締切済み

東日本大震災と阪神淡路大震災のマグニチュードの比較

  • 困ってます
  • 質問No.6715999
  • 閲覧数1427
  • ありがとう数19
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/1)

東日本大震災と阪神淡路大震災のマグニチュードの比較ついて。

雑誌Newtonの「大特集 原発と大震災」P14では、
東日本大震災のマグニチュード9.0(モーメントマグニチュード)は、
阪神淡路大震災のマグニチュード7.3の360倍と記載があります。
※asahi.comには阪神淡路大震災のモーメントマグニチュードは6.9と記載あり。

一方、msn産経ニュースでは、約1000倍と記載があります。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110313/dst11031320510108-n1.htm

また、asahi.comでは約1450倍と記載があります。
http://www.asahi.com/national/update/0313/TKY201103130085.html

マグニチュードが1大きくなると地震のエネルギーは約32倍大きくなるというのは、
どのサイトみても共通しているので、仮にこの32倍が正しいのであれば、
東日本大震災は阪神淡路大震災のマグニチュードの約1000倍となろうかと思います。

どの情報が正しいのでしょうか?また、全て正しければ、なぜこのような違いが生じるのでしょうか?

震度のとの違いではなく、マグニチュードの比較についてご教授下さい。
ご回答よろしくお願いします。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 21% (199/942)

asahi.comが正解です。


Newtonのは完全なる間違い。
Mjは単位が違うのでMw6.9のほうで計算するのが正しいです。


計算方法ですが、Mwが2違えば32×32で1024倍だけど、実際は2.1差ですよね。

Mw+0.1は約1.413倍なので、1450倍のほうが正確です。


計算が得意な人なら
M+1=32倍 から M+0.1=1.413倍
っていうのがすぐに出てくるでしょうが、

数学苦手な人だと+0.1の倍率がいまいちわからず
0.1ぐらいなら1000倍に近いままだろうと予想する人も多いと思います。
しかし実際は+0.1の差は非常に大きいです。


というわけで、asahi.comが正確で、
産経は計算が苦手な記者だったんじゃないでしょうか。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ