しようと いうのでしょうか。それなら核ミサイルでなくてもよさそうですが。